新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

千秋太后 6~17

慶州院君とソル姫ー1


いやぁ~千秋太后、ほんとに面白い。
本格史劇って感じじゃないし、KBSにしてはいわゆる「大河」っていうほどダイナミックでもない。
テジョヨンや「大王世宗」を見てきたファンには物足りないのかもしれないけど、
私はこのメロの入り具合がなかなかツボで楽しい。
でもこのメロが、決してフィクションで作り上げたものじゃなくて、
歴史的に本当にあったことであり、それがこんな風になってしまうのか、
というのが実に興味深くて、まさしく「事実は小説より奇なり」って感じなのだ。。。




慶州院君14-1


この慶州院君は、高麗太祖の8番目の王子で、
母は新羅ギョンス王の叔父の娘神成王后。
その血筋ゆえに彼を担いで王位を狙う人々に、生涯悩まされることになる。
ここで歴史のお勉強。
朝鮮ってのは高句麗、三国時代のあと、三国を統一した新羅と渤海の時代になる。
その後を高麗が引き継ぐわけだけど、今見てる千秋太后の時代は、
まだ高麗太祖の孫の時代なので、統一後の民族の混乱時期ではあったわけだ。

なのでアキバ系みたいに『新羅系』なんて言葉がしょっちゅう出てくるんだけど、
この慶州院君はいわゆる母方が新羅系なので、高句麗ー高麗の民族が中心となっているこの時代、新羅民族には、担ぎたくてたまらない王子ということになる。

慶州院君とソル姫ー2


その血筋ゆえに、否応なく王位継承争いに巻き込まれることを避けた生き方、、、
千秋太后やその息子の王子が暗殺されかかったり、
成宗と千秋の確執などピリピリするような展開がある一方で、
この慶州院君の生き方も、私は彼なりには仕方なかったと思えて、
ソル姫と人目を忍んで夫婦の契りを結んだ、とするこのドラマの解釈も
とても素敵だなぁ~と思えるのだ。

一方、ソル姫もまた、その夫であった景宗が崩御したとき、
まだたったの16歳だったというから、そりゃ、いくら先王の妃といっても
千秋みたいに子供を産んだ后と一緒にするのはかわいそうだよね。

この二人が若い頃から思いを通じ合っていたかどうかは定かではないにしても、
子供ができるほどの関係になったというのは、歴史的に間違いないわけで、
そのことが今後の大事件に発展していくと思うと、胸が痛い、、、
清貧に甘んじていても高貴な血筋をとても美しく描いているところがいいよね

さて、もう一つ興味深く思ったのは、政治は妥協の産物と言った荒井注(笑)
彼は成宗の師匠だった人だけど、新羅系の大臣と千秋側の大臣(テジョヨン父)の仲を取り持つ時にこういう言葉を言うシーンがあるんだけど、まさに現代に通じる言葉だなぁと興味深かった。

高麗が統一したことで追いやられた渤海民族をどうするか…
渤海民族もまた高麗の民族と考え、その対策に取り組んできた千秋と
今ある国だけを富まし栄えさせればいいと考える成宗側。
一見千秋の言ってることの方が人道的な気もするが、
その渤海の移民たちを受け入れるために、領土を拡大したり、
契丹や女真族と争うことを好まないと考える王側の考え方も何となくわかる。
だから千秋と、その息子を引き裂く成宗には限りなく腹が立つんだけど、
政治的には、非常に難しい時期にあったんだろうと思えて、
その複雑な民族的問題を、今後、千秋や王側がどう解決していくのか、
興味深いと思った。

さて、今週は辛い展開になりそうだよ、、、(泣)
ヨンタバル@チュモンが、娘かわいさに、ひどい讒言をしそうだからね、、、

キム・チャンと千秋太后もいずれになるんだろうけど、
なんせこの二人、ちょっと濃いんだよなぁ~(^_^;)
  • [No Tag]

*Comment

アビーさんへ 

> 家族として迎え入れてから、ずっとそういう育て方をしたので、犬もハウスが大好きです♪
> 怖い思いや痛いことがあったら、一目散にハウスに駆け込む姿は微笑ましいですよ。(彼女には安心の場なのでしょう)
> 外で遊んだ後に「お帰りしようか?」と言うと、素直に帰ります。

かわいいですねぇ~聞き分けの言いワンちゃんの姿が目に浮かびます。
でもそういうのも子育てにも共通しますよね。
外遊びをした後、家に帰るのに引きつるように泣く子どもの姿をたまに目にしますが、
なんであんなに泣くんだろうと不思議な気持ちでいつも見ていました。
うちの子供たちは「もう帰ろうね」と言うと、お片づけをすぐ始めてましたから…

