新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ちょっとだけ、合ってる?^^;

光州事件


『光州 5.18』

監督 キム・ジフン
出演 アン・ソンギ、キム・サンギョン、イ・ジュンギ、イ・ヨウォン
2008年 韓国

★★★  映画館にて

昨日は、Kさんと新宿で旅行前の話し合いと称して、飲んだくれてきた
でも、その前にKさんが誘ってくれて、ジュンギの出演しているこの映画を見た。

ほとんど前知識もなく、ジュンギを見ようとミーハな気持ちで行ったんだけど、
これ、見始めて、どっかでこれ見たなぁ~というデジャブと、
映画中ずっと戦う羽目になった…

あんまりネタバレないように、書くね♪


普通の市民がいきなり銃で撃たれたり、同じ国民同士がいきなり戦争みたいになってしまう、、、
な、、、なに?、、一体何をやってるんだ、この人達は!!
と、以前も思った記憶がある。

で、懸命に自分が過去に見たドラマを思い返した。
特にこういう戦争っぽいやつ。。
その代表作が「ソウル1945」だけど、あれはもっと前。
グッキも同じ頃、ファッションは、朝鮮戦争の頃、、、
あ~何だろう、、と思ってるうちに、映画も半ばになって、ようやく思い出した。
あの、凄まじい眠気とたたかいながら見た「砂時計」。
確か、あのドラマでミンス氏だったか、木綿豆腐だったかが、
ちょっとその事件に絡んだような、そんな記憶がおぼろにあるんだけど…違ったっけ?

相変わらず私には苦手分野の話。
でも、この映画やこういう歴史を背負う韓国という国を知れば知るほど、
何で、この国ばっかりがこんな目に遭うんだろ、と悲しい気持ちになった。
1980年なんて言ったら、私は結婚前の青春(笑)を満喫してる頃だった。
すぐ隣の国で、普通の市民達が虫けらのように殺されていく、、、
そんなこと、想像すらしなかったよ

ジュンギは、オオカミの時にも思ったけど、
彼は爽やかな役も、思いつめた若者らしい純粋な役も、どちらもとても良かった。
弟キャラも、とっても似合ってたよ。
サンギョン氏は、驚くほどイルグク氏に似てる。
私は映画はあまり見ないので、お初だったけど、
素朴だけど骨太い良い役者さんだなと思った。
そして苦手なヨウォンさん、彼女はねぇ、、、(-_-;)
少し厳しい言い方になるけど、彼女のシーンだけは、全く泣けなかった。
とにかく「泣き」の演技が、子供がしゃくりあげて泣く、あの泣き方、
ドミ@ファッション、ダルヒ@ポン・ダルヒの泣き方、そのまま。
つまり1パターンなんだよ。

そこが白けてしまったのと、ラストがもう一ひねり欲しかったかな~と思う。
Kさんが「実も蓋もない」と表現してくれたけど、ホントそう。
というより、実際、実も蓋もない事件だったのかもしれない。
そういう意味では、より事実に近い再現映画ということだったのかもしれないけどね。

でも、重い映画ではあったけれど、全く退屈せず見れたよ

さて、その後、いつも行くスペイン料理のお店でKさんと飲みながら、
ロケ地の話し合いをしていたら、Hさんも合流。
去年も彼女に色々教えてもらいながら、計画したので、今回もご指導を仰ぐことに。
相変わらず、話はすぐ脱線するんだけど、昨夜のKさんは特にすごかった(笑)

映画の話のとき、「あの白クマがさ~」と言うので、何だろーと思ったら
ナムの「春の日のクマは好きですか」だったり、
トーク番組に出た親子の話のとき、「あ、、小堺親子でしょ?」と自信たっぷりに言うので、
Hさんに聞いたら「関根親子」だったり、、、
「気に入ったドラマは何度でも見るよ、たとえば『いつか、どこかで』とか」と言うので、
「それ、『いつか、楽園で』」でしょ?」と、Hさんと私は突っ込みっぱなしだった。
気に入ったドラマなら、名前間違えないでよ(笑)

