新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

太陽の女 1~15




【韓国ドラマ】キム・ジス、ハン・ゼソク「太陽の女」OST CD

腹違いの姉妹の運命と復讐、そして彼女達の間で縛られる
二人の男のすれ違いの愛を描く…

…だそうだけど、いやはや、二人の男はもはやどうでもいいって感じ(笑)
とにかく、ストーリー展開がすんごく面白い!!!

韓国一人気アナウンサー、シン・ドヨン。能力、美貌、金持ち、良家の娘、最高の彼と、
すべてを兼ね備えたこのヒロインが、何と過去に、妹を捨てていた、、、人ごみのソウル駅に!!!

このとんでもない秘密が、少しずつ少しずつ暴かれていくんだけど、
よっしゃ、ドヨン、ざまあみろ!!ってなことになっても、
不死身のようにその危機をすり抜けていくドヨンに目が離せない。

いかにも、という韓ドラらしい展開とエピソードなんだけど、
ホントに面白い。
唯一、出演者にあまり華がないってことが残念だけど、今、一押しのドラマだよ♪


とにかく何が面白いって、キム・ジスさん演じるドヨンが、
ホントに憎らしいくらい優等生なわけだ。
ただ運だけでそこまで上りつめたわけじゃなく、スタッフと一緒になって、
何日も徹夜で風呂にも入らず、ロケや取材を敢行したり、
資料集めや企画会議もちゃんと出て、地道な努力をずっとしてきた女性で、
上司、部下、同僚にもしごく評判がいい。

つまり性格もすごく良くて、その上、母は教授、父は社長?という良家の子女、
そして、ハンサムで(っとはあっしは思わないけど^^;)デキル男を彼に持つ、
というほぼ完璧な女性。

しかし、その実態は(笑)、孤児院出身だった。。。

養父母にもらわれ、夢のような生活を始めたドヨンだったが、
その幸せも束の間、その養父母の間に本当の子供が出来てしまう。
明らかに実子と差別する養母。
その針の筵のような生活の中でも必死に耐えて暮らしてきたドヨンだったけれど、
養父母が留守だったある日、ふと魔が差してしまう。。。

外出をねだられた妹ジヨンとバスに乗って出かけ、
ソウル駅の人ごみの中に置き去りにしてしまうのだ。。。

妹失踪、という作為的な現実の中で、また一人っ子のポジションを手にしたドヨン。
しかし、それは、前にもまして冷たい母との日々だった、、、

そんな状況の中、ホントの妹ジヨンが現れる。
記憶喪失になっていたジヨン=サウォルが、ジヨンだと最初に気づいたのがドヨン、
サウォルのDNA検査を隠したり、別の女をジヨンにしたてたり、と
とにかく、しら~と冷静な表情でどんどんあくどい事をやっていく、、、
しかし、ドヨンがジヨンを捨てた日、彼女達を目撃した男がいた。。。

13話見たところでは、この目撃した男ウンソブが、色々動いたことから、
ドヨン養母も、ドヨンがジヨンを捨てたと気が付くんだけど、
階段からドヨンに突き落とされて(というか、振り落とされて)、
最近のことをすっかり忘れてしまう部分記憶障害になってしまう。
でも、ドヨンの恋人とサウォル自身も、その事実に気が付いたわけだよね。

ちょっと興味深いなと思ったのが、
この事実を知ったドヨン恋人ジュンセが、ウンソブに金を渡して事後処理をした後、
「すべてをご両親に打ち明けよう、見失ったことを言うタイミングを逸しただけだよな?」
っと、ドヨンに言うシーンがある。
私はこれを聞いて、ああ、ドヨンって何て強運な女なんだろ~って思ったんだけど、
ドヨン、このすばらしいジュンセの提案を否定するんだよ。
「ソウル駅に私は行ってない、、、」と。

この『否定』がある意味、
彼女のアイデンティティーなのかもしれないけど、
でも、これが恐らく彼女の一番の失敗になりそうな気がするなぁ、、、

彼女はず~~と孤独だったんだ、、、だから許してやって欲しい。。。

サウォルの幼馴染ドンウが言う台詞。
この言葉、何だか無性に腹が立った。
親に愛されなかった孤独や飢餓感を抱えたものは、何をしても許されるんだろうか?
親から愛され幸せに育つ、という機会を他人から取り上げても、
それは許される行為なんだろうか?

