新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

風のガーデン 7話まで



実は、先日、チングがスペシャルがあるよ、と知らせてくれた。
今まで見逃していた部分が見れるよと。
で、それを見て、昨日の7話を見たんだけど、
もう、ありえないほどハマって見てしまった。
全然知らない三沢のおじいちゃんが亡くなる場面ですら、
ウソのように涙が出てしまい。。。(倉本風(笑))

これ、とにかく全編通して、とても優しい。
そしてとてもいい気持ちになれるドラマなんだよ。
人の『死』を扱ってるドラマなのに、見た後いい気持ちになれる、というのも変な言い方だけど、、、


まずね、倉本先生に謝ります。
富良野富良野って言い過ぎる、って
前に批判めいたことを書いたんだけど、
ちっとも「富良野、富良野」って言ってません。
って言うか、もちろん中井貴一も他の登場人物も、富良野って言葉をよく言うんだけど、
それがメインなんじゃないってことがしっかり伝わってくるから…
場所がどこでもいい、とまでは言わないけど、
あの「風のガーデン」がとても有効的に演出されてることも認めるけど、
でもやっぱりメインはそれじゃないんだなぁ。。。

「北の国から」のイメージを引きずっていたので、
ああ、またか、と思って視聴に消極的だったのがあだになった。
もちろん随所に似た雰囲気はあるんだけど、
北よりこちらの方がもっとさっぱりしてる。
洗練されてると言った方がいいのかもしれなけれど、
いい意味で倉本ワールドらしくない。

それは多分に中井貴一の持ってる雰囲気の所以なんだろう。
このドラマをとても勧めてくれたAオンニも言ってたけど
中井貴一という俳優、ちょっと日本人俳優には珍しい軽妙洒脱な雰囲気があり、
彼の口を借りて話す言葉の、いい意味の軽さ、
それがこのドラマをなんともいえない、それこそ天使の羽のような世界へと導いて行く、、、

そこに神木君演じる岳君とのファンタジーのような出会い、、、
天使ガブリエルと思い込んでいる岳と貞美(中井貴一)との会話の、
実に洒落たウィットに富んだ会話。
父親が天国に行くのに、資格審査に引っかかっている、なんて笑わせた後に、「父をよろしくお願いします」と頭を下げる岳に、グァ~と涙が出る
本当にうまい脚本だと、脱帽。
そしてピアノとチェロの親子アンサンブルを見せる演出。
このあたりの品の良さは、倉本ワールドの真髄だ。

そして緒方拳さんがやっぱりとてもいい。
ゆったりとした喋り方の中に、温かさと知性とウィットを感じさせ、
まあ、その存在そのものが、画(え)になる俳優。
その彼がターミナルケアの医師という役を最期にした、というのも、
何か運命的なものが感じられ、
彼の大俳優としての証拠と言ってもいいだろう。

伊藤蘭もいいねぇ~
とにかく色っぽい。
タクシーに乗ってる姿だけでも
『The不倫』
という雰囲気を醸しだしている。
彼女の魅力って生活感のある色っぽさなんだよね。
だから彼女が貞美の最期を知ることで、取り乱した時、
初めて、貞美も泣く場面があるんだけど、
そのシーンが妙に生々しくて、生への執着が感じられ、すごく良かった。

ルイ役のメイサさん、理容室の石田エリもすごくうまい。
地元の幼馴染にああいう同級生、いるしね(笑)

確実に死に向かって行く話ではあるんだけど、
人が死を迎える最期に、家族皆に看取られ拍手され旅立つ。。。
それが人の求める究極の『死に方』なのかなと思ったりしている。
貞美も本当のところはそれを求めているのではないかと、、、

ちゃんと毎回見なかったことが本当に悔やまれる。
DVDが出たら、レンタルしてちゃんと1話から見直してみようっと♪
国産ドラマでも、こんなに素敵な感動をもらえるんだね。

  • [No Tag]

*Comment

かよこさんへ 

>緒方拳さんと認知症役の大滝秀治さんの
 会話のシーンが、最高によかったのよ。。

あれ、1話のシーンですよね。
あのシーンは私は実際にダイジェストじゃなくて本放送で見たんです。
二人のベテラン俳優の実に息の合ったいい場面でしたよね~
私も好きな場面ですよ(^^)v

