新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

王女の男 12話まで


王女11-1


いやぁ~このあたりにきて、
チェウォンさん、すごく良くなったねぇ~
前半ちょっと物足りなかった感じがここにきてどんぴしゃになってきた。
あまりに可哀想な状況にあるというのに、
なぜだか前半の何の憂いもない時より美しく見える。
女っていうのは、多少恋に障害がある方が美しくなるのだろうか、、、
と言っても多少ではないけど。。。



王女11-2


でもってスンユもまた美しい
もともと罪人服やざんばら髪で萌えるという変態気質の管理人ではあるけれど、
それにしてもあれだけムサい集団の中でもさすがシフ君、
ひときわ美しい
やはり素材の本来持つ美しさというのは、
どんな状況でも輝くということか(笑)

さて、ギリギリの状況で王命が発っせられ極刑を免れたスンユ。
孤島に流刑となるんだけど、その途中船を沈没させられてしまう。
もちろん首陽大君側の陰謀なのだけれど、
そこで知り合った罪人と協力し合い、
なんとか逃げることに成功する。
スンユと大芝居した罪人はどっかで見たことのある俳優さんだから、
きっと生き残るだろうと思ってたんだけど、
あの見事な裸体を見せてくれてた長身の罪人、
あっという間に死んじまって、チョイ残念^_^;


王女12-1



さてだなぁ、、、
辛い状況になってしまったシン・ミョン。
まあ、友情より家門、つまりは父親を優先したわけだから
仕方ないとはいえ、セリョンには徹底的に憎まれてしまう。
スンユの義姉と姪を安全な場所に匿ったりと、
できる限りの贖罪はしてるんだけど。。。

ただな、、、

これはこのドラマを見た限りの見解だけれど、
首陽大君にしろシン・ミョンにしろ、
彼らが言う「殺らなければ自分たちが逆に獄の中にいる」という考えには、
どうしても賛同できない。
というのはね、キム・ジョンソの政治は、
王族を政治に関わらせない、というものであって、
それを首陽大君が守っている限りは、
キム・ジョンソ側からのクーデターはなかったのではと思うからだ。
しかも、文宗の弟、アンピョン君にしてもクムソン大君にしても、
どちらも彼らは文宗の忘れ形見である端宗を支持し、
直系での血統が継っていくことに何の疑いも抱いていない。
むしろそれを支持した結果、首陽大君からの報復を受けて命を落としている。

そのまま端宗を大事にサポートしていく方法をとれば、
誰も血を流すことなく、しかも若い端宗を導く叔父として、
首陽大君の政治への反映だって穏便な形で具現化できただろうに、、、
それを殺らなかったら殺られていた、と言うミョンの言葉は、
ひどく不愉快で、どんなにヤツがその後セリョンとのことで切なくても、
やっぱり卑怯で許せない気持ちで見てしまった。

それより、、、


王女12-2


王女の夫、チョン・ジョン。
相変わらず頼りない彼だけれど、
王女への思いが一途であること、
正しいことへの信念が揺るがないこと、
逆境にあっても逃げないこと、
そういう面がどんどん見えて、逆に私はジョンに注目している。

王女 シフ


まあなんやかや言ってもここに一番注目してるんだけど(笑)




  • [No Tag]

*Comment

はうんさんへ 

> >まあなんやかや言ってもここに一番注目してるんだけど(笑)
> 爆笑(^^ゞ
> 確かにそういうシーンがちょこちょこありますね~

いやぁ~女性顔負けの胸筋ですよ。びっくりです。

> スンユのアガンを見る時の優しい表情と、牢屋の中でセリョンの首を絞めた時の狂気にみちた表情、なかなかすごいなと思いました。

あの首締めのシーンも変態としてはお、そっち系?とちょっと楽しませてもらえました(笑)

> 首陽大君の家の前で彼と一緒にいるセリョンを見て、生き延びたスンユが一人ツッコンでいくシーンにはびっくりしました。
> えー!そんなに早くスンユ死んでしまっていいの?と。もちろん、そうじゃなかったんですけど。
> 頭ではわかってるんですが、主人公だから生き残ると、でもドキドキしてしまいました。こんなタイミングで再会さすなんて、脚本家何考えてるんだ?って。

ですよね、だいたいスユンたち、ちょっと無謀(苦笑)
ほとんど準備らしい準備もなく、すぐ反乱を起こすのでハラハラして見ています^_^;
でも面白いくてやめられませんです♫
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2012.04/23 19:20分 
  • [編集]

最後に笑いました。 

こんにちは、ピックさん。

>まあなんやかや言ってもここに一番注目してるんだけど(笑)
爆笑(^^ゞ
確かにそういうシーンがちょこちょこありますね~


スンユのアガンを見る時の優しい表情と、牢屋の中でセリョンの首を絞めた時の狂気にみちた表情、なかなかすごいなと思いました。
首陽大君の家の前で彼と一緒にいるセリョンを見て、生き延びたスンユが一人ツッコンでいくシーンにはびっくりしました。
えー!そんなに早くスンユ死んでしまっていいの?と。もちろん、そうじゃなかったんですけど。
頭ではわかってるんですが、主人公だから生き残ると、でもドキドキしてしまいました。こんなタイミングで再会さすなんて、脚本家何考えてるんだ?って。
  • posted by はうん 
  • URL 
  • 2012.04/23 17:19分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/972-8789fdff

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。