その、ちょっとだけあってる微妙な間違え方、Kさん天才だよ
さて、また旅行、珍道中になりそうだな(笑)

Hさん、遅くまでアジュンマ達のお守、ありがとね♪
  • [No Tag]

*Comment

アビーさんへ 

> ビビアン・リーの演技はともかくとして
> スカーレット・オハラは肝が据わった女性で、一筋縄ではいきませんよ。
> 彼女は、気性が激し過ぎて苦手です。
> 初めて見た、高校生のころは憧れもありましたが
> この年になってみると、彼女の強さはまわりを疲れさせると思うようになりました。

今見るとどうなんでしょう?
でも私は当時あの激しさにあこがれて、スカーレット・オハラが大好きでした。
あの大作を原文で読んだほどです。
特に好きなのが、あれほど嫌っているメラニーのお産の面倒をみるところ。
彼女の凄まじいほどの生活力やたくましさに感服しました。

> ヨウォンさんは子持ちなのに子供っぽいんですよね、何故でしょう?
> 顔立ちや体型はすごく大人びているのに、ギャップがありますよね。

そうなんですよ、彼女はなぜに子持ちの雰囲気がないのか?
本当に子育てしてるのかと疑いたくすらなります。

今後、そういった雰囲気が出せるようになると、また見なおせるのかもしれませんが…
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/16 00:05分 
  • [編集]

懐かしいなぁ 

ビビアン・リーの演技はともかくとして
スカーレット・オハラは肝が据わった女性で、一筋縄ではいきませんよ。
彼女は、気性が激し過ぎて苦手です。
初めて見た、高校生のころは憧れもありましたが
この年になってみると、彼女の強さはまわりを疲れさせると思うようになりました。

ヨウォンさんは子持ちなのに子供っぽいんですよね、何故でしょう?
顔立ちや体型はすごく大人びているのに、ギャップがありますよね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/15 22:24分 
  • [編集]

アビーさんへ 

> 「砂時計」で予備知識はあったものの、30年足らずの過去に
> ここまでの不条理な殺戮があっていたなんて、本当に驚きました。

ホント、そうですよね。
なんだかすぐ隣の国で、しかも自分が生きてる時代にこんなことが起こってたってことが
信じられないですよ。

> そして、誰よりもアン・ソンギ氏の圧倒的なカリスマ性。
> 元軍人でありながら、彼から滲み出る温かみは素晴らしかったです。
> 「芸能界の若手が目標にしてる俳優」だと知っていましたが、改めて納得しました。

私も思いました。この俳優さん、かっこいいなぁ~って♪
今まであまり見る機会がなかったんですが、本当に存在感があってしかも品があり、
とても素敵だと思いましたよ。

> この映画でのヨウォンさんは、それほど甘ったるくなくイヤではなかったです。
> 図らずも人を殺してしまったら、あんな風に泣くんじゃないでしょうか?

古い話ですが、「風と共に去りぬ」のビビアン・リーも家に入ってきた兵隊を撃ち殺す場面がありますが、
あんな赤ちゃんみたいな泣き方でしたっけ、、、
人って突然の思わぬ出来事に遭遇したときって呆然とすることもあるのでは?
あの女優さん、ポンダリの時もドミの時も泣く場面はいつもああいう泣き方なんですよ、、、
泣きの演技以外は、そんなに嫌いじゃないんですが、、、

来月から始まる「善徳女王」が彼女主演なんですよ。
楽しみにしている作品なので、克服できるといいんですが。。。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2009.07/15 21:36分 
  • [編集]

遅ればせながら 

見ましたよ~。

サンギョン氏、「世宗」「インビテーション」に次いで3作目。
やや太ってダサい感じに役作りしてましたね。
(光州って田舎都市でしょう?)

