新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

千秋太后 76~78(ラスト)

ようこそ『千秋美術展』へ♪

「千秋太后」視聴完了を記念して、千秋美術展を開催しています。
どうぞ、ご自由に館内をご覧ください。
各絵画の横(あるいは下)には絵の題名がついていますが、
俳優を誹謗中傷するものではありません、誤解のないように、、、
なお、手を触れたり近付きすぎたりしますと、
「私通ウィルス」や「卑劣ウィルス」がうつる恐れがありますので、
気をつけてご覧になってください。
では、ごゆっくりお楽しみください♪

ピグモン     ピグモンの嘆き




景宗&コ内官      良き日♪


成宗 小さくまとまりやがってっ


延興宮主   執着の果て... 


荒井注     荒井注


千秋75     えりまきおばけ


ソ太后     えりまきおばけのおばけ


タートルエクステ     えりまきおばけの
おばけの情夫


顕宗  やっぱりすごいむっつり


カム・ガンチャン     We can do it!!!


200910040047412f2_20091129013212.jpg     逆玉情夫


20091003201905274_20091129013212.jpg     野外活動


宮司 清々しい宮司(by Petuliaさん


カン・ジョ

体型を越えた先に、、、


千秋ラスト

激情


<番外編>

雑草     雑草のはびこり

  • [No Tag]

*Comment

みずかさんへ 

> ピックさん、やっぱり「雑草のはびこり」が№1ですね!!
> 企画物としてのレビュー執筆は大変だったと思います。
> 楽しませていただき、ありがとうございました。

読んでくれてありがとう。
あまり見てる方が多くないドラマだったので、気恥かしくてたまらなかったんですが、
このようにお気づかいくださるコメント、すごくうれしいです♪

> 中でも特に笑ったのは、カン・ジョが太后を探し回るシーンで
> 「結構いい音楽流してもらって・・・」というフレーズ。
> ↑少し違うかも。でもニュアンスはこんな感じ。
> もう大爆笑しました。今も思い出すと顔がゆるんじゃうんです。
> 悲しくて切ないシーンなのに、コントに見えました。

なんかさぁ、、、男性ボーカルのいいBGM流してもらってたよね、カンジョ(笑)
なのにあの体型で(笑)報われなくてかわいそうでした(^_^;)

> カン・ジョの死にも泣きました、もちろん。
> チェ・シラさんの演技がすばらしくて泣けて仕方なかったです。
> だけど、
> さらに多くの涙を誘ったシーンはヤン・ギュたちの最期でした。
> 志の高い戦士の死は美しくて悲しかった。。。
> バスタオル持って号泣しました。
> なんであんなに感動したのか、自分でも不思議なくらい。

カン・ジョや千秋、そしてヤン・ギュ、ハン・ゴンジンたちが、
美しく亡くなったり、敗者として隠遁生活をするでしょ?
その意義づけがこのドラマのすばらしいところだったのかな、と私は思いました。
歴史的には汚点となってしまっているのかもしれない彼ら。
それは勝者じゃない歴史上の人々にはどうしても課せられてしまう刻印みたいなものなのかもしれないけど、
それを一緒に背負おうと言ってカンジョを抱きしめる千秋の最後の言葉が、
ドラマを引き締めましたよね。
私も感動しました。

> しかし、なんといっても、
> 前半の恋愛ドラマのような部分に夢中になりました。
> 今年一番とまでは言えないけれど、いろんな意味で心に残る作品でした。

私もこのドラマの前半、特にスと景宗、ソルと慶州院君の恋は、
とっても素敵で、すごく楽しんで見れましたよ♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.12/26 00:49分 
  • [編集]

みずかさんへ 

> 観終わるまでは、
> 正直言って、こんなに感動するとは思ってなかった。

千秋はラストがこける韓ドラが多い中で、とても余韻があって良かったんですよね。

> 泣き過ぎて顔が腫れてます。いやぁ、参った!
> なるべく明日、再書き込みしたいと思います。
> 目が赤く腫れちゃってるよー。明日、忘年会なのに・・・

忘年会大丈夫だった?(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.12/24 01:30分 
  • [編集]

