新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

推奴 16~24(最終話)


テギル


世間にしがみついているヤツは皆、奴隷!!

はい、完走しました。
でね、若干長かったかなとは思うものの、
全然、失速しなかった
おそるおそる見たのがバカみたい(笑)

面白かったよ、十分楽しめました、☆4つだな♪



テギルとテハ

どんなに大志を抱いていたとしても、人生なんて皆同じだ。
だから欲を捨て、息を殺し、ほどほどに生きろ。
幸せじゃないか、妻と子供がいて、
少しばかりの畑があれば。。。
それで十分だ、悠々自適に暮らすんだ、
それだけで心がぬくもる


最後、テハとともに行動しながら、ポツポツと語るテギルの言葉。
テギルは本当は、こんな風に少しばかりの畑を耕しながら、
オンニョンと静かに暮らしたかったんだよね。
でも、差別のある時代、奴隷を愛するということの重大さを
わからないまま、あまりに未熟な恋をしたこと、
その結果、愛する女性と家族まで失ってしまったことに、
自戒の意味も込めて、推奴師になり、
助けられる奴隷は助け、最後また自分の夢を託して
テハを助ける役回りをしたのかなと思った。


テギル2


でも、そんな中でも
テハとオンニョンの幸せな様子を、
間近で見たときのテギルのこの切なげな様子。
さすがに最後の数話のテギルには涙が何度か出たよ。
相変わらずヒョク氏、演技は過剰なんだけど(苦笑)


テハ


そしてテハ。
彼とテギルがどんどん理解しあえて行く様も、
最後の最後まで将軍としての威厳と気品を保ち続けたジホ氏の演技も、
とても良かったんだけど、
それでも最後は、テギルにやっぱり持っていかれちゃったね、、、
愛を背負って死に逝く男には、やっぱり勝てないよね(苦笑)
というのもね、前回のレビューにも書いたけど、
彼がどうしてこんなに不器用な生き方しかできないのか、
やはり、昭顕世子とテハとの描き方が薄いので、
彼のやろうとしていることが、
イマイチしっかり伝わってこないんだよね。
テギルが託すほどの夢が…


ソッキョンb


昭顕世子の忘れ形見で仁祖の孫、ソッキョン。
もうとにかくホントにかわいい
どんなすごい修羅場の中でも大人し~く抱かれてて、
とってもお利口さんなんだよ
王孫というのにぴったりの風貌。
このソッキョン、孝宗の時代になってから赦免され、
結婚し息子までもうけているのだから、
彼を支持したテハはもう少し、強いキャラクターでも良かったような気がする。
テギルが目指す国を、彼の主導のもと実現出来そうな、
そんな期待を持たせる人物として…
(実際、実現できなかったから弱かったのかな、、、(^_^;))


オンニョン


そして何かと批判の多かったヒロイン、オンニョン。
確かにね、若干弱かったかな~とは思う。
テギルにもテハに対しても、何となく中途半端だったような気がするし、
エピがなかったから仕方なかったんだけど、
ソッキョンとの母性的な絡みもほとんどなかった。
戦いの場面ばかりだけじゃなくて、
ソッキョンが旅の途中病気になる、オンニョン死ぬほど看病、
みたいな場面があっても良かったのでは?
ただね、、、
テギルが死んだと思いこんで、テハと夫婦になったわけだけど、
そのテハもいい人だったから、
現実的に考えると、オンニョンの行動って少しは理解できる気がする。
夫婦としての義理があるテハには、妻として尽くしたいだろうし、
過去に負い目があるテギルには切ない思いがずっとあるだろうしね、、、
そのへんの曖昧と言われたらそれまでだけど、
揺れ動く、というほどじゃなく、
でもどちらにも質の違う思いを胸に抱く女、という設定では、
ダヘさん、上品に演じていたのではないかな?
だから私はそんなに嫌いじゃない。


オッボク


そしてサイドストーリーの主役ともいうべきオッボク。
奴隷として人間以下の生活をさせられてる彼らが、
直接的に世直しをしようと考えるエピソード。
奴隷が最終的には宮殿を襲撃できるなんて話に、
騙されてしまうほど彼らの置かれている現実が、
悲惨で過酷だったということ、
このサイドストーリーは、当時の奴婢の悲しみを、
とてもうまく伝えていたと思う。
最後、左相まで撃ち殺すのは、ちょっと出来過ぎ感はあったけど、
でもすっきりしたからいいよ
利用しようとした奴隷に殺されるヤツラが滑稽でもあり、
どうかするとメインストーリーより面白かったりしたよ(笑)


