新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

白い巨塔 18

白い巨塔18


あ~ダメだ、、ラストを待たずしてこんなに涙が出ちゃうと、
あと2話どうなってしまうんだろう。。。

ついについにジュンヒョクが。。。(泣)

前のレビューにも書いたけど、この韓国版では、
脚本家はとてもジュンヒョクよりの描き方をしていると思う。
というのは、ちょっとしたジュンヒョクの会話がとてもウィットに富んでいて、
クォンの誤診裁判さえなければ、あらゆる面でとてもバランスが取れているとすら感じさせる男だからだ。
オペ中の助手達との会話、CTの検査技師との会話、
そういう時に人を和ませ、しかも知的で、実に魅力的な一面が垣間見れるのだ。

裁判はクォン側の勝訴となった。
しかし、私は普段のジュンヒョクの一面と、
そしてジュンヒョクの病気を知った部下達の行動を通して、
ジュンヒョクが決して出世や野心だけで突っ走ってきたわけではない、
ということを感じてしまう。
死ぬかもしれない上司を気遣って、運転を代わるほど忠誠を尽くす部下達なのだ。
その繋がりは、決して損得勘定だけの関係ではない。
田宮版でも、財前が死んだ時、講師の佃が号泣しながら廊下を歩くシーンが印象的だった。

たった一度のミスが致命的になったジュンヒョク。
しかし部下にも家族にも愛人にも、いつも優しい男だった。
そう思うと、やはり私は財前がかわいそうでたまらなくなる、、、

さて、前回書いた控訴審の証拠だけど、
田宮版では、佐々木の臓器をごく初期の胃噴門部癌ということで保存していたのを、
裁判所が証拠保全命令で取りに来る、というエピだったけれど、
韓国版では、回診時の実習生のレポート、ということにしたようだね。
田宮版は、このレポートの内容が症例会での財前の言葉になっていて、
財前が全く転移を疑っていないことを証明していた。
それを、医局制度の犠牲で、和歌山大学に出向させられる若い医者たちが根に持って、
その症例会の記録を第1外科から盗み出す、という流れだったんだけど、
回数が少ないせいか、ドンイル(柳原)の証言といい、このへんの流れはかなり割愛されていて、
控訴審でなぜ財前が敗訴するのか、そのあたりが少し弱かった気がする。

しかし、ついに倒れたジュンヒョクは胆管癌(-_-;)
胆石の患者の資料を揃えてジュンヒョクに見せる部下たちだけれど、
あまりの腹痛や全身状態の悪さから、疑いを抱くジュンヒョク。
そしてドヨンを訪ねるんだよね、、、

あ~ホント、ヤバイ、、、
CTの検査を受けるジュンヒョクや、教授室で横になるジュンヒョクを見るだけで
もう涙、涙、なんだよ。
私、最終回、大丈夫だろうか、、、^^;
  • [No Tag]

*Comment

アビーさん、ピンさんへ 

>劇中の人々が時折、彼を評して「欠点の多い人物」と言いますが、私にもそうは見えません。

>ジュンヒョクの良いところが凝縮して描かれているんだもん。

韓国版の田宮版より優れた良さ、ってジュンヒョクの人間性をとても魅力的に描いた所でしょうね。
ピンさんもおっしゃってましたが、決して自業自得だと思わせない視線の優しさがあります。
ほんの魔が差したような失策、人間がちょっと陥ってしまうわずかな欲、
才能とチャンスがあったら、誰でもがジュンヒョクになったかもしれないなと思わせる描き方が私はとても好きでした。

ユンジンに関しては、韓国版では彼女を何のために登場させたんでしょうね?
こればっかりは、かなり失敗だったのではないかと思います^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.04/13 23:37分 
  • [編集]

あと一言 

残酷なほど「告知」が当たり前になってる今、
必死に知らせないようにする周りに
不自然さを感じませんでしたね。
やはり、人間は弱いもの・・・告知無くして治療が難しいのは分りますが、隠す優しさを感じました。

私もイの娘ユンジンだけは、どうしても気に入りません。自分の手術をしてくれたジュンヒョクに対する嫌悪感は尋常じゃないです。性格が悪いんでしょうね。
あの両親にして、この娘あり・・・原作の佐枝子はこうじゃなかった。

韓国版は、別物としてもリメイクとして完成度が高いと思いました。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.04/10 18:39分 
  • [編集]

いやぁ ドラマって本当にいいですね 

私も、もうだめです (泣)

ジュンヒョクの良いところが凝縮して描かれているんだもん。
まさに彼のバランスの良い人間性が回りに影響してきた結果のチームワーク。
ただ単に脅していただけではないんだね。

自分の体に疑問を持ったときに、検査をしてくれと訪ねるのが、やはり親友、里美のところ。
この場面も泣けたなぁ。

なんか周りがみんな良い人に見えてきちゃったよ。
ただし、イ元科長の娘はなんか気に入らないよ。

  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.04/10 17:36分 
  • [編集]

素敵な男! 

もはや、財前と言うより、ジュンヒョクとしてのキャラになってますね。
劇中の人々が時折、彼を評して「欠点の多い人物」と言いますが、私にはそうは見えません。
実に、いい奴なんです。
少しぐらい自己顕示欲が強くても、相殺して有り余るほど魅力的な人物です。
しかも腕利きの外科医です。
惜しいですねぇ。(涙)

医局員たちが、彼を気遣うところは本当に泣けました。
尊大なだけの上司だったら、あれほどの気遣いと悲しみは生れないでしょう。
ジュンヒョク率いる外科はチームワークも良かった、それはジュンヒョクの人間性も良いことを物語ってますよね?

>私、最終回、大丈夫だろうか、、、^^;

たぶん、大丈夫じゃないでしょう。

  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.04/10 17:21分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/271-a7b026d4

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。