続きです 

ピックさん、やっぱり「雑草のはびこり」が№1ですね!!
企画物としてのレビュー執筆は大変だったと思います。
楽しませていただき、ありがとうございました。

中でも特に笑ったのは、カン・ジョが太后を探し回るシーンで
「結構いい音楽流してもらって・・・」というフレーズ。
↑少し違うかも。でもニュアンスはこんな感じ。
もう大爆笑しました。今も思い出すと顔がゆるんじゃうんです。
悲しくて切ないシーンなのに、コントに見えました。

このドラマ、中盤は私もずーっとツッコミながら見ていました。
まさか、ラスト近くになってから
こんなに号泣するとは思ってもいませんでした。

カン・ジョの死にも泣きました、もちろん。
チェ・シラさんの演技がすばらしくて泣けて仕方なかったです。
だけど、
さらに多くの涙を誘ったシーンはヤン・ギュたちの最期でした。
志の高い戦士の死は美しくて悲しかった。。。
バスタオル持って号泣しました。
なんであんなに感動したのか、自分でも不思議なくらい。

ラストのチェ・シラさん、すごかったですね!!
本物のお婆さんのようで…
最後まですばらしい演技を見せてくれました。

しかし、なんといっても、
前半の恋愛ドラマのような部分に夢中になりました。
今年一番とまでは言えないけれど、いろんな意味で心に残る作品でした。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2009.12/21 17:53分 
  • [編集]

ピンさんへ 

> この千秋もあーーーあ 終わっちゃったと寂しい思いです。
> ラストも韓国ドラマにありがちなズッコケもなく、きれいに終わったし、

ですよね、このラストは韓ドラの中でもとても余韻のあるいいラストだったと思います。

> ただ、私の好きなジェソン氏、死なせてほしくなかったよーーン。。。

あの亡くなった時のポーズ、ちょっとしんどそうでしたよね(苦笑)

> このドラマ、惜しむらくは、チャンがほかの俳優さんだったらよかったのに。

他にいなかったのかなと思いますよね。
シラさんの愛人というのも見た目的にもなんだか違和感がありましたし、、、
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.12/20 16:49分 
  • [編集]

ひとまず報告 

今、全話観終わりました。

観終わるまでは、
正直言って、こんなに感動するとは思ってなかった。
同時にアクシデントカップルも見終わりましたが
千秋に軍配です。なんでかなぁ・・
アクシデント~には何かが足りないんだよなぁ。

ピックさん、このドラマ、とにかくスゴイですよ!!
書きたいことはたくさんありますが、今は夜中なので・・・
しかも、明日はしこたま仕事が待ってるし、
本気な感想の書き込みは次回にします。

泣き過ぎて顔が腫れてます。いやぁ、参った!
なるべく明日、再書き込みしたいと思います。
目が赤く腫れちゃってるよー。明日、忘年会なのに・・・
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2009.12/18 02:56分 
  • [編集]

よかったね♪ 

最終回が近くなると、いつも先が早う見たいがために、

すごいスピードで見てしまう。でもみおわると、あーーあもったいなかったと後悔

がtきまとう。  この千秋もあーーーあ 終わっちゃったと寂しい思いです。

ラストも韓国ドラマにありがちなズッコケもなく、きれいに終わったし、

ただ、私の好きなジェソン氏、死なせてほしくなかったよーーン。。。

その後続々と、いい人しんじゃうんだもの。。。。

このドラマ、惜しむらくは、チャンがほかの俳優さんだったらよかったのに。

どうも、彼は苦手だったよ。

  • posted by ピン 
  • URL 
  • 2009.12/17 17:54分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 延興宮主一派で、まともなのは娘だけですもんね。
> よくぞ、母親や周囲に染まらなかったもんだと感心します。

あのジョンとかいう犬の名前みたいな娘をあんな風に善良に描く必要があったでしょうかね、、、
延興宮主と一緒で権力や栄華を徹底的に欲する女性であっても良かったような、、、
その方が顕宗が他の后に心を寄せるのに、すっきり感がありますよね、
まあ、より顕宗がすけべだったという証拠にはなりますが(笑)