> ホジュンがたまに立ち寄るときは外出着なので、ハウスに入れたままですが、尻尾だけはちぎれんばかりに振っています。
> 聞き分けの良い犬で、とっても可愛いです♪

アハハ、ホジュンさんもワンちゃんに好かれてるんですね♪
私が遊びに行ったら尻尾振ってくれるかな(^_^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.08/03 17:15分 
  • [編集]

ハウスの躾が大事です 

私は、原則として犬はハウス(サークルに屋根があるもの)に入れています。
遊んであげたり、給餌するときだけ出しますよ。
室内であっても放し飼いにすると、我儘になるそうです。

家族として迎え入れてから、ずっとそういう育て方をしたので、犬もハウスが大好きです♪
怖い思いや痛いことがあったら、一目散にハウスに駆け込む姿は微笑ましいですよ。(彼女には安心の場なのでしょう)
外で遊んだ後に「お帰りしようか?」と言うと、素直に帰ります。

ホジュンがたまに立ち寄るときは外出着なので、ハウスに入れたままですが、尻尾だけはちぎれんばかりに振っています。
聞き分けの良い犬で、とっても可愛いです♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/31 20:55分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 私も暇さえあれば、赤ちゃん抱っこしています♪
> 孫は居ないので分りませんが孫より可愛いかも?

孫よりきっとかわいいでしょうね。
ワンちゃんは一生忠義を尽くしてくれるでしょ?

> それにしても、秋田犬を放し飼いにしてるのは如何なもんでしょうかねぇ?
> 美談と言えるのでしょうか。
> 犬好きな私でも、繋がれずに散歩してる犬はとても怖いですよ。

私もそこがネックなんですよ。
犬好きのアビーさんにこういうのも申し訳ないんですが、
以前犬を飼ってる友人の家に遊びに行ったとき、当然家の中で放し飼いにしているので、
私のひざにもよじ登ってくるし、お気に入りのワンピースが傷だらけになるのでは、
と冷や冷やしたことがありました。
友人にとってはかわいくてたまらないのはわかりますが、
せめて、他人が来てる時は、つなぐか別の部屋に入れるという配慮はすべきです。
食事中もよじ登ってきたので、怖くて二度と彼女の家には行きたくないと思いました。
ワンちゃんを家族同様に愛してる方々には、不愉快なコメントですよね、すみません、、、(__)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/31 14:40分 
  • [編集]

私の赤ちゃん (*^・^*) 

>アビーさんとワンチャンは旦那様をめぐってライバルですね

確かに先代犬は大型犬だったし、ダンナしか目に入らないありさまだったので、ライバル関係でした。(妻妾同居状態?)

今のは、小型犬で世渡り上手なのかダンナ以外の家族にも適当に愛嬌を振りまいているので、ライバルではありませんよ。
私も暇さえあれば、赤ちゃん抱っこしています♪
孫は居ないので分りませんが孫より可愛いかも?

ハチの飼い主・上野英三郎氏は、大学の講義中に脳溢血で死亡したので、
犬がダンナに懐き過ぎると心配なんですねぇ。
「パパ、ほどほどに可愛がってね。」としつこく言っています。
これがまた、言うこときかないんだよなぁ。(-_-;)

それにしても、秋田犬を放し飼いにしてるのは如何なもんでしょうかねぇ?
美談と言えるのでしょうか。
犬好きな私でも、繋がれずに散歩してる犬はとても怖いですよ。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/29 11:25分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> アビオも言ってました。
> 「どこの馬の骨か分らん男よりも、父親の異母弟の方がマシかもしれないよ~。当時の特権階級としては相続者を下手に増やすよりも合理的だったんじゃないかな」と。

なるほど!!昔の近親結婚ってそういう考え方も一理あったのかもしれませんね。
叔父は年齢から考えてもそういう対象には決してなりませんが、
私は従兄がたくさんいたので、あこがれてた「お兄ちゃん」はいましたよ(笑)

> うちの犬も、ダンナに対しての尻尾の振り方は凄まじいものがあります。
> リビングのガラス戸の中から玄関の扉が開くのを今か今かと待ってる姿は、涙ぐましいですよ。
> まるでハチさながらです。
> ですからダンナに「授業中に死なないでね!」と強く念を押しています。^^;

アハハ、じゃ、アビーさんとワンチャンは旦那様をめぐってライバルですねv-209v-208v-286
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/29 00:37分 
  • [編集]

叔父さんでもいい? 

