新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

JIN~仁~5(続編)


日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック
(2011/04/22)
TBSテレビ

商品詳細を見る

命の価値ってのは長さだけなのかい?

いやぁ~またまた泣いた、泣いた。。。
私、この作家ホント好きだわ。
なんかね、大切にしていることが、人間の尊厳に関わっていて、
とっても謙虚なんだけど、とても深いんだよ。

それとね、セリフが美しいのも好き。

自分が治療しても、結局定められた運命で死んでいく人々を見ることで、
歴史の修正力の凄まじさに絶望する仁。
でも、たとえ歴史という大きなうねりの中では亡くなってしまう運命でも、
その営みを越えるものに価値がある、、、
医療というのは、そういう営みを越えるものへ手助けしたり、
輝かせたりするためのものでもあると。。。

『生きる』意味、それは人間の尊厳に関わること。
ただ命を永らえる物理的な生にこだわっていた仁が、
より良く生きる生を生み出していくことで、
坂本龍馬の事件にも、何か「世の営みを越えるもの」が生み出されることになるのかもしれない。

原作は、観客の前で演じる吉十郎を描いているらしいけれど、
蒲団の上でそれでもなお我が子のために演じる吉十郎というテレビ版のエピ、
私はとても気に入っている。
『生きる』姿の善も悪も我が子に見せて逝く親の執念を見たような気がした。

毎回言うけど、本当に秀作です

  • [No Tag]

*Comment

かよこさんへ 

> ピックさんのレビュー、翌日のおさらいって感じで好きです。
> 私もドナルドさん同様、吹越さんの熱演に感動しました。

ありがとう♪ホント吹越さん、魂の演技って感じだったよね♪

> 写真が変化したり、体が消えたり・・・どうしてもバックトゥザフューチャーを思い出してしまいますが(笑) タイムトラベルものが好きなので 許します(笑)

一歩まちがえるとアニメ的になってしまうストーリーなのに、
これだけ感動的に見せるのがすごいよね。

>そうそうピックさんは私たちが少女の頃、NHKで
>「タイムトラベル 時をかける少女」みてませんでしたか??

「タイム・トラベラー」だよね?
なんとなくうっすら覚えてるけど、男の子が未来からやってくるヤツだよね?
ということは、咲は仁が現在に戻ったら、仁の記憶を失っちゃうんだろうか、、、(^_^;)

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.05/18 23:28分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

> ついさっき、主人と語りあってたとこなんですが、吉沢悠くん(役の名前が思い出せず)が、仁さんに向かって「医者なんかやめちまえ」みたいな捨て台詞・・・
> その後、仁さんがあれこれ考えるためには必要だったのかもしれませんが、あんなに酷い病状なのに、治せないなら辞めてしまえ、なんて軽々しく言うのはどうかと思ったんですよね。

ドクターコトーでもよく私も書かせてもらったんですが、
世の中の医者に求める期待や力量ってきっと果てしなく重くてしんどいものなのかなと、、、
そういう意味で、およそ医者たるもの、患者がどんなに重体であっても、
あきらめてはいけない、というそういう意味の啓発だったのではないかと思います。

> >蒲団の上でそれでもなお我が子のために演じる吉十郎というテレビ版のエピ、私はとても気に入っている。
> 『生きる』姿の善も悪も我が子に見せて逝く親の執念を見たような気がした。
>
> 私もTV版のほうが、より現実味があっていいと思いました。
> 演じてる吹越さんも凄いなぁ~って思いましたし。

ホント、吹越さん、すごかったですねぇ~
目の演技がすばらしかった。
あの男の子もうまかったですね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.05/17 16:25分 
  • [編集]

No title 

ピックさんのレビュー、翌日のおさらいって感じで好きです。
私もドナルドさん同様、吹越さんの熱演に感動しました。
写真が変化したり、体が消えたり・・・どうしてもバックトゥザフューチャーを思い出してしまいますが(笑) タイムトラベルものが好きなので
許します(笑)  そうそうピックさんは私たちが少女の頃、NHKで
「タイムトラベル 時をかける少女」みてませんでしたか??
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2011.05/16 23:17分 
  • [編集]

今回は。 

ちょっと不満があるんですよね(^^;

ついさっき、主人と語りあってたとこなんですが、吉沢悠くん(役の名前が思い出せず)が、仁さんに向かって「医者なんかやめちまえ」みたいな捨て台詞・・・

その後、仁さんがあれこれ考えるためには必要だったのかもしれませんが、あんなに酷い病状なのに、治せないなら辞めてしまえ、なんて軽々しく言うのはどうかと思ったんですよね。

いつも素晴らしいので、自分の中でどんどんハードルが高くなってしまっているせいだと思いますけどね。


>蒲団の上でそれでもなお我が子のために演じる吉十郎というテレビ版のエピ、私はとても気に入っている。
『生きる』姿の善も悪も我が子に見せて逝く親の執念を見たような気がした。

私もTV版のほうが、より現実味があっていいと思いました。
演じてる吹越さんも凄いなぁ~って思いましたし。

  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2011.05/16 18:53分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/852-bd787381

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。