新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

断捨離への第一歩


京懐石02


もう先週のことになるんだけれど、ある方から
とっても素敵なお食事をとっても素敵な場所で
御馳走になった。
上座に座るよう言われて、お尻がムズムズしたんだけど、
でもとにかくホントにおいしかった\(^o^)/

京懐石01


名残松茸の土瓶蒸し、、、
今年初めてで多分最後(笑)
でも決して国産の高級松茸じゃなくても、
カナダ産の松茸が手に入れば、
十分リーズナブルで十分おいしく食べれるんだと教えてもらった。

先付に添えられてたあん肝、
居酒屋で食べたのとは全然違ったな(笑)
あんなに上品なあん肝ってあるんだね♪

色々な話を一杯してホントに楽しかったんだけど、
一番印象に残ったのは、奇しくも私自身も感じていたことだった。



何年か前に母に渡していたノート。
姑が亡くなった後、遺品の整理に追われていた義妹の様子から、
たまたま目に付いて買ったのがこのノート。
銀行口座、保険、クレジットカード、
不動産、口座の引き落とし、年金、相続といった法的なことはもちろん、
洋服、宝石、カバン、陶器などの自分の持ち物、
友人、知人、ペット、それに介護や葬儀、
延命の有無なども記す箇所もある。

今回帰省した時に、目が悪くて書けないという母に代わって、
色々聞きながら正直面倒くさいと思いながらも書いたんだけど、
これが何の情報もないまま、「もしもの時」が来たら、
どんなにパニックになるだろう。。。と考えると、
とても大切な作業のように思えてきた。

そんな風に思っていた時に、その友人が「人生の店じまい」という切りぬき記事のコピーを見せてくれた。

日記を残すな。家の権利書、通帳のありかをはっきりと。財産リストを作れ。
使わなくなったモノは捨てる。日用品以外は買うな。だいじなものは譲り先を。
あなたの生き方は、死後に遺る遺品が物語ることになる。。。


もちろん、まだまだ欲もある。
こんなにさっぱりと隠遁生活に入ることは出来そうにない。
でも、少しずつ身辺を整理する意識を持つこと、
それは決して早すぎるということはないのだろう。

実際、姑もとてもきちんとしている人だったのに、
亡くなった後の押し入れの中は、山のような衣類に溢れていて、
「もうこういう整理ができない年齢だったんだろうね」
と義妹が漏らしていた。
私の母ですら、まだ70代だけれど、目が悪いために
恐らくもう身辺整理は自分ではできないと思う。

身辺整理は体力のあるうちから。。。

そして、

自分には宝でも人には屑

ということを身にしみなければいけないと思う。

私もこのノート買おうかなと思っている。
書くことで整理もしやすくなるし、
別に後に残る人たちだけじゃなく、
自分にとっても「確認」だったり「指針」になる作業だと思うから。

断捨離への第一歩、
それは決して『物』だけではないのかもしれないけれど、
まず『物』を整理することで、
色々な人生の執着からも解放されていくことになるのかもしれない。

そういったとても貴重なお話を聞かせてもらえた有意義な食事でした。
有難うございました。

まあ、なんやかや言っても私はまずDVDの整理からだけどね(苦笑)



  • [No Tag]

*Comment

minoさんへ 

> 私の母も基本は几帳面な人でしたが、加齢と「捨てられない性分」のため膨大なものを残して亡くなり、私、妹、義妹他1名の4人で10日のハードワークでやっと家を空にしました。私の友人も同様な体験の人が多く、今では整理屋さんの商売もあるとか。・・で、ちょっとした家1軒を空にするで100~200万円と聞きました。

え~(@_@;)200万もかかるんですか?
それでなくても家を解体して更地にするのにもお金がかかるのに、
大変な額ですよね(^_^;)

