新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

階伯(ケベク)1~9


ケベク


イ・ソジン     百済最後の忠臣、ケベク将軍
チョ・ジェヒョン  第31代、百済最後の王 ウィジャ
チャ・インピョ   ケベク父
チェ・ジョンファン 第30代百済王 武王
オ・ヨンス     武王妃サテク
チン・テヒョン   その息子 第2王子
ソン・ジヒョ    ケベクとウィジャと深い絆を築く商人の娘ウンゴ


いやねぇ~あんまり盛り上がってないような噂を聞いてたので、
すぐに視聴しなかったんだよね、「王女の男」にハマってたってこともあって(^_^;)
でもなんたってイ・ソジン氏でしょ?
どんなにつまらなくても見なきゃ!!と覚悟して見始めたら、
なんで?

すんごく面白いんですが!!!

「推奴」の時にも何で?何で?って思いながら楽しめた管理人なので、
今回もいい意味で楽しめるのかな?それともどっかから失速するのか…

でもね、これ、私がとっても好きな「ソドンヨ」の武王とソンファの話なんですよ。。。


ケベク 武王


これが武王。まあヒョンジェ氏じゃないからキラキラしてないけど(苦笑)、
あの「ソドンヨ」は新羅の姫と百済の王の恋愛ドラマだから
実際の武王ってのはこんな雰囲気だったんだろうなと思う。


ケベク ソンファ皇后&ウィジャ王子 


そしてその愛妃ソンファと息子ウィジャ王子。
新羅からお嫁に来たソンファだけど、
このドラマでは息子のウィジャ王子を守るため自ら命を断ってしまう。
そもそもこのソンファという姫が存在したかどうかは、
歴史的に非常に信ぴょう性が薄く、善徳女王の妹と紹介されているけれど、
未だに謎に包まれているようだ。

でも、ソドンヨファンの私には、あの相思相愛の武王とソンファには、
こんな後日談があってこんな風に歴史は動いたのか、、、
なんて思いながら見ると、なかなか興味深い。

そしてこのソンファとウィジャを命がけで守ったのが。。。
前半このドラマをガンガン牽引したあの人。。。




ケベク ムジン


そう、チャ・インピョ氏演じるケベク父のムジンです。
いや、さすが、インピョ氏。すごい存在感です。
というのもね、、、
ソンファを敵対視する勢力、百済純血主義者のこの人が、、、


ケベク サテク妃


オ・ヨンスさん演じる武王の第二王妃サテク妃。
彼女がなんと若いころこのムジンを愛していたという設定が、
艶かしくて、ムジンを一層ステキに見せる。
しかしこの炎のような女性をムジンは哀れんではいたけれど、
結局受け入れず、サテク妃は武王に嫁ぐことになる。

しかし武王には最愛の皇后ソンファがいて、
一番愛して欲しかったムジンからも受け入れられなかったサテクの心の闇は、
結局権力へと向かっていく、、、
そしてその結果、ムジンは捕えられ、王子とケベクを守るため、
ウィジャ王子の刀にかかって命を落とすことになる。


ケベク02 


父親ムジンと武王の計画だったとは知らず、父を亡くした無念を抱き、
新羅の捕虜となったケベク。
ただひたすらウィジャの命を狙う獣のような存在になって再会するんだけれど。。。


ケベク ウィジャ王子


そのウィジャ王子、ケベクの誤解が溶けて、
打倒サテク妃と、一枚岩になれるのか、、、
そして…


ケベク ウンゴ


そのウィジャの復讐を手助けする商人の娘ウンゴ。
美しく聡明でサテク妃にも気に入られ、王宮に出入りするようになるんだけど、
実はサテク妃に復讐心を持っている。
今後ケベクと思いを通じるヒロインみたいだけど、
ウィジャ王子とも三角関係になりそう、、、


ケベク キョギ王子


そして世子の座を狙う第二王子キョギ。
母親サテク妃の莫大な権力に支えられ、ウィジャを陥れようとする。。。
最近「カボチャ」などで大活躍のチン・テヒョン氏が演じているのでちょっと楽しみ。


