新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

一枝梅(イルジメ) 11~20(最終話)


さて、先日最終話まで見終わって、私の頭の中は、まだ最初のテーマ曲と、
あのいかにも梅の花のために作られたような「花信」がグルグル回ってる状態なんだけど、
なるべく冷静にレビュー書いてみようと思う。

でも、、、
すんごく好きな作品だったから、冷静には無理かも(苦笑)

イルジメもシフもセドルもコンガルも、あの唐胡麻組の頭ですら好きだよぉ~

イルジメー15


私は何が好きって、変身フェチ。
前々からしつこく言ってるけど、あっしの変身男の原点はタイガーマスクだから。
あの伊達直人の切なさを語らせたら、論文ものだよ(笑)

だから愛する人の前で顔を見せられない男の切なさってのは、
あっしには直球ストライク。
何年か前には、スパイダーマンがマスクを半分脱いでキスするシーンがあったよね♪

だからこのシーン、たまらなかった。
キスシーンなのに、何でだか涙がポロポロ出ちゃったし…
それに美しい梅の花に、まるでホトトギスのように止まっている二人。
そして「花信」が流れて、黒のハチマキで目隠しされたウンチェにそっとキスするイルジメ
映像的にも情緒的にも、とってもとっても満足なシーンだっただす(*^_^*)

それにひきかえ、シフのウンチェへの思いは、ただただ切ない。
イルジメをおびき寄せるために、ウンチェの指を切って送る、という刺客に、
ウンチェの指を切らずに自分の指を切るんだよね。
イルジメと戦い、怪我をして帰ってきても、
イルジメの安否だけを気遣うウンチェに
「おまえには俺が目に入らないのか?」というシーン、ホントに切なかった。

さて、そんな切ない三角関係だったイルジメ、シフ、ウンチェ。
この三人の関係にポンスンなども、最後身を挺してイルジメを守り、
イルジメのために足を悪くしてまで、彼を助けようと命をかけるわけだけれど、
最終話、この彼らの関係がほとんど語られず、そのままになってしまったのが何とも惜しい。

そして一番惜しいと感じるのは、ヨンイとシフの兄弟としての再会。
ここが「私もイ・ウォノの息子だ」という一言だけで、片付いてしまったのが
ものすごくもったいない。
というのは、ヨンイとシフには、ウォノの息子であるという最大の血のつながり以前に、
あれほど深く大きい愛情を注いでくれたセドルを養父としているという、最も大きな共通点があるからだ。

ヨンイ=イルジメだと気づいたセドル。
これ以上、ヨンイに盗みを続けさせないと、貴族の家の錠を更に強力なものに取替えるんだけど、
そのとき、ちゃんとヨンイが逃げられるようにと、逃げ道を作っておいてあげるんだよね♪
そして、最後、自らがおとりとなってイルジメに変装するんだけど、その時も、
「捕まるなら、チャドルに捕まえさせよう」と、多くの敵に囲まれながらも、シフを探すセドル。
シフに捕まってニコニコ笑うセドルを見て、もう涙が止まらなかった。
親って血じゃないのかも。
このセドルという無学の男を見て思ったのは、子供を愛する親としての深い思いってのは、
ある意味、能力なのかもしれないとすら思った。
こんなに無償の愛を、しかも無尽蔵に与えられるのは、能力以外の何物でもない。
子供の前では一切の自我がなく、歯を抜かれようが、命を取られようが、
子供が幸せだったら、それでいい。
全身を打たれ、火のように痛む瀕死の体でも、
明日ヨンイが食べる「おこげ」を用意しておけと言うセドル。
彼を見ると、一応親である自分が恥ずかしくさえある。
そして、あんな風に最期の最期まで、明日子供が食べるものを気にかけながら
死ねる親になりたいとすら思う。

イルジメ雨シフ


だから、だから、、、
シフが、セドルを背負って帰るあの場面で、せめてヨンイとシフが本当の兄弟であることを、
セドルの口から知らせて欲しかった。
彼らが本当の兄弟であることを知るのが、あまりに遅過ぎたような気がするのだ。
そしてこの愛情の塊であるセドルを失った二人が、同じ喪失感を持ちながら兄弟として歩み寄り、
本当の意味で復讐をしていく、という、そういう方向は無理だったのだろうか?

さて、ラスト、、、イルジメは本当に死んだのだろうか、、、

もし、どうしても剣を使わなければならないなら、人々を救い生かすための活人剣を使え。

ヨンイ(ギョム)父であるイ・ウォノが、息子に言遺した言葉。
これがドラマの最大のテーマでもあるように、
イルジメは、父の言葉を守り、決して人を殺さなかった。
だから最期、彼が梅ノ木の前で、サチョンに斬られるシーンも、
あれはイルジメの剣でサチョンは斬ったわけだから、無刀剣、つまり峰打ちだったのではないかと
私は推測している。
そして、ヨンイの友人フンギョンがコンガルのところに靴を届けるシーン、、、
あれも靴が二足あったでしょ?
あれは、コンガルとイルジメの分だったのでは?、、、と。
だって、コンガルがまたいない、どこに行った?って吠えてたけど、
他に誰がいる?(笑)

そして、ウンチェが客主に戻ってイルジメの安否を尋ねたときも、みんな曖昧な返事をしたでしょ?