> でもこの値段、まったく反対出来ません。それくらい大変なんですよ~。ですので、私は子孝行と思い、絶対、私は整理してから、亡くなりたいと願っています。納戸とか倉庫って予想以上にぎっしり詰まってますから、すっごい量のモノが出てきます~~(爆笑&滝汗)

わかります。。。
私も恐ろしくて天袋の中、ここ数年全く見ていません(^_^;)
いつか和室に全部拡げようと思いながらも億劫でやってないんですよね。。。

> 今日、エリザベス・テイラーの遺品の宝石がオークションにかけられることになったとかで、その写真と予想落札価格が雑誌に出てるのを見ました。カタログ販売代金等は福祉に寄付とのこと、とありましたが、それしか書いてなかったので、販売代金はご遺族へとなるのでしょうか?素晴らしい宝石類で、その値段も素晴らしく・・・あ~~~~と考えさせられました。残すのは量じゃないのだと・・・・倉庫一つでなく、引き出し一つでいいのだと・・(爆笑)

結局は「もの」は遺されても困るってことですよね。
昔のように形見分けでもめるようなことも今の時代ならないのでしょう。。。
(あ、、金持ちの家はあるのかな?)

いるものは今のうちからもう持って帰りなさい、と義父が言います。
で、いらないものは、道具屋さんに売るからと、、、
まだ生きてるうちから道具屋さんに見積もりを取らせたみたいですよ(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.12/06 01:04分 
  • [編集]

かたずけ 

皆様のご意見まったく同感です・・

特にちゃげままさんの
>義母が亡くなった後、庭に有った鉢植えを片付けるだけでも1日掛りました
家の中はまだ50%ぐらいしか片付いていないんですよ・・・(><)

は我が事のように読みました。

私の母も基本は几帳面な人でしたが、加齢と「捨てられない性分」のため膨大なものを残して亡くなり、私、妹、義妹他1名の4人で10日のハードワークでやっと家を空にしました。私の友人も同様な体験の人が多く、今では整理屋さんの商売もあるとか。・・で、ちょっとした家1軒を空にするで100~200万円と聞きました。

でもこの値段、まったく反対出来ません。それくらい大変なんですよ~。ですので、私は子孝行と思い、絶対、私は整理してから、亡くなりたいと願っています。納戸とか倉庫って予想以上にぎっしり詰まってますから、すっごい量のモノが出てきます~~(爆笑&滝汗)

今日、エリザベス・テイラーの遺品の宝石がオークションにかけられることになったとかで、その写真と予想落札価格が雑誌に出てるのを見ました。カタログ販売代金等は福祉に寄付とのこと、とありましたが、それしか書いてなかったので、販売代金はご遺族へとなるのでしょうか?素晴らしい宝石類で、その値段も素晴らしく・・・あ~~~~と考えさせられました。残すのは量じゃないのだと・・・・倉庫一つでなく、引き出し一つでいいのだと・・(爆笑)
  • posted by mino 
  • URL 
  • 2011.12/03 00:20分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.12/03 00:07分 
  • [編集]

minoさんへ 

> いつものように、PCを立ち上げメールチェックのあと、こちに久々お伺いしましたら・・・・・わぁ~~壁紙が~~。いいですねぇ、いつもながら楽しいです・・・でもちょっぴり、あ~~もう今年も終わりに・・・・(がくり)そして、あ~また歳をひとつ取る。私の歳になりますと、お正月と聞くと、小林一茶の「正月は冥土の旅への一里塚~~~~」の句がパブロフの犬のように思いだされるんです・・(涙&苦笑)

ホントに私もそう思いますよ。
私の父は68で亡くなりましたから、そう思うと人生って短いなって思います。
だから、生きてる間は一杯楽しまないと、ですね♪

> そして、そう反応する、私にとり、タイムリーな課題。私にとり永遠の課題の一つです。う~~ん難しい!
> 是非是非、いろいろのご意見を伺いたいです~~

色々な考えがあっていいことだと思います。
「日記」一つだって遺してほしいと思う遺族、遺されると辛いと考える遺族、
どちらの思いも間違いじゃないのですから…
だから本人が遺したいと思うかどうかでいいのではないかと思います。
私は絶対遺したくないですが(^_^;)

