新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

セカンドバージン

セカンドバージン01


いや~この時期、こんな記事アップしてる時間、ないんだけどねぇ、、、(^_^;)
でもあまりにも面白かったので書かずにはおれなくて(苦笑)
こんな気持ち久しぶりだよ。

すごかった、面白かった、ハラハラした、不気味だった、
そして、、、
色んな意味で切なかった。

いやはや、こんなドラマに出会うと、
やっぱりドラマ視聴ってホントやめられない(*^_^*)



セカンドバージン03


何と言ってもこのドラマの最大の魅力は、鈴木行(こう)役のこの人
そう、『家政婦のミタ』であの軟弱なダメ父を演じた長谷川博己氏。
182センチの長身で、鈴木京香さん演じる17歳年上の女性と
実にエロチックな恋愛を展開していく。
しかも開成高校、東大、官僚、そして起業と、エリート街道まっしぐらの若き実業家を
実にエネルギッシュに、しかも知的に演じて、
これがあのミタさんでダメ父だった同じ俳優かと見紛うほど魅力的だ。

株とコモディティーを同じ口座で取引できるようにしたい。。。

金融庁を辞めた彼が目指した理想は、個人資産を活性化させることで、
日本経済を豊かにしようというものだった。


photo04.jpg



そんな彼に戸惑いながらも、惹かれていく中村るい@鈴木京香。
17歳年下の男性との恋、というだけじゃなく、
夫と別れてからの20年間、全く男性と付き合わなかった、
いわゆる「セカンドバージン」を捨てることへの躊躇、
仕事一筋にきた女性の不安や焦り、そういったことがとてもうまく描かれていて、
特に、バスローブを鏡の前で脱いで自分の裸を見るシーンがとても印象的だった。


photo01.jpg


しかしついに行との恋に踏み切るるい。
しかし行には妻の万理恵@深田恭子がいた。


まりえ


家庭のこと、子作りのことしか興味のない妻、
そんな妻と自分は合わない、自分にはバリバリ仕事をしているるいの方が似合う、
るいとの密会を重ね、ついに離婚を切り出す行。
絶対別れないとすがる万理恵。
このあたりまではよくある不倫ドラマだ。

もっと会社を大きくして、しかも愛も成就させたいと焦った行は、
TOBを無視した金融取引違反を犯してしまう。
検察に彼をリークしたのは、何と彼の妻、万理恵だった。

会社もプライドも何もかも失くし、拘置所の中でどんどん崩れていく行。
そんな中でも彼を支えようと頑張るるい。
そして憎しみしかなくても、絶対別れない万理恵。

まずここまで見て面白いな~、興味深いなぁ~と思ったのは、
日本経済を活性化させたいと言う行に
行の罪を厳しく告げる検事の言葉。

皆が汗水たらして働く価値を再認識すること、
金を動かすことでもうけるなんてことは虚業に過ぎない


行という男の実態が、前半は時代の寵児として実に魅力的に描いているのに対し、
後半は砂上の楼閣でものを言う、地に足が付いてない空虚な理想家と見なしていくあたりが、
とても興味深かった。

そんなどん底に落とされた行に、変わらず愛を貫こうとするるいの強さはどこから生まれるのだろう?
このあたりから、るいの、万理恵の、行とは反対に「地に足がついている」女たちの生き方が、
アクティブに生き生きと描かれ始める。

愛する男が逮捕され、拘置所に入れられている間でも、
新刊雑誌を刊行する準備に忙殺され、それをやり遂げるるい。
不倫、離婚を突き付けられ、夫に裏切られた失意の中でも、
自分の夢を追い、実現していく万理恵。
女たちのこうした生き方こそが、どんな逆境に遭遇しても決して変わらない
『強さ』を生み出す源なのだろう。

このドラマを見ていて、メスがオスを食べてしまうカマキリのことを思い出した。
意図するしないは別にして、夫の不実、そして死の結果、逆に成長した万理恵。
喪服姿で弔問客に挨拶する彼女の美しいことといったら、、、
自信を得た女性の内から漲る凛とした美しさを、恭子ちゃん、すごくうまく演じていた。
京香さんに負けず、すごいと思う

このドラマは、男と女、それぞれの性を実にうまく捉えている。
女は上にも書いたように、色々なことを同時期にやれることに対し、
男の性は一つのことしかやれないように出来ているらしい。
主人公の行もそうだし、出版社の社長も恋愛を貫くのに仕事をリタイアしているし、
るいを好きだった男性作家もまた、面倒な人間関係を避けてイギリスに逃げていく。