ただ、口笛ホトトギスの話、、、
あれは多少ひっかかってるんだよね、あれがイルジメの最終的な姿だとしたら、
もう、この世にはいない、ってことになる。。。。

いずれにしても、それは見る側の推測で私は構わないと思っている。
ただ、国王は譲位させて、弟の菩提を弔う日々を送らせるべきだったと思うけどなぁ、、、
あのまま、国王としてその位にい続けるのは、何だか変な気がした。

イルジメラストシフ


そして活人剣ではなく、殺人剣を振るってしまったシフは、
海辺の村で子供たちに剣を教える師範になっていた、、、
この髭姿のシフがまた美しい。
彼は、ある意味、和ダンスの中の畳紙みたいな顔(どんな顔じゃい?)だから、
こういう和風の姿が似合うんだろうなぁ~
髭をたくわえたお姿にうっとりしてしまったあっしです
なんか本格史劇のオファーあるといいね♪

さて、まだまだ書きたいことはあるんだけど、長くなるのでこのへんで。。。
MBCでも今、撮影中の「一枝梅」。
ストーリーがとてもいい作品だし、こちらの作品の出来栄えがすばらしかったので、

チョン・イル君、頑張れよぉ~

  • [No Tag]

*Comment

すい~とれもんさんへ 

> はじめまして。イルジメ視聴終了しました。今廃人状態です^^;;
> 昨年末BS放送でみかけて、余りの面白さにレンタルに走り、見逃した前話だけ見るつもりが、先が待ちきれず、とうとうTV放送を超えて、レンタルで最後まで観てしまいました;;

はじめまして。
ホントに面白かったですよね。

> 最終回イルジメの生死については、各サイトですでにあがってますので、ご存知かもしれませんが、監督自身から韓国で放送終了後に「生きている」コメントあったそうです。
>
> 最後、サチョンに襲われた時、途中で二人の剣が入れ替わっていて、最後にサチョンが拾ってイルジメを斬った剣は、イルジメが使っていた(コンガルから修行終了の祝いにもらった)無刃剣でした。(←以上監督さんのコメント)
> その直後にサチョンが、シフに自分が教えた言葉(友でも仏でも斬れ・・・)を言われて斬られ絶命するシーンがありました。イルジメとサチョンの最後を対比させたのは、「自分の信念は、自分自身に返ってくる」
> という作者の示唆だったように思いました。

それでは、私の推測が当たっていて、うれしいです。
やはりイルジメには生きていてほしかったですよね。

> 深読みかもしれませんが、今、前編を見終わって余りにも感動してるので、一筆したためてしまいました。
> 今度、DVDを購入して、第1話からもう1回見ようと思ってます!
> それでは~

何度見ても涙しますよぉ~
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.02/01 22:24分 
  • [編集]

最終回イルジメの生死について 

はじめまして。イルジメ視聴終了しました。今廃人状態です^^;;
昨年末BS放送でみかけて、余りの面白さにレンタルに走り、見逃した前話だけ見るつもりが、先が待ちきれず、とうとうTV放送を超えて、レンタルで最後まで観てしまいました;;

最終回イルジメの生死については、各サイトですでにあがってますので、ご存知かもしれませんが、監督自身から韓国で放送終了後に「生きている」コメントあったそうです。

最後、サチョンに襲われた時、途中で二人の剣が入れ替わっていて、最後にサチョンが拾ってイルジメを斬った剣は、イルジメが使っていた(コンガルから修行終了の祝いにもらった)無刃剣でした。(←以上監督さんのコメント)

その直後にサチョンが、シフに自分が教えた言葉(友でも仏でも斬れ・・・)を言われて斬られ絶命するシーンがありました。イルジメとサチョンの最後を対比させたのは、「自分の信念は、自分自身に返ってくる」
という作者の示唆だったように思いました。

さらに、このとき初めてイルジメは、父(とコンガル)の教え(剣は人を助けるために使え)の意味を心底理解して、実感し、あの、梅の木の庭で倒れているとき、二人の父を思い出しながら、二人の父が自分を救ってくれたことに感謝して、うっすらと微笑んでいたのではないでしょうか。

深読みかもしれませんが、今、前編を見終わって余りにも感動してるので、一筆したためてしまいました。
今度、DVDを購入して、第1話からもう1回見ようと思ってます!
それでは~
  • posted by すいーとれもん 
  • URL 
  • 2010.02/01 11:31分 
  • [編集]

かめさんへ 

> あり得ない前提は多々ありましたが(=顔がバレないとか、王宮のセキュリティ弱過ぎとか・・・)、そこはSFとして人間模様だけでどっぷり引き込まれてしまいました。

そうなんですよね(笑)
いい作品っていうのは、多少の粗があってもそれを凌駕する感動がありますからね。

> いくら悪い王様とは言え、そこに刃を向けてしまったイルジメです。仮に生きていたとしても普通の家庭生活を送れるとは思えず、周囲に気遣って恋愛消滅させたことがすごく自然に伝わってきました。