アビオも言ってました。
「どこの馬の骨か分らん男よりも、父親の異母弟の方がマシかもしれないよ~。当時の特権階級としては相続者を下手に増やすよりも合理的だったんじゃないかな」と。

うちの犬も、ダンナに対しての尻尾の振り方は凄まじいものがあります。
リビングのガラス戸の中から玄関の扉が開くのを今か今かと待ってる姿は、涙ぐましいですよ。
まるでハチさながらです。
ですからダンナに「授業中に死なないでね!」と強く念を押しています。^^;
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/27 22:30分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 彼らは気が向かなければ、お愛想で尻尾を振ったりしませんことよ~♪

そうかもしれません。尻尾の振り方(勢い)も正直ですよね。
私も大学生までは犬を家で飼ってたんですよ。
父と弟が大の犬好きだったので…
やはり父と弟への尻尾の振り方は尋常じゃなかったです。
私にも多少は振ってくれましたが、基本、私は動物があまり好きじゃないので、
見抜かれていたのかも(苦笑)

> アメリカ版「ハチ」の尻尾に注目ですよ♪

CMやってますよね~
特に犬が大好きじゃない私でも、あのシチュエーションなら泣きそうです。
見たい映画ですねぇ~

> よく、考えたらソルは叔父さんの妻になったんですよねぇ。
> 慶州院君は父親の異母弟ですもんね。
> キャァ~、今じゃ考えられません。
> 姦通罪は、名ばかりの王妃でしたから仕方ないですが
> 姪と叔父の方は気色悪いなぁ~!(日本も同様でしたが)

でも、ワンゴンは26人の妻がいたそうですから、同じ親戚でも、ソルたちからしたらおばあさんは別の人になるわけですよね。
普通は叔父の母親イコール姪の祖母になるわけでしょ?
ソルのおばあさんはピグモンですから。
慶州院君があのピグモンから生まれてたら気色悪いですけどね、、、
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/27 21:19分 
  • [編集]

minoさんへ 

はじめまして♪

>アビーさんの熱気溢れる書き込み、楽しく拝読させていただいてます。

いやぁ~、お恥ずかしい限りですがそう言っていただくと
とても嬉しいです。(*^・^*)
ありがとうございます。
熱気はどこにももって行きようが無いので、ここで発散させてもらっています。^^;

>爆笑でした!こういう書き込み大好きです♪

すぐに横道にそれちゃうんですよ。
千秋太后から犬に飛んでしまうなんて・・・普通はあり得ませんよねぇ。(笑)
管理人さんが寛大だから出来ることです♪

>「今度生まれ変わったら,私の犬になりたい。なぜなら本当に幸せそうだから・・」と語っていたのを思い出しました。

うち犬も、尻尾をルンルン振って楽しげに暮らしています。
「存在」だけで愛されて幸せなヤツですよ。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/27 12:43分 
  • [編集]

アビーさんへ 

いつも、アビーさんの熱気溢れる書き込み、楽しく拝読させていただいてます。

>私しゃこの人たちにもにも腹が立って、彼らの場面は5倍速しました。
それでも、台詞は読めるので大筋は理解してます。
ヨンタバルがはしゃぐシーンも胸クソが悪いので早送り。
おかげでサクサク進みますよ~。

>ハチ役の秋田犬が飼い主家族役の俳優(誰か忘れました)に対して絶対に尻尾を振りませんでした。
かなり、シラけましたよ。
おそらく、その俳優は犬嫌いだと思うんです。

演技指導は出来ても尻尾(感情表現)だけは無理なんだなと思いました。

爆笑でした!こういう書き込み大好きです♪

それから、犬の幸せですが、以前グレース・ケリーが「今度生まれ変わったら,私の犬になりたい。なぜなら本当に幸せそうだから・・」と語っていたのを思い出しました。ご参考まで・・・
  • posted by mino 
  • URL 
  • 2009.07/26 23:05分 
  • [編集]

犬は嘘つけない☆ 

>尻尾を振りたくない日もあるでしょうから

彼らは気が向かなければ、お愛想で尻尾を振ったりしませんことよ~♪

仲代さん主演の「ハチ公」を見に行きましたが
ハチ役の秋田犬が飼い主家族役の俳優(誰か忘れました)に対して絶対に尻尾を振りませんでした。
かなり、シラけましたよ。
おそらく、その俳優は犬嫌いだと思うんです。

演技指導は出来ても尻尾(感情表現)だけは無理なんだなと思いました。

「南極物語」で高倉建さんが1年ぶりにタロとジロに再会するシーンは、真に迫った映像が撮りたくて
実際に、長期間会わせなかったそうですね。
だからこそ、涙ウルウルのあのシーンがあるんだと思いました。

