新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ソル薬局の息子たち 28~54(最終話)

ソル父-2a


ああ、、、終わっちゃった、、、
とっても心があたたまるいいドラマだったなぁ~
特にこのぽってり太ったザ・メタボともいうべき4兄弟のお父さん、すっごく良かった。
何かと感情的になる母親とは対照的に、
常に息子の心に添う父性愛には何度もホロリとさせられたよ。。。

しかし!!!

母親はそうはいかないんだよね(笑)
オクヒ役のユン・ミラさん、最後の最後まで怒鳴りっぱなしで御苦労さまです


ソル4a

私が痛い思いをして産んで、私がおぶって育てた!!!

長男ジンプンの結婚に反対した母親オクヒをいさめた舅に、
食ってかかって言ったオクヒのこのセリフ、、、
ここまで大騒ぎするオクヒの行為は、行き過ぎだって思いながらも、
全国のお母さん、内心、「そうだ、そうだ!!」ってみんな思ったのでは?

そうです。
母の愛はこんなにも重いんんです~(笑)

母親の思いって何か複雑なんだよね。
体力的には、どんどん老いていく自分が、子供の面倒なんて一生見れないんだから、
早く自分の代わりに息子の世話をしてくれる人を見つけたい、結婚させたい、って
思うんだけど、
いざ、そういう相手が現実に目の前に現れると、寂しくて寂しくて仕方なくなる、、、

これは子供の結婚だけに限らないと思うんだけど、
たとえば、乳児の世話に明け暮れる若い母親は早く歩いてほしいと思うし、
幼稚園の送り迎えに大変なお母さんは、早く小学校に上がってほしいって思うでしょ?
でも子供は大きくなれば、当然のごとく自立していくわけだし、
子供だけの世界を持ち始める。
そうすると、今まで100対100の関係だった母子の間が、微妙な関係になってくるわけだよ。

両手を広げた母親の腕の中にニコニコしながら飛び込んできた、あのかわいい息子たちは、
今は誰の胸に飛び込んでいるのやら(苦笑)

成長を願いながらも、いつまでも自分を見ていてもらいたい。。。
この矛盾が、痛い思いをしてでもその分身を得られる母親に、
課せられた業なんだろうなぁ~

40まで結婚しなかった長男に、はがゆい思いをしながらも、
彼の結婚が決まって涙する母親を、若干過激ではあったけど、
その切ない母心を、ミラさん、とてもうまく演じていたと思う。

ただ、それぞれのカップルの結ばれていく過程は、
家族愛を描く場面ほど、魅力的ではなかった。
というのも、長男嫁のスジンは、仕方ないとはいえ、何となく後半になるにつれ
大人しくなってしまったし、三男嫁のウジンに至っては、ウジン母も含めて、
あまりに非常識で(ソンプンをいじめてる時もかわいがっている時も)、
共感しにくかった。
そして一番残念なのは、次男テプンの嫁になるボクシルとの場面、
これは長かったねぇ、、、
自分を失恋の慰みものにしたテプンへの怒り、
仕事や正妻のために、母親をないがしろにした父親への怒り、
そういうものが溶けていくのに、時間を要するのはわからなくもないけれど、
あまりにボクシルが頑ななので、最後の方はもう面倒になってしまった。
せっかくボクシルが看護師ではなく医者だった、というサプライズのあたりは、
すごく面白かったのに…

でも、ミプンとハナ母、ブルータスとミランの関係まで、
すべてハッピーエンドとしないところは良かったなぁ~♪
特に、兵役に行ったミプンにハナが面会に行く、というラストは、
さわやかでとても良かった。
スヒと一緒になると浪人生の彼が騒いだら、オクヒはぶっ倒れちゃうよね(笑)

私は息子の母親だから、どうしてもオクヒ目線で見てしまったけれど、

息子なんて産むんじゃなかった!!