まあ、結局そのへんがフィクションと史実の兼ね合いなんだと思います。
光海君を廃したと言ってますから、一応存在した王様ですしね。

> そして女性陣の感想にはあまり女優さんが出てきませんが、ハン・ヒョジュさんとイ・ヨンアさんは各々対照的な魅力に溢れていてすごく良かったです。特にハン・ヒョジュさんは「春ワル」ではもういいやって感じでしたが(笑)、今回の成長ぶりにかなり驚きました。

私は春ワルは見てないんですが、ヒョジュさんは今「華麗なる遺産」に出ていて、
すごくかわいくてしかもたくましくていいですよ♪
ウンチェ役も凛としてて良かったですよね。

> OSTも良かったな~。
> テーマ音楽が5拍子って珍しいんですけど、カッコ良かったです。
> それから挿入歌。ミサで「雪の華」を歌っていた人ですよね。気に入りました。

あのテーマ曲で終わるから次がどんどん見たくなったでしょ?(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.01/07 14:48分 
  • [編集]

 

面白かった♪
歴代ベスト3に入ると思います(他の2つがすぐに言えないけど^^;)
あり得ない前提は多々ありましたが(=顔がバレないとか、王宮のセキュリティ弱過ぎとか・・・)、そこはSFとして人間模様だけでどっぷり引き込まれてしまいました。

セドルについては語り尽くされたので省略します。
三角関係については、私はこれ以上の説明なしで良かったと思います。いくら悪い王様とは言え、そこに刃を向けてしまったイルジメです。仮に生きていたとしても普通の家庭生活を送れるとは思えず、周囲に気遣って恋愛消滅させたことがすごく自然に伝わってきました。

そして女性陣の感想にはあまり女優さんが出てきませんが、ハン・ヒョジュさんとイ・ヨンアさんは各々対照的な魅力に溢れていてすごく良かったです。特にハン・ヒョジュさんは「春ワル」ではもういいやって感じでしたが(笑)、今回の成長ぶりにかなり驚きました。

OSTも良かったな~。
テーマ音楽が5拍子って珍しいんですけど、カッコ良かったです。
それから挿入歌。ミサで「雪の華」を歌っていた人ですよね。気に入りました。

去年の「白巨」に続き、年をまたいで観たドラマが大賞クラスってのが残念でした。
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2010.01/04 22:45分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

イルジメ視聴ご苦労様でした。

>私もセドルが亡くなった時点がピークでした。
最終回はもっと泣かせてもらえるのか、と期待してしまった分、かなりの消化不良になっています

レビューにも書きましたが、
色々名場面になったであろう部分が最後はしょられてましたからねぇ、、、
そこが残念ですよね。

大道芸人も「王の男」を意識してるんでしょうね。
このへんが韓ドラのうまいところだと思います。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/20 20:04分 
  • [編集]

昨夜、見終わりました。 

ホントに素晴らしいドラマでしたv-426

私もセドルが亡くなった時点がピークv-406でした。
最終回はもっと泣かせてもらえるのか、と期待してしまった分、かなりの消化不良になっていますv-395

ドナルドさんと一緒で

『最後、綱渡りしている大道芸人がイルジメなのでは』って私も思いましたですv-392

それはともかく、やっぱ許せないのはあの王様ですっ!!!
絶対になにか制裁を加えないと気がすまないわっ(怒)

どのキャストもよかった(既に皆さんおっしゃっていますが)ですよねっ。(王様以外!)
敵役ですら、愛おしく思っちゃいましたものv-344

どの人に対しても、想いが強すぎて、語りつくせませんね。。。

  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2008.11/19 12:59分 
  • [編集]

ドナルドさんへ 

>ただ最終話の30分ぐらいは、私には必要ないかな
どうして韓ドラって、サービス精神なのか
一夜でできたであろう?
子供とか登場させたりするんだろう?
少々興ざめだな

子供の登場はセドルへの敬意なのかもしれないし(彼の思いを受け継いでいくという意味で)
イルジメもあの倒れたまま、、でも良かったのかもしれませんが、
やはりそれではあまりにイルジメがかわいそうなので、
ああいうラストになったのかもしれませんね。

私は王様をどうにかしてもらいたかったです(笑)

でもホントに頭の中がグルグル回りますよね。
視聴ご苦労様でした。
囲炉裏グランプリ、迷いますねぇ~
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/13 14:51分 
  • [編集]

イルジメ廃人 

いやあ
実は随分前に、見終わりました
ただただ放心状態です・・・・

見ている間もそうでしたが
花信♪がぐるぐる頭の中をながれ、次のドラマにいけない状態です

ファン・ジニを彷彿させるような映像美だったり、音楽がその時々の人物の心理描写とうまく絡み合って
またいいんですよね

 
ただ最終話の30分ぐらいは、私には必要ないかな
どうして韓ドラって、サービス精神なのか
一夜でできたであろう?
子供とか登場させたりするんだろう?
少々興ざめだな

それと私もイルジメは生きているに一票
最後、綱渡りしている大道芸人がイルジメなのではと思っています
映画「王の男」にひっかけて

そして
このドラマは私にとっての
囲炉裏大賞に決定!