アメリカ版「ハチ」の尻尾に注目ですよ♪


よく、考えたらソルは叔父さんの妻になったんですよねぇ。
慶州院君は父親の異母弟ですもんね。
キャァ~、今じゃ考えられません。
姦通罪は、名ばかりの王妃でしたから仕方ないですが
姪と叔父の方は気色悪いなぁ~!(日本も同様でしたが)
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/26 00:09分 
  • [編集]

アビーさんへ 

アハハ、でも犬には犬の苦労があるのかもしれませんよ(笑)
尻尾を振りたくない日もあるでしょうからv-286

ヨンタバルとその娘の遺伝子はどうなってるんでしょうね。
よほどヨンタバル妻ができた女性だったのかな?
でも、私はヨンタバルより、王后の尚宮が超ムカつきます(怒)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/25 17:48分 
  • [編集]

犬にも劣る人間 

私は、変な話
飼い犬が羨ましくてなりません。^^;
彼女は、寝て食べて排泄して甘えるだけの実に気楽な毎日を送っています。
甘えることが唯一の仕事で、甘えれば甘えるほど家族から有り難がられています。
良い身分だなぁ~、ノルマ無しの一生だよ~。(^-^)v

ところで、ヨンタバル(役名知らず)って騒々しいし、せからしいし、狡賢いし、このおっちゃんが出てくるとうんざりしますね。
このおっちゃんの娘にしては成宗正室は悪女でなく常識派なのが不思議ですよ。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/25 09:26分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 一国の王と巷の専業主婦ですもん
> 背負うモノの大きさが違いますよねぇ~!

まあ、主婦も主婦なりにしんどいものからは逃げたくなりますからね~
私も仕事の日はホントに、そ~っとどこかに行きたくなりますよ。。。
あと夕方の食事の支度前とか、、、(^_^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/25 02:11分 
  • [編集]

桁違い 

一国の王と巷の専業主婦ですもん
背負うモノの大きさが違いますよねぇ~!
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/23 00:02分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 現実逃避型の人間は、ドラマのキャラとしては好きになれません。
> それは、おそらく自分を見るようでイヤなんだと思います。

慶州院君の生き方って、そんな私たちの現実逃避よりも、もっと私は遠いものにとらえてました。
逆にちょっと言い方に語弊があるかもしれませんが、我々が経験できないような珍しさを感じてましたよ。

彼ら王族の負け組ってのは、ホント息を殺して生きねばならなったんだなぁ~と、、
だから逆の意味で王様になった側は、その可能性のある人々へのけん制が尋常じゃなかったのかもしれません(兄弟、一族で殺し合うという、、、(^_^;))

> ソルは王の寡婦とは言え名ばかりで、純愛を貫いただけですもんね。

儒教の教えではありえない、ってことみたいです。
ただ、成宗の前の時代までは儒教が浸透してなかったので、
比較的女性の結婚が自由だったって言ってましたもんね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/22 18:41分 
  • [編集]

自由人のぼやき 

>好き嫌いは仕方ないですが、私はドラマとしては、この描き方、気に入ってますよ。

現実逃避型の人間は、ドラマのキャラとしては好きになれません。
それは、おそらく自分を見るようでイヤなんだと思います。
余計な苦労は避けて通れるものならそうしたい、自由でありたい、期待されたくない、腰が引けてると言われるタイプなんです。
近所付き合いも同世代が居ないせいもありますが、全くしてません。
(孤独死するかも~?)

>ただ女遊びが好きなだけの王子だったのかもしれない

なんてったって、彼は「姦通罪」ですからね。
このドラマどおりだったら、ひどい仕置きですよねぇ~。
ソルは王の寡婦とは言え名ばかりで、純愛を貫いただけですもんね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/20 13:10分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> ピックさん、イケメン不在のこのドラマで対立するとは夢にも思いませんでしたよ。(笑)

アハハ、言えてます。

> 自分は望まないのに周囲から必要とされて

私は若干、千秋(この物語の中の)には厳しい見方をしてるんですが、
彼女は望まなかったかもしれませんが、彼女自身の生き方が、
回りを引き寄せましたよね。
成宗にも女は女らしく徳を積まれよ、と言われてましたし…
だからある意味、そういう生き方は敵方からしたら付けいったり利用しやすい『隙』だったのかもしれません。

> 太宗の息子に生まれたのが運命ならば、受け止めるべきでは?
> 親を選べるならば、不幸になる子供は半減すると思います。
> こういうタイプの男性は、ドラマとしては好きじゃないんです。