また色々お話聞かせてくださいね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.12/01 23:18分 
  • [編集]

チャゲママさんへ 

> 義母が亡くなった後、庭に有った鉢植えを片付けるだけでも1日掛りました
> 家の中はまだ50%ぐらいしか片付いていないんですよ・・・(><)
> 義姉がいるので勝手に処分するわけにもいかず・・・

そうなんですよね、、、
私もついつい義妹に片付けは一任してしまっています。
まだ義父が顕在なので、尚更、義父の前で義母の箪笥などを勝手にあけるのがためらわれるんですよね。
義父は片付けてくれってさんざん言うんですが…

> 私も、もう少し歳をとったら大量の韓ドラDVD何とかしないといけないんだろうなあ~とか
> でも寂しいなあ~とか
> 突然何かあった時の為にちゃげのことを頼んでおかなきゃ!とか
> 色々考えますね(^^;
> でも私のことだから、きっと思ってるだけで何もせず終わってしまって、姪っ子がエライ目に・・・って気もします(汗)

私も思ってるだけで何もしないかもです(^_^;)
今は業者もいることですしねぇ~(笑)
こういうのって順繰りなのかもしれません。
でも私はチャゲママさんより年上だから、韓国系の整理はちゃげままさんにお願いする、
なんて遺言遺すかもしれませんよ(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.12/01 22:54分 
  • [編集]

う~~ん、永遠の課題のひとつ 

ピック様

お久で~~す♪

いつものように、PCを立ち上げメールチェックのあと、こちに久々お伺いしましたら・・・・・わぁ~~壁紙が~~。いいですねぇ、いつもながら楽しいです・・・でもちょっぴり、あ~~もう今年も終わりに・・・・(がくり)そして、あ~また歳をひとつ取る。私の歳になりますと、お正月と聞くと、小林一茶の「正月は冥土の旅への一里塚~~~~」の句がパブロフの犬のように思いだされるんです・・(涙&苦笑)

そして、そう反応する、私にとり、タイムリーな課題。私にとり永遠の課題の一つです。う~~ん難しい!

是非是非、いろいろのご意見を伺いたいです~~

  • posted by mino 
  • URL 
  • 2011.11/30 00:07分 
  • [編集]

韓ドラ・・・(^^; 

私も買おうと思ってるんです~

子供が居ないから、姪や甥に迷惑がかかるようなことだけはしないでおこうと思って・・・

義母が亡くなった後、庭に有った鉢植えを片付けるだけでも1日掛りました
家の中はまだ50%ぐらいしか片付いていないんですよ・・・(><)
義姉がいるので勝手に処分するわけにもいかず・・・

私も、もう少し歳をとったら大量の韓ドラDVD何とかしないといけないんだろうなあ~とか
でも寂しいなあ~とか
突然何かあった時の為にちゃげのことを頼んでおかなきゃ!とか

色々考えますね(^^;

でも私のことだから、きっと思ってるだけで何もせず終わってしまって、姪っ子がエライ目に・・・って気もします(汗)
  • posted by ちゃげまま 
  • URL 
  • 2011.11/28 08:01分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

> 日記を残してはいけない理由・・・
> たぶん遺族が「思いが詰まり過ぎてて、捨てるに捨てられない」からかな?と思いましたけど。どうなんでしょう?
> ちょっと寂しいですけどね。

理由はかめさんのところに書いたんですが、結局のところ、それを引き継いだ子供も捨てられない、その孫も捨てられない、何代もあとになるとゴミになってしまう、
それなら、自分自身が始末した方がいいということになるのかもしれません。

