新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

チャングムの誓い 1

2005年10月の記事です。
囲炉裏史上初の全話2回レビューを書きました。
また地上波だったので、とても盛り上がり、たくさんのご訪問をいただきました♪
懐かしいです。
二度目のレビューに初見レビューを追記する形でアップしていきます。



本日からいよいよ地上派で始まった「チャングムの誓い」第一話。
<少しネタバレあるかも、、初見の方気をつけて下さい>

いやぁ~約1年前だったんだねぇ~このドラマが始まったのが。。。
なんかものすごく感慨深いよ。
チャングムの母親、チェ・ソングム、ハン・ぺギョンなどが出てくると、
自然に涙が出てくるのがこのドラマのすごいところ。
今日、初めてこのドラマをご覧になった方は、これからめくるめく日々を
毎週過ごせるんだなと思うと、うらやましいような気もする。

ってことで、何と私は第一話のレビューは書いてなかったことに気が付いた(笑)
とにかく時代劇で難しくて第一話は、ほとんど理解不能だったと言うのが
多分書かなかった理由だったかも^^;

そしてそして…

tyagumu051008-0a.jpg

何とチャングムの父ちゃんは、玉すだれ役人だった!!!


これはうれしい発見だったね。
そして元中宮と敵対してたのは、現皇○○ってことだよね?
ってことは、チャングム父は、その方のために働いたってことになるわけだ。
ははあ、、二度見るとそういう背景だったんだなとすごくわかるね。

一人目の女はおまえが死なせるが死なん!
二人目の女はおまえが助けるがおまえにより死ぬ。
三人目の女はおまえを死なせるが多くの命を救うあろう。


早くも伏線満載の老師の言葉だったねぇ~
しかしこの教えと老師が書いた紙を14年も持ってるチャングム父って
逆にものすごいと思いますが!!
三人目の女に会わないために隠遁生活を14年もするって言うのも
なんかそれも虚しくないかい?(笑)

tyangumu051008-1.jpg


そしてこのお方がミョンエさん、チャングムの母。
なんか面差しが大人のチャングムにちょっと似てるかも
この人がチェ・ソングムが太皇太后の食事に毒を混入してるところを
見てしまうわけだね。
この太皇太后っていうのは、燕山君のおばあちゃんになるわけでしょ?
このあたりの勢力争いがイマイチわからない。
この太皇太后を亡き者にするというのは、やはり現皇○○の密命だったのかな?
で、正義感の強いミョンエはキミサングンに報告するが、
このサングンは、チェゴ(最高)サングンと通じていた。。。

tyagumu051008-2b.jpg

おだまり!おまえの死をもって償え!!

いや、このチェゴサングンの一人舞台、ものすごかったねぇ~
デカイ顔して舞台俳優みたいに、すんごい声で言ってたよねぇ~(爆)
この場面すごく緊迫してたんだけど、このチェゴサングンの声で
悪いけど、爆笑してしまいました。ごめんなさいm(__)m

このあと、チャングム父がミョンエを助けるわけね。
ハン・ぺギョンがミョンエに解毒剤を飲ませ、着物に挟んだ手紙を
後でミョンエが泣きながら読む場面、涙が出たよぉ~
こんなひどいことをチェ・ソングムはしてたわけだよね。
そして回復しチャングム父の家を出たミョンエを、ずっとついてまわり、
食事や川(例の)に石を渡したりと、心配するチャングム父に
私はあの人を思い浮かべてしまった。
いや、これホントによく出来たドラマだね。

tyagumu051008-3a.jpg


さて、チビチャングムいよいよ登場です
かわいいよねぇ~
しばらくはこの愛らしさを堪能してください。本当にかわいいです。

来週からは、レビューは前回BS放送のものをアップしていきます。
若干追記などさせていただくかもしれません。
尚、初見の方のために現官職など省いて書かせていただきました。
二度見ても何度見ても面白い!
韓ドラの中でもトップクラスに入る秀逸な作品だと思います。
時代劇だから、言葉が難しいからとリタイアしちゃうと、すっごく損だよぉ~
  • [No Tag]

*Comment

アビーさんへ 

> この時、お初だったチャングム父ちゃん。
> 今見てる、スンシンの思慮深い右腕的存在。
> 結構、美味しい役どころで頑張ってますよ♪
> 思えば、連続して出演してたんですね。

時期的に重なりますか?
まあチャングムではすぐ死んじまいますからね(^_^;)
脇役さんはホントに色々なドラマをかけ持ちしてるから、
よく役が混乱しないなぁ~と感心しますよ。

> 「王と私」を見た今でも、よく分りません。
> 「王と妃」を見た人は分るのかもしれませんね。

太皇太后に毒を盛ったということは、チェ尚宮はユン廃妃側だったってことですよね。
つまりチェ尚宮は「王と私」のあのいつもヘソンちゃんをいじめていた太皇太后に毒を盛ったわけですね、、、
後々、太皇太后側が権力を握るわけですから、
この秘密を知ってるチャングム母はチェ一族にとっては、絶対生きていてはまずかったわけか、、、
6年たってようやくわかりましたよ(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.03/25 23:52分 
  • [編集]

.初の宮廷物でした♪ 

この時、お初だったチャングム父ちゃん。
今見てる、スンシンの思慮深い右腕的存在。
結構、美味しい役どころで頑張ってますよ♪
思えば、連続して出演してたんですね。

>この太皇太后っていうのは、燕山君のおばあちゃんになるわけでしょ?
このあたりの勢力争いがイマイチわからない。

「王と私」を見た今でも、よく分りません。
「王と妃」を見た人は分るのかもしれませんね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2010.03/24 08:45分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/617-282707ec

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。