好き嫌いは仕方ないですが、私はドラマとしては、この描き方、気に入ってますよ。
こういう風に権力を避けて風流にある意味逃げた王族の一人や二人いたに決まってますから。
それに私は政争を避けたいがために、清貧に甘んじても、
自由人でありたいと考えた慶州院君の生き方は理解できます。
偉い王様に限らず、親を選べずその運命から逃れたい人たちって
一杯いますし、だからドラマになるのではないかと思いますしね(笑)

> あくまでも、このドラマで描かれたままを見て言ってるだけですから、実像とはかけ離れた王子だったかもしれませんよ。

それは言えますよね。
あくまでフィクションですから…
慶州院君も能力がない、ただ女遊びが好きなだけの王子だったのかもしれないし(苦笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/19 21:50分 
  • [編集]

ピックさんへ 

ピックさん、イケメン不在のこのドラマで対立するとは夢にも思いませんでしたよ。(笑)

>千秋自身も政治より我が子、という思いを一番にしていたのに、 時代が彼女を要求したんでしょうね。

自分は望まないのに周囲から必要とされて
地位を得る人っていますが、それにしても気の毒な女性だと思います。
子供との安穏とした生活しか望まない選択をしたばかりなのに。
もともとは、兄成宗のために泣く泣く景宗の妻になったのに。
肝心の兄は、占いを信じて自分のことだけしか考えず、新羅系の傀儡でしょう。
ハルモニが生き返ったら、血が沸騰するほど怒ったでしょうね。

>ここも、アビーさんは絶対腹を立てると私は思ってましたよ。

アハッ! 読まれてました?
付き合い長いですからね。

だって、ご両人があまりにもノー天気なんですもん。
2人で浮世離れした「おままごと」。
ソルにだって黄州の姫君としての立場とか、いろいろあるでしょう?
恋にうつつを抜かして良いものか???

>慶州院君はこういう生き方しか出来なかったんです。
それがまた哀れではありませんか?

太宗の息子に生まれたのが運命ならば、受け止めるべきでは?
親を選べるならば、不幸になる子供は半減すると思います。
こういうタイプの男性は、ドラマとしては好きじゃないんです。

あくまでも、このドラマで描かれたままを見て言ってるだけですから、実像とはかけ離れた王子だったかもしれませんよ。
千秋だって、この先どんな悪行三昧をしでかすか知りませんが、
千秋主演のドラマなので視点がどうしても千秋寄りになりますよね。
それで、私は単純に怒ってるだけですよ♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/19 21:13分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> さて、視聴が追いつきましたが
> 政治的問題は抜きにして、母子離別を強要する肝の小さい成宗に腹立ちまくりです。
> 偶然から発した大きな誤解とは言え、あそこまで冷酷になれるもんでしょうか?
> 異母兄妹でもないのに、非情な兄だと憤慨千万です。

これは私も思いましたが、なにゆえ成宗は開寧君に執着したのか、、、
彼自身まだ若く、後妃を迎えることで男の子に恵まれる可能性だってあったであろうに、
そこまで開寧君に執着したのは、ひとえにあの『占い』のせいだとは思うんです。
ただ、ここからがアビーさんのご意見への反論に近いものになるんですが…

私だって母親ですから、成宗のやり方は、憤懣やるかたないですよ。
でも千秋があそこまで政治に首を突っ込まなければ、
あんな残酷な母子離別はなかったと思うんです(実際、占いを気にしながらも、
千秋の態度しだいでは、何度か成宗はこの母子を会わせるよう提案したりもしています。)
で、千秋自身も政治より我が子、という思いを一番にしていたのに、
時代が彼女を要求したんでしょうね、結果、女性でありながら、
王に脅威を感じさせる存在になってしまいます。
だから非常に千秋に酷な言い方をするとすれば、彼女の側にも
そういった不幸を招く要因があったということ、
つまり、彼女が普通の母親として生きていくには、彼女自身の器が大きすぎたのかもしれません。

> 現実的なさまざまな問題に苦慮する姉スに対して
> 妹のソルは現実逃避のダンナとまるで「夢見る夢子状態」
> 私しゃこの人たちにもにも腹が立って、彼らの場面は5倍速しました。

ここも、アビーさんは絶対腹を立てると私は思ってましたよ。
でもここもたてつくようで申し訳ないですが、ソルはスが王宮であんな形であっても懐妊し、
その後は景宗から寵を得ていた時、たったの14歳で入内し、形だけの王妃としての年月を過ごしているのです。
これは、景宗から愛され、子供まで得たスからしたら、どれほどの不幸かしれません。
だから私はそういう意味で、ソルがこういう流れになるこのシナリオは、
ごく自然な気がしました。

それとレビューの中でも書きましたが、
慶州院君はこういう生き方しか出来なかったんです。
それがまた哀れではありませんか?