今のところ、イ・ソジン氏がとにかくキチャナイのだよ(苦笑)
彼は美しい姿が似合うから、早く綺麗な衣装を着て欲しいな。
っと言っても今回は将軍役だから甲冑姿なんだよね(^_^;)

キム・ユシンとかアルチョンとか、そんな登場人物も出てくるよ。
あのアルチョンがなんでこんなおっさん?と叫びたくなるけど(笑)

  • [No Tag]

*Comment

ピンさんへ 

> なんで義慈役に彼をキャスティングしたのか、不思議だったけど、あとから納得しました。

義慈王ってあれが史実なら、ホントに最悪の王様ですよね?
そういう意味では、ジェヒョン氏、うまく演じてましたけど…


  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.11/07 23:16分 
  • [編集]

ピックさん、ドナルドさん 

>そしてウンゴに関してもこれからまた色々あるんです。
楽しみに見ていってくださいね。

そうなんです!!  っていうか、ウンゴはこれからだね。。。

なんで義慈役に彼をキャスティングしたのか、不思議だったけど、あとから納得しました。

  • posted by ピン 
  • URL 
  • 2012.11/06 18:19分 
  • [編集]

ドナルドさんへ 

> 義慈との初夜の日に階伯を訪ねてくるウンゴ
> この辺りは切ないですね
> 体は義慈のものだが、心は階伯のものというウンゴも
> 悲運の人ですね

この時、ケベクの子供ができたのか、と思ったんですが、
やっぱり違いますよね?

> 王族の子を身籠ることを龍種のいうんですね
> 龍の種というのが、妙に生々しいし実際ウンゴが子を産むというのが耐えられないです(涙)

この王の策略がまた卑怯でしょ?
そしてウンゴに関してもこれからまた色々あるんです。
楽しみに見ていってくださいね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.10/31 01:06分 
  • [編集]

ウンゴが妃に?? 

いやあ止まらなくなってきました

義慈との初夜の日に階伯を訪ねてくるウンゴ
この辺りは切ないですね

体は義慈のものだが、心は階伯のものというウンゴも
悲運の人ですね

王族の子を身籠ることを龍種のいうんですね
龍の種というのが、妙に生々しいし実際ウンゴが子を産むというのが耐えられないです(涙)

  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2012.10/28 22:35分 
  • [編集]

ドナルドさんへ 

> サテク家が、あっけなく完敗!
> どうしても善徳と比較してしまうので、全体的に薄っぺらい感じがします

このドラマ、結局は、義慈王とケベクの確執がテーマなんですよね(^_^;)
>
> いろいろなドラマをみることで、楽しみが増えるのもありますが逆にガッカリすることもありますね
> アルチョン???
> これはだめでしょi-240

あのステキなアルチョンを見ちゃうとね。。。(苦笑)

> 階伯のイ・ソジン氏
> 汚い衣装は、彼は似合わないですよ
> ウンゴと結ばれればいいのにねえ

ここもまた、色々あるんです。
楽しみに見ていってください。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.10/20 01:33分 
  • [編集]

あっけなく 

サテク家が、あっけなく完敗!
どうしても善徳と比較してしまうので、全体的に薄っぺらい感じがします

いろいろなドラマをみることで、楽しみが増えるのもありますが逆にガッカリすることもありますね
アルチョン???
これはだめでしょi-240

階伯のイ・ソジン氏
汚い衣装は、彼は似合わないですよ
ウンゴと結ばれればいいのにねえ
  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2012.10/17 20:51分 
  • [編集]

ドナルドさんへ 

> かなりのスピードで視聴してきましたが
> ペースが落ちてきました
> 階伯も
> 義慈もちょっと年取りすぎでしょ?
> 父である武王とあまり変わらないんだもんi-181

アハハ、確かに実年齢はあまり変わらないですからねぇ~

> チャ・インピョ圧倒的な存在感で、逝ってしまいました
> 父と子のシーンは、とてもよかったです

インピョ氏ってすごいですよね。
今、彼と千秋太后の契丹の皇后役だったシム・ヘジン(その女のヒロイン)のシットコムをやってるんですが、
ものすごくコメディー路線ですよ。
役者ってホントすごいって思います。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.10/05 01:07分 
  • [編集]

ドナルドさんへ 

> 私、階伯に書き込みしたつもりが・・・

アハハ、了解です♫
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.10/05 01:00分 
  • [編集]

さくさくと7話目 

義慈(ウィジャ)も階伯(ケベク)も大人になりました!