  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2008.11/12 14:15分 
  • [編集]

limeさんへ 

初めまして?かな?
何となく以前もいらしてくださったことがあるような気がします。

レビュー読んで下さってありがとうございます。
私自身も未熟な親なので、こういうセドルのような人を見ると、ホントに頭が下がりますね。
そして血のつながっていない親子でも、ここまで深い愛情を注げる彼を見てるとその「能力」がうらやましくさえなりました。

limeさんのブログにも遊びに行きますね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.11/06 20:53分 
  • [編集]

初めまして! 

ピックさん初めまして!
検索でこちらに辿り着きました!
素晴らしいレビューに思わず頷きながら、又手を叩いて笑いながら拝見致しました。

>子供を愛する親としての深い思いってのは、
ある意味、能力なのかもしれないとすら思った。

私はセドルの場面が一番泣けて感動したので、この文は本当に賛同しました。確かにあそこまで血の繋がってない子供を思う親って能力なのかな、、と思いました。私もセドルと同じ境遇の親なので、この言葉は胸に響きました。能力あるかなあと自問自答する日々です笑。

畳紙のような顔に大爆笑笑!昔で言う醤油顔ですよね笑?『完璧な恋人~』から彼すっかりいい役を持っていく役所を得意としてます笑。今回も個人的にですが、彼のメロラインの方が心に染みていい場面だった気がします。

是非TBさせて下さい!これからもどうぞ宜しくお願い致します^^
  • posted by Lime 
  • URL 
  • 2008.11/05 02:18分 
  • [編集]

かよこさんへ 

>イルジメが登場するたびに「よっ!!
待ってました!!」と掛け声をかけたくなるほどでした。

アハハ、でもあの音楽、結構テンション上がるんだよね(笑)

>セドルの亡骸にすがりついて泣くイルジメよりも、庭先で、
泣いてるシフがたまらなかったな

シフはホントに切なかったですよね。
イルジメとの静と動の対比も良かった。
そして二人ともが有能であることも。
だからこそ、二人が兄弟として歩み寄るシーンを見たかったですねぇ~
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/21 14:17分 
  • [編集]

何もかも!!! 

 
 ピックさん、こんばんわ。
 
 まだイルジメ参上のBGMが頭の中をグルグル回ってます。
劇画チックではあるけどイルジメが登場するたびに「よっ!!
待ってました!!」と掛け声をかけたくなるほどでした。

 セドルが亡くなったときは号泣。
「産みの親よりも育ての親」って言葉があるけど、まさにそれ。
セドルの亡骸にすがりついて泣くイルジメよりも、庭先で、
泣いてるシフがたまらなかったなv-406
シフって一番薄幸だったよね。

「フライダディ」早速、見ました。
セドル、現代版でも父性愛たっぷりのダメオヤジ(笑)
でもね、ジュンギに特訓されて、メタボなお腹が最後には、
腹筋が割れてくるんですよ(驚) もちろん痩せて。
凄い役者魂ですよね。

「12月の熱帯夜」以上に泣けた作品でした。


  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2008.10/15 22:59分 
  • [編集]

みずかさんへ 

>人間性が、顔やら身長やら外見的要素を凌駕するのを
初めて実体験したドラマでした。

まさにそうでしたよね~
このドラマ、セドルに感激せずして何を見るのか?というほど、
主役を越えるほどの存在感がある役でした。
ただ、彼のおかげで、ジュンギもまた光ったわけで、
まさに理想的な脇役だと言えますよね。

私もいまだに尾を引いて、他のドラマを見ても、
あまり入っていけず、困ってますよ^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/15 21:09分 
  • [編集]

杏さんへ 

お久しぶりです。

>それにしても、「12月の熱帯夜」「ファンジニ」以来です、声を出してワンワン泣いたのは。。。

ホントにいい作品でしたよねぇ~
私はセドルが出ると何か条件反射のように涙がじんわり出てました。
ジュンギのドラマはホントに完成度が高いです。
よほどブレーンに脚本を読み取る能力の高いスタッフがいるのか、
万民が支持するドラマが多いですよね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/15 15:58分 
  • [編集]

言葉が出てこないのですが 

ピックさん、メールでも伝えたけど脱力状態です。
セドルが亡くなった時が、私にとっての最終話でした・・・

シフくん、とっても好みなので前半はとにかく彼に釘付け。
後半はひまひまさんが仰るとおり、ジュンギが素敵でした。
だけど、全編を通して光っていたのは
その二人のイケメンではなく、セドルでした。
韓国ドラマで、アジョシに
こんなに心が締めつけられたことってあったかな??
ストーリーを語りたくても、セドルばかりが思い出されて涙が出ます。

