新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

寂しいけどがんばる!!

次男の結婚式、無事終わりました。
たくさんのお祝いのメールなど、ありがとうございました。

おかげさまでとてもいいお式でした。
長男の時のように、式次第を書きたいと思うのですが、
今は正直、心にぽっかり穴が開いたようになって、
寂しくてちょっと凹んでいます(^_^;)

披露宴ではお決まりの新婦から親への手紙。。。
そして新婦、その親や親戚たちの涙、、、
そんな姿を見ながら、素直に泣ける立場にある新婦側がとてもうらやましかった。

実質は、結婚後も頻繁に実家に出入りできるのは新婦であり、
新幹線に乗らないと会いに行けないのは新郎側…
泣きたいのは私の方でした(苦笑)

世の中的には、結婚する娘に涙を流す親は許されても、
結婚する息子に涙を流す親は、呆れられます。
子育てをしてきた母親としては、娘も息子も同じなのに、
なんで息子の親は、寂しい気持ちを素直に言ってはいけないんだろうと、
正直、矛盾を感じました。

なんだかみっともない記事になるから書かないでおこうかとも思いましたが、
皆さんにも可愛がっていただけたおさむですので、
「寂しい」気持ちも共感してくださるかなと、ちょっと甘えました。
そしてまた大きなイベントの後の自分の気持、そしてこれからの変化も
素直に記しておこうかと思いました。

でも寂しい気持ちもきっと一時のことだろうと思います。
披露宴では長男夫婦がとても戦力になってくれて、
すべてのお客様へ挨拶に回ってくれた長男、
留袖の上から数種類のカメラを下げて、
バシャバシャ撮影しながら忍者のように披露宴会場を動き回る長男のお嫁さんに
とても救われた思いもまたしました。

新しい家族が増える喜びというのは、寂しさと向かい合わせなのかもしれません。
次男夫婦もいつかそんな喜びを私達に与えてくれるんだろうなと、、、
写真のデータがまだ手元にないので、
それがこちらに来る頃には、少しずつ元気になっていることでしょう。

しめっぽい記事、お許し下さいm(__)m
  • [No Tag]

*Comment

agateさんへ 

> お疲れ様でした(^o^)
> そろそろかなーと思ってたのに、仕事が忙しくてチェック遅くなりました(^^;;すいません…

おお。agateさん、おひさしぶりです~
お元気でしたか?

> ウチは、オットと義姉があまり仲良しではないため、義姉と一緒に住んでる義母とちょっとここんとこ疎遠になってて反省(T ^ T)
> 義理の親との付き合い方って、距離感が難しいです。

確かに難しいですよね。
でもきっとお義母さんも息子さん(agateさんのご主人)に会いたいはず。
時々は顔を見せてあげてくださいね♫

> これからお忙しい時期かと思いますが、神保町にいいビールの店見つけたんで、ご都合ついたら久々にいかがですか(^-^)?

神保町、いいねぇ~v-275v-271
前にスィーツ食べに行ったよね。
ぜひまた連れてってください。
またメールします~♫
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.06/26 02:17分 
  • [編集]

御無沙汰してます 

お疲れ様でした(^o^)
そろそろかなーと思ってたのに、仕事が忙しくてチェック遅くなりました(^^;;すいません…

おさむ君、ご結婚おめでとうございます(^o^)
新郎側のお母様方の気持ちって、今の一般的な結婚式の流れだと置いてけぼりな感じですよね(^^;;

ウチは、オットと義姉があまり仲良しではないため、義姉と一緒に住んでる義母とちょっとここんとこ疎遠になってて反省(T ^ T)

義理の親との付き合い方って、距離感が難しいです。

これからお忙しい時期かと思いますが、神保町にいいビールの店見つけたんで、ご都合ついたら久々にいかがですか(^-^)?