そんな男たちの愚かしいまでの純粋さ、単純さ、
しかしだからこそ、愛する女のために、男は破滅の道を選べるのかもしれない。
だからこそ、女もまたそんな男を愛するのかもしれない。
だから、見ている私たちもそんな男たちが愛おしくなるのかも、、、

いや~囲炉裏グランプリあげちゃう?(笑)
実にすばらしい脚本力、そして俳優たちの演技力でした。
エキゾチックなロケーションの中での行とるいの逢瀬、
京香さんの実に美しいプロポーションとファッション、
そして化粧を落とした時にふと見せる年齢、
彼女と息子の彼女役のYOUさんとの場面とか、
いくらでも語り足りないほど。。。

長谷川氏、1月からの新ドラマ「運命の人」で建築家を演じるそうです。
とっても楽しみ♪
  • [No Tag]

*Comment

かよこさんへ 

> >このドラマを見ていて、メスがオスを食べてしまうカマキリのことを思い出した。
> さすが、ピックさん! カマキリに例えるとは!!
> 特に深田恭子演ずる万理恵は羊の仮面かぶった狼だったよね。

なんだか万理恵やるいがどんどん仕事で成功していくのに、
行がどんどん破滅していく様を見て、カマキリのことを思ったんだよね。
行を食ってる女たちだなと(苦笑)

> 地に足がついてない・・・
> 編集長がるいに「あの男はいかん!地に足がついとらん!」
> このセリフがもの凄く印象に残ってる。
> 私は行という男にそそられなかったのよね・・・
> エリートで知的なんだけど妙に青臭い・・普通はこのアンバランス差に
> 魅力を感じるのだけど、すべてにおいて考えが浅いなって思ってしまいました。
> だから編集長のこのセリフにスカっとしたんだわ。

このドラマは、不倫とか異端であることは責めてないんだよね。
一番大切なことは、恐らく生きていくことへの誠実さ=つまり地に足がついているかどうかということ、
だからこそ、そこを「なめた」行が一番辛い結果になる、、、
この上なく厳しい結果を用意したところにも作者のメッセージがそこにあると感じます。

でもね、そんな風に青臭い男だから、るいを殺すと言われて
あんな選択をしたんじゃないかなぁ~と思う。
そこが妙に切なくて、考えが浅い結果、自業自得の破滅だったのに、
シンガポールでるいと再開した時、振り返ってるいを見たときの
あの一瞬安堵したような顔がたまらなかったです。

セカンドバージンのブログに素の彼が映ってましたね。
素がステキな人ってことは、これから先もいい演技に期待できそう。
それに意外にインテリみたいだしね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.12/29 00:31分 
  • [編集]

みずきさんへ 

> こんばんは。
> NHKのドラマが最近良いよと言うのをどこかで読んで観たのが「セカンドバージン」でした。(最初の)

大河のように下り坂になっているドラマもありますが、
他の連ドラは私も最近は、NHKのドラマって質が高いなぁ~と感じています。
というか、自分の年齢がそろそろ民間のドラマに合わなくなってきているのかも(苦笑)

> ずっと韓ドラばかり観ていて最初に感じたのは日本のドラマは上品だわでした。
> ピックさんのレビューを読んで改めて10話でこれだけのストーリーがうまく描かれていて本当に素晴らしいドラマでした。映像もきれいだったし、倖田來未の主題歌がステキでした。

そうでしたね~エンドロールの映像も、主題歌もステキでした。
まだ頭の中で曲が回っていますよ(苦笑)

> 鈴木京香は「君の名は」から好きで、長谷川博己はお初で「オット、この人いいかも」と思って毎週楽しみに観ましたよ。

私も彼女の声が好きで、前から応援している女優さんでした。
「きらきら光る」の白衣姿の彼女とか大好きです。

> 何度再放送があったやら。誰かと話がしたくてDVDを姉にお仕送りしたけどまだ観てくれない。ピックさんがあげてくださり嬉しいです。

お姉さん、ぜひご覧になって欲しいですよね。
私もどんどん周りの人に宣伝したくなります(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.12/28 00:10分 
  • [編集]

みずかさんへ 

> 爆裂でこの作品の話題を振っても誰も見てなくて寂しかった・・・
> わたし的には、昨年のグランプリでした^^

いやぁ~ホントにびっくりでした。
年末一挙再放送があるとわかってからは、
韓ドラの録画より緊張したよ(笑)