というオクヒの叫びと同時に、ズラっと並べたお嫁さんに囲まれた母親ってのも
何だかかっこいいなぁ~なんて思えるラストでした(笑)
それも姑だからって強く出るばかりじゃなく、
引くべきは引いて、我慢すべきところは我慢する、そんな賢い姑だから、
最後はみんなが笑顔になれたんだろうなと思う。

目指せ、賢い姑!!、だね(笑)
  • [No Tag]

*Comment

ピンさんへ 

> 私は、息子しかいないから、お嫁さんが来るというより
> 娘ができた喜びのようなものです。

私もまさしくそうです。
何から何まで新鮮ですよね。
だから最近は若い女性の服とか見ると、
彼女に似合いそうだなぁ~とか
買ってあげたいなぁ~と思ったりします。

> 会うたびに抱きしめちゃいますよ。

いいなぁ~ピンさんは素直にそういう行動がとれて!!
私もそうしたいのは山々なんですが、
やっぱり照れくさくて…
あと、やはり嫁の立場からしたら、
私たちって気を使う姑ですから、
あまり気を使わせるとかわいそうですから、
ある程度の距離は保った付き合いをした方が、若い人たちにはいいのかなとも思ったりしてます。
ホントは一緒に買い物したり、温泉行ったりしたいんですけどね(笑)

> でも、ピックさんも私も、たまたま良かったと思えるお相手だったから、すんなりなんでしょうが、
> このドラマのように、親のどうしても許せないような子
> を連れてきたら、やっぱり複雑だったでしょうね。
> そう考えると、オクヒの気持ちもわかるなぁ。

それは私も思いますよ。
それもドラマの場合、相手が子連れだったり、すごい借金を抱えていたりとか、
やっぱり母親としても簡単には許せないケースが多いですもんね。
そうなるとオクヒの気持ちも確かにわかりますよね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.10/29 18:51分 
  • [編集]

 

>知らない台所で、いきなり料理を作れと言われるのも嫁としては大変だろうし、
かといっておっしゃるように客扱いされるのも居心地が悪いだろうし…
徐々に徐々に手伝ってもらってるうちに、
家のどこに何があるかわかるようになる、、
そんな風になっていってくれるといいですよねぇ

今はいくらお嫁さんでも、いきなり料理を作れという家庭はあまりききませんね。

私は、息子しかいないから、お嫁さんが来るというより
娘ができた喜びのようなものです。
だから、先日夕食を食べに来た時に、彼女が息子に、
「食器洗わなくていいの?」って聞いたので、
「今日はいいのよ。やってほしいときは言うから大丈夫。でも一緒にキッチンで洗い物をするのも楽しいから、そのうちにやりましょうね」と言いました。

会うたびに抱きしめちゃいますよ。

でも、ピックさんも私も、たまたま良かったと思えるお相手だったから、すんなりなんでしょうが、
このドラマのように、親のどうしても許せないような子
を連れてきたら、やっぱり複雑だったでしょうね。
そう考えると、オクヒの気持ちもわかるなぁ。
  • posted by ピン 
  • URL 
  • 2010.10/28 21:54分 
  • [編集]

ピンさんへ 

> このドラマもそうですが、韓国の家庭の親たちが
> 息子の人生を決定づけるのが、やっぱり違和感を
> 覚えませんか?

私も全く同感です。
あれほど息子の人生に強く干渉できる母親ってすごいなぁ~と、、、
日本であれだけ息子の愛する女性にあんな態度をとったら、
まず息子との関係が修復がつかなくなりますよね。

> 親が必ずしも子供より優っているとは限らないのに、、、と思うことがドラマを見ていて多くあります。

私もホントそう思います。
親を尊重し大切にすることと、言いなりになることとは違うような気がするんだけどなぁ~
ただそのへんの兼ね合いが難しくて、自由が過ぎると今度は親を親とも思わないような風潮になってしまうのかも、、、

> それにしても、生活のレベルが絶対的な社会の格差となっているのが、今の韓国の受験戦争につながっているんですね。韓国の友達が、子供を日本の高校から大学へ受験だったからよかったって言っていました。