一方、自分の人生を大きく変えられてしまったジヨンだけれど、
愛する親たちがいる、という最大の幸せが目前にありながらも、
孤独なゆえに罪をおかした姉を許せず、社会的抹殺まで考える彼女の行為もまた、
行き過ぎたものなのだろうか?

ドラマ的には、すべてを知ったジヨンが、友人で権力を持つ会長の助けを借りて、
ドヨンの罪をあばいていくだろうから、すごく面白いんだけど、
二人の雪だるまのような憎悪の方向を考えると、何だか切なくもなるよね。

今後、この二人に関わってる男たちが、どう動くかで、
話の流れが変わると思うんだけど、
正直、男女の話はどうでもいいくらい、ドヨンVSジヨンが楽しみ。
そんで、どの段階で、ドヨン養母が記憶を取り戻すのか、これも楽しみだねぇ~

ドラマってやっぱり出演者じゃなくてストーリーがまずありき、ってことを
証明してくれるようなドラマ。
早く次が見たいです。

  • [No Tag]

*Comment

ダモさんへ 

> 超、おもしろいです。
> シンドヨンこわい(@_@;)

ホント面白いでしょ?

> キレてる姿を見せてるのに、ドンウもジュンセオッパもヒカないのは、やっぱり女子アナパワーかなぁ。

かもしれません(苦笑)
ジュンセはなるべくドヨンのことをよく解釈しようとしている大人のある意味よそよそしさを感じましたが、ドンウに関しては恋に落ちたってことでしょうかねぇ、(^_^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.02/25 20:45分 
  • [編集]

.今みてます 

超、おもしろいです。
シンドヨンこわい(@_@;)

キレてる姿を見せてるのに、ドンウもジュンセオッパもヒカないのは、やっぱり女子アナパワーかなぁ。
  • posted by ダモ 
  • URL 
  • 2010.02/25 12:40分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>我が子だけで
持て余してる自分が恥ずかしいです。

いえいえ、うちも一緒です。
それだけ一人の人間を育て上げるのって難しいってことですよ(母の受け売りですが^^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/17 15:17分 
  • [編集]

本当にすごい!!! 

ご両親の懐の大きさ、頭が下がります。v-10
誰も真似できませんよ。
器が違うんでしょうね。

我が子だけで
持て余してる自分が恥ずかしいです。v-12
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.11/14 19:57分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>うちの両親は、子供だけでなく、地方にいる親戚やその友人まで、7人ぐらいを東京に呼んで学校に行かせて社会に出しましたから、私が育つ過程では、いつでも姉妹以外の誰かは姉妹のようにいましたよ。

まるでセドルのようなご両親ですね。
だからピンさんが末っ子なのに、お姉さん気質なんだな~
ホントにすばらしいご両親です。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/14 15:05分 
  • [編集]

ピックさん、アビーさん 

うちの両親は、子供だけでなく、地方にいる親戚やその友人まで、7人ぐらいを東京に呼んで学校に行かせて社会に出しましたから、私が育つ過程では、いつでも姉妹以外の誰かは姉妹のようにいましたよ。

私にはまねできない事です。 両親が亡くなったときにはどれほど多くの方がきてくださったか。

すいません。 私事でした。
両親の生前はあんまり親孝行しませんでしたので、いま、この場で褒めておきます。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.11/13 21:27分 
  • [編集]

ピンさん、アビーさんへ 

よく養子をもらうと母親は女性ホルモンの分泌を促され、妊娠しやすくなると聞きますよね。
その後多くのお子さんに恵まれたのも、お姉さんのおかげだとお母様たちも逆に感謝の気持ちでお姉さんを育てられたのかもしれません。
ホント、すばらしいご両親です。

アビーさんもおっしゃってるように、昔の日本でもそういうことは時々あったようですし、
韓国ではもっとポピュラーだったのかもしれないのに、
養子にもらわれたことをあそこまで隠したかったドヨンの「こだわり」が哀れですよね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/13 14:02分 
  • [編集]

その2 

思い出しました!
昔は、よくある話のようですね。
うちでも、私が一人っ子であることに心を痛めた両親が遠い親戚から養女を迎えるべく、具体的に話を進めていました。どういう経緯でか分かりませんが沙汰止みになり、私が残念がったことを覚えています。
(あの子がうちに来ていたら、おそらく弟は生まれていなかったでしょうね。)

