新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

風の絵師 1~9



すごく楽しみにしていた作品。
韓ドラのこれくらいの長さの史劇って秀作が多いでしょ♪

さて、9話まで見た感想、、、
この作品の世界観、それは必見に値する、と思う。
とにかく美しい。
ファンジニなどに共通する実に繊細な美しさなのだ。

風の絵師ー3


実写からこういった風俗画に映像が移る瞬間、
鳥肌が立つような感動がある。
筆先から紡ぎだす墨の線の美しさ、たおやかさ、健やかさ、、、そして力強さ。
言葉が見つからないが、こういう世界観を表現できる韓国映像は、
やっぱりすごいね。
これは彼らが誇っていい大切な文化だと思う。
というより、これこそが彼らのオリジナルだと、私は思うけど。。。

と、話が少しそれたけど、それほど好きな世界観の作品なのだれど、、、
やはりあの人が違和感になる。あの人が、、、

そう、シニャン氏。
今回は、ムン・グニョンちゃん演じる天才絵師の師匠役なんだけど、
彼自身、実在した朝鮮王朝最高の絵師キム・ホンドを演じている。
演技的には、銭の時のようなハイテンションではないし、
なかなか渋くて深い洞察力を持つ絵師を演じてるんだけど、
彼自身のせいなのか、演出のせいなのか、
一人のキャラクターの中の喜怒哀楽の部分に変化がありすぎて、
正直、視聴しながら戸惑ってしまう部分がかなりある。

たとえば、国王の前にいるときのホンドと、ユンボク(グニョン)の前にいるときのお茶目なホンドの差が激しすぎるのだ。
この辺の演じ分けというのは、おそらく、
どの俳優もやってることだと思うのだけれど、
(というか、その演じ分けこそ役者の役者たらんとするところだと思う)
一人のキャラクターの陰陽ってそんなに大きな振幅はないと思うんだよね。
もともと静かで温和な人は嬉しい時でも、大きな口をあけて笑わない。
でも心が弾んでいる時は、口を大きくあけて笑わなくても、
目尻ででもそれは表現できると思うのだ。

生意気を言うようだけど、シニャン氏は
彼の中に設定するキャラの振幅が大きすぎる気がする。
だから視聴者がそのキャラのテンションについていけなくなるのだ。

そしてこれはもう仕方ないのかもしれないけれど、
グニョンちゃん、、、
彼女の演技、それはもうすばらしく、さすが演技大賞受賞だけのことはあると思うんだけど、
あまりに幼い風貌が、これまた感情移入を妨げてしまう。
シニャン氏とのツーショットも親子のようだし、
妓生との切ない場面も、どうみても女同士にしか見えず、
妓生がそこまで一途に思う若様(画工)には見えないのだ。

これ、ユンボクがホンドの親友でやはり天才絵師だった男の忘れ形見なんだよね、きっと。
だから女であることを隠した生き方をしてるんだと思うんだけど、
それじゃ、なぜ女であるユンボクが妓生に惚れたのか、ということにもなる。
妓生の方はそれを知らないから仕方ないんだけどね、、、

これ、あの英祖継妃とイ・サンの対立の時代の話だから、
そこにホンドや亡くなったユンボク父がどう関わり、イサンを助けるためにどう働いたのか、
とても興味があるストーリーなので、このキャストがなお更残念。
女であるという設定がどうしても大切なら、グンソクみたいな
女に見えるほどのきれいな美少年を起用した方が、もっとビジュアル的にも楽しめたような気がする。
あるいは、ホンド役をもう少し若手の俳優(それこそジソブあたり良かったのでは?)にするとか、、、

っとまあ、偉そうなことばかり並べたけれど、意外に気に入ってるキャストもいる(笑)