> 契丹の捕虜になったゴンジンとユ内侍は生きて高麗の地を踏むことは無かったでしょうから、仕方ないですよね。(涙)

ゴンジンがかわいそうでしたぁ~(泣)
でも死ぬ間際のチョルヒョンの顔、ステキだったなv-238
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.12/13 17:35分 
  • [編集]

結構、余韻が残ります 

わざとらしいと思って見れば、このドラマは全てがわざとらしいですよ♪
契丹軍の上半身裸の護衛武士とか、高麗側も年齢不詳の人物とか・・・。
スとチヤン恋愛やカン・ジョの逆心も真偽のほどは不明でしょう。
史実はともかくとして、ドラマなんだ!と割り切って見ました。

延興宮主一派で、まともなのは娘だけですもんね。
よくぞ、母親や周囲に染まらなかったもんだと感心します。

契丹の捕虜になったゴンジンとユ内侍は生きて高麗の地を踏むことは無かったでしょうから、仕方ないですよね。(涙)
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.12/12 14:05分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> ラストは、感じ良くまとまっていたと思います。
> 年をとってアクが抜けてしまったスを好演したシラさん。
> 好青年に成人した黄州小君との再会も、感動的でした。

あんなところにいきなり現れる小君がいささかわざとらしくもあるんですが、
スが多くのものを失ったことを考えると、ああいう再会もあってもいいかなと思えましたよね。

> 内紛を防ぐためにと、悪い奴らへの制裁が非常に甘くて不満が残りますが
> あれが顕宗のバランス感覚でしょう。

私もそう思います。
結局、どこかで折れるしかないんですよね、そうじゃないと粛清はエンドレスになりますからね。

> ユ内官、捨て身の復讐を果たしましたね、胸のつかえは取れました。
> 欲を言えば
> ず~っと卑怯な生き方をしてきたあの2人にはあっさり死なせず
> もっと苦しい思いをさせたかったなぁ~!
> カン・ジョ冤罪の生き証人だったし・・・。

彼らだけじゃなく、延興宮主側の人々もですよ。
やつらはもっと悔しがって惨めに死んでいく様を見たかったですよね。
ただ延興宮主の娘(顕宗の皇后)には子供ができなかったことを、
ウィキで確かめましたから、溜飲が下がる思いでしたよ(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.12/10 23:42分 
  • [編集]

ほぼ納得のラストでした 

ようやく(?)完走しました。
中盤の契丹捕虜時代を完全に抜かして、このままリタイアかと思いつつ
再び這い上がり終盤はハマって見ていました。
倍速無しでしっかり見ましたよ♪

ラストは、感じ良くまとまっていたと思います。
年をとってアクが抜けてしまったスを好演したシラさん。
好青年に成人した黄州小君との再会も、感動的でした。

内紛を防ぐためにと、悪い奴らへの制裁が非常に甘くて不満が残りますが
あれが顕宗のバランス感覚でしょう。

私は、最初からキム・チヤンが大嫌いなためか
多少デブでも単細胞でも純粋なカン・ジョがマシでした。
こと切れた後であっても、スの腕に抱かれた彼は満足だったと思いたいです。

ユ内官、捨て身の復讐を果たしましたね、胸のつかえは取れました。
欲を言えば
ず~っと卑怯な生き方をしてきたあの2人にはあっさり死なせず
もっと苦しい思いをさせたかったなぁ~!
カン・ジョ冤罪の生き証人だったし・・・。

延興宮主のすさまじい執念には恐れ入ります。
彼女はしゃべり方がゆっくりねっとりしていて、とても特徴的でした。
脳卒中で亡くなったのでしょうか?

