新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

最後から二番目の恋 9話


最後から二番目の恋最後から二番目の恋
(2012/03/23)
脚本/岡田 惠和、ノベライズ/蒔田 陽平 他

商品詳細を見る


ハメ外し過ぎたな、オレたち、、、

いやぁ~今回の9話も面白かったぁ~
っていうか、このドラマ、シットコムみたいに
ず~と見ていたい。
ず~と和平さん弟妹と千明たちの日常を見ていたい。
だってみんなホントにかわいいんだもん。

母として、父として、という思いを、
「最近、ちょっとハメ外し過ぎてた」って言う和平の
この言葉がまたいい。
彼の「つまらない言葉」は千明も言ってたけど、
実に昭和的なのに癒されるんだよなぁ。。。

そんなほっとした瞬間もつかの間、
あんな息子の場面を見せられた典子(苦笑)
それでも学生時代だったら友だちに間違いなくなってたと言う千明の
これまた懐の広さというか、徳というか(^_^;)
そしてまた、告白する万里子への対応もお見事

和平も言ってたけど、千明って男っぷりがいいんだよね♪
人間としてステキというか。。。

千明が言っていた「結婚してるかしてないか」で
何で女はあんなに敵同士になるのか、、、という言葉。
でもどっちにも長短あるんだという言葉は、
最近、囲炉裏でも話題に出たように、
結局はタダで自由はないんだってことだよね。

ただ、千明を見ていると、
結婚してなかろうが、子供を産んでなかろうが、
結局、人を魅了するものって前にも書いたけど
自分の処し方をわかってる人かなと、、、
そういう人って多分孤独との向き合い方も
覚悟が出来てるような気がする。

実に昭和っぽい人情の塊のような和平と、
自分の処し方がわかっているハンサムウーマンの千明の
惹かれあうポイントって何なのか、
妻を亡くした和平の、寂しさとの折り合いの付け方とか、
周りの人たちへ勇気と愛をあたえる千明の包容力とたくましさ、
そういったベースの部分がどこかリンクしてるような気がする。

こりゃ、真平、別の意味で、やっぱり勝てないね(苦笑)
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/951-9de056da

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。