風の絵師ー4


何とキム・ヤン(古っ
囲炉裏仲間では、にかわせんべいなんて言われているペ・スビン氏。
イ・ソジンファンにはやめて~なんて言われるかもしれなけど、
イ・サン役でござる(笑)
しかし、思った以上にいいんだわ♪
あの流し目のような一見すけべっちい(ごめん(^_^;)目も
そんなに違和感ないし、
大王大妃と対する場面の腹芸なんてなかなか
彼が出るシーンが一番安心して見れてます(笑)

でも、今後ユンボクの出生の秘密&女であることがばれていくんだろうから、
ストーリーはとても楽しみ♪

  • [No Tag]

*Comment

ドナルドさんへ 

> イ・サンやファン・ジニを見ているせいか
> ホングギョン?(ああ知ってる 知ってるって)
> 美人図にもつながりますしねi-190

あ、、そうか!!
ドナルドさんは「絵師」より先に美人図をご覧になってるんでしたよね。

> 画が生きていて、人物と重なっていく感じがほんとうにうまいですよね
> チョ・ソンモの甘く切ない声もいいし、
> 流れるような筆の線にうっとりしていますi-176・・・・

ホント、素敵ですよね~
見事な効果を生んでると思いながら見ていました。

>が。。 シニャンいえ(キム・ホンド)が弟子の唇をそっとなぞる描写はいらないかな
> 彼って顔がああだから(ミアネー)
> 情緒ある場面が似合わない
> ユンボクと妓生の絡みもピンとこないし
> ユンボクに色気がないんでしょうね
> 演じるのは顔のきれいな男優でもいいのにな

やはりドナルドさんもそう思いましたか?
シニャン氏以外にいなかったのかなぁ~
ストーリーもスピンのイサンもすごくいいのでもったいないですよね。

> 要するに変友会会員としては、
> グっとくるシーンが見たいだけなんですけどねi-229

そうそう(笑)
ユンボクを美青年という設定にしてたら、もっとこのドラマ私は評価を上げてましたよ(笑)
グランプリだったかも♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.02/12 00:37分 
  • [編集]

サクサクと7話です! 

うーん
すんなりとこのドラマ入っていけますね

イ・サンやファン・ジニを見ているせいか
ホングギョン?(ああ知ってる 知ってるって)
美人図にもつながりますしねi-190

画が生きていて、人物と重なっていく感じがほんとうにうまいですよね

チョ・ソンモの甘く切ない声もいいし、
流れるような筆の線にうっとりしていますi-176・・・・が

シニャンいえ(キム・ホンド)が弟子の唇をそっとなぞる描写はいらないかな
彼って顔がああだから(ミアネー)
情緒ある場面が似合わない

ユンボクと妓生の絡みもピンとこないし
ユンボクに色気がないんでしょうね
演じるのは顔のきれいな男優でもいいのにな

要するに変友会会員としては、
グっとくるシーンが見たいだけなんですけどねi-229



  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2010.02/10 15:58分 
  • [編集]

ピンさんへ 

> いつも視聴しながら書道の筆を動かしていることが多いので、
> ユンボクの筆使いを見ながらついつい絵を描いてしまいましたが、
> 線一本にしても難しいです。
> 明成皇后で大院君が蘭を書くのもよくまねしてみてますが、これも
> 簡単なようでむずかしい。
> でも見てると絵心をそそられますね。

この作品はピンさんのための作品みたいですよね。
きっと絵心がそそられるだろうなと思ってました。

>ただ、キーセンとの情を演じるには違和感ありすぎます。 キーセン役の女優さん、きれいで見とれてしまいます。
> 彼女が主役のドラマを見たくなるほどです。

ですよね。
どうみても妓生が惚れる対象には見えませんよね。
そこが残念です。
もう少しボーイッシュな女優さん、いなかったのかなぁ。。。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.05/10 22:32分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 彼は、高宗の子役((少年期)です。
> グニョンちゃんが入宮したころ、李尚宮にうつつを抜かしていたでしょ?
> だからユンボクとヨンボク兄弟は高宗夫妻のカップルなんです。
> 嘉礼のツーショットは彼らです♪

