新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

おとうと

最近、え?今頃というような映画を見ている。
というのも、HDDのダビング作業してる時って、再生できないから、
その間、もう一つ繋いでいるHDDで映画を見ると、
ちょうど時間つぶしになっていいんだよ。
でも見た映画、意外にどれも良くて、新年早々ラッキーな気分です


おとうと <通常版> [DVD]おとうと <通常版> [DVD]
(2010/08/04)
吉永小百合、笑福亭鶴瓶 他

商品詳細を見る


今頃見た映画、まず第一弾……「おとうと」

監督 山田洋次
出演 吉永小百合、笑福亭鶴瓶、
2010年 日本

★★★★

「ディアドクター」の時にも思ったんだけど、私は鶴瓶師匠と相性がいい。
彼が苦手だから見ない、という人が多いけど、
最近の師匠の俳優としての成長ぶりは目を見張るようだと、私は思う。
(落語は見る機会がないんだけど(^_^;)

しかも、そんな落語家としての一面も、さすがだなぁ~と見せてくれるシーンがあり、
ほとんど期待せずに見たんだけど、とっても心にずしんと響く作品だった。

一番心に残ったのは、ヒロイン吟子(吉永小百合)の亡くなった夫のセリフ。
「鉄郎君(鶴瓶)の人生は、君たち兄妹に踏み台にされてきたような気がしてならない…」と、、、
これはね、全く現実的には見当違いのような言葉なんだけど、
心の持ちよう、つまり普通に人並な幸せの中で暮らしている側の、
一旦道を踏み外してしまったいわゆる『ごんたくれ』の側への
心の負い目、みたいなものを、見事に言い当てた表現だった。

というのも、私には未婚の弟がいる。
もちろん、この映画の鉄郎ような放蕩三昧ということもなく、普通の平凡な弟だけど、
若い頃は彼の生活ぶりや人生に、ちっとも興味がなかったのに、
最近、仕事と母の世話に明け暮れている弟の人生を考えると、
無性に彼が不憫になる時がある。

結婚してない人でも幸せな人は一杯いる。
未婚がすべて不幸みたいな捉え方をしてはいけないし、
自由がある分、既婚の人たちより有意義な人生を送れているのかもしれない。
でも、家族、という意味では、親以外の温かさを知らないし、
親がいなくなったらどうしようもなく孤独であることも、避けられない事実なのだ。
そんな弟の存在が、映画の「おとうと」重なって、
鶴瓶師匠と吉永さんの演ずる姉弟のあり様に引き込まれるように見てしまった。

それとね、私が九州出身ってこともあると思うんだけど、
ああいう人、小さい頃結構見かけたんだよ。
大伯父だったかもっと遠い親戚だったか、子供の頃出席した親戚の結婚式には、
必ずと言っていいほど、大酒食らって暴れる男の人が、一人や二人いたような気がする(^_^;)
祖母や祖父が、披露宴会場を足早に歩いていく様子とか、
若者の間に入って一緒に太鼓を叩いたり、踊ったりといった紋付を着た酔っ払い、
そんな姿が意外にデジャブだったりして。。。

しかし、そんな人たち、親戚から鼻つまみ状態だったんだろうなぁ~と思われる人たちの最期って、
あんなだったんだろうか、、、と思わせるラストシーン、、、
そこもまた「ホスピス」という施設の存在を描くことで、
さらにすごくリアル感があった。
これが姉の家に引き取っての最期とか、生き倒れで亡くなる、というのと違って、
たまたま空きがあった施設での最期というのが、妙に現実感に繋がる。
現実にはもっと大変なんだろうけれど、
それでも医者じゃない施設の代表者が、最期の脈ををとったり死亡宣告をしたり、
患者を起こして記念写真を撮ったり、という一連の動作が、
決して事務的じゃなく、むしろ温かささえ感じさせる場面なのに、
それが「普通」の臨終場面じゃない、というところが、
妙に現実的で、勝手気儘をした男の最期の悲壮感を浮き上がらせていたように思う。

決して悪意があるわけじゃなく、でもうまく器用に生きていけない結果、
その一番近くにいる人たちを傷つけてしまう、
でもその人たちをとても愛している、そういう存在の「おとうと」、
こういう人って多かれ少なかれ、私たちの周りにいるのかもしれないね。
寅さんの将来を見たような、そんな気持ちにさせられた作品でした。

  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/791-f3c9f166

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。