パク・ギウン


その奴隷たちを先導し騙した両班役のパク・キウン。
「スリングショット」でもすごく個性的な役を演じたキウン氏だけど、
今回もすごかったねぇ~
正体を明かす時のっちゃってる目、
凄かったです♪

チョルウンa



そして昆虫!!!
う~ん。。。
最後、障害者の妻の膝に崩れ落ちて泣くんだけど、
テギルのいう世の中を恨んで人を恨むな。。。
という言葉で激しく後悔したのか、、、
チョルウン妻にしたらようやく思いが通じたんだろうけれど、
チョルウンが犯した多くの殺戮、そしてその結果生じた悲劇を考えると、
やはりテギルかテハにより殺される、という結末であって欲しかった。
死ぬ間際、チョルウン妻を思い出しながら…というエピでも、
彼と妻の関係は描けたような気がするんだけどな~


絵描き


そして庶民代表の絵描き役アン・ソクファン(笑)
とにかく火の粉が飛んでこないように(by Petuliaさん)
うまくすり抜けながらも、
何が正しくて何が間違っているのか、
意外にも一番知ってる人たち。。。
そういう民のたくましさ、脆さ、温かさ、みたいなものを、
彼や女将たちがとてもうまく演じていたなと思った。
彼らが出ると妙に親近感があったよ。

この作品がなんでイマイチ評判が悪いのか、
ちょっと考えてみた。

レビューの中でもいくつか書いたけど、その他に、
まず戦いのシーンが長すぎる。
ほとんど倍速で見たけど、それでも永遠と長かったもん(苦笑)

それと、テギルと彼を取り巻く仲間たち、
将軍とワンソンを除いたチョン・ジホやチャッキたちとの絡みが下品すぎる。
テハとの対比でテギルという人物をそう描かざるを得なかったとしても、
彼らの会話があまりに品がなくて、それを長々見させられるのはちょっと閉口する。
ギルドンも義賊に身を落とすけれど、
彼には両班を父に持つ品がもう少しあったもんね(苦笑)
だからチョン・ジホやチャッキのいい場面もあったんだけど、
あまりに口が悪過ぎて、御愛嬌の限度を超えてたので、
イマイチ彼らの悲哀に添うてあげることができなかった(^_^;)

それから仁祖があまりに非道の王であるという描き方。
これは清に屈辱的に負けたこの時代、政治的配慮としては仕方なかったとえ、
ソッキョンの二人の兄が斉州島で亡くなった後、
一人残ったソッキョンのために、彼を世話する人をわざわざ派遣したという実録が残っているという。
これをどう解釈するかは、意見の分かれるところらしいけど、
人情として、人知れずソッキョンを心配し涙する仁祖を描いても良かったのでは?
という気もしたんだけどな。。。
せっかくガブス氏を起用してたんだから…
そうすることで叶うかどうかは別にしても、
テハ側に希望が湧くでしょ?
それは見てる側にも救いになるわけだしね。。。

奴隷として生きなきゃならない時代があった。。。
人間が牛馬以下の扱いを受けていた。。。
そういう本当にあった時代の慟哭みたいなものを、
西洋の黒人差別より、より身近に感じることができたドラマだった気がする。

しかし、テギルって『大吉』だったの?(笑)

  • [No Tag]

*Comment

minoさんへ 

> じつはまっすうさんのおっしゃるとうり、二人の妓生とはまっすうさんのご指摘の二人ですが、たいした疑問でもなく、ピックさんの誤解され、コメントされた、旅籠の女将二人の「庶民の底力」の方により興味が湧き、そちらに私もシフト?していったということです・・・・・・

いえいえ、すみません。私の間違いにまでお気づかいくださり、ありがとうございます(^_^;)

> まっすうさんのおっしゃるように「あの妓生」のこと作家はもっと何か発展させるつもりが時間切れとなったのではないでしょうか?若い方の妓生が左相の話を盗み聞きしようとしたりしてましたものね・・・

私もそう思います。じゃなかったら、佐相のお気に入りを新旧(笑)二人も出す必要ないですもんね(苦笑)

> おさむくんの解説とても面白く拝読。明日の決戦が楽しみですね~~

ずっとサッカーをしてきた息子ですが、
私は未だにオフサイドが見分けられません(笑)
でもそこだけは息子と共通に盛り上がれることなので、
時々電話してくれるのが楽しみなんです。
しかし、昨日の試合は見るだけでもくたびれましたよ(苦笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.01/26 19:28分 
  • [編集]

