新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

太陽の女 19、20(ラスト)



見終わったよ。
偉そうな言い方を許してもらえるなら、
若干大人しかったかな、という気はしてる。
っというのも、それまでが半端なく面白かったからね。
まあ、かの名作「ファンジニ」ですら、最終話まとめに入ってしまった部分もあるわけだし、
最終回をダイナミックにするのって難しいんだろうな。
最後までハラハラさせる展開だと、描き足りなくなっちゃうし。。。

ただね、一番大切なテーマとも言うべきものを、
とても効果的な方法で、見せてくれた気がした。
その時、唯一、涙が出ちゃったよ、、、



なぜ未来の分からぬまま、命をくださるのでしょう、、

この一文が出てきたとき、何だかグッときてしまった。

私の息子たちは2歳違いなので、小さい頃の子育ては、
それこそ戦争のようだった。
毎日の体力勝負の日々に、つい母に弱音を吐いたのだろう、、
その時母が、「子育てにプライドを持ちなさい」と言われたことがある。
「一人の人間を育て上げるということは、どんなすばらしい仕事にも匹敵する、いや、それどころか、この世で一番難しい仕事かもしれない。
その『仕事』に携わっている責任を十分感じなさい。
片手間にできることじゃないんだよ」と。

だからクタクタにくたびれなさい、と言われたことがある。
それが子供の血となり滋養となり、
生きていくエネルギーになるのだからと。

それほどに『子育て』は、覚悟と忍耐がいる仕事なわけだ。
先が分からない、幸せにできるかどうかわからない命を、
受け止める、ということは、この命への重大な責任がかかっているということ…
子供を幸せにするために、親は命をはって頑張らなければならないんだよね、、、

だからドヨンが交通事故に遭い、命に関わる重体となった時、
その大切な『命』の重みにすべての人々が、気がついていく、、、

自分が親にとってかけがえのない命であったように、姉の命もまた誰かのかけがえのない命であったということに気づくジヨン、、
大切に愛し育てるために、受け入れた命であったのに、
そのことを忘れてしまっていた養母ドヨン、、
そして、自分の命にすら、意味があるのだということに気がつくドヨン、

幸せは与えてもらうだけじゃなく、自ら幸せになるために、
この世に生を受けるのだということ、、、

生きたい、、幸せになれる自信があるのに、、、

もう残り少ない時間の中で、
今なら本当の意味で幸せに生きれるのに、、、
と呟くドヨンが本当に哀れだった。
もっと早く自分の罪を認めていれば、多くの人々が彼女を許し、
そして多くの人々から愛されてることに気がつけたのかもしれない。
そしたら、韓国一のアナウンサーとして充実した日々とは別の次元の幸せも、見つけられてたかもしれないのだ。

お姉ちゃんは、成功することで自分を慰めていた、、、

ジヨンの言葉。
針の筵のようなドヨンの半生を、
初めてジヨンが実感した時の言葉なんだけど、
このドヨンが考える『成功』に、彼女があまりにこだわってしまったこと、
そしてそうせざるを得ないほど彼女を追い詰めてしまった養母、
そんなドヨンの運命(父が殺人者の濡れ衣を着せられたこと)、
それらが最終的にこういう悲劇を招いてしまったんだろう。

ただ、すべてを謝ってからドヨンが旅立つ、という描き方は良かったよね。
彼女のこういう生き様が、ドヨン養母の今後の悔恨になっていくだろうし、
ジヨンもまた、仕方なかったとはいえ、自分のしたことを反省していく日々になるだろうから。
そして、何よりも彼女が本当の意味で解放され、幸せを感じながら逝くことが出来たから、、

ただ、一つだけ気になってることがある。
最後のドンウとのシーンは、あれは何?
ドンウも死んだということ?
「一緒に行こう」と何度もお互いに言い合っていたことが気になってるんだよね。
そしてジュンセの表面的な愛とは対照的に、
孤独で寂しかったドヨンに本当に添う愛は、究極はあんな形しかないかもしれないから。
ちょうどミサのラストみたいに、、、