「砂時計」で予備知識はあったものの、30年足らずの過去に
ここまでの不条理な殺戮があっていたなんて、本当に驚きました。

2時間の尺いっぱい、全く退屈しませんでしたね。
兄も良かったし、弟も可愛かったです。
そして、誰よりもアン・ソンギ氏の圧倒的なカリスマ性。
元軍人でありながら、彼から滲み出る温かみは素晴らしかったです。
「芸能界の若手が目標にしてる俳優」だと知っていましたが、改めて納得しました。

この映画でのヨウォンさんは、それほど甘ったるくなくイヤではなかったです。
図らずも人を殺してしまったら、あんな風に泣くんじゃないでしょうか?
好きな人が死地に戻るのを見送る時の泣き方は、確かに工夫が足りなかったかな。
今後の課題ですね。


  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2009.07/15 17:15分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

>韓国は、やはり、近くて遠い国?って感想でした。
理解の域を超えてます。

やはり隣国であっても全く日本とは異質の国ですよね。
たまたま大陸に位置していた、というだけのことで、
これだけ違った歴史を歩まざるを得なかった韓国という国が何だか哀れです。

>サンギョン氏は地味で、素朴で、そこがこの映画にはピッタリだと思ったし、

ですよね。
私も彼はいいな、と思いました。
今度「世宗大王」やるんですよね、彼で。
楽しみです♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.06/26 12:35分 
  • [編集]

見ました! 

ひたすら、怖かった~~~。
怖すぎて、泣けなかった。。。

頑張って見ましたが、ちょこっと早送りしちゃったとこもあり・・・(ごめんなさい)。

韓国は、やはり、近くて遠い国?って感想でした。
理解の域を超えてます。
・・・っていうか、理解しなくてもいいのか?
ただ、こういうことがあった、って知るだけでOKなのかな?

サンギョン氏は地味で、素朴で、そこがこの映画にはピッタリだと思ったし、イ・ジュンギ君も、いい演技だったと思います(でも、ちょっと学ランがピチピチ?)

ラストの写真、花嫁だけが笑ってないのが、
とっても哀しかった・・・。
ここが写真ではなくて、(もし、こんなことがなければ実現してたんだろう)映像が入ってたら、泣けたかも。
  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2008.06/23 13:31分 
  • [編集]

やよりんさんへ 

初めまして。

>さて、質問なのですが、「ソウル1945」と
「モレシゲ」のDVDを持っているのですが、
どちらを先に視聴したほうが、内容がわかりやすい
でしょうか?

時代が重なってないので、どちらを先にご覧になってもあまり変わらないような気がしますが、「ソウル1945」」の方が時代が前ですし、内容もわかりやすいですよ。

ただ、どちらも重い内容なので、同時視聴はされない方がいいかもしれません。

またご覧になったら、感想お聞かせください♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.06/01 19:35分 
  • [編集]

minoさんへ 

>でも初めに「この映画は事実を描いています」とあり、最後にソンギ氏の娘がマイクで「皆さんこれを忘れないで」で終了・・まさに「事実を描き、世界中に記憶していて欲しい」の目的の映画ですので、それでいいのでは・・と思うんですが。

私もそう思います。レビューにも書きましたが、
実際「実も蓋もない」事件だったんだと思います。
だからこそ、当時はマスコミも事件を隠蔽したんだろうし…

>この映画での新たな驚きは、一般市民が武器庫を制圧後、武器を見て、「コレは○○、コレは△△」だの「ひゃ~、これをぶちコンこんだら、一発で勝ちだ」だの即その使用能力があり、即戦力になれるということでした。徴兵制度の凄さを改めで考えさせられた次第です。

私もそれは感じました。
だから常にそういう土壌がある国なんでしょうね。
そういう意味では、ああいう流れになるのも日本よりはあり得ることなのかもしれませんが、
それでもショックでしたよ。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.05/29 17:34分 
  • [編集]