私の遊び友達も養女でした。
本人は高校進学まで何も知らず、周りの人はほとんど知っていましたが余計ことは口にせず、波風も立たなかったようです。
優しい時代でしたね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.11/12 23:03分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>両親はその姉を一番かわいがっていましたし、
そのことが公になってからはその姉は両方の両親や兄弟ととっても親密に交際し、親戚が多いことに感謝しているようです。
私も、今でも4姉妹が誇りです。

そうでしたか。
素晴らしいご両親ですね。
人として、心から尊敬します。
血だけではない本物の愛情が存在することに感動しました。
ピンさんのご両親は、親になること、親であることに
心を尽くされたのでしょうね。

  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.11/10 14:45分 
  • [編集]

ピックさん アビーさん 

私の一番上の姉は、両親に子が出来ずに貰ってきました。 その後続々と3人も女の子が生まれたのです。
しかし、両親はその姉を一番かわいがっていましたし、
そのことが公になってからはその姉は両方の両親や兄弟ととっても親密に交際し、親戚が多いことに感謝しているようです。
私も、今でも4姉妹が誇りです。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.11/09 23:35分 
  • [編集]

ピンさん、アビーさんへ 

>スンハの場合は、ばれるとかばれないとかのレベルでなく、彼が一環して計画を進めていくんですよ。冷徹にね。

そうなんですよね~
その捨て身の姿勢が好きだったのかも。
ドヨンのように保身が一切ないですもんね。

>理性では分け隔てなく育てるつもりでも、そうはいかないのが人間の業だと私は考えます。

気持ちでは差を感じてしまうのは当然だと思います。
ただ、そこでどれだけ理性を働かせられるか、ですよね。
そこがセドルじゃないですが、このドヨン母には、子供を愛する能力がなかったのだと私は思います。
彼女達が捨てたら他に誰も頼る術のない幼い子供を冷遇するんですからね。
だからこういうドヨン母みたいな人を見ると、親になっちゃいけない人種ってあるのかもしれないとすら思いますよ。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/09 17:02分 
  • [編集]

養父母の鑑 

付け加えますが
「犬とオオカミの時間」でジュンギを養子に迎えた
養父母の愛情には心打たれました。
特に、母親は初めに反対していたにもかかわらず、実子同様に愛を注ぎ続け、胸を打たれました。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.11/07 22:47分 
  • [編集]

比較じゃないのよ~ 

>守るための犯行、奪われたための犯行、
どちらが自分勝手なイメージがありますか?

それは、もちろん前者に決まってますよ。
但し、私の言っている「ずるさ」は動機ではなく手段です。そして、スンハとドヨンを比較しているわけではありません。ドヨンは相当悪そうですからね。

>なぜあの母親が差別する必要があったんでしょうね。 一緒にかわいがって育てればいいわけですから…

そこが、血でしょうねぇ~。
相手の連れ子ならば、実子以上に気を遣って可愛がる場合もありますが、養子だと両親揃って血が無いわけですから、あからさまではなくても差別感情が生まれるのは仕方ないのではないかと思います。
理性では分け隔てなく育てるつもりでも、そうはいかないのが人間の業だと私は考えます。
ドヨンは、極端に差別されたようですから養父母の責任は大きく、可哀相ではありますけどね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.11/07 21:49分 
  • [編集]

ナムジャに弱い? 

>なぜスンハのように仕方なかったんだよねぇ~と
同情的になれないのか、、、

ドヨンの場合は、最初の行動を理解は出来ますが、その後秘密がばれないように画策しすぎで、そこの過程で
好きになれないのです。 
スンハの場合は、ばれるとかばれないとかのレベルでなく、彼が一環して計画を進めていくんですよ。冷徹にね。
でも、そこにはドヨンのような人間臭さがあんまり感じられない。そこの違いかな

それと、ドヨンの場合はいくら寂しくても何とか打開策はあったと思うんです。 
でもスンハは、ピックさんのおっしゃるように、奪われたものへの執念、復讐なんですよ。復讐せずには生きられなかったのだと思うんです。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.11/07 21:18分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>スンハはやったことは悪いのはよく分っても、そうせざるを得ない心情を理解できるから。

そうなんですよね。
ただ、ドヨンもその心情はすごくわかるのに、
なぜスンハのように仕方なかったんだよねぇ~と
同情的になれないのか、、、
やっぱりスンハが素敵だったからかな、なんて(笑)
そこの部分を考えると、なかなか奥深くて面白いですよね。