いい作品をこうして見れる機会を与えてくれてありがとう(*^_^*)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/25 14:59分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

>最近の倉本作品は、北の頃と比べて肩の力が抜けたというか、サラッとしていてひまひまは、とても好きです。

ですよねぇ~
北の国はかなり泥臭いというか垢抜けてなかったので…
でも「風ー」はびっくりするくらい洗練されてて驚いています。

ひまひまさん、アビーさん、

妙子と貞美、そして妙子夫の関係は何だか不思議ですよね。
少なくとも、貞美のマンションに今も出入りしてるらしい関係である二人。
それを妙子夫は知っているのか、あるいは過去だけを知っているのか、、
いずれにしても、その夫を前にして、妙子は一晩中何を話したんだろう、、、ここも疑問に残るところなんです。
少なくとも私がもし妙子の立場だったら、
余命幾許もない愛人の話を夫とはしたくないな、、、
うまく理由は言えませんが…
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/24 16:24分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>チェロを奏でる貞美がまたまた素敵

さすが役者ですよねぇ~
上手に弾いてるように見えますもん。
相当練習したんだろうな。
私は彼が自分の病気を知って、マンションでチェロを弾くシーンが好きですよ。
何だかそういうところに、女に走るだらしない男でも品性が感じられて♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/24 16:19分 
  • [編集]

緒方拳!! 

  
 私は緒方拳さんの台詞の一つ一つに魂を感じます。

 この前のスペシャルでは放送したのか、わからない
 けど、緒方拳さんと認知症役の大滝秀治さんの
 会話のシーンが、最高によかったのよ。。
 悲しくも笑えて。。

 緒方拳さんが亡くなる前にこの作品は「中井貴一
 の一番の作品になる」とおっしゃっていたそうです。
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2008.11/21 22:24分 
  • [編集]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2008.11/21 21:43分 
  • [編集]

ひまひまさん、ピックさんへ 

>彼は自分の奥さんと貞美が愛人関係にあるのを知っているのかしら・・・という事です。

知ってると思います。
少なくとも、6年前にそういう関係にあったことは知ってると思います。
(今の貞美の恋人は平原綾香ですから、いわゆる愛人関係は終わってるかもしれませんが)
知ってる上で友情を保ち続ける利重剛を「あいつは、良い奴」だと貞美は言ってるのだと思いました。

石田えりさんも良いですね。
貞美は女運に恵まれてますよね。
それだけ、素敵ってことでしょうか?

姉役の木内みどりさんも良いですね。
さらりとした姉弟仲の良さが伝わってきます。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.11/21 21:27分 
  • [編集]

よかった!よかった!! 

いや~よかった、これをピックさんに見てもらえて!

最近の倉本作品は、北の頃と比べて肩の力が抜けたというか、サラッとしていてひまひまは、とても好きです。

特に、あの「ガブと呼んで下さい」なんていうセリフなんだか、本当にフフフと思ってしまいますよね!

そして、なにより倉本作品の魅力は主人公はもちろん周りにいる人まで、きちんと描いているところだと思います。(今回の中では石田えりさんの役がひまひまは気にいっています)

来週は、いよいよ父が貞美の病気を知るようでどうなるのでしょうね!

>人が死を迎える最期に、家族皆に看取られ拍手され旅立つ。。。
このシーンをみて、ひまひまもこういう死に方が一番なんだと感じました。

ひとつ疑問があるのだけれど、貞美と伊藤 蘭さんは、愛人関係にあったのにも関わらず、蘭さんの夫(利重 剛)が貞美に会いにきて、「友人の俺にできる事はないか?」と聞いたのだけれど、彼は自分の奥さんと貞美が愛人関係にあるのを知っているのかしら・・・という事です。
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2008.11/21 20:28分 
  • [編集]

嬉しい!!! 

見てくれてありがとう!
私の言いたいこと全てを、素敵なレビューにしてくれてありがとう!
付け加えることは、何もありません。(私も脱帽)

出演者すべて、良いのですが
特に中井さん、伊藤さん、良いですよねぇ。

>そしてピアノとチェロの親子アンサンブルを見せる演出。このあたりの品の良さは、倉本ワールドの真髄だ。

すご~く好きな場面v-342
うっとりしながら見てました。
岳くんもいいけど
チェロを奏でる貞美がまたまた素敵v-344


  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.11/21 20:13分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/365-fcaaf966

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。