> 昨秋、私は長谷川博己に溺れました。
> だから、ミタでのダメ父役もすごく素敵に見えたんですよね。
> ちょっと痩せすぎなんだけど、ほんっと魅力的な役者です。

私もすごく好きになった。
彼のちょっと上品なあぶなさ(いわゆるワイルドではない)や脆さが、とてもいいv-344
あまりいないタイプの俳優ですよね。
溺れるっていうみずかさんの表現がぴったり♪

> 恋愛だけでなく社会派的要素もふんだんに盛り込まれていて
> 視聴者を飽きさせない。
> 万理恵を通して、女性の自立まで描くんだからスゴイです。

最初はウザいキャラだなぁ~と思ってて、
結果的に彼女が一番キーマンだったってところが
このドラマ、うまいですよね。
彼女の「ウザさ」を一番愚かしく思っていた行とるいに、
「私のことバカだと思ってたでしょ?」と何回か言う万理恵が、
見てる側には意外に痛快だったりした。
あんなに行とるいを好きで見てるのに、
一体誰の目線で見てたんだろうと後で思ったりして…

> 京香さん、元々細いのにこの役のために絞ったそうです。
> それと、歳をわざと際立たせるように工夫してましたよね。
> 目元の疲れとか、わざと出していて女優魂を感じました。

彼女の、背中からヒップにかけての後ろ姿の美しさに何度も見惚れました。
ホントにスタイルのいい女優さん、しかも柔らかい素材の柄物のワンピースとか、
幅広のベルトとか、ファッションも飽きずに見れました。
目の保養になったよ(^^)v

> 完全に入り込んで視聴したせいか、最終回後に廃人になってしまい
> しばらく立ち直れませんでした。
> 大石静先生のブログを拝見するようになったのもこの時期です。
> また観たくなっちゃいました。

私もまだ頭の中でグルグル彼らが回っています(苦笑)
私もまたDVDレンタルしようかな~

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.12/27 23:59分 
  • [編集]

 

>このドラマを見ていて、メスがオスを食べてしまうカマキリのことを思い出した。

さすが、ピックさん! カマキリに例えるとは!!
特に深田恭子演ずる万理恵は羊の仮面かぶった狼だったよね。

地に足がついてない・・・
編集長がるいに「あの男はいかん!地に足がついとらん!」
このセリフがもの凄く印象に残ってる。
私は行という男にそそられなかったのよね・・・
エリートで知的なんだけど妙に青臭い・・普通はこのアンバランス差に
魅力を感じるのだけど、すべてにおいて考えが浅いなって思ってしまいました。
だから編集長のこのセリフにスカっとしたんだわ。
不気味だけど真理恵目線でドラマをみてました。
長谷川博己ファンの方 ごめんなさ~い。
彼はこの間 おしゃれ関係に出てたけど、素のほうが魅力があったわ。
あっ、私的にだけど(笑)
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2011.12/27 23:35分 
  • [編集]

 

こんばんは。
NHKのドラマが最近良いよと言うのをどこかで読んで観たのが「セカンドバージン」でした。(最初の)
ずっと韓ドラばかり観ていて最初に感じたのは日本のドラマは上品だわでした。
ピックさんのレビューを読んで改めて10話でこれだけのストーリーがうまく描かれていて本当に素晴らしいドラマでした。映像もきれいだったし、倖田來未の主題歌がステキでした。
鈴木京香は「君の名は」から好きで、長谷川博己はお初で「オット、この人いいかも」と思って毎週楽しみに観ましたよ。
何度再放送があったやら。誰かと話がしたくてDVDを姉にお仕送りしたけどまだ観てくれない。ピックさんがあげてくださり嬉しいです。
  • posted by みずき 
  • URL 
  • 2011.12/27 19:25分 
  • [編集]

 

爆裂でこの作品の話題を振っても誰も見てなくて寂しかった・・・
わたし的には、昨年のグランプリでした^^

昨秋、私は長谷川博己に溺れました。
だから、ミタでのダメ父役もすごく素敵に見えたんですよね。
ちょっと痩せすぎなんだけど、ほんっと魅力的な役者です。

恋愛だけでなく社会派的要素もふんだんに盛り込まれていて
視聴者を飽きさせない。
万理恵を通して、女性の自立まで描くんだからスゴイです。

京香さん、元々細いのにこの役のために絞ったそうです。
それと、歳をわざと際立たせるように工夫してましたよね。
目元の疲れとか、わざと出していて女優魂を感じました。

完全に入り込んで視聴したせいか、最終回後に廃人になってしまい
しばらく立ち直れませんでした。
大石静先生のブログを拝見するようになったのもこの時期です。
また観たくなっちゃいました。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2011.12/27 10:41分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/930-28a62283

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。