No title 

ピック様、まっすう様

何か私の書き込みにお気使いいただき恐縮です。

じつはまっすうさんのおっしゃるとうり、二人の妓生とはまっすうさんのご指摘の二人ですが、たいした疑問でもなく、ピックさんの誤解され、コメントされた、旅籠の女将二人の「庶民の底力」の方により興味が湧き、そちらに私もシフト?していったということです・・・・・・

まっすうさんのおっしゃるように「あの妓生」のこと作家はもっと何か発展させるつもりが時間切れとなったのではないでしょうか?若い方の妓生が左相の話を盗み聞きしようとしたりしてましたものね・・・

いずれにせよ、たいしたことではありませんので、どうぞピックさんもご多忙でしょうから、返信ご不要に願います。

PS

おさむくんの解説とても面白く拝読。明日の決戦が楽しみですね~~
  • posted by mino 
  • URL 
  • 2011.01/25 01:07分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

> monoさんのおっしゃってる妓生のお2人は、飲み屋のお2人ではなくて、最後に殺された昆虫義父がよく飲んでた席でお酌されてた綺麗な方たちのことでは?
> 新人の方は、名前も変えたところをわざわざ紹介されたり、やたらクローズアップされていたので、私もどこかで主役たちに絡んでくるとばかり思ってみてたので、何もなくて「あれは何だったんだ?」って思いましたので。

あ、、なるほど!!
確かになんとなく尻切れトンボで終わりましたよね。
昆虫義父とよく飲んでて、結構よく出てたのに(苦笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.01/24 22:41分 
  • [編集]

minoさんへ 

> ピックさんの宣言に便乗し、私も早寝を心がけるつもりでといても今この時間に書いていますが・・(笑)

いやいや、まだまだこの時間なら私には早いほうですよ(^_^;)

> 私はKNTVとかで毎週、毎話ずつを見ているのですが、例えば今日はまずテレ朝の日曜洋画劇場で「レッドクリフ」(じつは金城武の大ファンで・・)を見、裏で録画の「トンイ」を今、見終わったところで、これが夜更かしの原因と考え、近くにツタヤがオープンしたこともあり、ケーブルで視聴でなく、レンタルDVDで見る方が時間をうまく使えると考え、今月でケーブルはやめることにしました。

確かに放送時間に合わせるよりは、DVD視聴の方が時間は有効に使えますよね。
私もどうしてもトンイとかすぐに見たいので、土日は特に遅くまで起きてしまいます。

> ですので、これからはピックさんたちより、遅れて見ていくのでは・・と思っています。せっかく、「今日の○○は良かったですねぇ~」とピックさんがレビューしてくださっても私は数ヶ月遅れてそれを確認する・・・ということでちょっと悲しいのですが・・・でも宜しくお願いいたします。

いえいえ、私も結局のところ、遅れて視聴してるものもたくさんあるんですよ。
せっかく高いお金出してスカパーに入っているのに(苦笑)
ですから、私も遅い記事になる場合もありますし、いつでもご覧になって、
私の記事があれば、またコメントくだされば嬉しいです♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.01/24 22:38分 
  • [編集]

No title 

すみません、横から失礼いたします(^^;


>妓生というのは、あの絵描きとねんごろ(死語?(笑))になった人たちですか?

monoさんのおっしゃってる妓生のお2人は、飲み屋のお2人ではなくて、最後に殺された昆虫義父がよく飲んでた席でお酌されてた綺麗な方たちのことでは?

新人の方は、名前も変えたところをわざわざ紹介されたり、やたらクローズアップされていたので、私もどこかで主役たちに絡んでくるとばかり思ってみてたので、何もなくて「あれは何だったんだ?」って思いましたので。
  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2011.01/24 11:01分 
  • [編集]

No title 

再度の返信恐縮です。

「近肖古王」はまだ見ておりません。

ピックさんの宣言に便乗し、私も早寝を心がけるつもりでといても今この時間に書いていますが・・(笑)

私はKNTVとかで毎週、毎話ずつを見ているのですが、例えば今日はまずテレ朝の日曜洋画劇場で「レッドクリフ」(じつは金城武の大ファンで・・)を見、裏で録画の「トンイ」を今、見終わったところで、これが夜更かしの原因と考え、近くにツタヤがオープンしたこともあり、ケーブルで視聴でなく、レンタルDVDで見る方が時間をうまく使えると考え、今月でケーブルはやめることにしました。