 

はじめて、コメントします。
私も来週、この映画を観る予定で楽しみに
しています。
さて、質問なのですが、「ソウル1945」と
「モレシゲ」のDVDを持っているのですが、
どちらを先に視聴したほうが、内容がわかりやすい
でしょうか?
教えていただければうれしいです。
  • posted by やよりん 
  • URL 
  • 2008.05/28 11:45分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>ポスターのウンヒョクみたいな顔の人が
ジュンギ君でしょうか?
学生服を着てる人です。

そうですよ。彼はとってもかわいかったです♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.05/26 22:06分 
  • [編集]

かよこさんへ 

>その理由が菊って昔の女中さんみたいに、
切ないイメージがあるからだと!!!!
変態の会・会長らしかぬ乙女チックな発言でした

私、そんなけなげなこと言ってた?(さあ、この文字はどうすれば出来るでしょ?(笑))
しかし、女中菊だとずっと思ってましたよ(恥)
さすがおさむの母でしょ?^^;

白巨の大学病院、あれはセットなのかな?
もし舞台があれば見に行きたいんだけど。。。


  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.05/26 01:41分 
  • [編集]

ひろんさんへ 

>映画鑑賞で消耗したせいだと言い訳説明してましたが、いやぁ、可笑しかった。私も旅行にくっついて行きたい気分ですよん。

ホント、すごかったよねぇ~(笑)
でも私も電車に乗った途端、爆睡でした。
アジュンマには映画+v-275は疲れるみたいです^^;

来年くらいにはぜひ私たちを旗持って引率してくださいませv-82
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.05/26 01:34分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>モレシゲっていうのだよね。 森繁か?

アハハ、でも私もこの言葉を聞いた時、同じことを連想した記憶があります。
さすが義兄弟(姉妹?(笑))

>楽しい旅行になりますように。ってなるに決まってるよね。なにしろメンバーが、、、、

ありがとうございます。
今回は女王様が一緒なので、夜のソウルも満喫できればと(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.05/26 01:31分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

>私も、実はこういう重たい映画(ドラマも)苦手で、あんまり気が乗らなかったりするんですよね。。。

確かにそうなんですけどね、、、
ただ、メッセージ性は強い映画だったと思いますよ。
でも私はこういう戦争やイディオロギー色の強いドラマだったら、絶対「ソウル1945」を勧めます。
こんなアホな私の脳みそでも十分理解できましたから…
そしてとても心に響く内容でした。

まっすうさんも機会があったらぜひ♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.05/25 02:29分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>光州事件は、紛れも無く「砂時計」です。
兵役中の木綿氏が、市民側のミンス氏たちに銃を向ける構図だったと、おぼろに記憶してます。

やはり!!良かった、何か突然すごい事件がおこって、
そこだけジョンジェが出てないのに、眠気が覚めたような記憶があったんですよ。

ものすごく面白いっておススメの映画というわけではないですが、
決して退屈ではない映画でした。
何度か泣きましたし…
ただ、ドミはv-164でしたね。。。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.05/25 02:25分 
  • [編集]

 

ビッグさん、私も見ていい映画と思いました。

>実も蓋もない・・そうですね。でも初めに「この映画は事実を描いています」とあり、最後にソンギ氏の娘がマイクで「皆さんこれを忘れないで」で終了・・まさに「事実を描き、世界中に記憶していて欲しい」の目的の映画ですので、それでいいのでは・・と思うんですが。

光州事件の名は知っていたものの、本当に今更ながら、最も近い国でこの近年にこんなことがあったのか、そしてそうならざるをえなかった国とは・・・と驚きです。

この映画での新たな驚きは、一般市民が武器庫を制圧後、武器を見て、「コレは○○、コレは△△」だの「ひゃ~、これをぶちコンこんだら、一発で勝ちだ」だの即その使用能力があり、即戦力になれるということでした。徴兵制度の凄さを改めで考えさせられた次第です。
  • posted by mino 
  • URL 
  • 2008.05/24 13:40分 
  • [編集]

