新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

それでも生きてゆく 4話まで




いや、めっちゃ、重い。
なんか泣くこともできないくらい、見ててしんどい。
でも時々すごく親として共感できたり、反発したりするセリフがあるし、
瑛太のことがまた好きだから、ついつい疲れるのを覚悟で見ている(^_^;)

加害者と被害者の家族が描かれていて、
その両方の家族が関わり合うことで、
それぞれの家族が前に進んでみたり、振返って反省したり、、、

ただね、、、
こういうのを見ていてやっぱり思うのは、兄妹の悲劇。
もうさ、親は仕方ないってやっぱり思うんだよね、どっちの家族も、、、
でも兄妹には兄妹の人生があって、
兄が殺人者だからって親と同じほど、
姉妹が社会的にひどい目にあうのもなんだか納得がいかないし、
妹があんな死に方をしたからって、家族がバラバラになって、
それぞれ父方母方に分かれて兄弟が生きていかざるを得ない、
みたいなのも納得がいかない。
なんだかどっちの親も自分勝手な気がして。。。
まあどっちの家族も、そんなことを考える余裕すらないんだろうけどね。。。

でもね、厳しい言い方をすれば、
一家心中でもしない限り、生きていくのであれば、
親たるもの、残された子供たちの幸せを一途に考えるべき。
犯人の兄弟だとわからないように、別々に暮らす、
くらいのことはやっぱりすべきだと思う。
「お兄ちゃんを受け入れるのは、私たちしかいない」と双葉(犯人の妹)は言うけど、
犯人の動機にどれほどのものがあるのか、
単なる猟奇的な殺人であった場合、そんな兄を兄弟が受け入れるのは、
あまりに酷な選択じゃないかと、私は思う。
是も非も無条件に受け入れるのは親だけだと、、、

ずっと前、オウムが世間を騒がせた時、ダンナに
「子供がこういう宗教団体に入ったらどうする?」と聞いたことがある。
その時、ダンナは、子供を説得しても聞かなかったら、
子供を殺して自分も死ぬ、、、と。

「温かいカレーを食べたかった」と言った加害者父の言葉は、
被害者遺族じゃない私でも腹がたった。
そんな次元じゃない(怒)
本当の意味で残された子供たちを守りたかったのなら、
犯人の我が子と心中でもすべきだったのでは?と思う。
殺害動機がどうにも理解できないものであったなら、
そんな子供を世に送り出してしまった、という罪は、
やはり親にはあるのだから、、、
悲しいけれど、親にはあるのだから、、、

洋貴と双葉の、二人の間に何もなければ、普通の若者、的な会話は、
正直、あまり好きじゃない。
でも直接殺さないと絶対許せない、と思う被害者父親の思いとか、
ずっと加害者家族へのイジメを続けていた被害者母親の思いとか、
すごく共感できる。
大切に大切に愛し育てた娘を一瞬で奪われた悲しみや苦しみと、
どう向き合っていけばいいのか、
普通は殺意や憎しみに変わるよね。

犯人がなぜ我が子を、我が妹を殺したのか、、、
我が子がなぜそんな殺人を犯したのか、、、
今の司法では、そんな大切なことすら遺族や家族に知らせないのだろうか、、、
その一番大切なことを、犯人もまた深く考えることで、
本当の意味で、亡くなった被害者や遺族への謝罪になるのではないかと思うんだけど、、、

加害者家族の母親が、犯人の実の母親ではないのかも、、、というエピは、
正直、面倒な気がしている。
でもそれが犯行の原因だとしたら、そのせいで、
隆美(犯人の継母)が、加害者家族のままでいるのだとしたら、
この家族もまた、何らかの再生へと繋がるのかもしれない。
双葉が限りなくかわいそうだけどね。。。
  • [No Tag]

*Comment

「韓流買取本舗」と申します。 

突然の書き込み、お許しください。
私は、韓流のDVDなどを専門に買い取る「韓流買取本舗」の西村と申します。
相互リンクを希望し、失礼ながらご連絡させて頂きました。
もしよろしければ、ご検討頂けますでしょうか。
私どもの情報です。
店名「韓流買取本舗」
URL
http://www.makersnet.co.jp/hanryu/index.html
貴ブログの掲載されているリンクページ
http://www.makersnet.co.jp/hanryu/link.html
連絡の方法がわからず、コメント欄に書き込みすみません。
よろしくお願い致します。
  • posted by 韓流買取本舗 
  • URL 
  • 2011.08/26 14:31分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/881-dd5add84

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。