ですので、これからはピックさんたちより、遅れて見ていくのでは・・と思っています。せっかく、「今日の○○は良かったですねぇ~」とピックさんがレビューしてくださっても私は数ヶ月遅れてそれを確認する・・・ということでちょっと悲しいのですが・・・でも宜しくお願いいたします。

「優しい人」論議はまたいつか機会がありましたら、させていただきますね・・・楽しみですが・・・

ではまた・・

  • posted by mino 
  • URL 
  • 2011.01/24 01:55分 
  • [編集]

minoさんへ 

> 以前、ピックさんオ・ジホをご覧になって、まったくオーラなし!といっていらっしゃいましたよねぇ~。顔をギリシャ彫刻の様な美しさなのに・・

そうなんですよ~とっても彫の深いお顔立ちなんですが、生来の性格が優しい人なんでしょうね~
なので、とっても普通のいい人っぽい感じの人でした。

> それから、いつもピックさん私のことを優しいと評してくださること、家族がコレを読み噴飯、爆笑しております。決して謙遜でなく、私ほど辛らつにものを見ている人間もめずらしい・・という人間なんですが・・・何か穴でもあったら入りたいような・・・・

変ないい方ですが、こういうブログ何年もやってると、文字からも性格ってある程度わかります。
逆に実際会うより、文字だけの方がその人の根底にあるものが出るような気がします。
そういう意味で、minoさんにはあったかいものをいつも感じるんですよ~

> ヒョクさん、確か「タッチャ」「大望」「不汗党?」など見ましたが「推奴」が一番すきです。最後の3話、良かったですよね~

ですね。チャン・ヒョクは「ありがとうございます」をなかなか超えられませんが、
でもこの「推奴」はその次くらいに好きかもです。
特に後半、良かったですよね。

> ほんと!そうですねぇ~。「七人の侍」でも同じことを志村ケンさんがいってました。弱そうで実はじぶとい・・・と

そうなんですよね。
一番権力の被害を受けそうな庶民だけれど、そんな中で一番たくましく生きていくのも庶民ですもんね。

> チャッキの言った「人は運命に配られた札で勝負するしかないんだ」の言葉、そしてオッポクが決死で突入、偶然、左相を殺す→それを見た婿・・・何か人生の虚しさ、そして韓国独特の「恨」を感じました。

韓国の作品は「恨」の描き方が強いですね~
でも曖昧なままにしてしまうことがいいとは私も思いませんでしたので、
ラストの描き方、決して嫌いじゃないです。

> このドラマ、はじめは???でしたが、最後になりしっかりとまとまりよかったですね。でも前にいっていらしたように、もうすこし時代背景を描いたらもっと厚みが出たのに・・・と思いますが、韓国人にとってはそれは不要なくらい有名な逸話なんでしょうかね・・・「済衆 院」「推奴」も終了、あと「トンイ」が終了したら、もう楽しみがなくなりますね・・・

ホント、そうです。「トンイ」もあと少しですもんねぇ、、、
「近肖古王」まだ見てないんですが、minoさんご覧になりましたか?
面白そうですか?
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.01/23 17:15分 
  • [編集]

No title 

ピック様、返信ありがとうございます。

>オ・ジホさん、私は実際に見に行って目が合っちゃいました(笑)
ホント、おっしゃるとおり、とっても優しげな人でしたよ。
でもminoさんの評し方の方がもっと優しいです。
ジホ氏に対してもヒョク氏に対してもとても暖かいなぁ~と感じました。

以前、ピックさんオ・ジホをご覧になって、まったくオーラなし!といっていらっしゃいましたよねぇ~。顔をギリシャ彫刻の様な美しさなのに・・

それから、いつもピックさん私のことを優しいと評してくださること、家族がコレを読み噴飯、爆笑しております。決して謙遜でなく、私ほど辛らつにものを見ている人間もめずらしい・・という人間なんですが・・・何か穴でもあったら入りたいような・・・・

ヒョクさん、確か「タッチャ」「大望」「不汗党?」など見ましたが「推奴」が一番すきです。最後の3話、良かったですよね~

>あの絵描きを含めて庶民代表というところでしょうかねぇ、、、
大きな権力の前で吹き飛ばされないように、何とかやり過ごしたいと考えてる人々、
でも、意外にも一番何が正しいかわかってる人たち、私にはそういう風に見えましたよ。

ほんと!そうですねぇ~。「七人の侍」でも同じことを志村ケンさんがいってました。弱そうで実はじぶとい・・・と

チャッキの言った「人は運命に配られた札で勝負するしかないんだ」の言葉、そしてオッポクが決死で突入、偶然、左相を殺す→それを見た婿・・・何か人生の虚しさ、そして韓国独特の「恨」を感じました。