かなりのスピードで視聴してきましたが
ペースが落ちてきました
階伯も
義慈もちょっと年取りすぎでしょ?

父である武王とあまり変わらないんだもんi-181

チャ・インピョ圧倒的な存在感で、逝ってしまいました
父と子のシーンは、とてもよかったです
  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2012.10/03 21:37分 
  • [編集]

すいませんm(__)m 

私、階伯に書き込みしたつもりが・・・
  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2012.10/01 18:03分 
  • [編集]

ピンさんへ 

> 善徳女王のミシル役のコヒョンジンさんが、お化粧より演技力で怖さを出していましたよね。彼女はすごかった。v-218

今日、たまたまお昼にスカパーを付けっぱなしにしていたら、
ヒョンジョンさんとナムジュさんの演技力を絶賛している番組をやっていました。
たまたま出てきた映像に善徳女王のミシルが映りましたが、
やはりすごい存在感ですね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.09/15 01:18分 
  • [編集]

NoTitle 

>確かに怖い(笑)
でもオ・ヨンスさんてこんなに激しい役もできるんだなぁ~とびっくりしましたよ(^_^;)

善徳女王のミシル役のコヒョンジンさんが、お化粧より演技力で怖さを出していましたよね。彼女はすごかった。v-218
  • posted by ピン 
  • URL 
  • 2012.09/12 23:02分 
  • [編集]

ピンさんへ 

> 私も、このドラマをソドンヨと重ねて視聴して楽しんでいます。
> どうしてもヒョンジェ氏の顔とこの王の比較になっちゃうけどね。

比較しちゃいますよね(笑)

> 百済最後の土地に行ったことがありますが、あの土地での歴史と思うと、興味深く見てしまいます。
> たしか、武王(もしかしたら、武寧王?)いやいや武王だったと思う王のお墓にも行きました。
> 小さな洞の中に被り物やらの装飾品が納められていて、あれを武王が被ったのかと思うだけで興味が湧いてきます。ただ、行ったときはまだ、全然韓国の歴史に興味なかったので、今思うと残念。

若い頃に京都のお寺をただテキトーに見て回ったり、
イタリアの教会もなんにも下調べしないで行ったりしたことが、
最近になってとても悔やまれます。
そんなに何度も行くわけじゃないんだから、
やっぱり歴史ある場所に行くときは、その背景をしっかり知って見に行くと、
感慨もまたひとしおなんでしょうね。。。

> さて、ケベク、これからどう活躍するか、楽しみです。
> それにしても、サテク姫の化粧の怖い事、あれほどにしなくても、演技力で怖さを見せてほしいものです。

確かに怖い(笑)
でもオ・ヨンスさんてこんなに激しい役もできるんだなぁ~とびっくりしましたよ(^_^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.09/10 23:08分 
  • [編集]

NoTitle 

私も、このドラマをソドンヨと重ねて視聴して楽しんでいます。
どうしてもヒョンジェ氏の顔とこの王の比較になっちゃうけどね。
でも、新羅から思い人をもらい、やっぱり愛していた設定は同じだし、百済は面白い。
百済最後の土地に行ったことがありますが、あの土地での歴史と思うと、興味深く見てしまいます。
たしか、武王(もしかしたら、武寧王?)いやいや武王だったと思う王のお墓にも行きました。
小さな洞の中に被り物やらの装飾品が納められていて、あれを武王が被ったのかと思うだけで興味が湧いてきます。ただ、行ったときはまだ、全然韓国の歴史に興味なかったので、今思うと残念。

さて、ケベク、これからどう活躍するか、楽しみです。
それにしても、サテク姫の化粧の怖い事、あれほどにしなくても、演技力で怖さを見せてほしいものです。
  • posted by ピン 
  • URL 
  • 2012.09/09 20:33分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/989-e8f988de

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。