キム・チヤンに騙されたスという解釈の方が私好みです。
チヤン側にも愛があったとは思いたくないです。
黄州小君には可哀相ですけどね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.12/09 21:24分 
  • [編集]

あんきもさんへ 

あんきもさん、はじめまして。
おいで下さり嬉しいです♪

> 最近、よくここのサイトにおじゃましては大爆笑しています。^^

変な記事が多くてお恥ずかしいですよ(^_^;)

> 私のお気に入りは、「えりまきおばけ」ですね。
> なんだか戦隊ヒーローものの、悪のボスに見えちゃいました。(笑)

アハハ~確かに戦隊ものにこういう怪獣とか出てきそう(笑)

> ソルと慶州院君が死んでから、美しい映像が無くなり、どんどん俗っぽく
> なっていったような気がします。

確かに。あの数話はまるで別のドラマのように美しかったですよね。

> 登場人物も欠点だらけというか、生身の人間らしくて
> そういうところも結構好きでした。

長いドラマなので若干中だるみはありましたが、おっしゃるように王も王族もみな生身の人間なんだというその苦悩がよかったですね♪
また遊びにいらしてくださいね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.12/04 02:54分 
  • [編集]

うにくらげさんへ 

> 「執着の果て…」 すごい目力…いや眼力ですね。
> 「えりまきおばけ」 流し眼で何を見てるのか気になります。
> 濃ゆいキャラ満載のドラマだったんですね。

すごかったですよ(笑)
機会があったらぜひご覧になってください、内容も十分楽しめます♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.12/04 02:50分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 「黎明の鐘」のリンク先見てきました。
> 時代的にも見てみたいドラマでした♪

ですよねぇ~さっそく色々調べてみたんですが、見るのは難しそうです。
木の実さんもおっしゃってましたが、DVD化はテーマがテーマだけにこの先もないだろうし、
再放送がもしあれば、という感じですが、それはもっと難しそうですしね(^_^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.12/04 02:47分 
  • [編集]

Petuliaさんへ 

ご丁寧なコメントありがとうございますv-238

> いきなり「ピグモンの嘆き」!この肖像画の角度がいいですねー!

アハハ~(*^^)vさすがPetuliaさん、私もこのピグモンの角度と表情が気に入っています(笑)

> 「良き日♪」・・隣に写っているコ内官が可愛くて笑えます~

どうせなら『ちゃぶ台返し』してる画像が欲しかったんですが(笑)

> 「小さくまとまりやがってっ」・・体格は歴代王の中で一番立派だったのにね^^

確かに、、、
でも考えてみると、顕宗の政策も成宗のそれと同じなんですよね。
ただ、成宗の場合、その政策のためにあまりにスたちを犠牲にし過ぎました。

> 「執着の果て」・・・ミシル様と勝負させたい♪

確かに(笑)そんなシーン、私も見たいです。

> 「えりまきおばけのおばけの情夫」・・タートルヘアにちょっとマヌケなこの表情がおばけを虜にしたのかしら~

えりまきおばけは、えりまきおばけのおばけの情夫をえりまきおばけのおばけが亡くなった後も殺すわけでもなく、最後はちゃんとお墓に入れてあげたんですもんね♪
考えて見るとこのおばけたちの方がよほど情深かったですね。

> 「やっぱりむっつりすけべ」・・ピックさん!このにんまり顔、探すの苦労されたのでは!?

アハハ、Petuliaさん、『すけべ』とは銘打ってないですよぉ~(爆)
しかしあの三姉妹の話は私たちの想像以上のむっつりでしたねぇ~(^_^;)

> 「We can do it!!!」・・館内の一番目立つ所に飾って下さい!

了解ですv-308

> 「逆玉情夫」・・サブタイトル<どんなもんだいっ>でしたよね!?^^

ああ、そうだった、そっちのタイトルにすれば良かった(^_^;)

> 「野外活動」・・お手を触れないで下さい!?それとも18禁のコーナー!?

そうなんですよ、このあたりは一番危険ゾーンです(^_^;)

> 「清々しい宮司」・・錚々たる面々の中に加えていただいて恐縮です!千秋太后パート2があれば主役になるはずなんだけど・・・(笑)

彼はなんであんなに強いんでしょ?
というか契丹の大将たち、逆に弱過ぎ(笑)

> 「体型を越えた先に、、、」・・越えちゃうんだ。。^^ うんっ!あの百人斬りの姿を見せればきっと太后サマだって、・・・!