生きてるときに、その幸せを見つけられたら良かったのに、、、
そう思うと何だか切ないラストだったけど、ドヨンは幸せそうだったからまあ、いいか♪

登場人物の誰一人、好きになれなかったのに、
ものすごく面白く見れたドラマでした。
韓ドラって時々こういうことがあるよね♪


最後に先ほどの問いに、お粗末ながら、、、

なせ未来の分からぬまま、命をくださるのでしょう、、

その命を慈しむ人々がいるからです、、
その未来のために努力するあなたがいるからです、、


  • [No Tag]

*Comment

ダモさんへ 

> ドンウは死にそうになかったけど、「カッチカジャ」っていってたからなぁ。。
> 死んじゃったんですかねぇ??

どちらともとれるラストでしたよね。

> シンドヨンの衣装が見所のひとつでした。
> ショートパンツが多かったので、もう今、真似は出来ませんが××
> ジュンセオッパがいつもベストを着てたのが気になりました^^。

ドヨンのショートパンツ、私は違和感でした。
韓国一のアナウンサーというわりには随分幼い格好だなと、、、
ジュンセのベストはあまり記憶にないです(苦笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.03/04 19:02分 
  • [編集]

ラスト 

へっ?終わり?!ってびっくりしました^^。

ドンウは死にそうになかったけど、「カッチカジャ」っていってたからなぁ。。
死んじゃったんですかねぇ??

途中がおもしろかったので、いいことにしましょう。

シンドヨンの衣装が見所のひとつでした。
ショートパンツが多かったので、もう今、真似は出来ませんが××
ジュンセオッパがいつもベストを着てたのが気になりました^^。
  • posted by ダモ 
  • URL 
  • 2010.03/04 12:59分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

> (魔王のスンハが許せたのは、ピックさんではないですけど『ジフンがカッコよかったから』って言ったらブーイングかしら?!)

アハハ、これを見てるとき、「ピックさんは女に厳しい」とご指摘を受けたんですが、
スンハは、保身を感じ取れなかったんですが(私には、ですよ)
ドヨンは保身だらけですもんね~

> 最後に・・・
> 出演者誰にもハマらず、特に男性陣は全く眼中になくて、それでいて、続きを見ずにはいられない・・・こんなドラマも珍しいですよね。
> せめて男性どちらかが私好みのイケメンだったら、さらにヒートアップして見ただろうに・・・それが少々残念(^^;

それは言えてますね~
私も二人とも好みのナムジャではなかったので、そういう意味では残念でしたが、
でもかなり面白く見れるドラマだったでしょ?(*^^)v
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.04/29 23:39分 
  • [編集]

見ました~☆ 

話題作だけあって、皆さんのコメントも賛否両論で面白く読ませていただきました~。

子を持つ親としましては・・・
やはり、ドヨンは許せませんよね!
(魔王のスンハが許せたのは、ピックさんではないですけど『ジフンがカッコよかったから』って言ったらブーイングかしら?!)

ドヨンも白々とウソつかないで、さっさと謝っちゃえばいいのに~ってずっと思いながら見てました。
(20年も、自分の胸だけに秘めていたドヨンって、凄すぎます!!!)
地位や名誉など守るものが多い人は素直に謝れなくて大変ね~なんて思ったり。
ウソをウソで塗り固めて、結局それが自分の首を絞めることになるのに。
劇中劇(ふたり姉妹)で、姉はラストで亡くなる、となっていたので、まさか?とは思いましたが、現実になってしまいましたね。
ま、でもドヨンがちゃんと謝罪して亡くなったのは、スッキリしたラストでよかったです。(決して、亡くなってほしかったわけではありませんが)

うちの子供たちにも、「悪いと思ったら、とにかくすぐ謝ること!」と、口をすっぱくして言っております。
自分も、勘違いして子供を叱ってしまった時など、素直に謝ります。(実は、よくある・・・)

