新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

宮 4

2006年10月の記事です。

miya-4a.jpg


ガハハハ~\(^o^)/
週1回の映画鑑賞、国王「スキャンダル」見てるし!!


いや~面白くってたまらない。久々にワクワクしながらドラマ見てるよ。
だってさ、超豪華な東宮殿での暮らしが始まったのに、
いつも着てるジャージ~とか言って、
自分が持ってきたキャリーバックの中を探すチェギョン。
こういう場面、思いきりありそうで、こういったディテールへのこだわりが
このドラマすごく説得力があって、とても楽しい♪

しかも、このテディーベアと戯れてる皇太子、なんかかわいいしね
でもこのぬいぐるみ、よく出てくるけど何か意味があるのかな?

さてこの一見すべての幸せを独占してるがごとくの皇室一家。

本来はそこは俺の席だったはず!!っと、

SPに守られ、皇室のマークのついた黒塗りの乗用車で送り迎えされる
皇太子を見て、複雑な思いに駆られるユル。
それに、バレリーナの夢をあきらめきれず、シンのプロポーズを断ったけど、
やはりシンが忘れられずに韓国に戻ってきたヒョリン。
何の権力もなく、煩雑な伝統を守り続けなければならない皇室なのに、
こういう人々の嫉妬やあこがれの対象になるのって、
皇室って一体何なんだろうって思う。
唯一無比の存在ってやはり絶対的な魅力があるということだろうか?
ましてユル母のように、一度その絶対的な地位をかすめた人間や、
ヒョリンのようにその地位に望めばつけたかもしれない人間には、
たまらなく切望したくなる地位なのかもね。

今度は血の涙を流させてやるというユル母。

シンを廃嫡し、ユルを皇太子にするべく動き出すつもりなんだろうね(-_-;)

一方、それほどの皆のあこがれである皇太子妃の地位に付いたチェギョン。
でも皇太子は相変わらず冷たいし、宮殿の中では孤独で空しさが募るばかり。
親に電話しても、デジカメ買って~という弟や、
税金の無駄遣いをするなという両親達。
せめて実家のためにこういう生き方をせざるを得ないなら、
それなりの使命感もあるだろうけど
保険の外交員として母親が成功し、実家の借金もなくなった今、
チェギョンの心のやり場がなくなってしまうよね。
学校でユルと仲良くなり始めてるけど、今後皇太子問題もあわせて
どういう展開になるのか、すごく楽しみだよ。

皇太子妃になって一気に金持ちになったチェギョン。
欲しいものが800万ガソの携帯ってのも、なんだかとってもかわいい

  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/650-9b52d03b

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。