このドラマ、はじめは???でしたが、最後になりしっかりとまとまりよかったですね。でも前にいっていらしたように、もうすこし時代背景を描いたらもっと厚みが出たのに・・・と思いますが、韓国人にとってはそれは不要なくらい有名な逸話なんでしょうかね・・・「済衆 院」「推奴」も終了、あと「トンイ」が終了したら、もう楽しみがなくなりますね・・・


  • posted by mino 
  • URL 
  • 2011.01/22 00:30分 
  • [編集]

minoさんへ 

> 昨夜、やっと最終回を見、それまで楽しみに読まずにいたピックさんのレビュウーをやっと拝読。う~~んいつもならのおみごとな解説!!

お疲れ様でした~
結構セリフが多いので、見るのにエネルギーがいりますよね(苦笑)

> いろいろ、ストーリーがあちこちしましたが、この最終回でまとまった感じですね。私は焚き火にあたりつつ「先に行って船を調達する」というところまでのテギルとオニョンの会話。そして「お前が生きていたら、それで嬉しいんだ、なんとしても生きろ!」というテギルのせりふに久々大涙でした。私はイ・ダヘさんよかったと思いました。

あのあたりのテギル、良かったですよねぇ~
私も後半の彼には何度も涙が出ました。

> テハ将軍の役の俳優さん、一度インタビュウー番組みましたが、大変いい人で何か優しすぎて強引さのない人・・の感じでした。それで多分、いくら威張ったり、荒武者を演じても地の優しさが出てしまったのでは・・・と見ておりました。そしてまた彼がもっとよかったら、テギルが光らなかったのでは、だからあれで丁度いいと・・・

オ・ジホさん、私は実際に見に行って目が合っちゃいました(笑)v-238
ホント、おっしゃるとおり、とっても優しげな人でしたよ。
でもminoさんの評し方の方がもっと優しいです。
ジホ氏に対してもヒョク氏に対してもとても暖かいなぁ~と感じました。
そう思ってみると、テホの描き方もあれで良かったのかなと私も納得できます。

> やはり左相婿はテギルに刺されてほしかった!それとあの妓生二人どういう意味の役だったのでしょうか?きっとその内何かしでかすとばかり思っていたのですが・・・

妓生というのは、あの絵描きとねんごろ(死語?(笑))になった人たちですか?
あの絵描きを含めて庶民代表というところでしょうかねぇ、、、
大きな権力の前で吹き飛ばされないように、何とかやり過ごしたいと考えてる人々、
でも、意外にも一番何が正しいかわかってる人たち、私にはそういう風に見えましたよ。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.01/21 02:06分 
  • [編集]

やっと見終わりました 

昨夜、やっと最終回を見、それまで楽しみに読まずにいたピックさんのレビュウーをやっと拝読。う~~んいつもならのおみごとな解説!!

まったく同感です。

このドラマ,異色の時代劇でしたね~。チャンヒョクさんあまり好みではなかったのですが、とっても良かった!!。「秋の童話」のウォンビン以来の愛する人を見守るいい男でした。

いろいろ、ストーリーがあちこちしましたが、この最終回でまとまった感じですね。私は焚き火にあたりつつ「先に行って船を調達する」というところまでのテギルとオニョンの会話。そして「お前が生きていたら、それで嬉しいんだ、なんとしても生きろ!」というテギルのせりふに久々大涙でした。私はイ・ダヘさんよかったと思いました。

テハ将軍の役の俳優さん、一度インタビュウー番組みましたが、大変いい人で何か優しすぎて強引さのない人・・の感じでした。それで多分、いくら威張ったり、荒武者を演じても地の優しさが出てしまったのでは・・・と見ておりました。そしてまた彼がもっとよかったら、テギルが光らなかったのでは、だからあれで丁度いいと・・・

結構いいドラマでしたね。良かったです。

PS
やはり左相婿はテギルに刺されてほしかった!それとあの妓生二人どういう意味の役だったのでしょうか?きっとその内何かしでかすとばかり思っていたのですが・・・
  • posted by mino 
  • URL 
  • 2011.01/20 00:30分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

> テギルが、終盤テハに、ぽつぽつと語りだすころになってようやく彼が理解できてきました。
> ホントは、これじゃあいけないですけどね。
> やはり、主役なんだから、もっと先に小出しでいいシーンを入れてくれなくちゃね!
> 共感する前にリタイアされちゃうじゃんねぇ。