一度は必ず死ぬ命ではあるけど、息子にそれを捧げる彼。
しかも、相手は実の子ではない。
ダメだ。。。書いてるだけで泣ける。

クッパ屋のおかみさんが何話かで言ってました。
セドルの人間性にほれるのだ、と。正確な台詞は忘れたけど。
そう。その通り!!
人間性が、顔やら身長やら外見的要素を凌駕するのを
初めて実体験したドラマでした。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2008.10/14 02:17分 
  • [編集]

 

アンニョハセヨ~♪

お久しぶりです。

イルジメ、この三連休で一気に見ちゃいました♪

なんせジュンギ君命の私ですので。。。今、イルジメ廃人です(爆)
ほんと、ひいき目でみても彼の出る作品はハズレがないです。
(そう思うのは私だけかも。。。)

最後の方は声もかすれて、最終回は体調崩しての撮影だと聞いていたのでハラハラして見てました

それにしても、「12月の熱帯夜」「ファンジニ」以来です、声を出してワンワン泣いたのは。。。
特にセドルが最後にタニに告白するシーンはほんとに泣けました
今でも思い出すだけで涙がでます。

ホンギルドンとかぶるのかと私も思いましたが全然違うものでしたね。

ある意味カッコイイナムジャ達が見れて幸せでした♪
  • posted by 杏 
  • URL 
  • 2008.10/13 23:47分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>どこかをカットして名場面をもっと織り込んで欲しかった。

そうなんですよね。
イル君のイルジメが原作に忠実なんだそうです。
どういうラストになるのか、楽しみですよね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/13 12:42分 
  • [編集]

私の勘違いでしょう 

あのあたりは、ちょっとくどくなりかけていたところで、
はっきり覚えていないのですよ (ーー;)

確かに歯が抜けていたり、生まれ変わりかもです。

しかし惜しいですね。 どこかをカットして名場面をもっと織り込んで欲しかった。
大事なところを抜かして、少し消化不良の分余計に想像しちゃいますよ。  これを狙ったのかな。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.10/10 22:46分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>あの子はセドルの子じゃなくて、拾い子ではなかったですか?

はっきり拾い子って言ってましたっけ?
多分そういうシーンはなかったような、、、
あの歯が抜けてるところ、一夜だけタニと合房があったこと、
そしてケットンという、セドルがつけたがってた名前をつけてるとこ、などから、二人のついに本当の子供が生まれたのかと、
思ってしまいました。
これもはっきりとした根拠はないんですけどね、、、
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/10 21:58分 
  • [編集]

勘違いかなぁ 

>でもセドルそっくりの本当の子供が生まれたから、それはうれしいラストでしたよね\

あの子はセドルの子じゃなくて、拾い子ではなかったですか?
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.10/10 17:19分 
  • [編集]

minoさんへ 

3日で見たんですか?\(◎o◎)/!
でも私も見終わるのが惜しくて、途中惜しみながら見る時期があったので、
一気に見ればそれくらいで見れちゃったかもしれません。

>今まで時代劇でこんなに両班の衣装が似合う人いません!!あの胸のところのヒモから下の長いこと!

言えてます。
彼は背も182なので、あの両班の衣装がちょうど似合う背丈なんですよね。
あれって帽子の高さとのバランスで、それ以上の身長があるとデカ過ぎておかしいし、
逆に小さいと頭でっかちになってこれまたおかしいし、、、

ジュンギ君とシフ君の「動」と「静」の対比も良かった。
その二人を全く同じ比重で愛してるセドルがまたホントに良かった。
他のキャラも、どなたかも言ってましたが、ホントに捨てキャラがなくて良かったですねぇ~

視聴率ありがとうございます♪
イル君のイルジメが来月くらいから放送ですよね?
どんな感じなのか、楽しみです。
で、「家門の栄光」も日本でぜひ放送されて欲しいですよね。



  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/10 15:03分 
  • [編集]

ピンさん、アビーさんへ 

>私の期待していた、兄弟が手を組み合って闘うとか、
いろんな名場面を作れたであろう場面がカットされたことが惜しくてたまらない。
>あぁ~、それにしても美しい異母兄弟が睦まじく語るか抱擁するか見たかったよ。

そうなんですよぉ~
シフが実姉をそうとは知らず、告発して死なせてしまった、という下りもなかったし…

>ギョムは、王が生きている限りギョムとしてもヨンイとしても、今までのようには生きられません。必ず殺されるでしょうから。
だから、ほんのわずかな周りの人だけは、坊さんと遠いところで
生きていくことに賛成し、受け入れたのではないでしょうか?

そうだと思います。
だから女性たちにとっては、イルジメは実際に生きていたとしても、
ホトトギスのような存在なんですよねぇ~
だから余計に心に残って切ないラストになり、本当に余韻が残る作品になったと思います。

でもセドルそっくりの本当の子供が生まれたから、それはうれしいラストでしたよね\(^o^)/

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/10 14:57分 
  • [編集]

そうだったのか! 