ちょっとした前の日本と同じですよね。
今は東大出ても仕事がないかもしれない時代なのに。。。(苦笑)
もう子供が大きくなってしまったのであまり興味もないのですが、
それでも有名校へのお受験ってまだこんな時代でもあるんでしょうかねぇ、、、(^_^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.10/26 23:48分 
  • [編集]

ドナルドさんへ 

> オクヒは子どもからしたらガミガミうるさい母親だし、
> 彼女が姑だったらスジンのように、萎縮してしまうだろうなと思いつつ、
> 自分の気持ちにストレートで、共感する部分がたくさんありました

日本の感覚だったらあそこまでストレートには行動できませんが、
でも、あれが母親というか姑の本音だろうなぁ~とは思いましたよね。

> 生前、母が兄のお嫁さんがくると(疲れてるんだから座ってなさい)と何も手伝わせなかったんですよ
> でも、義姉もなんだか居心地が悪いわけです
> やっぱり嫁としたら何かお手伝いをしなきゃって感じで
> そんな時、(これお願い!)って言った方が、母もお姉さんもお互いに楽だろうなと思ってました

これって今まさに私自身も感じていることですが、
嫁との距離感って難しいですよね。
知らない台所で、いきなり料理を作れと言われるのも嫁としては大変だろうし、
かといっておっしゃるように客扱いされるのも居心地が悪いだろうし…
徐々に徐々に手伝ってもらってるうちに、
家のどこに何があるかわかるようになる、、
そんな風になっていってくれるといいですよねぇ~

結婚して数年経ったころ、
ダンナに「輪ゴムどこ?」とダンナの実家で尋ねられた時に、
すぐ輪ゴムのある場所を私が言ったことがあるんですが、
そのやり取りを姑がすごく嬉しそうにみていた記憶がありますよ(笑)

> あとメタボ親父いいですねえ
> 品とか知性は微塵もないけれど、
> 子供たちへのかかわり方は、彼がいるから素直な子供たちに育ったんだろうなと思います
> 夫婦のバランスがとれてるんですね

そうなんですよね~
このお父さんのおおらかさが、とっても子供たちの安心感につながってるんだと思います♪

> さて
> 次のドラマは何にするか迷いますね
> このほのぼのとした気持ちのまま
> 見れるものがいいですね
> 何かオススメありますか?

ほのぼの感というかアホらしい家族のホームドラマなら「宝石ビビンバ」ですよ(笑)
なんだかわけのわからない、前後と全く脈絡のない映像が流れたり、
奇妙な妄想シーンがあったり(笑)
ほのぼのは全然してませんが、ノンストップ見ちゃう「千万回愛してる」も面白いですよ♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.10/26 23:36分 
  • [編集]

ピックさん ドナルドさん 

このドラマもそうですが、韓国の家庭の親たちが
息子の人生を決定づけるのが、やっぱり違和感を
覚えませんか?

儒教云々はあっても、日本との違いを思い知らされます。
ある意味、家族のきずなの深さであり、ある意味、自由のなさでもあると思うんです。

親が必ずしも子供より優っているとは限らないのに、、、と思うことがドラマを見ていて多くあります。

でも、たしかにオクヒの気持ちもよくわかります。

それにしても、生活のレベルが絶対的な社会の格差となっているのが、今の韓国の受験戦争につながっているんですね。韓国の友達が、子供を日本の高校から大学
へ受験だったからよかったって言っていました。
  • posted by ピン 
  • URL 
  • 2010.10/21 22:11分 
  • [編集]

最後も泣きました・・・ 

やっと見終わりました
最後はすべての人たちが、ハッピーエンドで
見ているこちらも、ほのぼのとした気持ちになりました

オクヒは子どもからしたらガミガミうるさい母親だし、
彼女が姑だったらスジンのように、萎縮してしまうだろうなと思いつつ、
自分の気持ちにストレートで、共感する部分がたくさんありました

生前、母が兄のお嫁さんがくると(疲れてるんだから座ってなさい)と何も手伝わせなかったんですよ
でも、義姉もなんだか居心地が悪いわけです
やっぱり嫁としたら何かお手伝いをしなきゃって感じで
そんな時、(これお願い!)って言った方が、母もお姉さんもお互いに楽だろうなと思ってました

その点、オクヒはズバズバとものを言う
だって、嫁にキムチの入れ物を返しなさいなんて
普通言わないですよ

あとメタボ親父いいですねえ
品とか知性は微塵もないけれど、
子供たちへのかかわり方は、彼がいるから素直な子供たちに育ったんだろうなと思います
夫婦のバランスがとれてるんですね
さて
次のドラマは何にするか迷いますね
このほのぼのとした気持ちのまま
見れるものがいいですね
何かオススメありますか?



