新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

復活 21~最終話

2006年9月の記事です。


fukkatu24-1.jpg

終わりは新たな出発を意味する。 ♪


一気にラストまで見た。
よく練られた作品で、おおよそは満足なラストだった♪
例によってあらすじは書かないけど、主な登場人物ごとに感想を書いてみようと思う。

★スチョル

ちょっと情けないヤツだったけど、最後はドンチャンをうまく騙して
ハウンの役に立ったね♪良かった良かった、、、
刑事、やめちゃったのかな?

★ギド班長

復帰してから、ドンチャンらにまたやられるんじゃないかとハラハラしたけど、
ハウンに、復讐の無意味さを語る暖かい愛情がとてもステキだった♪
 
★サングクの若嫁、

こいつはスターホテの経営権を手にし、そのあと会社の重要ファイルまでコピーし、
サングクを完全に裏切って、スターホテルの株を手中に収めたわけだけど、
ハウンの復讐のターゲットじゃなかったにしろ、何か落とし穴があって欲しかった。
棚からボタ餅みたいにJ&Cの利益を独占してオサラバってのが何か不愉快。

★ジヌ

仕事への関わりも、ウナへの愛情もどっちも中途半端だったかな?
意外に父ちゃん思いだったのは驚いたけど、、、

★サングク

身の処し方をどうするか、考える暇もなく警察に踏み込まれたサングク。
いかにもビビリの彼らしい終末だったね。
あくまで会社を大きくすることと金に執着した人生が、
結果的には金で命取りになるシナリオは、彼らしくて滑稽。
でもその人生を後悔し、自分のようになるなとジヌに言う場面などは、
ちょっとかわいそうだったかな。

椅子に埋もれるとか、壺より小さいとか、
最後は薬のふたが開かなくて、イラついてるところとか
妙にかわい気があって、最後まで楽しめるキャラだった♪

★ガンジュ

一番の被害者だったかも。
自分の手で父親の罪を暴いていく役回りをさせられて、
この復讐だけは、他に方法がなかったのかと今でも思ってしまう。
まあハウンも何度か回避しようとはしたんだけどね(-_-;)
でも最後、記者としての仕事も続けて、テヒとも兄妹の名乗りをしたようだったし、
そのたくましさは、ステキだなと思った。

このイ・ソヒョンさん、知性と清流のような透明感を併せ持ち、
スタイルもいいし、すごくきれいな人だね
個人的には、ジミンちゃんより華があって好きかもしれない。
これからまた別ドラマでも見てみたいな♪

★イ・テジュン

彼が選んだ最後の選択は、卑怯だったかもしれない。
でもサングクと決定的に違うのは、
彼は自分の子供を自分の事件に関わらせてしまったこと。
自分の二人の子供を、自分のせいで傷つけてしまったこと。
それがテジュンを致命的に追い詰めてしまったんだろうと思う。
ホントは生きて罪を償うべきだろうけど、彼の風貌や雰囲気では、
いかにもテジュンらしい最期だったなという気がする。

キム・ガプス氏、「海神」のときもそのカリスマ性がすごくて
好きな俳優の一人なんだけど、このドラマでもますます渋くて品が良くステキだった。
この年代で、セクシーさを醸し出せる数少ない熟年俳優だと思う。
この人も今後も注目だな♪

★パク・テス=スティーブン・リー

いや、最後は彼の独壇場とも言えるほど、すごかったね。
自分を捨てた憎い父親で、復讐したいと思っていても、
結果的にそういうことをしてしまったことに車の中で号泣する場面は、
かわいそうで一緒に泣いてしまった。
すべてが終わった後、刑務所の中で、ハウンのことをヒョンと呼んでるのが良かったよ。

★探偵さん

ごめん、最後まで役名わからなくて^^;
くっつきすぎず、離れすぎずといったハウンとの距離感がすごく好きだった。
と同時にこの彼のハウンへの支援の仕方が、一見冷めてること、
でも実際のところハウンの行動の意味することをものすごく理解してること、
アシストやアドバイスが押し付けがましくないことなどが、
このドラマを非凡にしてるんだろうなぁ~と思う。

張り込みしてるときに何気にお菓子をほおばる雰囲気とか、好きだったな♪

★ドンチャン

こいつに関しては、もう言うまでもないね。
殺人教唆と殺人と、どっちが罪が重いのかと聞くような、
罪の意識などまるでない虫けらのようなヤツ。
でも父や弟がこんなヤツの手にかかったと、憎しみを燃え上がらせるには
十分すぎるヤツだった。
そしてまたこんなヤツに人生を左右されるような大事を託した
サングク、テジュン、インチョルの愚かさも浮き彫りになったように思う。

口芸&首芸がとにかくすごかったね。
日本のVシネマでも見て研究してるんじゃないかと思えるほど、
チンピラの雰囲気をものすごく表現してて、この役者さんも面白かった♪

★イファ(ガンヒョク&シンヒョク母)