> 実父は、元気なうちに自身の「半生記」を書いていましたので、最近、また読みなおしたいなぁ、って娘である私は思うのですが、家の代が変わっていったら、やはり単なるゴミになってしまうんだろうなぁ、とも思います。

お父様もですか?!うちの父も書いてたんですよ。
当時、自費出版してました。家にも一冊ありますが、若い頃は全然手にも取らなかったものですが、
自分がだんだんその父の年齢に近づいてくると、読んで見ようかなという気になりますよね。

> 「一番片づけなくちゃならないのは、義父母の私物だと思うんですけど」と思うだけで、口には出せなかったですけどね。
> 私たちが買ってあげたものでも、殆どおろさずにいつまでも古いのを使っているんですよね。
> もったいなくて物を処分できない『昭和一ケタ世代』は困ったものですわ。

この世代の人はホントに物を大切にしますからねぇ~
姑も決して食べれないのに、冷蔵庫の中もいつも一杯でしたよ。
お土産なんか食べれなかったら捨てればいいのに、
それが出来ないので、せっかく持ってきたのに、
よく持って帰るように言われましたよ(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.11/28 02:08分 
  • [編集]

かめさんへ 

> LIVING & ENDING NOTEBOOKかあ…
> 色んな商品を思い付くものですね。
> ワタシもいずれ買うような気がします。

何年か前のベストヒット商品だそうですよ(苦笑)

> でも、なぜ日記を書いてはいけないんですかね?
> モノを増やすのがいけないという意味なのかな(^^;;

読んだ記事の作者によると、母親の心情が吐露されてる日記を読んでとても辛かったと、、、
なので、自分の日記は焼却炉で焼いたんだそうです。
自分の死後、子供たちに同じような思いをさせないために、、、

> むしろ、あまりにもキレイに整理して逝ってしまうのも悲しい気がしました。

かめさんのお母様への優しさが表れてる一文ですね。
それだけでもお母様お幸せです。
亡くなった人の遺品を「ゴミ」と感じるか、その人自身への「思い出」と感じられるか、
それもまた、これからの自分の生き方や家族との関わり方によるのかもしれませんね。


  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.11/28 02:02分 
  • [編集]

う~ん。 

日記を残してはいけない理由・・・
たぶん遺族が「思いが詰まり過ぎてて、捨てるに捨てられない」からかな?と思いましたけど。どうなんでしょう?
ちょっと寂しいですけどね。

実父は、元気なうちに自身の「半生記」を書いていましたので、最近、また読みなおしたいなぁ、って娘である私は思うのですが、家の代が変わっていったら、やはり単なるゴミになってしまうんだろうなぁ、とも思います。

私自身、歳はまだまだ若い(つもり)ですが、家の中、いろいろ片づけ始めました。
こないだ、キッチンでいらない(使わない)ものを思いきって捨てようと出していたら、姑がきて「要らないなら私がもらう」と持っていってしまったんです。
「一番片づけなくちゃならないのは、義父母の私物だと思うんですけど」と思うだけで、口には出せなかったですけどね。
姑たちの部屋に収まりきれないものが、車庫兼物置きにどっさり眠っています。

私たちが買ってあげたものでも、殆どおろさずにいつまでも古いのを使っているんですよね。
もったいなくて物を処分できない『昭和一ケタ世代』は困ったものですわ。



  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2011.11/26 19:07分 
  • [編集]

 

LIVING & ENDING NOTEBOOKかあ…
色んな商品を思い付くものですね。
ワタシもいずれ買うような気がします。

でも、なぜ日記を書いてはいけないんですかね?
モノを増やすのがいけないという意味なのかな(^^;;

ウチの母も早めに捨ててました。
運転免許証の更新もしてなかったし。
むしろ、あまりにもキレイに整理して逝ってしまうのも悲しい気がしました。
でも整理整頓が好きな人だったので、それも一つのライフワークかと、段々思えて来ましたね。

  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2011.11/26 05:16分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/919-4ea87dec

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。