  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2010.10/20 12:59分 
  • [編集]

ドナルドさんへ 

> 祖父が、
> 「息子にすべてを捧げた己の人生に腹を立てているんじゃ」のあとの
> 回想シーン、帰ってこないジンプンを心配して
> 門の前で待ちわびるオクヒ、もらってきた卵を自分は食べないでジンプンに食べさせようとするオクヒ
> 自分も母になった今、この親の気持ちが痛いほどわかり
> ドラマ視聴の間、ずっと涙でした

韓国ドラマは母と息子の描き方がとても密ですよね~
日本でここまで描くと白けてしまうのに、
韓国はその感情を受け入れる国民性なのでしょう。
だから同じ母親としては、多少過激ではあるものの、
韓国の母親を見ることですごく感情移入できますよね。
>
> それとスジンが自分の気持ちに気づいて、薬局の前に
> 佇むシーンここも泣けました
> 今日は、泣きっぱなしです・・・

この作家のドラマは、それぞれの立場の人たちの行動や言動に説得力があって好きです。
最後まで楽しめますよ。あ、、もう見ちゃったかな?
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.10/01 15:20分 
  • [編集]

43話、号泣です! 

長男ジンプンが、縁談を断りに行ったあと
オクヒが、泣き叫ぶシーンです

韓国の母は、気性が激しいイメージはありますが
オクヒが叫ぶセリフに、
思わず引き込まれてしまいました
祖父が、
「息子にすべてを捧げた己の人生に腹を立てているんじゃ」のあとの
回想シーン、帰ってこないジンプンを心配して
門の前で待ちわびるオクヒ、もらってきた卵を自分は食べないでジンプンに食べさせようとするオクヒ
自分も母になった今、この親の気持ちが痛いほどわかり
ドラマ視聴の間、ずっと涙でした

それとスジンが自分の気持ちに気づいて、薬局の前に
佇むシーンここも泣けました
今日は、泣きっぱなしです・・・
  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2010.09/26 21:10分 
  • [編集]

かよこさんへ 

> 最後のオクヒの縁側での回想シーンがよかった..
> ハラボジ、メタボのお父さん、書きとめたいくらいの名セリフが
> ところどころにありました。

母親としての達成感と寂しさの両面が彼女から伝わってきましたよね。
ホント台詞も良かったし…

> 私も同感です。 ポクシルが医者だったというのは、面白い設定
> だったけど、あまりにも変貌ぶりが凄過ぎて私は嫌だったな。。

そうなんだよね。
あそこまでキャラが変わるか?という感じがしてイマイチでした。
頑固すぎるよね。

> 儒教の国、韓国のホームドラマって日本の私が子供のころ見た
> 木下恵介アワーみたいで見終えたあとの清涼感がとても心地いい。
> 年長者、親には絶対に服従だものね。 日本が忘れたものが、
> 一杯つまっていて温かい気持ちにさせてくれます。

ホントそう。
逆にあそこまで親が強くても決して親への思いを変えない子供たちがすごい。
日本であそこまで子供の結婚に干渉したら、子供は親を捨てて勝手に結婚しちゃうよね(苦笑)
日本の古き良き時代を思い出します。

「ヨメ全盛時代」も同じ作家でこれまたとても面白いよ。
見る機会があったらぜひ見てね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.08/10 18:18分 
  • [編集]

家族愛 

 とうとう最終回を見終えました。
最後のオクヒの縁側での回想シーンがよかった..
ハラボジ、メタボのお父さん、書きとめたいくらいの名セリフが
ところどころにありました。 