そうなんですよね(笑)
「シティーホール」もこれに似てるんですが、
せっかくの秀作なのに、リタイアされちゃったら、何にも伝わらないでしょ、って思いますよね(苦笑)

> 昆虫男が死ななかったのは意外でしたが、奥様の心の声を流すのには訳があると思ったし、お父さんも殺されちゃったから、この先夫もいなかったら、どうなってしまうの?って思ったので、ここはやはり、昆虫に改心してもらうしかないでしょ。

生きて苦悩を背負うというのも、一つの罰ですし、
あの一途に昆虫の身を案じる奥さんのことを考えるとこういうラストもありかもですよね。

> 昆虫、あんなに子供思いの優しいお母様がいるのに、なんであんなになっちゃったのか?
> テハへのライバル心とか、嫉妬心(それと野心も?)だけじゃ、あんなにバッサバサ人は斬れないよねぇ(^^;

なまじ能力があるだけに、条件とか環境が整わない人間って
こういう風になりがちですよね。
海神のヨンムンとかソドンヨのギルとか、、、
昆虫にとってのテハって決して越えられないコンプレックスなんだろうなぁ、、、

> それから、サイドストーリーが見ごたえありましたね。
> ラストは出来すぎだけど、スッキリしたからよかった、ってピックさんに同感です(^^)v
> 奴隷の女の子もよかったしねぇ。
> オッボクがもう少しイケメンだったら、好きになっちゃったかもv-238

そうそう(笑)
ちょっとアニメっぽいラストだったけど、まあいいですよね。
私もオッボクなんであんなおっさんキャラだったんだろうと思います。
キャラ的にもう少し若い役者さんでも良かったのに…

> そうそう、大吉にはびっくりでしたよ(笑)

でしょ?ヒョク氏、日本の大吉って名前のイメージ、知ってるのかな?(笑)

> もうひとつ書き忘れました(^^;
> ソル薬局~まだ見てないです。
> いつか見たいです♪

ぜひいつかご覧になってください。
ちょっとガチャガチャ感はあるんですが、とってもいいですよ。
特にあの小山のような役者さんが最高にウザイキャラから一番ナイスキャラになりますv-221
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2011.01/10 17:31分 
  • [編集]

終わっちゃって寂しい。 

ピックさん始め、みなさんのコメントを読んで、すごい洞察力だなぁ、と感心するばかり。
もう皆さんが書かれてるから、今更付け加えることもあまりないような?

テギルが、終盤テハに、ぽつぽつと語りだすころになってようやく彼が理解できてきました。
ホントは、これじゃあいけないですけどね。
やはり、主役なんだから、もっと先に小出しでいいシーンを入れてくれなくちゃね!
共感する前にリタイアされちゃうじゃんねぇ。
製作陣、もうちょっと考えようよ、って思ったくらいかな。

昆虫男が死ななかったのは意外でしたが、奥様の心の声を流すのには訳があると思ったし、お父さんも殺されちゃったから、この先夫もいなかったら、どうなってしまうの?って思ったので、ここはやはり、昆虫に改心してもらうしかないでしょ。
昆虫、あんなに子供思いの優しいお母様がいるのに、なんであんなになっちゃったのか?
テハへのライバル心とか、嫉妬心(それと野心も?)だけじゃ、あんなにバッサバサ人は斬れないよねぇ(^^;


それから、サイドストーリーが見ごたえありましたね。
ラストは出来すぎだけど、スッキリしたからよかった、ってピックさんに同感です(^^)v
奴隷の女の子もよかったしねぇ。
オッボクがもう少しイケメンだったら、好きになっちゃったかもv-238


そうそう、大吉にはびっくりでしたよ(笑)

もうひとつ書き忘れました(^^;
ソル薬局~まだ見てないです。
いつか見たいです♪
  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2011.01/07 19:38分 
  • [編集]

marineさんへ 

> リンクから飛んできました。

さっそく遊びに来て下さりうれしいです。

> 同じドラマを観たとは思えない素晴らしいレビューに感動~

とんでもない。
marineさんこそすばらしいレビューで、思わず書き込みさせていただいたんです。
でも何となく感じ方とか似てるような気がして、お仲間ができたようで嬉しいですよ♪

> テギルには両班の頃からしっかりとした志があったし、
> 推奴になってもチェ将軍やワンソン、オンニョンと
> 一緒に暮らす為、将来に備えているんですよね。
> だけどテハにはそれが無い。
> ソッキョンを救い出すところまでは良かったですが、
> その先は何も見えてなかったせいか、
> テハの方が少し弱く見えてしました。
> もっと葛藤が描かれた方が面白かったかもしれません。