>そこで、近しい人たちの近況をそれぞれ書くことによって、ヨンイの生存を知っていて、皆明るく生きていることを長々しく語っていたように思います。

なるほどi-190
だから、あんなに周りの人の後日談がしつこかったのね。
納得だわ♪

あぁ~、それにしても美しい異母兄弟が睦まじく語るか抱擁するか見たかったよ。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.10/10 13:47分 
  • [編集]

余韻のまま 

視聴終わって一晩考えたけど、自分で書いたコメントの

>ギョムが死んだか否か。 そこらへんが、もちろん見る側の想像に任せた分はよかったのですが、それにしてはいろんなことを
そのあたりで語りすぎましたよね。 

のところ、
ギョムは、王が生きている限りギョムとしてもヨンイとしても、今までのようには生きられません。必ず殺されるでしょうから。
だから、ほんのわずかな周りの人だけは、坊さんと遠いところで
生きていくことに賛成し、受け入れたのではないでしょうか?
一般の平民たちは、ただ死んだと思っているから、朝廷側も
事が終わったと思っている。
そこで、近しい人たちの近況をそれぞれ書くことによって、ヨンイの生存を知っていて、皆明るく生きていることを長々しく語っていたように思います。

あの靴屋の2足の靴が物語っていますからね。

それに、鎧を着ていて、背後から斜めに切られても死なないでしょうしね。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.10/10 10:48分 
  • [編集]

ビックさぁ~ん、素晴らしかったぁ~♪ 

やっと、見終わりましたv-433。3日間で視聴完了。疲労と共に興奮中で、OSTの最初の曲の「イルジメの決死の戦闘場面」でかかる曲が幻聴のように聞こえています(笑)

イヤァ~~、ホント良いドラマですね。よく「3拍子そろった」という賛辞がありますが、3なんていうものでなく、5も6も10拍子もそろったいいドラマでした。

セドル(超よかった、ほんと、泣きました)ヨンイ、シフその他皆ほんと良かった。今、興奮中なので、またいつかコマゴマ書かせていただくとして・・

ジュンギ君、さずがにステキでした。が、ウリ・シフ君もジュンギ君に負けないくらいよかった!v-344。今まで時代劇でこんなに両班の衣装が似合う人いません!!あの胸のところのヒモから下の長いこと!そしてシフ兄がウンチェの夜道を照らすため、提灯をず~っと吊るし、それを矢で射て点し、その時のなんともいえない嬉しそうなシフ兄の顔とあの美しいシーンは感動でした。

視聴率も素晴らしかったようですね。

2008年1月1日~2008年10月5日までの韓国TV視聴率ベスト7

1.KBS1憎くても可愛くても』(5月終了)----------34.85%
2.KBS2『母さんに角が生えた』(9月終了)-----------27.93%
3.MBC:『李祘(イ・サン)』(6月終了)-------------26.41%
4.KBS1『ヨメ全盛時代』(1月終了)--------------26.13%
5.MBC:『ニューハート』(2月終了)--------------25.17%
6.SBS:『糟糠の妻クラブ』(10月終了)-----------24.49%
7.SBS:『一枝梅(イルチメ)』(7月終了)------------23.24%

①②④⑥は老若男女の見る毎日放送の短い連ドラですから、分野がちょっと異なり、で、いかにこのドラマが良かったかわかりますねv-421

ア~~ホント、よかったです・・・私としては、ヨンイは生きているのではないか、あのラスト近くの綱渡り芸人がヨンイなのではではないかと・・この視聴率からして、パート2が期待できるのでは?・・・
  • posted by mino 
  • URL 
  • 2008.10/09 22:37分 
  • [編集]

私も☆5つ 

ああああーーーーーーーーーーーーー    
       終わっちゃったよーーーーーーーーーーーーーー

これ 本当におもしろかった。v-218v-218

魅せましたねぇ。 俳優 あらすじ 音楽、、いやぁ 参りました。

ただ、ピックさん同様、
>そして一番惜しいと感じるのは、ヨンイとシフの兄弟としての再会。
ここが「私もイ・ウォノの息子だ」という一言だけで、片付いてしまったのが
ものすごくもったいない。
というのは、ヨンイとシフには、ウォノの息子であるという最大の血のつながり以前に、
あれほど深く大きい愛情を注いでくれたセドルを養父としているという、最も大きな共通点があるからだ。

これ、全く同感なんです。

ギョムが死んだか否か。 そこらへんが、もちろん見る側の想像に任せた分はよかったのですが、それにしてはいろんなことを
そのあたりで語りすぎましたよね。  そこに時間をとられた分、
私の期待していた、兄弟が手を組み合って闘うとか、
いろんな名場面を作れたであろう場面がカットされたことが惜しくてたまらない。