>そして一番残念なのは、次男テプンの嫁になるボクシルとの場面、
これは長かったねぇ

私も同感です。 ポクシルが医者だったというのは、面白い設定
だったけど、あまりにも変貌ぶりが凄過ぎて私は嫌だったな。。

儒教の国、韓国のホームドラマって日本の私が子供のころ見た
木下恵介アワーみたいで見終えたあとの清涼感がとても心地いい。
年長者、親には絶対に服従だものね。 日本が忘れたものが、
一杯つまっていて温かい気持ちにさせてくれます。
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2010.08/09 22:40分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> でも、孫娘って私の着せたいものを、彼女の母親が気に入るかなぁ~?
> 難しいよね。

それは言えますね。
嫁と趣味が合わなかったら難しいかもしれません。。。

> こましゃくれた女児よりも単細胞な男児の方が
> ホントは子供嫌いな私には、合っているような気がします。v-221

私も基本そうだと思ってましたが、
女の子も生徒で接してみると、かわいいな~と最近思います。
確かにこましゃくれてる子は女の子に多いですが、
かわい気のない男の子もいますからね(苦笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.02/03 18:18分 
  • [編集]

嫁姑の好みの相性しだい? 

>でも私は孫娘、一人でいいから欲しいな
かわいいワンピースとか着せてみたいです 。

それは、分りますよ♪
息子たちが幼い頃、よそんちのベランダに女の子の服を干してあるのを見るたびに
羨望と嫉妬が渦巻きましたからね。
でも、孫娘って私の着せたいものを、彼女の母親が気に入るかなぁ~?
難しいよね。

こましゃくれた女児よりも単細胞な男児の方が
ホントは子供嫌いな私には、合っているような気がします。v-221
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2010.02/02 23:40分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> ボクシル父を演じたユン・ジュサンは演劇人のようですが、声がよく通るのはそのせいでしょうね。

そうなんですか(@_@;)
ドラマの中でもあの声が話題になってましたよね。

> 可愛い顔でありながら、ず~っと私を苛立たせたマリを
> 演じた子役ちゃん、撮影当時9才ですよぉ。
> 幼稚園の年少さんみたいな感じでしたけど・・幼い演技が上手いのか?

へぇ~(@_@;)
9歳って言ったら3年生くらいですかね?
それは演技が上手いってことですね。
どう見ても幼稚園児にしか見えませんでしたもんね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.02/01 22:16分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

> このドラマを見ると、やはり子供は育てるの大変だけれど、生んでみるのもいいよ~と思わせますよね!
> 大変な分、家族が増えて楽しいことも色々だからね~

そうだよね、最近は結婚しない人たち、子供を産まない人たちが増えてるから、
こういうドラマ、日本でもやって家族が増える幸せを若い人たちにもわかってもらいたいなぁ~もちろん大変なことも一杯あるんだけどね、、、

> こんな家庭が、近所の知り合いなら結構たのしいよね~(親戚でも)
> 見ているこちらが、ソル家の一員であるかのように感じるところも、良かったのかもしれませんね!

ハイキックとかがそうだったよね。
その家族の一員になれるようなドラマ、また見たいですね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.02/01 22:14分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> ミラさん、過剰な演技も含めて今まで見たドラマでは一番好きでした。
> 普段は、首にハンカチなんぞ巻いてオバサンしてますが
> 韓服を来たときは、貫録もあって品が良くとても美しかったです。

女優のすごさってそこですよねぇ~
ものすごいおばさんチックの雰囲気も出せるのに、
いざドレスアップしたら、やっぱり一般アジュマとは違うんだよなぁ~(^_^;)

> ピックさんがおっしゃるように
> ソンプンの婿入り先の話は、どうでも良かったです。
> エキセントリックな姑に翻弄されるソンプンは気の毒でしたが極端過ぎてついていけませんでした。