  • posted by agate 
  • URL 
  • 2012.06/24 21:10分 
  • [編集]

ピンさんへ 

> これって、私も同じ経験しましたから、よーくわかりますよ。
> 長男の結婚式のときに、お嫁さんのお父さんが、すごく泣いたんです。
> でも、お嫁さんの近くに新居を構えたので、あとから、お父さんが、
> 「こんなにちょくちょく会えるなら、式で泣かなければ良かった」
> って言ってました。  初めからわかっていたのにね。といってみんなで
> 笑っちゃいましたよ。

あら、そうなんですか?
意外に同じような思いをしてる方多いんですね。

> 本当はこっちのほうがさびいいのにと思いましたよ。
> でも、自分の経験から、女性のほうに近いほうが結婚ってうまくいく
> ケースが多いかもしれませんね。
> お嫁さんのご両親に節度があるからよい状態でいられるんだと、感謝もしています。

実質的には最近のお嫁さんは働いている人が多いので、
実家のヘルプがある方が何かと都合がいいですよね。
姑も手伝う気はあっても、気を使うでしょうから…

そしてピンさんがおっしゃるように、
そういう状況になった時に一番嬉しいのは、
お嫁さん側のご両親の節度と良識のある行動でしょうね。
意識ともいうべきか、、、
次男のお嫁さん側のご両親もぜひそういう方々であって欲しいなと願っています。
>
> ピックさんは、もともと次男さんと離れて暮らしていたのにやっぱりさびしいものなんですね。
> 時間が解決してくれるのでしょうね、さびしさは。

ピンさんもご次男君の時、やっぱりご長男とはまた違った気持ちになりますよ。
自分でも驚きました(苦笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.06/16 00:54分 
  • [編集]

美月さんへ 

> とってもいい記事で思わずコメにきました・・・。

おひさしぶりです。コメントありがとうございます。

> 新郎側のお母さん(お父さんも)がこんなにも辛い思いを押さえている
> ということに 気がつきませんでした。
> ・・・でも、考えたらそうですよね。 気がつかなかった・・・ってことは
> やっぱり世間では、一生懸命押さえているんだろうな・・・

世の中の流れが今は女性に有利になっているので、
息子親はただ見守っているしかないのでしょう。

結婚式もアットホームでとても良いお式でした。
ただイベントというか演出でしたことなんでしょうが、
結果的になんとなく矛盾を感じることになり、
それでなくても寂しい気持ちに拍車がかかってしまいました。

> でも、結婚式以降は嫁の側につくのがわかってる息子なんだから
> 泣いてる母に「お母さん・・・」って胸いっぱいに抱きしめてあげる婿を
> 許す風習があってもいいなあ~ なんて考えてしまった・・・(笑)
> これからも、身辺記事楽しみにしています。

ちょっとだけまあ、これで良しとするか、というシーンはあったので、
またその内アップしますね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.06/14 00:59分 
  • [編集]

みずかさんへ 

> 本当は、おめでとうございます!をタイトルにするべきですけれど
> ピックさんにはこっちのタイトルを贈りたいです。

ありがとう。色んな意味で疲れました(笑)
>
> 実は私も昨日、後輩(男性)の結婚式に出ていました。
> 笑いあり涙ありのとても素敵な披露宴でした。
> 今頃ピックさん泣いてるかなって思ってたけど我慢したんですね・・・
> 息子だろうと娘だろうと、結婚すれば完全に巣立つわけですから
> 親としては寂しい気持ちになるのが普通のような気がします。

長男の時はまだ次男もいるし、長男とは同じ東京だしという気持ちがあったので、
今回ほど凹みませんでした。
でも今日、結婚式後初めて仕事に行って、
集中して仕事をしてきたら、少しすっきりしたよ。
これが自然の姿なんだから、受け入れてそれを喜びとしなければ、
と少しずつ思っています。

> 友人席にいても気疲れしますから、新郎の母ならいかばかりか。
> しばらくはゆっくり休んでくださいね。
> そして、月末開催の爆裂会でストレス発散してくださいな。

ありがとう。
荒れるかも(^_^;)介抱よろしくね(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.06/14 00:52分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

> 今ひとつひまひまには、分からないのですが、
> これまでも離れて住んでいた息子さんが結婚すると
> これまで以上に寂しいものなのでしょうね・・・

これは私もびっくりしてるんだよ~
恐らくこの寂しさは物理的なものじゃないんだろうね(^_^;)

