新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

製パン王キム・タック 全30話


タック01


この世に人より大切なものなどない


ユン・シユン    コソン食品庶子キム・タック
チュウォン     コソン食品の正妻の息子 ク・マジュン
ユジン       タックの幼馴染
イ・ヨンア     タックの師匠の孫娘


評価        ★★★★ 


いやぁ~見事見事!!!
すばらしい作品だった。
最後の最後、拍手したくなるくらい気持ちのいいドラマだった。

30話と若干長すぎるのが唯一マイナス要素ではあるけれど、
一杯泣けて笑えて、そして優しい気持ちになれる秀作♪
ストーリーもラストもキャストも申し分なかった。

特にタック役のシン・ユシン君


タック02



「ひとこと」でも書いたけど、彼、亡きパク・ヨンハ氏とイ・ジュンギ氏を足して割ったような感じの子で、
最初はちょっと地味かなぁ~と思いながら見てたんだけど、
いやもう見事にタック役をこなしていて、すっかりファンになってしまった。
彼って「明日に向かってハイキック」の主人公なんだって、、、
一気にこの作品にも走りたくなるほど、魅力的な俳優です。



タック11


いいことも悪いこともいつかは過去になる、、、


このドラマを見ていて「チャングム」を何度も思いだした。
どんな逆境の中でもまっすぐ自分を見失わずに進む人間、
奪われてばかりなのに、いつも幸せそうにしている人間、
そして自分だけじゃなく周りの人々も、ひいては敵ですら幸せにする人間。

タックは罪を憎み、決して人を憎まない。
どんな悪辣なことをしたヤツらにも、
優しい思いやりの心を見せる。
それが結果的に彼の力になり美しい思いの輪が広がっていく、、、


タック06


対照的にいわゆる『持てない』側の象徴であるマジュン。
表面的には、財閥の息子、タックの恋人だったユギョン、
コソン食品とすべてを手にしているように見えるけれど、
実は見せかけで、父親の愛情、ユギョンの心、コソン食品の後継者としての能力と
すべて実質はタックが手にしている。
その喪失感や嫉妬、その上本当は会長の息子ではないという恐ろしい真実が
マジュンをどんどん追い詰めていく。。。

彼の非道は許しがたいものがあるけれど、
その行動の一つ一つ、
本当に愛されなかった思い、尊敬できない親の子供であるという劣等感、
そういった思いのはけ口だったことは理解できる。

ボクが傍で見てたのに、立派に生きてよ、、、

とハン室長(マジュン実父)に言った言葉は涙が出た。
親の欲のために生を受けた彼にとって、
彼の手で実父を警察に通報し、
彼の手で母親から実権を奪う、という行為は、
ただただコソンの後継者という人間を作り出そうとした彼らへの
彼自身の自分の人生を取り戻すプライドだったのかもしれない。
その辺りのマジュンの心の苦悩はとてもうまく描けていたと思う。


タック07


ユギョンは見ていて一番ストレスになる存在だった。
ただ、彼女もまた、幼い頃に父親の暴力で心に大きな傷を抱えていて、
屈折している人間だった。
人の心を決して疑わない善の塊であるタックの存在は、
彼女にはある意味負担だったんだろう。
そういう意味で、同じように理不尽な親の犠牲者であるマジュンと、
傷つけあいながらも本当の意味で理解し合える存在だったのかもしれない。
なので、最初は利用するだけの存在だった二人が、
徐々にその傷口をなめ合うように愛し合っていく過程は
なかなか見応えがあった。

そして、凄まじいまでに権力の女王として君臨し、
手段を選ばず徹底的にタックとタック母を潰そうとする会長夫人、、、


タック03



でも、ユギョンをかつてのミスン(タック生母)のように踏みつけた行為が、
結果的に跳ね返って彼女自身を苦しめていく。。。

彼女もまた男の子を産むよう強制された犠牲者ではあるんだよね。
そんな中、夫が外に子供を作ってしまった。
男の子が生まれたらどうしよう、、、
その恐怖は十分理解できる。
しかし、だからって夫の部下との間で不倫して、そのあげく生まれた息子を跡継ぎにすべく悪事を尽くすってのは、やはりどう考えてもやり過ぎ。
タックを引き取って大事に育てるとか、長女を跡継ぎにするべく奔走するとか、
合法的な方法はあったはず、、、

