新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

12月の熱帯夜 16 

2006年2月の記事です。

熱帯夜 16


何もかもあきらめなきゃならないという目だよねぇ~
愛する人がそばにいても、手を伸ばす所に寝ていても、
すべてがもうすぐ無になってしまう……
ナムジン君のこの目の演技、号泣してしまった。

このドラマ、最終話に近づくほどすばらしいと聞いていた。
ホントその通り、期待を裏切らない、いやそれ以上のドラマだ。
もう号泣しすぎて具合が悪い。それこそ頭が痛くて耳鳴りすらする。

ジョンウの病気を知って、ジョンウの元へ行くというヨンシム。
一時の感情が後悔の種になるかもと義父に言われても、
それを考える余裕すらないヨンシム。
そのあまりに計算のない、冷静に考えたらあり得ない行為は、
ある意味暴挙だろうし、子を持つ母親としては非難されるべき行為かもしれない。
でも私は、そのあまりに常識的でない行為が、逆に勇気に思えてならない。
その一時の感情かもしれないことに、人生のすべても母としての生きる道も
すべてかけて、愛する人の残された時間を共に過ごすというヨンシムの選択を、
私は、愚か過ぎても評価したい。勝手すぎる行為であっても尊重したい。

そして、そのヨンシムのあまりの潔さというか、無防備な生き方に、
ただ待つとだけ言って、ジョンウの元へ送り出すジファンの人間性もすごい。

ママは好きな人がいる、でもそれは浮気じゃないんだ。

息子にそう言ってきかせるジファンは、本当にステキな男だ。
頭痛に苦しむジョンウを見ていられなくて、
助けてくれと駆け込んできたヨンシムを受け入れ、治療するジファン。

そしてそんなジファンの思いを察して、一人旅立とうとするジョンウもまたすごい。

2時間、荷造りする時間だけ、ヨンシムさんを引きとめておいてください。
自分に出来ることはそれだけだから…


でも送り届けてあげるんだよね、ジファンはヨンシムをジョンウの元へ。
救急箱と緊急の処置を指示して、、、

二人が旅立つのを車の中から見送るジファンに、もう泣けて泣けて、
人間ってここまでステキになれるのかと、三人を見ててそう思う。
ジョンウがいなくなると苦しむだろうと、ヨンシムを気遣うジファンも、
ジョンウが検査を受けて大変な時でも、ジファンのコートのボタンをつけてあげるヨンシムも、
命が僅かで一番苦しい時に、ヨンシムの幸せを一番に考えるジョンウも、
三人が三人ともすばらしい人間性なんだよね。
だからもうジョンウだけじゃなく、ジファンにもヨンシムにも泣けちゃうから、
要するにずっと泣いてるわけだ^^;

いや、参ったね。こんなドラマがあったとは、、、
さて最終話、もうここまで泣いたからついでに泣くしかないわなぁ~
ジョンウがどんな最期を迎えるのか、そしてジファンとヨンシムがどうなるのか、
見届けるしかないねぇ~
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/552-5f2537eb

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。