> でも、ひまひまもピックさん泣いても良かったように
> 思います(でも、きっとひまひまなら泣かないように
> 我慢すると思いますが・・・)

だから少し泣いたってば(苦笑)

> 結婚までの色々なことを、いつか我が息子が
> 結婚する時にぜひぜひ聞かせてもらいたいです。

一杯息子さんとも色んな話してね。
結婚して話すとしたら、また別の話題になるだろうからね。

> しばらくは、ぼーっとした日々になるかと思いますが、
> 忘れようと仕事などに精を出さず、自然にいてくださいね

そうなのかな、、、
今は仕事に精を出そうかとちょっと思っています。
忘れようというより、自分の生きがいのために、
これからはもうちょっと仕事もしようかなって思ってるんだけど、ダメ?(苦笑)
また話、聞いてください。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.06/14 00:48分 
  • [編集]

No title 

息子さん、ご結婚おめでとうございます。

>実質は、結婚後も頻繁に実家に出入りできるのは新婦であり、
新幹線に乗らないと会いに行けないのは新郎側…
泣きたいのは私の方でした(苦笑)

これって、私も同じ経験しましたから、よーくわかりますよ。

長男の結婚式のときに、お嫁さんのお父さんが、すごく泣いたんです。
でも、お嫁さんの近くに新居を構えたので、あとから、お父さんが、
「こんなにちょくちょく会えるなら、式で泣かなければ良かった」
って言ってました。  初めからわかっていたのにね。といってみんなで
笑っちゃいましたよ。

本当はこっちのほうがさびいいのにと思いましたよ。
でも、自分の経験から、女性のほうに近いほうが結婚ってうまくいく
ケースが多いかもしれませんね。
お嫁さんのご両親に節度があるからよい状態でいられるんだと、感謝もしています。

ピックさんは、もともと次男さんと離れて暮らしていたのにやっぱりさびしいものなんですね。
時間が解決してくれるのでしょうね、さびしさは。

  • posted by ピン 
  • URL 
  • 2012.06/12 21:15分 
  • [編集]

romyさんへ 

> 息子さんのご結婚おめでとうございます。
> わたしも3週間前に息子の結婚式がありました。やはり、泣けなかったです・・・息子の幸せは、私の幸せではありますが、本当に大きな別れの時を迎えた儀式だと感じました。

おお、romyさんも息子さんご結婚されたんですね。
おめでとうございます。

大きな別れ、というと寂しいですが、
ある意味、今までの付き合い方というか関係との別れだなとは思います。
お嫁さんのいる息子との新たな付き合い方を構築しなければいけませんね。

> 姑は控えめに、ちょっと離れたところで見守っていようと、心に決めています。
> これから、さらに自分の人生を楽しみましょう!

そうですね、ホント控えめに、というスタンスが、
息子たちのためでもあり、それが自分も楽な立ち位置なのかなとも思います。
自分自身も気を使いすぎるとしんどいですしね(苦笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.06/12 17:26分 
  • [編集]

mayuちゃんへ 

> 結局、涙は見せてないんですか。
> ピックさん、お強いですね~

そんなことないよ~
こんな記事書いてるくせに、泣いてる花嫁さん見てもらい泣きしてしまい、
最後、新郎新婦がお客様の間を回って退場する時、
私の側に来たおさむを見て堰を切ったように涙が出ました。

> 私にその時(次男の結婚)がきたら
> こられたくても涙が止められないと思いますよ。
> でも かよこさんによると 泣いて呆れられるのは戦前の話だそうですから
> 良かったー v-291
> 安心して号泣しようっと。

なんていうか、新郎側も安心して泣ける状況作り(演出でもいいから)して欲しいよね。
もう戦前みたいに花嫁側だけが泣きの要素があるわけじゃないんだから、
どっちにも平等であってほしいってこと。

> あと10年ぐらいしたら 子育て終えてピックさんに追い付きますから
> いろんな遊びを開拓しながら待っててください!!! v-441v-442

うん、早く追いついて(笑)
今の私の心境が一番わかってくれるのは、mayuちゃんだと思うから。
待ってるよぉ~♫
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.06/12 17:20分 
  • [編集]