おおお~(@_@;)
さすが、アビーさん、よく覚えておられましたねぇ~
義和君にしてはちょっと年上っぽかったし、
世子にしてはもう少し整っていたような気がしていたので…
まさしく高宗の子役ですね。

  • posted by pick(ピック) 
  • URL 
  • 2009.05/07 21:15分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 映画 「美人図」 で男装したユンボクを演じた女優さんは、全く可愛いタイプではなかったのですが
> やはり、男には見えませんでした。

確かに(笑)
でも私は美人図のユンボクの方が芸術家っぽく見えましたよ。
グニョンちゃんは童顔過ぎます。かわいすぎ♪

やっぱりハ・ジウォンかなぁ~
  • posted by pick(ピック) 
  • URL 
  • 2009.05/07 21:03分 
  • [編集]

引き込まれてみています 

いつも視聴しながら書道の筆を動かしていることが多いので、
ユンボクの筆使いを見ながらついつい絵を描いてしまいましたが、
線一本にしても難しいです。
明成皇后で大院君が蘭を書くのもよくまねしてみてますが、これも
簡単なようでむずかしい。
でも見てると絵心をそそられますね。

さて、ボンド役のシニャン氏ですが、全く違和感を感じずに見てました。
それよりユンボクの若さがどうもついていけない感じですが、かわいいので許すとします。ただ、キーセンとの情を演じるには違和感ありすぎます。 キーセン役の女優さん、きれいで見とれてしまいます。
彼女が主役のドラマを見たくなるほどです。

王様、どこで見た人だったか思い出せなかったのですが、そう、サヨンでしたね。 わかってすっきりしました。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2009.05/06 23:39分 
  • [編集]

そうよ♪ 

>彼、明成皇后に出てたそうです。義和君でしょうか?それとも世子?

彼は、高宗の子役((少年期)です。
グニョンちゃんが入宮したころ、李尚宮にうつつを抜かしていたでしょ?

だからユンボクとヨンボク兄弟は高宗夫妻のカップルなんです。
嘉礼のツーショットは彼らです♪

ウネちゃんは、好みじゃないのでハ・ジウォンを推します。
彼女くらいのしたたかさと存在感は必要でしょうね。
グニョンちゃんは、とにかく童顔で可愛い!!!過ぎる。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.05/05 09:30分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 原作の小説が 「ユンボクは女だった!」の設定ならば
> もう少し、男性的もしくは中性的な女優だったら良かったかも
> しれませんね。

まだウネちゃんのほうがしっくりくるかもしれませんね。
あるいはハ・ジウォンあたりはいかがでしょ?
  • posted by pick(ピック) 
  • URL 
  • 2009.05/04 23:54分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> そもそも男装の麗人という設定に無理がありますよね。
> 十代前半の少年にしか見えません。
> グニョンちゃん、可愛い顔立ちと豊かな表情が素晴らしいので惜しいですね。

彼女はあまりに童顔ですよね。
レビューにも書きましたが、娼妓の世界を好んで描いた絵師には到底見えません。
そこが私はどうしても気になりました。
もっと芸術家としてドロドロしてたような気がするんです。

> 何故、「実は女だった!」が必要だったのでしょうか?
> 敵の目を欺くため?
> それだけでは不自然さを納得させるには足りませんよ。

結局、ユンボクという人が非常にミステリアスなので、こういう解釈もあるのでは?
というフィクションなんでしょうね。
上杉謙信が生涯妻をめとらず、信玄に対しても敵なのに深い慈愛を見せた人物であったことから、
女性だったのでは?という説もあるそうですからね(苦笑)

> あ、そうそう、ユンボクの兄役の青年も好きですよ♪

彼、明成皇后に出てたそうです。義和君でしょうか?それとも世子?
  • posted by pick(ピック) 
  • URL 
  • 2009.05/04 23:51分 
  • [編集]