>しかし、子供が出来ないからと養子を迎えた時点で親になったわけだから。実子が出来たからと、あのような差別をすることがまず腹が立ちました。

ですよね。私もすごく不愉快です。
なぜあの母親が差別する必要があったんでしょうね。
一緒にかわいがって育てればいいわけですから…
まあ、それではドラマにならないですけどね(苦笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/07 14:47分 
  • [編集]

mayuちゃん、アビ-さんヘ 

>2人とも頭は切れるんですが(だからスンハの手口も狡猾といえば狡猾)、ドヨンはあくまでも自分のためだけに頭をフル活用してる ってのがズルく見えて 嫌~な感じなんですよね。

レスがまた重複するかもしれないので、
まとめレスで失礼します。
スンハもドヨンも二人ともやったことは卑怯でずるいんですよ。
だってそれが犯罪でしょ?
ただ、二人のずるさの違いって(私なりにですが)
ドヨンは自分の持ってるものへの執着からの犯行であり、スンハは自分の持ってるものを奪われたことからの犯行なんですよね。
二人の行為の結果のずるさを言ってるのではなく、
犯行動機の中に私は二人のずるさの違いを感じたのかもしれません。
ずるさの違い、というか私の好き嫌い、と言ったほうがいいのかも。
守るための犯行、奪われたための犯行、
どちらが自分勝手なイメージがありますか?
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/07 14:41分 
  • [編集]

太陽、復活、その女 

まだ15話までは見ていませんが、我慢できずに書き込みます。

このドラマ、「その女」とテイストが似ていませんか?
エンディングに流れる曲もその女に似ているんです。

秘密を知られないように画策する女、その女の秘密がジワジワと暴かれていく。似ているんですよ。
止められずに見てしまいます。

>スンハを擁護し、ドヨンに厳しいのは一応理由があるんすよ(笑)

ここんところよーーーく分りますよ。
ただ女、男だからでなく、やっぱりドヨンにはどんな寂しさがあったにせよ、あいてとその親の人生を全く変えてしまう危険な行為をわざとしたし、スンハはやったことは悪いのはよく分っても、そうせざるを得ない心情を理解できるから。

しかし、子供が出来ないからと養子を迎えた時点で親になったわけだから。実子が出来たからと、あのような差別をすることがまず腹が立ちました。

父親も優しそうに見えても、結局母親の冷たさを静観したわけだから同罪です。

さあこれからジヨンの復讐がはじまるんですか?
楽しみです。

このブログの 「ぐうたら ぶろぐ」 には笑ってしまいましたv-218


  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.11/06 21:12分 
  • [編集]

雨だし暇なので・・・ 

「魔王」しか見ずにコメするのは片手落ちですが、ムズムズするので言わせてくださいませ。

>スンハの行動は、ずるくないでしょ?

十分、ずるいですよ、人の恨みを利用してますから。

>彼自身も究極逃げる道がなくなることを知っている。 というより、最初から逃げるつもりはなかったとすら思えるんです。

犯罪者(スンハは殺人教唆or殺人幇助かな)が罪を償うことなく自殺するのが、最も卑怯であり腹立たしいです。現実からの逃げでしょう。
結果としてスンハは自殺こそしませんでしたが、復讐を企図した段階で死を念頭に置いていたと思います。生き抜いて自首するなり逮捕されるなりして服役する心づもりは全く無かったと思います。絶対に卑怯ですよ。
(オスは、棚にあげさせてください)


  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.11/06 14:41分 
  • [編集]

 

私は同性に甘く、男性に厳しくなってしまう。ピックさんと反対ってこと?!
でも 美人で計算高いドヨンは 生理的に嫌いですよ(笑)
スーツ姿も眩しいスンハが好きだわ♪
ピックさんのコメントを読んで スンハは男っぽく、ドヨンのやった事は女っぽいな~と思いました。
ドラマだから 動機が重いし、極端な人たちですけどね。
2人とも頭は切れるんですが(だからスンハの手口も狡猾といえば狡猾)、ドヨンはあくまでも自分のためだけに頭をフル活用してる ってのがズルく見えて 嫌~な感じなんですよね。
誰も守ってくれなかったから 頑なにそうやって生きてきたドヨンが哀れです。
  • posted by mayu-mayu 
  • URL 
  • 2008.11/06 00:47分 
  • [編集]

mayuちゃんへ 

>「魔王」のときと違って ピックさんが厳しいのがとても興味深いです。
やった事が許されないのは重々わかっていますが、
視聴者側にも 男性に感情移入しやすいタチと女性に感情移入しやすいタチがあるんでしょうかね??