最初のうちは面白く見れてたんですけどねぇ~
あの女同士、男同士の喧嘩が長引くあたりから、何だかやり過ぎな感じがしましたよね。

> 小太りアボジも好きでしたが、ボクシルの父親も好きでした。
> あの響く声も印象的で、娘を想う親心、良いなぁ。

彼はホント良かったですよね。
テプンを引きずりまわす姿に愛情が感じられて、見ていて楽しかったです。

> 私も「息子なんか産むんじゃなかった」と、たびたびボヤいてきましたが
> 「息子だけも悪くない」と思わせてくれました。
> なんなら、孫も男ばかりでいいよ。

ですよね、あ、、でも私は孫娘、一人でいいから欲しいなv-511
かわいいワンピースとか着せてみたいですv-324

> 余談ですが、
> ボクシルに振り回された感があるヒョヌには同情しきりです。
> 独りで、アメリカに向けて飛んで行った彼の心境や如何に?

アハハ、確かに彼はかわいそうでしたね(苦笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.02/01 22:11分 
  • [編集]

おまけ 

ボクシル父を演じたユン・ジュサンは演劇人のようですが、声がよく通るのはそのせいでしょうね。
結構、好きなおっちゃん俳優ですが、リチャード・ギア世代らしいです。

可愛い顔でありながら、ず~っと私を苛立たせたマリを
演じた子役ちゃん、撮影当時9才ですよぉ。
幼稚園の年少さんみたいな感じでしたけど・・幼い演技が上手いのか?
兄ちゃんのソンジンは聞き分けが良かったけど、彼も同じ制服を着てたから幼稚園生だよね?
(確か、就学前にハングルを!ってハラボジが教えていたもんね。)
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2010.01/30 09:04分 
  • [編集]

面白かったね~ 

このドラマを見ると、やはり子供は育てるの大変だけれど、生んでみるのもいいよ~と思わせますよね!

大変な分、家族が増えて楽しいことも色々だからね~

こんな家庭が、近所の知り合いなら結構たのしいよね~(親戚でも)
見ているこちらが、ソル家の一員であるかのように感じるところも、良かったのかもしれませんね!

こういうファミリー物が、出てくる事を期待しま~す
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2010.01/30 01:56分 
  • [編集]

寂しくなります・・・ 

とうとう、終わりましたねぇ~。
息子ばかりの私には、オクヒに共感するところが多々ありました。
ミラさん、過剰な演技も含めて今まで見たドラマでは一番好きでした。
普段は、首にハンカチなんぞ巻いてオバサンしてますが
韓服を来たときは、貫録もあって品が良くとても美しかったです。

オクヒは息子たちを怒鳴ってばかりいるようでも
見るところは見ていて、懐の深い物の道理の分った人でした。
ジンプンとスジンを実家に住まわせる決心が素晴らしかった!
それを彼らに言い渡すシーンは、じんわり泣けました。
「私が必要になった時には支えて」と言ったのは、出ていきやすいように、そして本音でしょう。
何といっても、長男ですもの。

ピックさんがおっしゃるように
ソンプンの婿入り先の話は、どうでも良かったです。
エキセントリックな姑に翻弄されるソンプンは気の毒でしたが極端過ぎてついていけませんでした。

ボクシルの件も同感です。
まさか、このカップルでここまで引っ張るとは!!!

>特に、兵役に行ったミプンにハナが面会に行く、というラストは、さわやかでとても良かった。

ここの情景は素敵でしたね♪
ヨンチョル夫妻とハナは,ミプンの恩を一生忘れないでしょう。

小太りアボジも好きでしたが、ボクシルの父親も好きでした。
あの響く声も印象的で、娘を想う親心、良いなぁ。

父の愛、母の愛それぞれですが、「家族っていいなぁ~」と
思えるドラマでした。
私も「息子なんか産むんじゃなかった」と、たびたびボヤいてきましたが
「息子だけも悪くない」と思わせてくれました。
なんなら、孫も男ばかりでいいよ。


余談ですが、
ボクシルに振り回された感があるヒョヌには同情しきりです。
独りで、アメリカに向けて飛んで行った彼の心境や如何に?
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2010.01/29 20:35分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/526-33ead429

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。