そうなんですよね。
テギルが現在に至った気持ちや行動はわりとしっかり見えたので、
彼の行動には説得力があったんですが、
テハは亡き世子とのこと、それによって彼がどう考えたのかとか、
何を目指そうとしたのかが、イマイチ見えませんでした。

> このドラマの脇役さんたちが素晴らしくて
> いつも笑わせて貰いました。
> まさか女将(姉)と絵描きができちゃうなんて!(笑)

そうそう(笑)
あんなに気持ち悪がってたのに、、、でもあの庶民の代表という彼らの存在、良かったですよね。

> そしてソッキョン♪
> 彼の可愛らしさにメロメロでした。
> 格闘シーンでも物怖じしない王孫ぶり。
> まさに大物ですね。

ホントによくあんなにお利口さんにできますよね。
たとえ抱っこされてても、目の前で剣を交えてたら、結構怖かっただろうに。
ホント大物です。

> 現在、同じドラマを視聴されていらっしゃるようで
> 嬉しくなってしまいました。
> また遊びに伺いますので、宜しくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。
私もまた遊びに行きますね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.12/20 23:16分 
  • [編集]

こんにちは 

リンクから飛んできました。

同じドラマを観たとは思えない素晴らしいレビューに感動~

テギルには両班の頃からしっかりとした志があったし、
推奴になってもチェ将軍やワンソン、オンニョンと
一緒に暮らす為、将来に備えているんですよね。
だけどテハにはそれが無い。
ソッキョンを救い出すところまでは良かったですが、
その先は何も見えてなかったせいか、
テハの方が少し弱く見えてしました。
もっと葛藤が描かれた方が面白かったかもしれません。

このドラマの脇役さんたちが素晴らしくて
いつも笑わせて貰いました。
まさか女将(姉)と絵描きができちゃうなんて!(笑)

そしてソッキョン♪
彼の可愛らしさにメロメロでした。
格闘シーンでも物怖じしない王孫ぶり。
まさに大物ですね。


現在、同じドラマを視聴されていらっしゃるようで
嬉しくなってしまいました。
また遊びに伺いますので、宜しくお願いします。

初めてなのに長文にて失礼しました。
  • posted by marine 
  • URL 
  • 2010.12/19 12:50分 
  • [編集]

Petuliaさんへ 

> このドラマ、私は途中リタイアも考えたほどでしたが、尻上がりによくなって、ラストで初めてドラマのテーマが見えた気がしたんですが、ピックさんは途中から既に、脚本が描ききれてない部分を洞察されてて「鋭い!」と感嘆しどおしでした。

いえいえ、そんなことはないですよ。
というより、なぜ酷評されてるのか、何が欠けてるのか、
という問いかけが常に前提にあったので、こういうレビューになったんだと思います。

> 「大吉」の不器用で悲しい生き方には涙!
> でもやっぱりもうちょっと控えめな演技でもよかった気がしますよね。
> 逆にテハはもうちょっとしっかりと描いてほしかったし、演じてほしかった。

そうなんですよ。
ヒョク氏がもう少し押さえた演技だったら、
彼の報われない愛にもっと感情移入できたと思うんですよね。
彼ってどうしてあんなに過剰演技なんでしょ?
もったいないです。

> オンニョンは、、批判が多かったんですか?
> 彼女の行動も理解できたし、自分の感情以上に2人の男性を思いやる気持ちが表れてて、イライラすることはなかったなァ。
> どうにもならない運命に切なくて、、運命を受け入れながらも気丈に立ち向かう芯の強い女性って感じで好感もてました。

私もどちらかといえば好感を持ったんですが、
彼女への批判も結構多かったですね。
テハやテギルが命を賭けるほどの女性じゃないと。。。

> オッボクたち、どこかでデギルたちと絡むのかと思ったら、最後まで別ストーリーで、、、でも途中、デギルのストーリーがあまりにも殺伐として、テハがあまりにも辛気臭かったので、オボクのエピが清涼剤(?)でした^^

全体の大きな流れとみると、テギルたちの話と絡まなくても良かったのかもしれませんが、
絡んだ方が、ストーリーとしてのワクワク感は大きかったかもしれませんよね。
彼らが何かする時の音楽が何だか楽しかったです♪

> 昆虫(笑)は、、死ななかったのは意外だけど、私は割りと満足です^^
> 左議政やパク・キウンみたいに良心の呵責もない(描かれてない)ヤツは、最後バキューンでないとスッキリしないけど、苦悩しながら罪を犯してる人間には罰よりも懺悔とか改心とかのラストの方が個人的に好みなのかも。。
> ぜひとも奥さんに尽くしてあげてほしいもんだ・・と思いました!