でも彼女もまたマジュンと同じで、
夫に愛されなかったという喪失感が、すべての元凶だったんだよね。。。


タック04


そう考えると、会長が一番の不幸の始まりだったと言えなくもない。
ただ、彼が『パン』に対して誠実であったこと。
それが唯一このドラマの核であったような気がする。
その心を理解したのがタックやミスンであり、
その心を踏みにじったのがインスクやマジュンだった、、、

だからドラマの序盤で、彼がパンを作る映像は実に魅力的だ。
さすがグァンヨル氏、パンを作らせても鳥肌が立つほどの存在感を見せてくれる。
そのカリスマ性が、タックを製パン王とへと導いて行く『種』となる。
そういう意味で決してぶれなかった彼のキャラはドラマに重厚感を与えたように思う。


タック05


もう一人重厚感をあたえたのは、師匠。
会長とタックをパン職人として教え、
食べること、生きること、そのために出来ることを教え導いた師匠。
彼の死の場面は涙なくしては見れなかった。
マジュンが盗むだろうと見越して『醗酵日誌』に
彼への手紙を挟んだところも。。。


タック09


そしてその師匠の孫娘、ミスン。
最初はユギョンがヒロインかと思いながら見てたんだけど、
彼女がタックの母親と同じ名前、という設定が、
結果的にタックを心から支える相手なんだと途中から気が付いた。
タックが辛い時も嬉しい時も、いつも一緒にそばにいた女性、
彼がコソン食品の御曹司であろうがなかろうが、タック自身を愛した女性、
そういう意味でユギョンとは対照的な安定感のある女性を、
とても素朴に愛らしく演じていた。

ラスト、コソンの経営者として、長姉のジャギョンを、
タックとマジュンが二人の株を合算して推薦したこと。
マジュンが実は会長の息子じゃない、と告白しても、
タックがそのことを追及せず兄弟としての思いを貫いたことが、
とても後味が良くて良かった。

すべての登場人物の思い、背負っている心を丁寧に描いていて、
しかも視聴意欲をかきたてるストーリーであり、
どんな人にも愛と許しを授けるタックの包容力と
パン職人としての能力と魅力、
それが惜しむことなく全編に描かれていて、
すばらしいドラマだと思う。


タック10


悪役に徹したハン室長、お疲れ様♪
ホントはこんなにフレンドリーなおじ様です。

タック母を守るために会長が何度も彼女を拉致するんだけど、
一言彼女に事情を話しても良かったのでは?
と思ったけどね(笑)


  • [No Tag]

*Comment

ドナルドさんへ 

> 子役時代が終わってしまいました(残念!)
> タックの子役、うまいですね

子役時代はほんとどのドラマも面白いですよね~
でもキムタックは大人になっても面白いですよ。

> それにしても男の子を産むために、秘書の子を身ごもる
> グァンリョル氏は、愛のない結婚をしたがために
> お家に住まう子どもの家庭教師に手を出すというこの最初のくだり
> なかなかエロいです

アハハ~ドナルドさんのコメントに爆笑しちゃいました(笑)
私も見始めて、パンの話だと聞いていたのに、
すごいドロドロから始まるんだなぁ~とびっくりしましたよ。

> とくにグァンリョル氏、存在感ありますねえ
> 前髪を下ろしていると若い!

グァンリョル氏とハン室長の髪形が笑えたでしょ?
いかにもズラという感じで名古屋のKちゃんが大笑いしてましたよ。
>
> それと大人になったタック
> 私にはアイススケートの羽生+パクヨンハに見えます
> 顔に似あわず、太い声ですねえ
> 続きが楽しみです♪

色んな人に似てますね(笑)
ちょっと細いイメージはありますが、なかなかキュートなタックを演じてますよ。
楽しんでご覧ください。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.12/15 01:29分 
  • [編集]

サクサクと 

子役時代が終わってしまいました(残念!)
タックの子役、うまいですね

それにしても男の子を産むために、秘書の子を身ごもる
グァンリョル氏は、愛のない結婚をしたがために
お家に住まう子どもの家庭教師に手を出すというこの最初のくだり
なかなかエロいです
とくにグァンリョル氏、存在感ありますねえ
前髪を下ろしていると若い!

