新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

JIN~仁~10(続編)


日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック
(2011/04/22)
TBSテレビ

商品詳細を見る


先生、わしゃ、ちゃんと先生の生まれてくる国、作れたかの?


ああああ~(泣)(泣)
龍馬が死んじゃったぁ~
やっぱり死んじゃうんだよね、当たり前だけど。。。

実はね、正直なところ、私は歴史好きなくせに、幕末って苦手だった。
色んなイデオロギーが交錯するこの時代がわかりにくくて、
今まで数多くの幕末ドラマを見ても、
誰が龍馬を演じてもそんなに惹かれなかった。
でも今回の内野龍馬はホントに良かった
彼が意識を回復してから、ず~と涙目で仁と語る臨終の場面なんて、
声が出るくらい泣いちゃった…(^_^;)

死んでいく人の思いって、
たとえ国を動かす龍馬ほどではなくても、
みんなこうなのかなぁ~って思う。
愛する人たちのために、自分はちゃんと頑張れただろうか、、、
まだ見ぬ自分の子孫たちのために、自分は精一杯のことをしたんだろうか、、、

そう思うとね、龍馬の言葉が、何だか切なくて涙が止まらなかった。
そしてそんな龍馬の成し得たことを守りたいがために切ったという東もね、、、

よくわからないけど、この時代、いろんな考え方があって、
そして龍馬に対し反対の人はもちろんだけど、賛成の人ですら、
彼の成し得たことを守るために
彼を「殺す」という考え方もあったのかもしれないと思う。
龍馬暗殺の首謀者が未だにはっきりせず、色々な説があるというのも、
こういう両方の考え方の複雑な思いが絡みあったが故かもしれないし、
そこに、この作者がこういう解釈を
ストーリーに盛り込んだのもすばらしいと思う

だからどうにも変らない史実だけど、
こういう流れの中での「事実」だとしたら、
仁だけじゃなく我々も、彼の死を受け入れやすいのかもしれない。
龍馬の死に次世代への夢があるから、
そう「未来へと続く命の川」があるから、、、

そして、、、

女はずるうござりんすなぁ~

という野風と龍馬の思いの流れも良かった♪
叶わぬ仁への思いをいつも癒してくれたのは、龍馬の野風への思い、
いつもつれなかった野風がこのタイミングで龍馬にこういう手紙を書くというのは、やはりこの作家の手腕の凄さと言うしかない。
恋愛では3枚目だった龍馬、
ここにきて一気に彼に厚みを持たせる作り方のうまさ、
そして亡くなった後、彼のプレゼントのかんざしを
髪に挿す野風のあの仕草のなんて色っぽいこと、、、

龍馬の思い、仁友堂の医師たちの思いを心に留めて、
自分の持っているものはすべて伝えようと決意した仁。
最終章後編、仁はついに現代に戻るのかな?

国の為、道の為、、、

洪庵の言葉が心に沁みる。

  • [No Tag]

*Comment

あんこさんへ 

> 最終回が楽しみです。
> 頭の中にあった赤ちゃんみたいなものは何なのでしょうね?あとなぜ過去にタイムスリップしたのか?
> 最終回で色々な謎が解けることを期待しています。

そうなんですよね。
仁自身が脳腫瘍みたいですし…
私も全くラストを知らないので楽しみです♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.06/26 01:48分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

> こんなにたくさんの人の思いがぎっしり詰まってて、全ての人の思いにそれぞれ共感できる作品には、めったに出会えないから、出会えたことに感謝したいですよね~。

ホントそう思います。
これだけの作品、そうそう出会えませんよね。

> 私は歴女ではないから、もともと覚えられないんですが、なかでも幕末はとくに苦手でした。
> でも、みんなそれぞれの立場で国を思い、精いっぱい生きていた時代だったんだなぁ~ってことは充分伝わりました。

広い意味では龍馬を殺した人たち(派閥)だって、たぶん一生懸命日本という国を考えた上でのことだったのかもしれませんね。

> 毎回、毎回、
> 観終わった後、とっても疲れるわ。。。
> 肩に力が入り過ぎて

わかります。充実してる分ね(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.06/26 01:47分 
  • [編集]

No title 

最終回が楽しみです。
頭の中にあった赤ちゃんみたいなものは何なのでしょうね?あとなぜ過去にタイムスリップしたのか?
最終回で色々な謎が解けることを期待しています。
  • posted by あんこ 
  • URL 
  • 2011.06/23 19:51分 
  • [編集]

泣いた、泣いた(T-T) 

こんなにたくさんの人の思いがぎっしり詰まってて、全ての人の思いにそれぞれ共感できる作品には、めったに出会えないから、出会えたことに感謝したいですよね~。

いつものごとく、娘と一緒に観てて、号泣してたら隣からタオルが飛んできた(笑)

私は歴女ではないから、もともと覚えられないんですが、なかでも幕末はとくに苦手でした。
でも、みんなそれぞれの立場で国を思い、精いっぱい生きていた時代だったんだなぁ~ってことは充分伝わりました。


>こういう両方の考え方の複雑な思いが絡みあったが故かもしれないし、そこに、この作者がこういう解釈を
ストーリーに盛り込んだのもすばらしいと思う

私も。
凄いなぁ~って唸っちゃいましたv-218

毎回、毎回、
観終わった後、とっても疲れるわ。。。
肩に力が入り過ぎてv-391
  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2011.06/22 09:51分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/868-8128dd5b

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。