新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

悲劇の王妃 廃妃慎氏


ノクス



さて、すっかり「王女の男」だらけの記事になってしまった囲炉裏だけど、
BSで放送されてた「王妃チャン・ノクス」も何となく最終話まで見てしまった。
前にも書いたけど、とにかくものすごく古いドラマなので、
万人にはオススメできないけれど、燕山君の心をとても丁寧に描いて、
「王と私」のチョソンも出てきて、私は結構楽しんで見ることができた。

さて、そのドラマを見る過程で、実に興味深い人物を発見した。
燕山君の時代、左議政まで昇りつめたシン・スグン。
彼は燕山君の中殿の兄で、晋城大君(後の中宗)の舅になる人物。
いわゆる二代の王の后に妹と娘を出した家門だから、
時の栄華を極めた家門だったはず、、、
と、調べてみると、何と二人の后が二人共廃妃の憂き目にあっていた。

燕山君と中宗の間には、有名な反正(クーデター)があったことは周知の事実だけれど、
シン・スグンはそのどちらの王とも姻戚関係にあり、
ある意味、非常に微妙だが、逆の意味で非常に有利なポジションにいたことになる。
そのポジションを彼がどうさばいたのか、とても興味が湧いて調べてみた。

するとだ、、、
何と、反正軍の一人パク・ジョンウォンの誘いを、
「燕山君の気性は荒いけれど世子は聡明だから大丈夫」と断り、
その結果、シグンは反正軍から殺されてしまう。
自分の娘婿を王にすると言ってるクーデターをだよ。。。(・o・)
いやぁ~たくさん史劇を見てきたけど、こんな人物も珍しい。
義を重んじた人物だったのか、あるいはあまりに政局に疎かったのか、、、^_^;

反正の結果、王となった晋城大君(後の中宗)。
当然スグンの娘が中殿となったわけだけど、
なんせ反乱軍はその父親を処断してるわけだから、
国母となった中殿の報復を恐れ、王妃慎氏を追放することに。。。

この廃妃となった慎氏と中宗は非常に仲睦まじい夫婦だったらしく、
二人の愛情を伝える逸話として有名なのが「チマ岩の伝説」。
中宗は慎氏に会いたくなると高い楼閣に上って彼女の実家を眺め、
慎家では慎氏がよく着ていたチマを岩に広げたとのこと。

慎氏の復位は生前には叶わず、180年経って英祖の時代に実現したらしいんだけど、
この史実を知って、シン・スグンの選択の悲劇を痛感した。
彼が燕山君への忠義を貫いたことで、
結局何が残ったのだろうか、、、
本人の命はもとより、
彼の妹、つまり燕山君の中殿(居昌郡夫人)が反正により廃妃になり、
その反正を拒んだことで、娘の端敬王后慎氏もまた廃妃となったわけだから、
あまりに悲しい選択だよね。
忠臣は一人の王にしか仕えない、ということだろうか。。。

妹(燕山君の后)を犠牲にしても、
我が娘を一国の中殿として慎家を栄えさせる選択もあったはずなのに、
何とも切ない家門と言える。



  • [No Tag]

*Comment

かめさんへ 

> ふーむ面白いですねえ。
> 因みにご本人はそこそこの地位を維持して、そこそこ幸せな人生だったんですかね。最期とか気になります。

この本人スグンという人は、ドラマを見る限りでは、
燕山君の特異な性癖にかなり振り回されていたかのような気がしますが、
確かに一時期は、仁粋大妃(成宗の母)から実権を奪い、
シン三兄弟が政の中心になった時期はあったようです。

ただ、最期は中宗を擁立した反乱軍に殺されちゃいます(泣)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.05/13 23:32分 
  • [編集]

 

ふーむ面白いですねえ。
因みにご本人はそこそこの地位を維持して、そこそこ幸せな人生だったんですかね。最期とか気になります。
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2012.05/12 05:25分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/979-12bd3145

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。