最後に・・・
出演者誰にもハマらず、特に男性陣は全く眼中になくて、それでいて、続きを見ずにはいられない・・・こんなドラマも珍しいですよね。
せめて男性どちらかが私好みのイケメンだったら、さらにヒートアップして見ただろうに・・・それが少々残念(^^;
  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2009.04/24 22:23分 
  • [編集]

かふぇさんへ 

初めまして。

また遊びに来てください。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/20 20:05分 
  • [編集]

ちわ 

はじめまして
ブログ覗かしてもらっています。
ヨロシクお願いします。

  • posted by かふぇ 
  • URL 
  • 2008.11/19 14:25分 
  • [編集]

ピンさんへ 

いえいえ、お恥ずかしいです。
ピンさんのご両親のお話の方がよほど私は感銘をうけました。
世の中には一方で子供を捨てる人もいる。
そして一方では、我が子同様に、それ以上の愛情を注いで子供を育てる方たちもいるんですよねぇ~
人間の心の可能性ってすごいと感じてしまいます。

>ドンウのラストは、見ているものへの慰めのようなものでしょう。

そうなんでしょうね。
ラストはドヨン寄りの目線で描かれてたので、
こういう形にしないとおさまりが悪かったのかも。
ただ、ドンウのドヨンへの愛は、本当の意味での愛ではないような気がしましたけどね(生きてる間のことですが)

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/19 01:14分 
  • [編集]

ピックさんに拍手 

>その命を慈しむ人々がいるからです、、
その未来のために努力するあなたがいるからです、、

もちろんドラマは面白く見ましたが、このピックさんの
言葉が一番印象に残りそうです。  流石です。
なんでこんなすばらしいことがかけるのでしょう?
私の心の1ページの表紙を飾らせてください。

また、お母様のアドバイスのすばらしいこと。
よいお母様ですね。 その上、お洒落さんで、メールも
してて、、、、   うらやましいです。

ドンウのラストは、見ているものへの慰めのようなものでしょう。  でも???と思いますよね。

ドヨンは社会的に認められて生きていただけに、その
地位も捨てられなかったのでしょう。

プライドを捨てることは難しいですが、秘密を抱えて生きることのほうが難しいとおもってしまいます。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.11/16 19:18分 
  • [編集]

fukiさんへ 

一杯褒めてくださり、恐縮です^^;恥ずかしいですよ。

>これが普段のしゃべりになると、もっと凄いんだろ
うって、ぜひお会いして、話されてるとこを、みたいです!
あのいろんなとこでの飲み会にぜひ参加した~い

アハハ、一度お会いしてみます?
きっとがっかりされますよ。
ただ、九州ですもんね、、、
今度いつ行けるかなぁ~
母のことが気になるので、毎年行こうとは思ってるんですが…

>でも残された人間はつらいですよね~
そこまで追い詰めてしまったのでしょうが、あの
状況じゃ私もしそうっても、思ってしまう・・
でもあーでもしないと、きれいに終われないような?

ドヨン側の気持ちになるのって難しいんですよ。
日本では特に稀なケースだから、、、
でも養母の気持ちは何となくわかる。
ドヨンへの冷遇の方じゃなくてジヨンを失った20年間への恨みの方です。
それは母親としては理解できるんですよね。
でもおっしゃるように、安易に養子をもらい、実子ができたから「もういらない」という態度は許せません。
犬の子をもらうわけじゃないんですから、、、
経済的にも裕福だったわけですから、
二人の娘を分け隔てなく育てれば、幸せな家族になれたなずなのに、、、

ドンウのラストは色々な取り方をしても良し、ということなのだと思います。
ただ、ドヨンの心がそれほどに寂しかったんだろうということを象徴しているような気がしますね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/14 14:52分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

>もしサウォルのような状況に置かれたら、本当にドヨンを許せるのだろうか?ということ・・・(「許す」という行為はとても難しいよね)

これ、魔王のときにも話したよね。
第三者としてなら「許せ」と簡単に言えるけど、
スンハやサウォルの立場になったら、誰でも簡単には許せないことだと思う。
しかもオスにしろドヨンにしろちっとも謝らないわけだから(苦笑)
だから私もドヨンへの愛情だけでサウォルへの思いやりを忘れて安易に言うドンウの言葉は不愉快でした。
ジュンセもしかり。