かよこさんへ 

> そんなことないって!!それって戦前の話??(笑)
> 今は花嫁より花婿さんが泣く時代だよ。
> 嗚咽する花婿をテレビや友達の話でいっぱい聞きます。

いやいや、そんなことないよ。
もちろん花婿からの手紙とかも最近あるみたいだけど、
やっぱり結婚式って花嫁の涙&花嫁側の涙が絵になるのか、
こういう演出を結構するみたいです。

ただね、昔は、そう戦前は花嫁が泣くだけの理由(実質)があったけど、
今はなんにも理由がないじゃん、って思ったんだよね(^_^;)

> そうは言っても、ポッカリあいた穴は埋まらないでしょうけど・・・。
> 今度のお正月は温泉いって二人のお嫁さんが背中を流してくれるって!

あまり多くは期待せず、ほどほどの距離感で仲良くできたらいいな~

> おさむ君&お嫁ちゃん 末永くお幸せにv-238

ありがとう~
そういえば、プレゼント二人に渡しました。
「あ、お義母さんのブログのお友達ですよね?」と
彼女のほうが言ってくれたのは嬉しかったよ。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.06/12 17:15分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

> お祝いの記事に恐縮ですが・・・
> 昨日は姉宅で母の遺品を整理、形見分けをしながら「今頃、おさむくんの結婚式ね~」って思っていました。
> 梅雨入りしましたが、お天気もよく、式は無事に済んだようでよかったですね。

ギリギリでしたけどね、、、終わった頃ポツポツ降り出しました。

> そうですかねぇ?
> 私はいいと思いますけど。
> 私には残念ながら息子がいないので偉そうには言えませんが、元来泣き虫な私なので、たぶん息子であっても、泣いちゃいそうな気がします。

実際、泣く泣かないということではなく、
記事にも書いたんですが、素直に泣ける状況(演出としてでしょうが)というのが、
新婦側だと自然なんですよね。
新郎側が泣くケースもあるみたいですが…
まだまだ日本って花嫁さんや花嫁さん側が泣く方が絵になるので、
こういう演出を好むみたいです。

> 一昔前(ふた昔か?)女は嫁いだら、実家の敷居はなかなか跨げないのが常でしたけど、今は全く違いますからね。
> 女性の方がどんどん実家に帰ってますもんね。
> 正直、息子を取られた気分じゃないのかな?

もう十分そういう気分です(苦笑)
まあ、仕方ないですね、世の流れがそうだし…

> 私も(息子がいる気持ちになって)ピックさんと一緒に嘆いてあげますからね~~~。
> あれ?お祝いなのに、変ですね(苦笑)

是非一緒に嘆いて(笑)ください。
まっすうさんは、この女性主流の時代に頑張っておられますよね。
だから将来は娘さんに孝行してもらえますよ、きっと。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.06/12 17:10分 
  • [編集]

久しぶりにこんにちは 

とってもいい記事で思わずコメにきました・・・。

新郎側のお母さん(お父さんも)がこんなにも辛い思いを押さえている
ということに 気がつきませんでした。

・・・でも、考えたらそうですよね。 気がつかなかった・・・ってことは
やっぱり世間では、一生懸命押さえているんだろうな・・・

自分が女だし、娘しかいないので、思わぬ盲点でしたが。
ほんとは一番泣きたいのは・・・確かにそうだわ。

でも、結婚式以降は嫁の側につくのがわかってる息子なんだから
泣いてる母に「お母さん・・・」って胸いっぱいに抱きしめてあげる婿を
許す風習があってもいいなあ~ なんて考えてしまった・・・(笑)

これからも、身辺記事楽しみにしています。
  • posted by 美月 
  • URL 
  • 2012.06/12 10:33分 
  • [編集]

お疲れ様でした 

本当は、おめでとうございます!をタイトルにするべきですけれど
ピックさんにはこっちのタイトルを贈りたいです。

実は私も昨日、後輩(男性)の結婚式に出ていました。
笑いあり涙ありのとても素敵な披露宴でした。
今頃ピックさん泣いてるかなって思ってたけど我慢したんですね・・・
息子だろうと娘だろうと、結婚すれば完全に巣立つわけですから
親としては寂しい気持ちになるのが普通のような気がします。