結局、スもソルも、王族(王の親戚)ゆえに、どんな生き方をしても厳しい人生だったのかもしれません。
王族って成功者は王ですが、そうじゃない王族は、死かあるいは死んだように生きるしかなかったみたいですもんね。

> 王子役のイ・ソジンジュニアは、なかなか頑張ってますね♪

彼はホントうまいです。
まるでホントに王族の子孫みたいですよ(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/19 01:44分 
  • [編集]

対照的な姉妹 

>海神なんてあの時のイルグクだから実現したキャスティングですもんね。

ホントですね。
でも、私はヨムジャン役のイルグクがいちばん好きだなぁ~。

さて、視聴が追いつきましたが
政治的問題は抜きにして、母子離別を強要する肝の小さい成宗に腹立ちまくりです。
偶然から発した大きな誤解とは言え、あそこまで冷酷になれるもんでしょうか?
異母兄妹でもないのに、非情な兄だと憤慨千万です。

現実的なさまざまな問題に苦慮する姉スに対して
妹のソルは現実逃避のダンナとまるで「夢見る夢子状態」
私しゃこの人たちにもにも腹が立って、彼らの場面は5倍速しました。
それでも、台詞は読めるので大筋は理解してます。
ヨンタバルがはしゃぐシーンも胸クソが悪いので早送り。
おかげでサクサク進みますよ~。

王子役のイ・ソジンジュニアは、なかなか頑張ってますね♪

  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/19 00:10分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>虫めがね機能が中高年に優しい配慮で、ありがたいです。

テンプレートもどんどん進化しますよねぇ~
私は難しくて自分で作ったことはないですが、
こういうのを作っちゃう人たちがいて、
このテンプもFC2のものではないんです。

ホントこの「虫めがね」機能、ユニークでありがたいです♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/17 15:26分 
  • [編集]

読むのも書くのも楽~(*^・^*) 

ピックさん

今度のテンプレートって良いですね♪
コメントも大きな字で書き込みやすいし
虫めがね機能が中高年に優しい配慮で、ありがたいです。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/16 17:44分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 彼も不細工では無いので、キャラ落ちさえすれば良いんでしょうけどねぇ~。(-_-;)

だいぶましにはなってますけどねぇ、、、
今後、シラさんとの絡みでどれほどの男気が見せてもらえるか、、、
で、カン教官が千秋を片思いする役ですが、これがまたかわいそうなんだけど、
切なく見えないんですよ。そこが辛いな、、、('_')

> 「ソウル1945」のスヨン氏にしても、あのドラマに限ってだけで、他のドラマではそれほど魅力を感じませんでした。
> 殺陣が上手い3~40歳くらいのそこそこ良い男って、誰が居る?
> なかなか思い付かないんですよ。

あとで思ったんですが、スヨン氏でも良かったですね。
あるいはジホ氏とか、、、彼は濃い顔だけど、笑うと愛嬌があってかわいいし♪

> キム・チャン役にジョンジェは勿体ない気がしますが、私の買いかぶりかしら。
> (彼の史劇、見たことないですね)

結局、シラさんが主役なので、主役級の人をチヤン役にもってくるのは難しいんでしょうね。
海神なんてあの時のイルグクだから実現したキャスティングですもんね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/16 13:58分 
  • [編集]

キャラ落ちを期待するのみ! 

>やはりキム・チャン役、だいぶ見慣れてはきましたが、彼が誰だったら良かったかなぁ、、、
ちょっと線が細いですが、ジョンジェあたりがそうだったら、萌えますよねぇ

彼も不細工では無いので、キャラ落ちさえすれば良いんでしょうけどねぇ~。(-_-;)
「ソウル1945」のスヨン氏にしても、あのドラマに限ってだけで、他のドラマではそれほど魅力を感じませんでした。
殺陣が上手い3~40歳くらいのそこそこ良い男って、誰が居る?
なかなか思い付かないんですよ。

キム・チャン役にジョンジェは勿体ない気がしますが、私の買いかぶりかしら。
(彼の史劇、見たことないですね)
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/16 09:32分 
  • [編集]

Shinさんへ 

> 私はむしろこの中途半端さが良いんじゃないかなと思ったりします。
> 史実を淡々と追うようなお堅い展開でもなく、かといって有り得ないほどぶっ飛んだストーリーでもなく、この折衷具合が私的にはなかなかのツボです。

まさしくおっしゃるとおり。
見ようによっては中途半端と言えなくもないんですが、
堅くも柔らかくない、実にちょうどいい具合ですよね(笑)