せめて越えないとカン・ジョがあまりに哀れかなと(苦笑)

> 「激情」・・これぞ美術展のテーマですよね~!

しかし、シラさんは「海神」ではこの上をいきますよ(笑)

> 「雑草のはびこり」・・爆笑!!!私もこれがグランプリかな、、くやしいけど^^

実はこれが一番最初に思いついたんです、私もくやしい、、、(^_^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.12/04 02:45分 
  • [編集]

木の実さんへ 

> ピックさん、
> このドラマのレビューにはいつも大笑いしてたけど、「美術展」にはさらに大ウケして”畳バンバン”してまーす(笑)

ありがとうございま~す<m(__)m>

> そういえば、
> 「えりまきおばけのおばけの情夫」さん
> 「We can do it!!!」のお方と、ヅラのCMで共演していたのみたことありますねぇ。
> 史劇だと、タートルエクステ等ご着用されていますけど、
> ご結婚式のときや、バラエティ等のご取材のときには、
> 自然なお姿でご出演されてますね。とても
> 愛妻家なようです。
> http://shop.cbs.co.kr/product/goods_detail.asp?g_code=136203

見てきました♪
なんかあのショートヘアーだと随分普通(笑)
やっぱりタートルエクステと団扇を持ってもらいたいですね(笑)

> (私は最初のころ「えりまきおばけ」と「えりまきおばけのおばけ」が親子に見えなくて困りました)

あ!!私もです。「えりまきおばけ」、おまえの方がよほど「えりまきおばけのおばけ」の情夫だろ!!って思いましたし(笑)

> (『黎明の瞳』は、従軍慰安婦が素材のドラマで、
> そのむかーし、KNTVで放送されたことはあったようです。古いドラマのDVDがバンバン発売されている昨今ですけど、このドラマは内容が日本からみてあまりにもタブーなので、今後も、日本では日の目をみなさそうなそうですね。ただ、韓国では、記憶の残るドラマというアンケートをするとトップ10には必ず入るドラマのはず。監督、脚本が、『砂時計』のコンビなのでかぶるキャストがいます))

「黎明の鐘」見たいですねぇ~
時代的にもモロ好みです。
そしてジェソン氏、ホント細い(笑)
なんであんなにゆるんじゃったんだろ?って人のことは言えませんが(笑)

> 「体型を越えた先に、、、」なんてタイトル今回、ピックさんにつけられちゃうのですから、彼は今後も史劇の道に生きるのが懸命なのでしょうかねぇ(苦笑)

史劇でも甲冑を脱ぐという思わぬ落とし穴がありましたからね(苦笑)
でもアップが映える俳優であることには間違いないですね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.12/02 17:05分 
  • [編集]

はじめまして~ 

最近、よくここのサイトにおじゃましては大爆笑しています。^^
こういう美術館、いいですね~。
私のお気に入りは、「えりまきおばけ」ですね。
なんだか戦隊ヒーローものの、悪のボスに見えちゃいました。(笑)
次は、「良き日♪」ですねー。ペーハーを押さえるコ内官がかわいいです。
それにしてもインパクトのある絵ですよねー。
ソルと慶州院君が死んでから、美しい映像が無くなり、どんどん俗っぽく
なっていったような気がします。
でもそんなところが結構つぼでした。(笑)
登場人物も欠点だらけというか、生身の人間らしくて
そういうところも結構好きでした。

展示は国立新美術館で 

ウケました~。
私は絵が好きで美術館によく行きますが、こんな美術展も見てみたい(^.^)

「執着の果て…」 すごい目力…いや眼力ですね。
「えりまきおばけ」 流し眼で何を見てるのか気になります。

濃ゆいキャラ満載のドラマだったんですね。
  • posted by うにくらげ 
  • URL 
  • 2009.12/01 23:54分 
  • [編集]

ホントだ~!!! 