アハハ、そりゃ、女には厳しいさ(笑)
ただ、ずるさの違いかなぁ、、、
ドヨンにはずるさを感じるんです。
同情すべき点は数々ありますし、恐らく凡人には計り知れないほどの恐々とした日々だったと思います。
でも、それでも彼女の行動の中には打算や野心やずるさが感じられるんだよなぁ~
しかし、スンハの行動は、ずるくないでしょ?
やってることは絶対的に許されないことだけれど、
彼自身も究極逃げる道がなくなることを知っている。
というより、最初から逃げるつもりはなかったとすら思えるんです。

mayuちゃんご指摘の通り、男性には甘いのは重々認めますが、
スンハを擁護し、ドヨンに厳しいのは一応理由があるんすよ(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/05 18:15分 
  • [編集]

 


私は ドヨンのした事が許されるとは思いません。

彼女は 地獄に落ちる直前の風前の灯のように見えます。
ドンウって男も サウォルにしてみれば 好意を持ってたくせに友だち甲斐がないとゆーか、
ドヨンへの愛しか見えなくなってるようなところがありますね。
堕ちるしかない(まだわかりませんが)ドヨンだから
盲目的に愛してくれる人がいるのが救いのような気がしています。

「魔王」のときと違って ピックさんが厳しいのがとても興味深いです。
やった事が許されないのは重々わかっていますが、
視聴者側にも 男性に感情移入しやすいタチと女性に感情移入しやすいタチがあるんでしょうかね??

  • posted by mayu-mayu 
  • URL 
  • 2008.11/04 10:16分 
  • [編集]

ショコラさん、mayuちゃんへ 

ショコラさん、初めまして。
大変興味深いコメント、じっくり読ませていただきました。
久しぶりに四つに組んでがっつり考えることができるドラマにめぐりあえて、とても嬉しいです。

そしてレスが重複してしまうかもしれないので、
mayuちゃんもまとめレスにすることを許してください。

実は、16~18話のレビューを書いた後、
お二人のコメントを読みました。
なので、そこにお二人へのレスになりそうな記事を書いたので、
ここでは簡単なレスにさせていただきたいと思います。

ショコラさんがおっしゃるように、
ドヨンの行動のきっかけは、彼女の当時の環境、愛のない養母、そしてともすれば罷養という強迫観念の中での、発作的な行動であったことは十分理解できます。

mayuちゃんが言うように、それがいかに残酷なものであるか、
ドヨンという女性が有能な人間であるゆえ、そんな女性ですらその残酷さに運命を狂わされるのだということを、このドラマは切々と訴えてると思います。

しかし、、、

だからと言って、妹を置き去りにする行為はやっぱり認められない。
母親から子供を20年間も奪う行為、それはどんな理由があっても許されることではないと、私は思います。
ドヨンは成人したジヨンが見つかった後ですら、
彼女の存在を消し去ろうとしたのですから、、、

彼女の生い立ちや置かれた環境に十分すぎる同情は禁じえないものの、
それでは、孤児で養父母から苛められた人は、
どんな罪を犯しても構わない、ということになってしまいます。
それは親がなくても、逆境の中、立派に成長した人々に対する冒涜だと私は思います。

また次のレビュー、お時間があったら読んでいただけるとありがたいです。
お二人のすばらしいコメント、ありがとうございました。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/04 01:24分 
  • [編集]

 

私も ドヨンは自己中心とわかっていながら
ショコラさんのご意見がよくわかります。

このドラマから私が感じるのは 『疎ましがられた養子の悲哀』です。
このドラマは 養子をもらったからには (たとえその後実子が生まれようとも)愛情・責任を持って育てて!! ~と訴えてるような気がするのですー。

そしてまず、 「外科医ポン・ダルヒ」で初めて知った韓国の言葉 “罷養” を思い出しました。
常に離縁されることを恐れて心で震えてたんでしょうね。
もう大人になってるし、 すべてを手に入れたように見えるドヨンが
転落後 記憶が曖昧になってる養母に ベタベタ甘える姿がとても悲しかったです。
ドヨンは実母には(影ながらだけど)愛されていたのに そこにはあんまり触れず、ひたすら養母の愛を求めていました。