友人席にいても気疲れしますから、新郎の母ならいかばかりか。
しばらくはゆっくり休んでくださいね。
そして、月末開催の爆裂会でストレス発散してくださいな。

  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2012.06/12 00:09分 
  • [編集]

No title 

ピックさん  おめでとうございますe-467

今ひとつひまひまには、分からないのですが、
これまでも離れて住んでいた息子さんが結婚すると
これまで以上に寂しいものなのでしょうね・・・

でも、ひまひまもピックさん泣いても良かったように
思います(でも、きっとひまひまなら泣かないように
我慢すると思いますが・・・)

結婚までの色々なことを、いつか我が息子が
結婚する時にぜひぜひ聞かせてもらいたいです。

しばらくは、ぼーっとした日々になるかと思いますが、
忘れようと仕事などに精を出さず、自然にいてくださいね
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2012.06/11 23:59分 
  • [編集]

別れ 

息子さんのご結婚おめでとうございます。
わたしも3週間前に息子の結婚式がありました。やはり、泣けなかったです・・・息子の幸せは、私の幸せではありますが、本当に大きな別れの時を迎えた儀式だと感じました。

ぽっかり空いた穴は埋まりませんね。可愛い息子を育てた楽しい(大変な)思い出だけを、胸にしまっていくしかないですね。

姑は控えめに、ちょっと離れたところで見守っていようと、心に決めています。

これから、さらに自分の人生を楽しみましょう!



  • posted by romy 
  • URL 
  • 2012.06/11 19:32分 
  • [編集]

おめでとうございます。 

☆おさむさんのご結婚、おめでとうございます☆

結局、涙は見せてないんですか。
ピックさん、お強いですね~
私にその時(次男の結婚)がきたら
こられたくても涙が止められないと思いますよ。
でも かよこさんによると 泣いて呆れられるのは戦前の話だそうですから
良かったー v-291
安心して号泣しようっと。

あと10年ぐらいしたら 子育て終えてピックさんに追い付きますから
いろんな遊びを開拓しながら待っててください!!! v-441v-442

  • posted by mayumayu 
  • URL 
  • 2012.06/11 19:28分 
  • [編集]

祝!! 

ご結婚 おめでとうございますv-238

>世の中的には、結婚する娘に涙を流す親は許されても、
結婚する息子に涙を流す親は、呆れられます。

そんなことないって!!それって戦前の話??(笑)
今は花嫁より花婿さんが泣く時代だよ。
嗚咽する花婿をテレビや友達の話でいっぱい聞きます。

そうは言っても、ポッカリあいた穴は埋まらないでしょうけど・・・。
今度のお正月は温泉いって二人のお嫁さんが背中を流してくれるって!

おさむ君&お嫁ちゃん 末永くお幸せにv-238
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2012.06/11 19:00分 
  • [編集]

おめでとうございました♪ 

お祝いの記事に恐縮ですが・・・
昨日は姉宅で母の遺品を整理、形見分けをしながら「今頃、おさむくんの結婚式ね~」って思っていました。
梅雨入りしましたが、お天気もよく、式は無事に済んだようでよかったですね。

>世の中的には、結婚する娘に涙を流す親は許されても、
結婚する息子に涙を流す親は、呆れられます。
子育てをしてきた母親としては、娘も息子も同じなのに、
なんで息子の親は、寂しい気持ちを素直に言ってはいけないんだろうと、
正直、矛盾を感じました。

そうですかねぇ?
私はいいと思いますけど。
私には残念ながら息子がいないので偉そうには言えませんが、元来泣き虫な私なので、たぶん息子であっても、泣いちゃいそうな気がします。

一昔前(ふた昔か?)女は嫁いだら、実家の敷居はなかなか跨げないのが常でしたけど、今は全く違いますからね。
女性の方がどんどん実家に帰ってますもんね。
正直、息子を取られた気分じゃないのかな?


私も(息子がいる気持ちになって)ピックさんと一緒に嘆いてあげますからね~~~。

あれ?お祝いなのに、変ですね(苦笑)



  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2012.06/11 18:32分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/993-b9ef5d1a

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。