「黎明の鐘」のリンク先見てきました。
ホント、「初恋」のころのチェ・スジョン氏と似ていますね。
それなのに、彼だけメタボになっちゃって・・・何故かしら?
槍をぶんぶん振り回して殺陣もやっていることですから
運動不足じゃなさそうですし、酒豪か食べることが大好きなんでしょうね。

時代的にも見てみたいドラマでした♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.12/01 10:08分 
  • [編集]

爆笑美術展! 

これまた傑作ぞろいの美術展ですね~(笑)

いきなり「ピグモンの嘆き」!この肖像画の角度がいいですねー!
「良き日♪」・・隣に写っているコ内官が可愛くて笑えます~
「小さくまとまりやがってっ」・・体格は歴代王の中で一番立派だったのにね^^
「執着の果て」・・・ミシル様と勝負させたい♪
「荒井注」・・! 確かに!(爆)
「えりまきおばけ」・・ほんと、えりまきとかげが巨大化したみたい(笑)
「えりまきおばけのおばけ」・・こわいっす^^
「えりまきおばけのおばけの情夫」・・タートルヘアにちょっとマヌケなこの表情がおばけを虜にしたのかしら~
「やっぱりむっつりすけべ」・・ピックさん!このにんまり顔、探すの苦労されたのでは!?
「We can do it!!!」・・館内の一番目立つ所に飾って下さい!
「逆玉情夫」・・サブタイトル<どんなもんだいっ>でしたよね!?^^
「野外活動」・・お手を触れないで下さい!?それとも18禁のコーナー!?
「清々しい宮司」・・錚々たる面々の中に加えていただいて恐縮です!千秋太后パート2があれば主役になるはずなんだけど・・・(笑)
「体型を越えた先に、、、」・・越えちゃうんだ。。^^ うんっ!あの百人斬りの姿を見せればきっと太后サマだって、・・・!
「激情」・・これぞ美術展のテーマですよね~!
「雑草のはびこり」・・爆笑!!!私もこれがグランプリかな、、くやしいけど^^

ほんと、展覧会にするだけの個性的な人物が揃ってましたよね!
  • posted by Petulia 
  • URL 
  • 2009.11/30 23:38分 
  • [編集]

こんにちはー 

ピックさん、
このドラマのレビューにはいつも大笑いしてたけど、「美術展」にはさらに大ウケして”畳バンバン”してまーす(笑)

そういえば、
「えりまきおばけのおばけの情夫」さん
「We can do it!!!」のお方と、ヅラのCMで共演していたのみたことありますねぇ。
史劇だと、タートルエクステ等ご着用されていますけど、
ご結婚式のときや、バラエティ等のご取材のときには、
自然なお姿でご出演されてますね。とても
愛妻家なようです。
http://shop.cbs.co.kr/product/goods_detail.asp?g_code=136203

それと、「えりまきおばけ」と「えりまきおばけのおばけ」は
『その女』
http://www.kntv.co.jp/prog/dra/p0256.php
では夫婦だったですけど、今回の再共演はなかなかに強烈でしたね^^;
(私は最初のころ「えりまきおばけ」と「えりまきおばけのおばけ」が親子に見えなくて困りました)

私の美術展でのグランプリは、
「体型を越えた先に、、、」
にしておきます。
こんな題名つけられちゃったチェ・ジェソン氏ですが、
昔、チェ・シラさんと共演していた
『黎明の瞳』を機会があってみましたら、そのドラマでは、硬派なハンサム、体形もすらっとしていて、ドラマの中で動いている姿がとても素敵でした。

(『黎明の瞳』は、従軍慰安婦が素材のドラマで、
そのむかーし、KNTVで放送されたことはあったようです。古いドラマのDVDがバンバン発売されている昨今ですけど、このドラマは内容が日本からみてあまりにもタブーなので、今後も、日本では日の目をみなさそうなそうですね。ただ、韓国では、記憶の残るドラマというアンケートをするとトップ10には必ず入るドラマのはず。監督、脚本が、『砂時計』のコンビなのでかぶるキャストがいます))
チェ・ジェソン氏は、韓国の知人にきいたら当時は本当に人気があったそうですよ。
「韓国のジェームズディーン」と呼ばれていた時代もあったそうで、女子高生たちがワーワーキャーキャー騒いでいたとか。
彼も、チェ・スジョン氏と同じく青春スター(死語?)だったそうですが、
全盛期の人気は、スジョン氏をしのいでたみたいです。1980年代に撮った映画も映画も大当たりだったみたいですし。