だから どんなに自分勝手で冷酷なドヨンでも、理解して愛してあげるドンウを見てるとホッとします。
  • posted by mayu-mayu 
  • URL 
  • 2008.11/03 19:58分 
  • [編集]

どっちもどっちだなぁ・・・。 

初盤はドヨンのあまりの悪女ぶりに腹が立ちました。
だけど、中盤、妹と知ったジヨンの復習が始まったあたりからドヨンがかわいそうに思えてきました。

何故、ドヨンは妹をソウル駅においてきたのか?そのきっかけは家を出ようとその日言ったジヨンの言葉がきっかけである事を理解してもらいたいな~。その言葉がドヨンの胸に深く突き刺さったのです。

ドヨンは義母に愛されたい気持ちで必死に親孝行してきました。
努力家で野心家で人一倍誰にも頼れないと知っていたドヨンは自分を強く持つことでしか生きていけなかったのです。
芸能の世界はイメージが大切な職場だから、そのイメージのために必死に努力して積み上げてきたのです。
決して楽をしてアナウンサーの座に上り詰めたわけではない。
母に認められたい気持ちがあって愛されたかったけど、それが期待できないものだと悟ったから、ドヨンには結局アナウンサーの地位を守っていく事が一番幸せな道だったのでしょう。
針のむしろのような生活で本当は親に愛されてないのに愛されてる演技をし、自分を騙して生きてきたドヨン。誰か一人でも信じる人に本当は打ち明けたかったけど、人に弱みを握られると蹴落とされるという職場と地位でそれを守っていくために必死で隠し、そ愛するがゆえに自分のみじめな部分をさらしたくないからジュンセには本当の事が言えなかった。

ジヨンは孤児院育ちですが、明るい性格で友達も多かったし、ドヨンみたいなみじめな気持ちは味わってはいない。一人といってもドヨンとは違うまた孤独感でしょう。
ウンソプのように自分をゆする人間もいない。生まれた時からずっと母親の愛を一身に受けたゆえに、心が曲がる事無くいい人達に恵まれてきた。

だけど、復讐するあたりからね?ジヨンは記憶を完全に取り戻したようだけど、肝心なところが抜けている。
バスに乗りたいとダダをこねた妹に対し、姉は
今日は寒いから風をひくわよ。だからダメよ、と何度も言っている。
そしたらその後妹はなんと言ったでしょうか?

「いう事聞かなかったらお母さんにいいつけるからね!!」
みたいな事を言ったと思います。
これは妹が泣いたりするたびに母に叱られるのは姉ドヨンだったからですよね。そして、妹もまた姉に似て賢いのでそれを知っていた。知っていて、姉を脅したんです。
この言葉で姉は今まで抑えて我慢してきたことが一気に爆発してソウル駅に連れて行ったのです。
後で怖くなって、引き返して妹探した時には遅かったですけどね。

普通の姉の立場でもそうですが、ドヨンは養女だったために実の子のように愛されない事が辛くて愛されたい気持ちが強かっただけなんです。
それが果たして罪なのかどうか。。。
罪だというならすでに妹がいなくなってからもずっと家庭で孤独で一人で背負ってきたではないでしょうか?


人間とは本当に罪深いものですね。ここがやはり教授である母に似たせいなのでしょうか。

ドンウがドヨンに惹かれるのはやはり、香港に行った時に流した本当の母親を思って流した涙。一人でずっと抱え込んで苦しんできたという事を唯一理解できる大人の人だったからでしょうね。

でも、私的にはジュンセとドヨンは性格が似ているし、お似合いだと思うんですけどね。。。
  • posted by ショコラ 
  • URL 
  • 2008.11/03 02:02分 
  • [編集]

かおるこさんへ 

お久しぶりです♪

>ゲリラデートのキム・ジスさんが、
作り笑いしているアナウンサーのシン・ドヨン状態にしか
見えなかったです(汗)

私も見ました。私はジスさん、お初なんですが、彼女って素もドヨンっぽいんでしょうか?(笑)

>ドンウがドヨンに惹かれる理由がいまいちわかんない
んですよねえ。あのジュンセオッパもあのドヨンのどこが?