>ピックさんも疑問のドンウの最後ですが、ひまひまは、あれはドヨンの夢のシーンだと思っているのですが・・・

どうとも取れるラストですよね。
ただ上にも書いたようにそこまでドヨンに尽くしたドンウだから、究極こういう形で添うほどの覚悟があったのかなと思えば、少しは理解できるような気はしています。

>ひまひまの疑問は、あの会長はドヨンに告白し謝っただけで、その後どうなったのか?ということです。

法的には問われないと言ってたよね。
あの会長とドヨンのシーンを見て気がついたんだけど、
サウォルとドヨンの関係と、ドヨンと会長の関係って同じなんだよね。
ただ、会長はドヨンに潔く謝った、、、
だからドヨンは、一生会長を憎むけれど、それ以上の罪、たとえば会長の社会的な破滅などは求めなかった。
ドヨンもサウォルにこういう風に潔く謝っていれば、
アナウンサーとしての社会的地位までサウォルに奪われるようなことにはならなかったのではないかなぁ~と。
そういう対比の意味で彼の存在があったのかなと思いました。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/13 14:47分 
  • [編集]

さすが・・・ 

ビッグさん、こんにちは・・・

私はこのドラマを見終わって最初に、ビッグさんは
どんなことを書くのだろうか?って思いました。
それからずーとHPを何度も訪問しましたよ・・・
で、さすがです・・ここまで書けるなんて・・
いつもすごい文章力にあっけに取られてるんですが・・

まぁー私も一応同じようなことを思ったりしましたが、この文章には圧巻です・・
HPだけで終わるのはもったいない!
ファンジニのときもそうでしたが、この1時間に
すごいことを感じながら見てらっしゃるんだな~って!
そしてそれを文章にされるのもすごい!
これが普段のしゃべりになると、もっと凄いんだろ
うって、ぜひお会いして、話されてるとこを、みたいです!
あのいろんなとこでの飲み会にぜひ参加した~い

ところで、やはりドヨンは死んだの?そしてドンウも?
あれって死んだってことなんでしょうね?
まぁー想像してくださいってことなんでしょうが・・
一緒に死んであげたのでしょうね?

でも残された人間はつらいですよね~
そこまで追い詰めてしまったのでしょうが、あの
状況じゃ私もしそうっても、思ってしまう・・
でもあーでもしないと、きれいに終われないような?
なんだか主役が悪いドラマって滅多にないから
どんな終わり方をするのだろう?ってドキドキして
ました・・でも悪いとも一概には思えないし・・
やはり一番悪いと思ったのは、義母・・
自分に子供がいないから、安易に養子をもらう?
自分に子供ができたので、もういらない・・
そんな~
やはり子育てって、十分に責任というものを
背負わないといけないですね?
  • posted by fuki 
  • URL 
  • 2008.11/13 11:40分 
  • [編集]

たしかに 

このドラマは最終話まで、本当に色々あり楽しませてくれた分、潮が引くようにすーっと終わるんだと見ている私たちが想像もしてなかったので、ちょっと肩透かしくらった感じがするのかもしれませんね!

でも、このドラマは本当に面白かった!!

ピックさんもおっしゃってる通り、『なぜ未来の分からぬまま、命をくださるのでしょう、、』という問いはグッと来ましたね!

ひまひまは、このドラマを通して見て一番気にかかったのは、義母以外の人はずっと「ドヨンを許してやれ」とサウォルに言っていたこと・・・

もしサウォルのような状況に置かれたら、本当にドヨンを許せるのだろうか?ということ・・・(「許す」という行為はとても難しいよね)

ピックさんも疑問のドンウの最後ですが、ひまひまは、あれはドヨンの夢のシーンだと思っているのですが・・・

ひまひまの疑問は、あの会長はドヨンに告白し謝っただけで、その後どうなったのか?ということです。

  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2008.11/10 18:55分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/357-4b8f8eeb

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。