『千秋太后』は、
『黎明の瞳』以来16年ぶりのチェ・シラ氏との共演ということでも、製作発表時に、話題になってました。
黎明の瞳ドラマ内容紹介↓
http://www.youtube.com/watch?v=wFpQ1WQ0yyI
http://www.youtube.com/watch?v=9IDUijPaudM
http://www.youtube.com/watch?v=-w1_1ZvaKrU

しかし、チェ・ジェソン氏
どうして、こんなに体形緩んじゃったのかなぁ。
(とっても華奢なチェ・ジンシルさんとは又従兄弟らしいから、遺伝的にメタボという可能性より、自己管理の問題?)

すごーくかっこいいころを知ってるだけに、
メタボでも、かっこいい稀有な男だとチェ・ジェソンさんのこと
思ってますが、やはり残念です。

『犬と狼の時間』の監督さん(『イ・サン』の英祖中殿役キム・ヨジンさんの実のご主人であるMBCのPDのキム・ジンミン監督)が
体形がごまかせる史劇に走っていた?
チェ・ジェソン氏を久々現代劇に起用してくださって、その昔のかっこよさを
取り戻せとハッパをかけて(多分、チェ・ジェソン氏の昔の出演作をかっこいいーとおもってみていたのでしょう)
チェ・ジェソン氏も、監督の期待にこたえたようなのですが。

「体型を越えた先に、、、」なんてタイトル今回、ピックさんにつけられちゃうのですから、彼は今後も史劇の道に生きるのが懸命なのでしょうかねぇ(苦笑)

  • posted by 木の実 
  • URL 
  • 2009.11/30 22:11分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 「チャングム」以来の古参ですが、美術展とは素敵♪

ありがとうございます。
チャングムも最後は「病院」にしましたので、なんとなくこんな感じにしました(^_^;)

> このドラマをラストまで見ていないので、どうはびこるか知りませんが
> 「雑草のはびこり」がグランプリです、受けたから。(笑)

あまり彼らのことを書くとネタバレになりますので、どうぞ最後まで楽しんでご覧ください。
終盤とてもいいですよ♪

> 次点は「激情」、主役ですし熱演でした。

いつも叫んでましたからね(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.11/30 21:57分 
  • [編集]

minoさんへ 

> ピックさん、すてき~~~
> こういう総集編いいですね~

ありがとうございます~
これ、記事にするより、時間がかかるんですよ(苦笑)
結構1週間くらい前からチマチマ作ってました、、、アホでしょ、、、(^_^;)

> もしコンクールにするなら、私は「えりまきおばけのおばけの情夫」のネーミングに一票。そしてなにげに「雑草のはびこり」これ渋い!で一票ですん。

アハハ~ありがとうございます。
おばけって失礼なネーミングの上に、そのおばけの情夫ですからね、
いや~ハン・ドギャン、ごめんなさい(^_^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.11/30 21:55分 
  • [編集]

新企画ですね 

「チャングム」以来の古参ですが、美術展とは素敵♪

このドラマをラストまで見ていないので、どうはびこるか知りませんが
「雑草のはびこり」がグランプリです、受けたから。(笑)

次点は「激情」、主役ですし熱演でした。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.11/30 08:56分 
  • [編集]

 

ピックさん、すてき~~~
こういう総集編いいですね~

これらの絵が展覧会風にならんでいるのを想像すると爆笑モノです!

もしコンクールにするなら、私は「えりまきおばけのおばけの情夫」のネーミングに一票。そしてなにげに「雑草のはびこり」これ渋い!で一票ですん。
  • posted by mino 
  • URL 
  • 2009.11/30 02:07分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/497-23daf1e6

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。