ドヨンの醜い部分が見え始めても尚、やっぱりドヨンを好きみたいですよね。
私も不思議な気がしています。
っというか、ドヨンは秘密を隠蔽し、取り繕う必要なんかなかったのに、、、
という結末にしたいがために、二人の男はドヨンを愛し続けてるのかな?なんて思いました。

ホント、どういう結末になるのか、楽しみですね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/30 01:03分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

>なんで~、そうしてそういう理屈になるのさぁ~とTVに向かって吠えたわ!(少なくとも、ドンウはサウォルの側にいる人なんだからあのセリフはないよね~)

そうなんだよ(怒)
少なくとも孤児の辛さを一番知ってるドンウが、
サウォルを孤児にした張本人を許せ、と簡単に言うところがすごく不愉快だった。
っつうか、ほんのちょっと前までは結婚しようって言ってた相手なのにね^^;

でもこれ、20話で終わりなんだね、もう少し長く見てても良かったような。。。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/30 00:58分 
  • [編集]

minoさんへ 

>映画でもTVでも、特にTVは「さぁ~来週は?」の続きみたさ度が高いことが大切ですよね・・・

ですよね。
続物はやはりそれが一番重要。
ただ、来週が待ち遠しいってのは、待つ身になると辛いですが(苦笑)

王と私は、今のハンスVSチョソンのエピは、ソファたちが中心になるよりは私は嫌いじゃないんですが、
何となく同じことの繰り返しみたいな感じなんですよねぇ~
もう少しハラハラドキドキするような展開にしてほしいですよね^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/30 00:56分 
  • [編集]

私もはまってます 

ビックさん、こんにちは。
チャングムとかのころからたまに書き込みしている
かおるこです。

「太陽の女」私もはまってます。
毎週欠かさずオンタイムで見てます。

姉のドヨンのしらっとした顔での悪事ぶりを毎週みてたら
その後に放送してるゲリラデートのキム・ジスさんが、
作り笑いしているアナウンサーのシン・ドヨン状態にしか
見えなかったです(汗)

妹のジヨンもすごい復讐ぶりですよね。さすが、あの
チェ教授の実の娘です(笑)

ビックさんも書いてましたけど、ドヨンの「ソウル駅に
行ってない」とか、ジヨンが妹だと言ってたときの
態度の冷たさが命取りになるような気がします。
あそこで否定しても、もうどうにもならないのに。。。
私も見ててそう感じたので、おっ!とおもいまし
た。

ドンウがドヨンに惹かれる理由がいまいちわかんない
んですよねえ。あのジュンセオッパもあのドヨンのどこが?
と思うのですが、それは、冷たい顔を知っている視聴者
だけがテレビの前で吠えてるんですね、きっと(笑)

残りのお話が楽しみです。
  • posted by かおるこ 
  • URL 
  • 2008.10/28 23:42分 
  • [編集]

同感! 

やはりこれが、今1番だったでしょ?

とにかく、何でもありの韓ドラの王道を行くようなこのドラマ
面白くないわけがないよね!

それでもって、あんな優等生顔をしているのに、悪魔のような人・・・
こんな人が側にいたら怖いよ~

>彼女はず~~と孤独だったんだ、、、だから許してやって欲しい。。。
ひまひまも、このドンウのセリフに凄く腹が立ちました!!
なんで~、そうしてそういう理屈になるのさぁ~とTVに向かって吠えたわ!(少なくとも、ドンウはサウォルの側にいる人なんだからあのセリフはないよね~)

この先は、ドヨンがどん底に落ちて行く姿をどう描くのかが今から、とても楽しみだわ~

  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2008.10/28 18:59分 
  • [編集]

 

お久ぶりです♪

>ドラマってやっぱり出演者じゃなくてストーリーがまずありき、ってことを証明してくれるようなドラマ。

ホントそうですね。以前「映画は監督、TVは脚本、舞台は役者」というのを目にしたことがあります。

映画でもTVでも、特にTVは「さぁ~来週は?」の続きみたさ度が高いことが大切ですよね・・・

そういう意味で「王と私」、何かつまらなくなってきましたね、グリヨルさん(ホジュンの)が一人、頑張って引っ張っているような気が・・・

その点このドラマ、少し不愉快なものの、来週楽しみ度、満点です。
  • posted by mino 
  • URL 
  • 2008.10/28 14:59分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/351-4552e78d

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。