新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

王女の男 18話まで






いやもう、どんどん切なくなるスンユとセリョンだけれど、
今回の爆泣きポイントはここでしょ。
アガン~もう激しくかわいいです


王女17-3


王女17-1


そして…




王女16-1


師匠との再会も泣けた。
このドラマ、スンユ側の人間は徹底的に暖かくて善人で、
首陽大君側の人間は徹底的に冷静で悪人という描き方に徹している。
実際の史実はどうであったかは別にして、
私はこれはこれでこういうステレオ的な描き方は嫌いじゃない。
そう描くことで、相反する2つの構図の中で、
そのどちらにも属しきれないスンユとセリョンが際立つからだ。


王女18-1

私と一緒にどこか遠い見知らぬ土地で暮らしましょう

先生を助ければ父が死に、父を助ければ先生が死にます
と、遠くに二人で逃げようと言うセリョン。しかし、

どんな名君の器であったとしても多くの命を犠牲にした者が民を守れるはずがない
と、明の使節団を迎える式典でクーデターを決行するというスンユ。

どんな残虐な男でも父親への情というのはまた複雑だよね。
そんな親兄弟との死別を経験したスンユだかこそ、
セリョンの複雑な心中も察することはできるけれど
やはりあの無念の中亡くなった父と兄のことは忘れられないんだよね(泣)
そして、
今後、父と決別するとキョンヘ王女に言い放ったセリョンだけれど、
果たしてそんなことは可能なのだろうか、、、


王女16-1



さてだな、、、またまたしつこく言うけど、
首陽大君、ついに世祖になったわけだけれど、
彼自身、なぜ王になりたかったのか、
自問自答しても答えが出せなかったよね。
しかも明の使者に余計なことは言うな、と上王(端宗)に口止めをするってことは、
自分の行為、すなわり幼い王から王位を奪ったことが、
やっぱり良くないことだとわかってるわけだ。
私がどうしても引っかかるのはそこ。
恐らくセリョンもそうなんだと思う。
首陽大君がなぜ王にならなければならないのか、
そこがすごく曖昧でアバウトなんだよなぁ~

そんな首陽大君側に非常に優秀だったというシン・スクチュがなぜついたのか、
そしてまたその息子ミョンがなぜ友を裏切ってまで味方したのか、
何の理由もないとしたら、ただただ保身しかないということになる。
だとすると、そんなミョンって恥ずかしくて普通なら友の前にも
友が愛した女性の前にも出れないのでは?
彼が自分の行為を正当化していられる理由って何なんだろう?
そこが私はどうしてもわからないので、
ミョンにこれっっぽちも切なさを感じない。
ただただ卑怯な男にしか見えない。

ただね、100歩譲って彼もまた父や家門を守らなければならない立場にあったわけだから、
そこは苦しい立場に置かれたのだろうと思う。
でもなんていうか、彼の苦しみ方がとても皮相的なんだよ。
友にわかってもらえない、セリョンに受け入れてもらえない。。。
そうじゃなくて(怒)
この時代、間違った考え方に従うしかなかった、
そうしないと生きる術がなかった、
そのために自分の信念を曲げてしまった、、、と、
そういうことで彼は一度も悩んでない。
そこが私はどうしても彼を許せないんだよね。
男として人間として…

そしてまた、イ・ゲたち死六臣って言うらしんだけど、
彼らもまた、なぜ生き急いだのか、
端宗がまだ若かったのだから、
もっと力を蓄えて期が熟すのを待つべきだったと思う。
まあ、世祖たち勢力にいつ何時殺されるかわからない、
そういう緊迫した状況が、勇み足のようなクーデターになってしまったのかもしれないけれど…

でも逆にだからこそ、この時代に命をかけて端宗を支持した彼らはすごいと思う。
私ならやっぱり痛いのヤダし、
ミョンみたいな卑怯者になってしまうと思うから。
自分にできないことをした人たちだからこそ、
感動をもって見てしまうのかもしれない。


王女18-4


さて、キョンヘ王女とジョンもまた
夫婦として幸せな一歩を踏み出したというのに、別れの時が来てしまう。
辛いシーンが多い中でこの二人の夫婦としての有り様が
唯一慰められるシーンです♫


35_20110917115341.jpg


そしてついに、スンユが生きていると知るミョン、、、
スンユの生存でミョンがますます卑怯な道に走らないでほしいと思う(泣)


  • [No Tag]

*Comment

ペコさんへ 

ペコさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 今、「王と妃」視てるんですが、首陽が甥の端宗を殺すに至るまで
> 80話近く費やしてます 長っ‼(^^;; でも、超面白いですよー
> 機会があったらぜひ 180ン話有りますけどー(苦笑)

実は以前ちらっと見る機会はあったんですが、あまりの長さに録画を断念したことがあります。
でもこの時代を詳しく知るにはいいドラマですよね。
また機会があったら再挑戦してみようと思います(笑)

> まっ、「王女の男」はロマンスの方が主題ですから\(//∇//)\
> しかし、上手く織り込んでますよー(⌒-⌒; )

そうなんでしょうね。
政治的な面では物足りなさがあるんですが、
ロマンスではホントに楽しめています。
映像もきれいですしね。

また遊びに来てください。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.04/27 01:52分 
  • [編集]

実にめんめんと、、 

はじめまして。アバウトですよね(^^;;
今、「王と妃」視てるんですが、首陽が甥の端宗を殺すに至るまで
80話近く費やしてます 長っ‼(^^;; でも、超面白いですよー
機会があったらぜひ 180ン話有りますけどー(苦笑)

まっ、「王女の男」はロマンスの方が主題ですから\(//∇//)\
しかし、上手く織り込んでますよー(⌒-⌒; )
  • posted by ペコ 
  • URL 
  • 2012.04/26 02:03分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/975-49715810

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。