それと大人になったタック
私にはアイススケートの羽生+パクヨンハに見えます
顔に似あわず、太い声ですねえ
続きが楽しみです♪
  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2011.12/14 14:59分 
  • [編集]

ピンさんへ 

> いやあ 流石ピックさんのレビュー、今更ながら感嘆です。
> レビューを書かせたら天下一品ですよ。 まったく同感です。
> よくそれをこういう文章にまとめ上げられるものだと、本当に感嘆です。

ありがとうございます。
最近、レビューを書く意欲があまり湧かなかったんですが、
そんな風に褒めてくださると、お調子者なので、また書きたくなってきました(笑)
本当にありがとうございます。嬉しいです。

> ただ、タックが純粋である反対に、マジュンたちの非道なまでの
> 悪行が、これでもかこれでもかと、繰り返されるのが、少したまらなかったです。

そうなんですよね、あまりにも繰り返されるのがちょっとね、、、
もう少し短い話数にすれば、エピソードも短くできるので、
悪行も繰り返さずにすんだんでしょうが…
私もそれは感じました。

> グァンリョルさんの演技、光りますね。作品に厚みをのせますよね。

彼はやはりうまいですね~
それと作品選びがうまいです。
何となく面白いなぁ~と思える作品は彼はよく出てますもんね。

> ユギョンの行動には、腹立ちながらの視聴でしたが、終わってみれば
> これで良かったなぁと思いました。

みんなが幸せになるラストですもんね。
見終わって嬉しくなるドラマでしたね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.12/07 19:21分 
  • [編集]

私も★ 

いやあ 流石ピックさんのレビュー、今更ながら感嘆です。

レビューを書かせたら天下一品ですよ。 まったく同感です。

よくそれをこういう文章にまとめ上げられるものだと、本当に感嘆です。


書くことなくなっちゃうくらいですよ。

ただ、タックが純粋である反対に、マジュンたちの非道なまでの
悪行が、これでもかこれでもかと、繰り返されるのが、少したまらなかったです。

グァンリョルさんの演技、光りますね。作品に厚みをのせますよね。


ユギョンの行動には、腹立ちながらの視聴でしたが、終わってみれば
これで良かったなぁと思いました。

  • posted by ピン 
  • URL 
  • 2011.12/05 20:27分 
  • [編集]

みずかさんへ 

> 全体として、とてもよいドラマでした。
> ピックさんも書いているけど、ちょっと長すぎますね。
> 特に修行時代は長く感じたなー
> この部分がないと薄っぺらになっちゃうから仕方ないか・・・

こういうドラマってどうしても主人公がやられては、跳ね返すってエピにせざるを得ないから、
あまりに長いとその繰り返しになっちゃうんだよね。
だから何となく飽きちゃうというか、、、

> ただ、ユギョンの学生運動は描く必要なかったと思う。
> 捕まったあと思想を変えたのか(?)、関連エピは一切ないし
> 時代背景的に学生運動を持ってきただけのように感じます。
> タックと偶然出会うってことなら、他の設定でも良かった。

確かに。
マジュン姉との出会いという意味で必要だったのかな?
それに何の苦労もないマジュン姉が学生運動に興味を持つってのも不自然だったよね。

> シユンくん、私にはパク・ヨンハ氏と石川遼くんを足して
> 2で割ったような感じに見えました。
> 感じ方が人それぞれで面白いですね。

おお、遼君にも似てるかも。
色々な角度によってそう見えるのかもしれないね。

> で。ピックさん、k子さんみたいになってますよ~
> ↓使ってるカタカナは似てるけど、ちょっと違ってます。
>
> > 特にタック役のシン・ユシン君
>
> 配役のところはちゃんとユン・シユンって書いてるのに、
> 本文では別名になっちゃってます^^

アハハ~(爆)
最近、カタカナに弱いのよぉ~
名古屋のオフ会でもまたCHAさんの大好きなスンフンさんを
スンシンとかシンフンとか言ってしまいました(^_^;)

