新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

海神 18

2006年1月の記事です。

kaijin060125-2a.jpg

お嬢様が心を寄せていることも、グンボクを殺す理由です

あ~切ない切ない切ない。。。
このドラマってさぁ、主人公のグンボクやジョンファがステキに見えるのは
当然なんだろうけど、ヨンムンも悪党なのになんかいいよねぇ~

グンボクらソル商団を狙った悪だくみがばれて、揚州を引き上げることになったイ商団。
ジョンファに人目会いたくて馬をとって返すヨンムンがまたステキだし、
そこでグンボクと闘って傷を負い、一人舟に乗れずに見送るヨンムンも絵になる。
ジョンファにグンボクを殺すつもりだったのかと問い詰められ、
認めちゃうヨンムンの不器用さもまたいい。
結局、グンボクがヨンムンを斬ろうとするんだけど、ジョンファに止められ、
例の毒剣の時、ヨンムンがグンボクを助けた話をジョンファから聞いて、
グンボクはヨンムンを斬るのを断念する。

もう最後の何分かは、何だかこの3人の境遇や人間性に泣けて仕方なかった。
まあな~唯一、ヨンムンの落ち度というと、手段を選ばなかったことだろうなぁ~
商売なんだから商売で勝負すべきだったんだよね。
やはりそこで命を奪うという選択をしたことが、致命傷だろうね。
グンボクなら、同じ状況ならそういう選択はしなかったと思うから。
しかし、そんな満身創痍のヨンムンに心の中にいるのは隊官だけです。
と言うジョンファの揺るがない姿も、ヨンムンには不憫だけど美しいよね。

さて、揚州を引き上げたイ商団をそっくり受け継いだのがジャミ夫人。
こいつはやはり只者じゃないねぇ~
ということは、これからはジャミ夫人対ソル商団ってことになるのかな?

でもこれだけ史劇見てると、ビョンホンの時代劇も見たいなぁ~♪
出演してくれないかな?
回し蹴りとかうまいし、絵になるよね、きっと
  • [No Tag]

*Comment

Petuliaさんへ 

> ヨンムン自身もそれを自覚してるから、成功しても後ろめたそうだし、やられてもクンボクを恨むでもなく潔く負けを認めて、、・・・こういうところが敵でも憎めないしせつないんでしょうねえ。。

彼の「選択」ってのがこのドラマの一つの見どころ、というか
泣きどころなのかなぁ、、、って思います。
グンボクとどうしても対照的になっちゃうわけですしね、、、
そのあたりのジレンマみたいなものも、私は最終話に書きました。

まだまだヨンムンに関してはすごいシーンがありますよ(^_^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.03/19 15:17分 
  • [編集]

リバイバルシリーズにもすっかり置いてかれちゃって周回遅れとなりそうなペースですが、、ようやく18話まで来ました~
とにかくレビュー書いとかなきゃって、かなりいい加減なレビューを書いては、こちらに来て「そうそう!それが言いたかったのよね~」と頷いています(汗)
コメントも書きたいと思いながら、書きそびれてしまっていたので、遡ってコメントさせて下さいね!

>まあな~唯一、ヨンムンの落ち度というと、手段を選ばなかったことだろうなぁ~
商売なんだから商売で勝負すべきだったんだよね。
やはりそこで命を奪うという選択をしたことが、致命傷だろうね。

そういうことなんでしょうね~
ヨンムン自身もそれを自覚してるから、成功しても後ろめたそうだし、やられてもクンボクを恨むでもなく潔く負けを認めて、、・・・こういうところが敵でも憎めないしせつないんでしょうねえ。。
あ~、なんだかレビュー書いてるときより自分の考えがすっきりしてきました(笑)
  • posted by Petulia 
  • URL 
  • 2010.03/18 13:40分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/580-7e2cbead

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。