> これはどうやら実際に宮廷を出てきたソルの屋敷に慶州院君が出入りしていたみたいですよ。
> 慶州院君を訪ねて一人旅ってのは虚構でしょうが、この二人が運命的な出会いを果たし、お互いに惹かれていったというのは事実なような気がします。何だかロマンチックですよね。

そうなんですか?
ということは、この時代、新羅系も黄州系もホントに入り乱れてたわけですよね。
だって不思議なのは、スたちの祖母(通称ピグモン(笑)は、今上が子供の時、
なぜに荒井注を師にしたんでしょう。
新羅系と繋がってると知らなかったんでしょうかね(^_^;)


> ヨンタバルは光海の策士・メン・ジチョンの役でした。
> この人、光海が王位に就いた後に「私の役目はここで終わりだ」と言って去っていったのがかなり印象的で、とっても潔いキャラでした(今、自分の書いた感想を見返していたら「ホン・グギョンもこれを見習え!」と突っ込んでましたわ^^;)。

あ!!そうでしたそうでした!!
最初、超酔っ払ってた人でしょ?それが光海君が王位に就いたあと、その王について行かず、
退きましたよね。
臨海君の家来も彼一筋で結構泣けました。
あのドラマも決してオーソドックスな史劇ではなかったですが、面白かったですよね。

> で、このソルと慶州院君のメロが終結した後はスとチヤンのメロが中心になるんでしょうが、これはちょっとハマれない気がします・・・(苦笑)。この二人がどうなっていくか興味はあるのですが、到底感情移入はできそうにないなぁ・・・。

アハハ、千秋があまり女性らしくないからかな?(苦笑)
キム・チャンもカン武官もどちらも肉まん系の顔ですよね?丸顔っていうか、、、
もう少し二人のキャラが違ってたら、見ごたえもあったのかもしれませんが、、、
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/14 23:41分 
  • [編集]

キム・チヤンの二重顎が気になる・・・^^; 

このドラマ、確かにバシッと来るものが無くて、中途半端だとは思いますが、私はむしろこの中途半端さが良いんじゃないかなと思ったりします。
史実を淡々と追うようなお堅い展開でもなく、かといって有り得ないほどぶっ飛んだストーリーでもなく、この折衷具合が私的にはなかなかのツボです。

>でもこの慶州院君とソルってどうやって出会ったんでしょう。
これはどうやら実際に宮廷を出てきたソルの屋敷に慶州院君が出入りしていたみたいですよ。
慶州院君を訪ねて一人旅ってのは虚構でしょうが、この二人が運命的な出会いを果たし、お互いに惹かれていったというのは事実なような気がします。何だかロマンチックですよね。

>ヨンタバルって「王の女」では何の役でしたっけ?
ヨンタバルは光海の策士・メン・ジチョンの役でした。
この人、光海が王位に就いた後に「私の役目はここで終わりだ」と言って去っていったのがかなり印象的で、とっても潔いキャラでした(今、自分の書いた感想を見返していたら「ホン・グギョンもこれを見習え!」と突っ込んでましたわ^^;)。

で、このソルと慶州院君のメロが終結した後はスとチヤンのメロが中心になるんでしょうが、これはちょっとハマれない気がします・・・(苦笑)。この二人がどうなっていくか興味はあるのですが、到底感情移入はできそうにないなぁ・・・。
  • posted by Shin. 
  • URL 
  • 2009.07/14 00:03分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 「テジョヨン」をリタイアして「大王世宗」は完走した中途半端な私が
> 言うのも変ですが
> 「千秋太后」って何か物足りない気がします。

もちろん完成度っていう面では、「海神」ほどメロ路線は強くないし、
「ソドンヨ」後半ほどストーリーに緊迫感もないし、「イサン」のようにソジン氏の圧倒的な俳優としての魅力というか華、という面では足りないところだらけだと私も思いますよ。
でもそんな風なのに健闘してるなと思うんです。
まず序盤に一番大切なストーリーがあまり退屈じゃないこと、
これはかなりポイントが高いと思うんです。

> うまく表現できないんですが
> 女性が主役なので男優の存在感が希薄なために、ピリっとしないように感じるのかもしれません。

これはホント言えます。
慶州院君は私は個人的にドンウ坊ちゃんを彷彿とさせるので気に入ってますが、
彼はあくまでわき役だし、序盤しか出ませんからね(^_^;)
やはりキム・チャン役、だいぶ見慣れてはきましたが、彼が誰だったら良かったかなぁ、、、
ちょっと線が細いですが、ジョンジェあたりがそうだったら、萌えますよねぇv-238
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/13 23:33分 
  • [編集]