> さて、ドラマの話に戻りまして。
> あちこちで展開した話をまとめるのは脚本家の腕の見せ所。
> ラストが爽快だから、後味の良い作品に仕上がっていますね。

そうだよね。
あと、メッセージが一貫してること、
主人公などのキャラがぶれないことなどが、上質の作品になってる所以だと思います。
そういうドラマ、ありそうでなかなかないんだよね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.11/09 23:29分 
  • [編集]

★は4つくらい 

全体として、とてもよいドラマでした。
ピックさんも書いているけど、ちょっと長すぎますね。
特に修行時代は長く感じたなー
この部分がないと薄っぺらになっちゃうから仕方ないか・・・

ただ、ユギョンの学生運動は描く必要なかったと思う。
捕まったあと思想を変えたのか(?)、関連エピは一切ないし
時代背景的に学生運動を持ってきただけのように感じます。
タックと偶然出会うってことなら、他の設定でも良かった。

私、ユジンさんは好きな女優なので、
マジュン母を追い詰めていく様子、スカッとしました。
回を追うごとに別人になっていくけど、それも面白かった。

シユンくん、私にはパク・ヨンハ氏と石川遼くんを足して
2で割ったような感じに見えました。
感じ方が人それぞれで面白いですね。

で。ピックさん、k子さんみたいになってますよ~
↓使ってるカタカナは似てるけど、ちょっと違ってます。

> 特にタック役のシン・ユシン君

配役のところはちゃんとユン・シユンって書いてるのに、
本文では別名になっちゃってます^^

さて、ドラマの話に戻りまして。
あちこちで展開した話をまとめるのは脚本家の腕の見せ所。
ラストが爽快だから、後味の良い作品に仕上がっていますね。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2011.11/07 14:24分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

> 子ども時代が長すぎて、大人になる前に、しばらく休憩(笑)しちゃったんですが、大人になってからはイッキに見ました。

レビューにも書いたんですが、若干長いですよね(苦笑)
もう少し短かったらもっと面白く見れただろうなと私も思いました。

> キャスト、ストーリー、ラストのまとめ方等全てにおいて『素晴らしかったv-411
> いっぱい泣けた~v-409

結構泣けましたよね。
マジュンにすら…
良いドラマって捨てキャラがいませんから。

> ユン・シユン君・・・
> 私には、イ・ジュンギ+森山未來君に見えましたv-410

おお!!確かに、未来君にも似てますね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.10/14 00:08分 
  • [編集]

見終わりました(^^) 

子ども時代が長すぎて、大人になる前に、しばらく休憩(笑)しちゃったんですが、大人になってからはイッキに見ました。

素晴らしいレビューをありがとうございます。
言いたいこと全部書いてくださってるので、あえて書きたすこともないなぁ~なんて。

キャスト、ストーリー、ラストのまとめ方等全てにおいて『素晴らしかったv-411
いっぱい泣けた~v-409

もちろん・・・
つっこみどころも多々ありましたけどね。
序盤がもうちょっと短ければ、もっとよかったかも?

ユン・シユン君・・・
私には、イ・ジュンギ+森山未來君に見えましたv-410
  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2011.10/12 14:10分 
  • [編集]

たまぞーさんへ 

> ハイキック見てよ~。

見る見る、絶対見る(笑)
今レンタルで借りてるところ♪

> ジャイアントのミジュもいるし
> ユン・シユン君のお父さんはそのジャイアントで
> 超極悪非道のヤツ←既に名前忘れた

ピリョンでしょ?ちらっと何話かは見たことがあるんだよ。
バカっぽいお父さん役やってるよね(笑)

> シユン君の恋バナも前作のイル君並みに泣けるのよん。

おお、そうなの?
最近結構見る時間があるので、絶対見て、
変な時期にハマったぁ~なんてメールすると思うから、相手してね(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.09/28 00:48分 
  • [編集]

だーかーらぁー(笑) 

ハイキック見てよ~。
ジャイアントのミジュもいるし
ユン・シユン君のお父さんはそのジャイアントで
超極悪非道のヤツ←既に名前忘れた

シユン君の恋バナも前作のイル君並みに泣けるのよん。

  • posted by たまぞー 
  • URL 
  • 2011.09/26 17:05分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/904-45a08192

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。