それと、全ての愛が切なかったですね。
タニとウォノ、タニとセドル、ヨンノとウンチェ、シフ、ボンスン、
どれもみんな切ないんですよね。

あああ、こんな虚脱感 テジョヨン以来かなぁ。

そうそう 光海君のドラマは何本みたかな。 

それと、ジュンギ氏のファンではないけど、キャラ落ちですよ。
これがチョンイル君が演じたら、、、と思うだけで萌えちゃいます。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.10/09 21:58分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>次男が「メシが要る~!」とメールして来るたびに
うんざりしてしまう私は、親としての能力が欠如してるなと思います。
ホント、面倒だ~!と腹立ちますもん。

それは私も一緒ですよ~
ただ、面倒でも子供がメシって言ったら、仕方なく作りますよね(苦笑)
また作るエネルギーが湧くというか、、、
母も、私が久しぶりに来週来るのを早くから楽しみにしていて、
腱鞘炎で手首が痛いのに、ぬか漬けを混ぜて漬物を作っているそうです。
親ってすごいですよね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/08 16:46分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>2人が親しく言葉を交わすシーンを見たかったですね。

ホントそうですよ。
だって、シフはそうとは知らず実の姉の死に関わってもいるわけで、
彼女が姉とわかっての苦悩も語られてないわけですからね。
22話くらいにして、もっと最後を丁寧に描いて欲しかったな~
ただ、セドルが死んでから少しテンションは落ちちゃったんですけどね…

>いつもいつも、梅がハラハラ落ちるイ・ウォノの屋敷ですが
四季咲き梅という品種でもあるのかな~?

季節が移り変わってることすら気がつかなかったです。
夢中になって見てましたから^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/08 16:39分 
  • [編集]

agateさんへ 

>いいドラマって、ほんとに捨てキャラ(笑)がいないですよねー
逆にダメなドラマは、主役クラスで捨てたくなるけど(笑)

アハハ、ここ爆笑。ホントダメドラマは主役を捨てたくなるよね。
おまえ、こんな俳優だった?って感じで(笑)

>前から上手い役者さんだなーと思ってましたが、今回はハマリ役でしたね。

ホントそうです。
仕事しながら、二度見してるんですが、
決まって彼の出てくるシーンで泣けるんです。
やっぱりすごい役者ですよね。

>ラスト、私もヨンイは生きてるのかなと思ったんですが、ボンスンのあの幸薄い感じがちとひっかかります。

そうなんですよね。
ウンチェも梅の木を見て涙ぐんでたし…
もしかしたら、イルジメの生存は、男たちだけが知ってるのかも。
女性たちはその心に残った男だったのかもしれませんね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/08 16:35分 
  • [編集]

想像にまかせるラストならそれなりに 

ギョムが倒れて、昔を回想しながら目を瞑る。
あそこで終っても余韻があっていいかなと思いました。

私も、イルジメの音楽が頭の中を流れています。
とても、心に残る素敵なメロディでしたね。


次男が「メシが要る~!」とメールして来るたびに
うんざりしてしまう私は、親としての能力が欠如してるなと思います。
ホント、面倒だ~!と腹立ちますもん。


あ、もう一言。
光海君を廃した王様(仁祖反正)って、ヤンファダンの孫ちゃんでしたよね?
世子毒殺も史実らしいから、イ・ウォノも実在かしら?




  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.10/06 20:18分 
  • [編集]

komachiさんへ 

>左上の写真が~~嬉!!

ナムジンからムンシク氏ってのが我ながら情けないような(笑)

>手を切られそうになって助かったあと,手首をかくしてて,ヨンイのまえでバンザイしたのが可愛かったです.

彼は可愛いですよね、キュートっていうか、、、
で、誰にでもすばらしく温かい。
ホントに素敵な人物です♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/06 18:38分 
  • [編集]

 

私もピックさんに劣らぬスピードで見ましたよ。
しかも土日だというのに・・・だって、先が気になるんだもん。

今、見終わったところですが
説明し過ぎなのか、描き切れてないのか、よく分からない最終話でしたね。
4年後の皆々さまの後日談は親切以上でした、少し興醒めするくらい。
で、肝心のヨンイの安否ですが、靴か・・・そうだったのね?
小ぶりの靴だったのでポンスン用だと思った私の読みの浅さよ!
勧善懲悪が好きなので生きていて欲しいです。
想像に任せられても困ります、ハッキリしてほしいです。


>そして一番惜しいと感じるのは、ヨンイとシフの兄弟としての再会。ここが「私もイ・ウォノの息子だ」という一言だけで、片付いてしまったのがものすごくもったいない。
というのは、ヨンイとシフには、ウォノの息子であるという最大の血のつながり以前に、あれほど深く大きい愛情を注いでくれたセドルを養父としているという、最も大きな共通点があるからだ。

ここは、本当に物足りなかったですね。
実父と養父を同じくしてるなんて
異母兄弟では、ホントに稀。
ほとんど奇跡ですから、ものすごく歩み寄れたんじゃないかな。
しかも母(タニ)までも共有でしょ、最強のコンピになれたはず!
2人が親しく言葉を交わすシーンを見たかったですね。

前半では憎たらしくてアホなシワンすら可愛く見えてしまうほど、捨てキャラの無さが良かったぶん、最終話の出来が惜しかったです。

シフ君の和(?)風テイスト、しっかり分かりますよ。
時代劇専門俳優になってほしいくらいです。
「王と私」のM氏と比べては失礼ですが、時代劇には、細面がよろしいようで・・・。(笑)

15話くらいから、ジュンギ君は声が裏返ってるように感じましたが、風邪でも引いたのでしょうか。
それはともかく、ヨンイとギョムの演じ分けも含めてピッタリの役でしたね。

最後に余計な突っ込み!
いつもいつも、梅がハラハラ落ちるイ・ウォノの屋敷ですが
四季咲き梅という品種でもあるのかな~?