Shinさんへ 

> 慶州院君とソルのラブストーリー、いいですよねぇ~。
> 仰るとおり、これは「いかにも大河ドラマ!」という感じの本格史劇じゃないですが、こうやって史実を絶妙に織り交ぜた恋の展開がなかなかいいと思います。

小説のような出来事が本当にあったんですね、、、\(◎o◎)/!
でもこの慶州院君とソルってどうやって出会ったんでしょう。
もちろん叔父と姪という関係ではあったから知らない仲ではなかったんでしょうが、
本当に新羅系の彼がソルの屋敷に一時逗留したのか、
そしてソルが本当に慶州院君を訪ねて、あんな一人旅をしたのかは疑問です。
その本当の出会いきっかけを知りたいですよね。

> で、このソルと慶州院君、18話あたりからだんだん例のMVの状況に近づいてきて、今から胸が痛くなっております。ヨンタバルめぇ~!(このヨンタバル役の俳優さん、最近は『王の女』を観てかなり好感度が上がってましたが、『千秋太后』と『風の国』でイメージがた落ちしました^^;)

今週から夜の本放送が見れます♪
ヨンタバルって「王の女」では何の役でしたっけ?

『龍の涙』『王と妃』の時代に戻れとは言いませんが、歴史マニアとしては『千秋太后』のような作品は特別企画として制作し、大河ではもう少し本格的なのを作って欲しい気もします。

確かに。
色々な作り方をした史劇を楽しみたいですよね。

>国のあり方を巡って対立する大勢の人々も、誰が善で誰が悪かなんて簡単には決めつけられませんので(新羅系も、やることが強引なのでアレですが、この人たちだって国を売ろうとしているわけではないですもんね)、この信念のぶつかり合いがかなり興味深いです。

そうんですよ、やることがホント強引だし、新羅系の大臣のおっちゃんの顔がムカつくので、
何となく新羅系に批判的に見てしまうんですが、言ってることはそんなに無茶苦茶でもないんですよね、、
成宗、そんなに戦いが嫌なら、いっそ、西京側を千秋に譲って高麗Aとか高麗Bとかにすればよかったのに(笑)
単なるメロだけじゃないこういう政争パート(笑)もホントためになるし面白いです♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/13 23:20分 
  • [編集]

まだ、それほどでも・・・ 

「テジョヨン」をリタイアして「大王世宗」は完走した中途半端な私が
言うのも変ですが
「千秋太后」って何か物足りない気がします。
うまく表現できないんですが
女性が主役なので男優の存在感が希薄なために、ピリっとしないように感じるのかもしれません。
「明成皇后」や「チャン・ヒビン」も同じ条件でしたし
男優が特に良かったわけではありません。
韓国ドラマは突然面白くなる可能性大なので、期待しつつ見ていこうと思います。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/13 10:03分 
  • [編集]

ホント、面白いです。 

こんにちは~。記事のアップ楽しみにしてました。
例のネタバレMVの画像がふんだんに使われてますね^^

慶州院君とソルのラブストーリー、いいですよねぇ~。
仰るとおり、これは「いかにも大河ドラマ!」という感じの本格史劇じゃないですが、こうやって史実を絶妙に織り交ぜた恋の展開がなかなかいいと思います。
ソルと慶州院君はもちろんのこと、スとチヤン(←確かに、ちょっと濃いですよね^^;)がこれからどうなっていくのかというのにはかなり興味があります。
で、このソルと慶州院君、18話あたりからだんだん例のMVの状況に近づいてきて、今から胸が痛くなっております。ヨンタバルめぇ~!(このヨンタバル役の俳優さん、最近は『王の女』を観てかなり好感度が上がってましたが、『千秋太后』と『風の国』でイメージがた落ちしました^^;)

にしても、このKBS大河枠の作品、『ソウル1945』を挟み、『不滅の李舜臣』と『大祚榮』の間でずいぶん変わっちゃったなぁ・・・(個人的には、『大祚榮』『大王世宗』はフィクションだらけで本格史劇じゃないと思ってます)。『龍の涙』『王と妃』の時代に戻れとは言いませんが、歴史マニアとしては『千秋太后』のような作品は特別企画として制作し、大河ではもう少し本格的なのを作って欲しい気もします。

そして、政争パートも良いですよね。
「政治は妥協の産物」という言葉には私もふむふむと頷いてしまいましたし、国のあり方を巡って対立する大勢の人々も、誰が善で誰が悪かなんて簡単には決めつけられませんので(新羅系も、やることが強引なのでアレですが、この人たちだって国を売ろうとしているわけではないですもんね)、この信念のぶつかり合いがかなり興味深いです。
  • posted by Shin. 
  • URL 
  • 2009.07/12 12:47分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/456-7ed8c35f

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。