泣く演技は易しいというけれど・・・ 

泣き方が綺麗な女優さんと言えば
シム・ウナさんですよねぇ~!
懐かしいなぁ。

ポスターのウンヒョクみたいな顔の人が
ジュンギ君でしょうか?
学生服を着てる人です。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.05/23 20:29分 
  • [編集]

色々と・・・(爆) 

 昨日は映画鑑賞&パソコン講座と実り、多き
1日でした(爆)
 
>その、ちょっとだけあってる微妙な間違え方、Kさん天才だよ

 ピックさん、人の事、言えませんぜ~~!!
菊の話題から除虫菊の話になった時、女中菊だと、
ピックさんが思い込んでいた話もなかなか、
笑わせてくれましたよん♪

 その理由が菊って昔の女中さんみたいに、
切ないイメージがあるからだと!!!!
変態の会・会長らしかぬ乙女チックな発言でしたv-206

 ところで、ひろんさん、文字の上に線引くの、
どうやるか、また、教えてね(笑)

 「光州5・18」なかなか、よかったですよ。
まぁ泣かせようとする意図はあったけど・・・
まんまと乗せられて、ピックさんと私、何度か
すすり泣きました。ハイ!

 アン・ソンギ氏 存在感が凄かったです。
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2008.05/22 22:46分 
  • [編集]

つぎからつぎへと 

びみょ~に間違ってる言葉がどんどん出てましたよねi-179

映画鑑賞で消耗したせいだと言い訳説明してましたが、いやぁ、可笑しかったi-237。私も旅行にくっついて行きたい気分ですよん。i-37
  • posted by ひろん 
  • URL 
  • 2008.05/22 22:12分 
  • [編集]

砂時計 

砂時計 なつかしいな 
モレシゲっていうのだよね。 森繁か?

好きなドラマだったけど、覚えている場面はやはり
光州事件の暴動の場面と、ジョンジェ氏の顔、それとカジノの娘役のコヒョンジョンさんの髪型。

途中からみじかくなった髪型がどうもしっくりこなくて、最後まで悩まされたからね。

楽しい旅行になりますように。ってなるに決まってるよね。なにしろメンバーが、、、、
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.05/22 21:47分 
  • [編集]

いいなぁ~飲み会(^^)v 

史劇好きのチャゲママさんが、昨年からすっごく楽しみにしてて、さっさと先に見て、私に「ぜひ見て!」って言われるんですけど・・・v-390
私も、実はこういう重たい映画(ドラマも)苦手で、あんまり気が乗らなかったりするんですよね。。。

キム・サンギョンさん、昔イ・ヨンエの「真実のために」で新人の検事さん(?)の役をされてて、そのときはもっと細面でイケメンv-345だったのですが、(この写真を見る限り)ずいぶん変わられた???

気になるから、やっぱり映画を見なくちゃ(笑)

Kさん、私の周りの皆さんも似たり寄ったり(私も含めて)だから、安心してくださいv-392
  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2008.05/22 21:21分 
  • [編集]

見るべきか?否か? 

あぁ、もう見られたんですね。
私もジュンギ君見たさに行こうか、でもドミだしなぁ~って迷ってました。

光州事件は、紛れも無く「砂時計」です。
兵役中の木綿氏が、市民側のミンス氏たちに銃を向ける構図だったと、おぼろに記憶してます。

あのドラマは、光州事件そのものよりも
ジョンジェ氏演じる用心棒ジェヒの献身愛に、目を奪われてましたからねぇ~。^^;
不良視聴ですよ。

>ちょっとだけあってる微妙な間違え方、Kさん天才だよ

うちの夫も同じような間違え方をします。
惜しい~っ!って感じ。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.05/22 21:07分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/294-15aa9d5a

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。