意外にたくましかった。
ソンジュ母@美日々のように自殺してしまうかと心配したけど、
子供たちのために生き抜き、インチョルの最期を見届ける、という手紙は
拍手喝采だよ。
女は本当に愛した人のためには、逆に強く生きる事だって出来るんだよね

★カン・インチョル

最大の黒幕。
前回レビューにも書いたように、すべての原因は彼の歪んだ愛だったわけだ。
ゴナの「すまない」っていうたった一言が、殺意を生んだんだね、、、(-_-;)
ただ、彼の最期に至るプロセスも、もう少しジタバタした醜さがあっても良かったかも。
イファの手紙という形でそういう場面を見る機会はなかったんだけど、
たとえば、出て行くイファにとりすがってぶざまに彼女を引き止め、
そして最も残酷な形で、彼女に去られるという場面、見たかったな。
その方が、歪んだ愛で強引につかんだものが、いかに虚構に満ちていたか、
そのすべてを失った絶望感や惨めさが際立ったような気がする。

★ジェス(ウナ父)

班長と並ぶ優しい人情派で、彼が出ると暖かい気持ちになれた。
だからこそ最後にハウンが生きていたと分かる場面がなかったのが残念。
どんなに喜んだろうと思うんだけど、唯一彼への告白がなかったね(苦笑)

★ウナ

とってもとってもかわいい女性だった。
ハウンを思うときに目の下にいつも涙がたまってるのがまた可憐だったね。
ただ、、、
他の俳優達のインパクトが強すぎたのか、ちょっと大人しかったかな?
少し平凡な印象だった。

★ハウン(ガンヒョク)&シンヒョク

とにかくものすごい演技力だったね。
七面相してるみたいに、顔の表情が変わるのがすごかった。
復讐をしなければならない自分の運命を呪い、でも亡くなった父や弟を思うと、
メラメラと憎しみをたぎらせ、結果罪もない人たちを傷つけることに苦悩し、、、
といった数々の感情を見事に演じてたよね。すごいです♪


復讐は、結果的には、憎しみしか生まない、、、
因果応報であっても、どんな罪人にも愛する人たちがいるから、、、


ハウンがテヒに刺されたのは、ハウンが通らなければならない宿命だと思う。
罪のない人々を復讐のために傷つけた、その罪を浄化するためにも、、、
だからこそハウンはナイフの指紋を拭き取ったんだよね。
そこで因果の輪廻を終わらせるために、、、

最後、灯台でウナとハッピーエンドだったらどうしようと思いながら見ていたが、
そうじゃなく、振り返ったハウンの、ガンヒョクでもシンヒョクでもない
さわやかな笑顔で終わったのがとても良かった。
脇のおじ様たちの見事な演技力が結集した濃いドラマでした。
とってもとっても面白かったよ\(^o^)/

  • [No Tag]

*Comment

ぴょんさんへ 

> 復活は、とてもお気に入りのドラマですが、そう言えば、最後ウナ父はほったらかしでしたね。
> ハウンが出てきたら、また大袈裟に喜んで憎まれ口でもたたいたんでしょうかね?

ウナ父はとても人情味のあるキャラでしたから、
ハウンが生きているってことを何かの形で知らせてあげたかったんですけどねぇ、、、

> ラストの今後に含みを持たせる終わり方がまた、想像を書き立ててくれてナイスでした。

罪のない人たちを傷つけた罰を、ちゃんとハウンが背負って
その懺悔の日々を過ごすんだろうなという、ラストがとても良かったですよね。
ホント、今後のハウンを想像できて余韻があるいいラストでした♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.09/24 02:05分 
  • [編集]

yoongunさんへ 

> 記事と関係ないんですが・・・
> ピックさん~このテンプレ 可愛いです。
> なんかピックさんのイメージと違いますけど・・・

確かに(笑)
私にしてはかわい過ぎましたね(^_^;)

> そしてこのコメント欄が大きくて好きです。。
> テンプレートが変わるとなんだか嬉しいです。。。
> 楽しいですよね~

楽しんでいただけて良かったです。
テンプレート、面倒でなかなか変えないんですが、
さすがに季節が変わる頃は変えないとおかしいですしね…(^_^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.09/22 17:39分 
  • [編集]

いいドラマですよね。 

こんばんわ、ピックさん。復活、今チョコチョコ見なおしてて、これから5話だったりします。

復活は、とてもお気に入りのドラマですが、そう言えば、最後ウナ父はほったらかしでしたね。
ハウンが出てきたら、また大袈裟に喜んで憎まれ口でもたたいたんでしょうかね?

ラストの今後に含みを持たせる終わり方がまた、想像を書き立ててくれてナイスでした。

  • posted by びょん 
  • URL 
  • 2010.09/22 02:07分 
  • [編集]

こんばんは。 

記事と関係ないんですが・・・
ピックさん~このテンプレ 可愛いです。
なんかピックさんのイメージと違いますけど・・・

そしてこのコメント欄が大きくて好きです。。
テンプレートが変わるとなんだか嬉しいです。。。
楽しいですよね~

  • posted by yoongun 
  • URL 
  • 2010.09/22 00:04分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/733-816bc2a6

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。