なるほど♪
罰より懺悔とか改心かぁ。。。Petuliaさんらしい深いお言葉ですねぇ~
そうかもしれない。。。
生きて奥さんを大切にしながら、自分の犯した罪に向き合っていくっていうのも、
一つの罰ですもんねぇ~
確かに彼だけがしぶとく生き残り、
ある意味、一番世の中の矛盾に苦しむ、というのも現実的なのかもしれません。

> アン・ソクファンや女将たち・・・
> ほんと、同情しながらもやりきれない気持ちにさせられたり、、貴重な存在でしたのね~、ドラマの目線を定めてくれたっていうような。。

こういう庶民の描き方はこのドラマ秀逸だったと思うんですよ。
獣医がひょんなことから捕まってしまい、そういう民の脆さを知る女将や絵描きたちの言動は、
すごく現実感や説得力がありましたよね。

> ソッキョン、可愛かったですね~
> ほんと表情ひとつ変えず、びっくりしました!

お人形さんのようでしたよね。
ホントにかわいかった♪
ソッキョンをかわいがるチャッキのシーンは好きでしたよ(*^_^*)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.09/14 01:40分 
  • [編集]

NO TITLE 

ピックさん、素晴らしいレビューありがとうございます!
このドラマ、私は途中リタイアも考えたほどでしたが、尻上がりによくなって、ラストで初めてドラマのテーマが見えた気がしたんですが、ピックさんは途中から既に、脚本が描ききれてない部分を洞察されてて「鋭い!」と感嘆しどおしでした。

「大吉」の不器用で悲しい生き方には涙!
でもやっぱりもうちょっと控えめな演技でもよかった気がしますよね。
逆にテハはもうちょっとしっかりと描いてほしかったし、演じてほしかった。

オンニョンは、、批判が多かったんですか?
彼女の行動も理解できたし、自分の感情以上に2人の男性を思いやる気持ちが表れてて、イライラすることはなかったなァ。
どうにもならない運命に切なくて、、運命を受け入れながらも気丈に立ち向かう芯の強い女性って感じで好感もてました。
イ・ダヘさんも、この役とハローお嬢さんのコメディな役を同時に視聴して、大好きな女優さんになりました!
この役、最初はハン・ヒョジュにオファーがあったって記事を読んだんですが、イ・ダヘで適役だったと思います。

オッボクたち、どこかでデギルたちと絡むのかと思ったら、最後まで別ストーリーで、、、でも途中、デギルのストーリーがあまりにも殺伐として、テハがあまりにも辛気臭かったので、オボクのエピが清涼剤(?)でした^^
最後もスッキリして、でも物悲しくて、とてもよかったです。(確かに少し出来過ぎでしたけどね~^^)

昆虫(笑)は、、死ななかったのは意外だけど、私は割りと満足です^^
左議政やパク・キウンみたいに良心の呵責もない(描かれてない)ヤツは、最後バキューンでないとスッキリしないけど、苦悩しながら罪を犯してる人間には罰よりも懺悔とか改心とかのラストの方が個人的に好みなのかも。。
ぜひとも奥さんに尽くしてあげてほしいもんだ・・と思いました!

アン・ソクファンや女将たち・・・
>そういう民のたくましさ、脆さ、温かさ、みたいなものを、
 彼や女将たちがとてもうまく演じていたなと思った。
 彼らが出ると妙に親近感があったよ。

ほんと、同情しながらもやりきれない気持ちにさせられたり、、貴重な存在でしたのね~、ドラマの目線を定めてくれたっていうような。。

>だからチョン・ジホやチャッキのいい場面もあったんだけど、
 あまりに口が悪過ぎて、御愛嬌の限度を超えてたので、
 イマイチ彼らの悲哀に添うてあげることができなかった(^_^;)

アハハ、ほんと!目を背けたくなるほどの下品さでしたもんね。

仁祖は、あれでも私がこれまでに見た数少ない韓ドラの中では一番心ある人物でした~
やっぱり歴史的には人望がないのかしら???

ソッキョン、可愛かったですね~
>どんなすごい修羅場の中でも大人し~く抱かれてて、
 とってもお利口さんなんだよ

ほんと表情ひとつ変えず、びっくりしました!
  • posted by Petulia 
  • URL 
  • 2010.09/13 09:08分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/723-a4dd0518

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。