ドラマの☆ランクは、五つ以上ありま~す(^-^)v

  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.10/06 11:45分 
  • [編集]

プチ廃人中… 

ピックさん、おはようございます。
このドラマ、すごく面白くて止まらず…久しぶりに睡眠時間を削って観てしまいました(^-^;

いいドラマって、ほんとに捨てキャラ(笑)がいないですよねー
逆にダメなドラマは、主役クラスで捨てたくなるけど(笑)

ジュンギ君は、やっぱりこういう役が似合いますね。
さすが。女より美しい男ですな。
シフさんも、この役やってよかったですよね♪次に繋がりそう。

で…ムンシク氏!
前から上手い役者さんだなーと思ってましたが、今回はハマリ役でしたね。
何度も泣かされてしまいました(涙)

ラスト、私もヨンイは生きてるのかなと思ったんですが、ボンスンのあの幸薄い感じがちとひっかかります。
タニ&ギョム母がつるんでるのも軽く違和感あったし、ヨンイとシフの関係も…ちょっと描き足りない感じがしますね。
んーでも、最後にあんまり説明されまくりなドラマもまた微妙なので、余韻で視聴者の想像に任せたのかもしれませんね。

次のドラマになかなかいけなさそうなので、しばらくはためてる映画とか観ようかな。
  • posted by agate 
  • URL 
  • 2008.10/06 09:30分 
  • [編集]

 

左上の写真が~~嬉!!
ムンシクさん,もともと上手い役者さんだと思ってたけど,今回のセドルは画面のこっちにセドルのニオイがしそうなくらいに感じたんですよね~あのなまりと,あの歯なしの顔と,やっぱり演技力かな….

手を切られそうになって助かったあと,手首をかくしてて,ヨンイのまえでバンザイしたのが可愛かったです.

でもそういうムンシクさんやウォンジョンさん相手にひけをとらずに演技してたジュンギくんもよかった!
  • posted by komachi 
  • URL 
  • 2008.10/04 22:11分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

>ジュンギssiの顎の角度 最高です!)←さすが変友会の会員だわ!

いいよねぇ~
私はハチマキで目隠しするとき、ドギマギしたわ(やっぱり変友会だよね(笑))

>あれじゃイルジメが父からの言葉などを、信条としてきたものが全て否定された気がするわ!

私もそう思う。
だって、彼が一番の黒幕でしょ?
だったら何らかの形で制裁を加えないと、また第二、第三の犠牲者が出るわけだし…
イルジメもシフも王の血を引いてたわけだから、
この際、シフが王位を継ぐってどうだしょ?(笑)

ムンシク氏、ホントに良かったねぇ~
昨日も科挙の前に飴を持って行くシーン、また見て泣いちゃいました。
あの時歯を隠すんだよね、あの仕草がまたお茶目でホント良かったです♪

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.10/03 15:09分 
  • [編集]

同じです! 

このレビューを読んで、うん、うん全く同じだわ~と納得しました。

なんといっても、あの梅の木の上でのキスシーンは本当に綺麗だった。(ジュンギssiの顎の角度 最高です!)←さすが変友会の会員だわ!
まぁ、この際あのマスクでヨンイだと分からないのか?という疑問は置いておいて・・・(笑)

それに比べて、シフの想いは本当に切なかったね~
>「おまえには俺が目に入らないのか?」というシーン、ホントに切なかった。
あたしゃ、このシーン何度も見ちゃったよ~心の中で、ウンチェに見てやってよ!と叫んだわ!

だから、こんな3人いや、ポンスンも含めて4人の関係があんなに曖昧に終わって欲しくなかったわ・・・・(涙)

>そして一番惜しいと感じるのは、ヨンイとシフの兄弟としての再会。
そうそう、これもね・・・
ひまひまは、兄弟として会話が聞きたかった!どうも、この辺りの描き方が、中途半端だったのが残念だよね・・・

そして、ひまひまが一番の疑問に思っているのが、最後の国王の姿・・・
あれはないよね~あれじゃイルジメが父からの言葉などを、信条としてきたものが全て否定された気がするわ!
ここは、きちんと処理して欲しかった!!

ひまひまも、きっとイルジメは生きていると思いま~す。
(前半はシフくん、後半はジュンギssiと二つが楽しめ、とても得した気分です)

そして、ある意味主役のセドル役のイ・ムンシクssi本当に素晴らしかったです!
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2008.10/02 08:24分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/343-d971492a

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。