自分で言うのも何ですが・・・ 

>男性的もしくは中性的な女優だったら良かったかも
しれませんね。

映画 「美人図」 で男装したユンボクを演じた女優さんは、全く可愛いタイプではなかったのですが
やはり、男には見えませんでした。

よって、前言を取り消しま~す。
女性説そのものに無理があるんでしょうね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.05/04 18:39分 
  • [編集]

みずかさんへ 

> 年配の女優さんとの共演なら悪くないんでしょうけど
> グニョンちゃんみたいに若く、しかも童顔の女性が相手では
> 悪いことをしようとしてるおじさん、にしか見えない。
> キャスティングはもう少し考えてほしかったなぁ・・・

アハハ、これは爆笑。
確かに演技力はあるんだけど、どういうわけか、慈愛もセクシーさもあまり感じられなかった。
だからホンドの気持ちになかなか感情移入できなくて困りました。

> 音楽もすごーく好きです!!

いいですよねぇ~
イルジメほどのインパクトはないんだけど、かなり心に、耳に残る音楽でした。
  • posted by pick(ピック) 
  • URL 
  • 2009.05/04 00:21分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 


> ただ、全てであの人さえ違っていれば・・・と、とにかく残念で残念でしょうがない!!(もっと他にいなかった?)

ほんと、そう思うよね。他にいなかったんだろうか。

> しかし、このドラマで光っていたのは、にわか煎餅とあの妓生役の人でした。(妓生の人は透き通るような美しさだったよ~)
> いままで、にわか煎餅と言ってたことを謝りたい位にこの人にピッタリの役でしたよね!(「男が愛する時」のあのヘンテコな役からは信じられない素晴らしさでした!)

ホントそうです。
主役が視聴の邪魔をして(苦笑)それ以外の人がドラマの吸引力になるって珍しいです。
にかわ煎餅、ホントに同一人物?って思っちゃったもん(笑)
  • posted by pick(ピック) 
  • URL 
  • 2009.05/04 00:18分 
  • [編集]

シンさんへ 

> ユンボクとホンドのキャスティングやキャラにはピックさんとほぼ同じようなことを感じました。
> ユンボクの外見は既に諦めていましたが、ホンドは“いつ何時でも落ち着いている渋いおっさん”というのを想像していたのでちょっと意外でした。
> それでもグイグイ引き込まれちゃうのがこのドラマですが^^

ホント、キャスティングに難ありでも、ストーリーの構成とか、
意外性とかそういうのが優れてるんでしょうね。
面白く見れますよね。

> そして、ペ・スビン氏の正祖、本当にいいキャラしてますよね~
> 韓国で放送されるときにキャスティングを観た時は「『朱蒙』のオカマが王様かよ・・・」と思っちゃいましたが・・・(笑)。

アハハ、ホント、彼いい俳優になりましたねぇ~
あやうく掘れそうになりましたから(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.05/02 19:34分 
  • [編集]

ユンボク役は・・・ 

原作の小説が 「ユンボクは女だった!」の設定ならば
もう少し、男性的もしくは中性的な女優だったら良かったかも
しれませんね。
若手ではだれが居るかしら?
でも、グニョンちゃんがあまりにも可愛らしいので、私はこのままで
いいです。
明成皇后の子役だったときは、これほど可愛く見えなかったのになぁ。

ユンボク実父はホンドよりも先輩のようですね。
彼が亡くなった時に髭がありましたが、ホンドには髭が無かったです。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.04/30 23:51分 
  • [編集]

面白いから許せます♪ 

シニャン氏は、もともと好みではなく興味もないので
皆さまほど、気にせずに見ることができました。
喜怒哀楽の激しさも、風変りな天才絵師(日本なら北斎とか写楽かな?)ならではの感情表現だと受け流しました。

>あまりに幼い風貌が、これまた感情移入を妨げてしまう。
シニャン氏とのツーショットも親子のようだし

師匠と弟子なら親子ほど違って見えてもいいんじゃ~?と思いましたが、
調べてみると、実在のホンドとユンボクは13歳しか違わないんですね。
実在の人物をここまでフィクションにするのも、なかなか勇気が要ったことでしょう。

>妓生との切ない場面も、どうみても女同士にしか見えず、妓生がそこまで一途に思う若様(画工)には見えないのだ

そもそも男装の麗人という設定に無理がありますよね。
十代前半の少年にしか見えません。
グニョンちゃん、可愛い顔立ちと豊かな表情が素晴らしいので惜しいですね。
何故、「実は女だった!」が必要だったのでしょうか?
敵の目を欺くため?
それだけでは不自然さを納得させるには足りませんよ。

>女であるという設定がどうしても大切なら、グンソクみたいな
女に見えるほどのきれいな美少年を起用した方が、もっとビジュアル的にも楽しめたような気がする。

これはこれで、かなり気持ち悪いですよ。
どう見ても、彼は男にしか見えないです。

☆登場人物で好印象を持ったのはユンボクを慕う妓性と正祖。
彼女、ものすごく美しい女優ですね。
スピン氏もキム・ヤンから始まりサヨンを経て端正な顔が素敵です。
あ、そうそう、ユンボクの兄役の青年も好きですよ♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.04/30 13:05分 
  • [編集]

そうなんですよね・・ 

本当に美しい映像の連続だった。
スローモーションのシーンがたくさんあるんですが
素敵なんですよ~ あの人を除けば!!

あの人は演技力はあると思うんです。
今までもいろいろな方面の役どころを演じてきていますしね。
年配の女優さんとの共演なら悪くないんでしょうけど
グニョンちゃんみたいに若く、しかも童顔の女性が相手では
悪いことをしようとしてるおじさん、にしか見えない。
キャスティングはもう少し考えてほしかったなぁ・・・

ストーリーも悪くないです。
脇役もにわかせんべいだけでなく、なかなかいい。
音楽もすごーく好きです!!
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2009.04/28 04:20分 
  • [編集]

綺麗だわ~ 

このドラマ、韓国の史劇独特の綺麗さがありますよね~

それとストーリー自体も、そこそこ面白い!
ただ、全てであの人さえ違っていれば・・・と、とにかく残念で残念でしょうがない!!(もっと他にいなかった?)

そう、そしてピックさんがおっしゃてるように、グニョンssiも童顔すぎるし、女にしか見えない・・・(これも残念!)

しかし、このドラマで光っていたのは、にわか煎餅とあの妓生役の人でした。(妓生の人は透き通るような美しさだったよ~)
いままで、にわか煎餅と言ってたことを謝りたい位にこの人にピッタリの役でしたよね!(「男が愛する時」のあのヘンテコな役からは信じられない素晴らしさでした!)

音楽も好きです!
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2009.04/27 19:21分 
  • [編集]

No title 

こんにちは~
自分のサイトのレビューをほったらかしにして観まくってるのでちょっと罪悪感のようなものを感じたりもしますが(笑)、このドラマ、本当に綺麗で繊細かつストーリーもしっかりしていて大好きです。

ユンボクとホンドのキャスティングやキャラにはピックさんとほぼ同じようなことを感じました。
ユンボクの外見は既に諦めていましたが、ホンドは“いつ何時でも落ち着いている渋いおっさん”というのを想像していたのでちょっと意外でした。
それでもグイグイ引き込まれちゃうのがこのドラマですが^^

そして、ペ・スビン氏の正祖、本当にいいキャラしてますよね~
韓国で放送されるときにキャスティングを観た時は「『朱蒙』のオカマが王様かよ・・・」と思っちゃいましたが・・・(笑)。
  • posted by Shin. 
  • URL 
  • 2009.04/27 12:40分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/430-98b07cee

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。