新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

白い巨塔 15

白い巨塔15


あ~またしても、泣いてしまった、、、

万年筆にインクを入れて、辞職願を書き、荷物を整理して、大学を出るまで、、、
ほとんど台詞のない音楽だけの里見のシーン、、、
良かったなぁ~

本物の男の品格ってこういう姿なんじゃないかと思ってしまう。
現実の残酷さ、厳しさに耐え、自分の行動に責任を取るその姿、
ドンウ@ソウル1945の時にもそう感じることがしばしばあったんだけど、
この孤独に静かに大学を去って行く里見の静謐な人間性に、感動してしまった。


いかに国際外科学会出発前で多忙であったとはいえ、
里見医師の胸部検索に関する再三の要請を無視し、
また術後一度も、患者を回診しなかったことは、患者及び家族の信頼に
応えるべき医師として、著しく責任感に欠け、その点、被告財前は、
医師としての道義的責任について厳しく反省しなければならない!


原作での第一審裁判長の判決文を引用、、、

この、静かな口調ながらも、凛として言い放った判決文が私は忘れられない。
だから敢えて、原作の方をアップしたんだけど、韓国版でも反省を促していたね、
ちょっと弱かったけど…

自らの医学的才能と大学のあらゆる力を結集して、勝訴を導いた財前。
それは里見との明暗の分かれ目でもあった。
でもそんな中でも、裁判所の帰り、里見を車に乗せて、
善処を頼んでおくよ、余計なお世話だ!という二人の会話がとても自然でいい。

田宮版では、裁判になってからの二人の交流がほとんど描かれていなかった。
でも韓国版では、苦学の時代を共にした友である二人が、
こういう事態に遭遇し、思わぬ形で敵味方になってしまった、
そんな二人がどう行動し、どう会話するであろうか、というところが、
とても自然で、また二人の男が好きな私には、たまらなく良いエピなのだ。

しかし、結果的には、里見は大学をやめてしまう。
この時のドンイルの関わり方もとても良かった。
まだ若くて未熟な男らしく、その揺れや苦痛、涙を手の甲で拭いながら廊下を歩く姿など、
やはり男性の作家ならではの、とても『男』というものをうまく描くなと感心。

それは、学生時代、ジュンヒョクと二人で図書館?に忍び込んだ時を思い出すドヨンとか、
ドヨンが座っていた椅子をじっと見て、ドヨンとの日々を思い出すジュンヒョクにも表れていて、
『事』を憎んで、友を憎まず、いかにも男らしい感覚を、
二人の心の結びつきの深さにまで掘り下げて、とてもうまく表現していると思った。

しかし、、、

ジュンヒョクがアメリカ出資の大病院の分院に移る、というエピ。
これはちょっと膨らませすぎなのでは?、、、という懸念が、、、

というのも、田宮版&原作では、この後、財前は学術会議選に担ぎ出されるのだけれど、
それは鵜飼の更なる野心のために利用される、という流れだった。
しかし、韓国版では、財前自身の野心のために、鵜飼を裏切り
更に大きな病院へ移ろうとする、という話になりそうで、、
それでは、財前もまた被害者である、という主題からそれてしまう。
財前は、あくまで里見と一緒で、『白い巨塔』の被害者でなければならないのだから…

まあ、しかし、それも鵜飼より更に大物であるオ学会長からの提案なので、
鵜飼より更に大きな権力から利用されているとも言えなくもないんだけどね、、、

そんな、自分の野心、そして更なる大きな権力からのアプローチ、
そんな中で、そろそろ体調が悪くなり始めている財前…
そして遺族はついに控訴することに…

控訴審のキーマンとなるユ看護師(亀山看護師)が登場だね。
韓国版ならではの新しいエピソードも一杯だし、
最後まで楽しめそうだよ♪
  • [No Tag]

*Comment

ドナルドさんへ 

>田宮・唐沢どちらでもないジュンヒョク・またこのドラマに出てくる人物のそれぞれの描き方にグングン引き込まれています

そうなんですよね。このドラマレビューにも書きましたが、オリジナルエピがとても有効的に使われていて、
演出力のうまさを感じています。
それに役者たちも応えてますよね。

>あの時の声にゾクゾクした私は、おかしいのでしょうか?

おかしくないっすよ(*^_^*)
今度白巨の会しましょ♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.05/10 11:08分 
  • [編集]

いやあ そのとおり! 

>これ、最後まで見て、ミョンミン氏が、唐沢財前でも田宮財前でもなく、ミョンミン氏独自の財前像を作り上げたなぁ~と感じました。

7話ぐらいから、ピックさんおっしゃるように
田宮・唐沢どちらでもないジュンヒョク・またこのドラマに出てくる人物のそれぞれの描き方にグングン引き込まれています

何話めか忘れたけど、ジュンヒョクがフィジョン?(ケイ子)の名前を呼んだシーンがあったでしょう?
あの時の声にゾクゾクした私は、おかしいのでしょうか?
  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2008.05/06 15:45分 
  • [編集]

アビーさん、ピンさんへ 

アビーさん、

ホントにケイ子不在の内容は残念です。
合房があるかどうかすら、微妙な描き方ですもんね、、、

ピンさん、

>里美がコーヒー
プリンスで明るく笑っていたら、えっ?なんて思っちゃうし、

そうなんですよね。私もコプのハンソルは、白巨同時視聴だったので、すごく楽しんで見れました♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.04/02 14:24分 
  • [編集]

頭、こんがらがる~ 

同時期に複数のドラマをみているから、里美がコーヒー
プリンスで明るく笑っていたら、えっ?なんて思っちゃうし、テジョヨンのイ.へゴが商道のチスになったりです。

それがまたなんか新鮮で自分の中で受けていて、一人笑っています。

白巨はお初の感覚でみていますから、財前が病気になるのは知っていても、あとの筋が分らない分楽しみです。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.03/31 22:52分 
  • [編集]

う~ん、変換ミスかよ! 

借りのつもりが仮になり・・・。
ホント、PCって便利だけど厄介だよね。
自分の不注意を棚に上げてるアホのぼやきでした。

>その時、里見と財前が若い頃朝まで症例について話し込んだ、とか、そういう台詞がちらっとあるんです。
覚えておられますか?

ごめんなさい。
全く、覚えてませ~ん。^^;

平成版(見てないのに)、韓国版ともに
花森ケイ子不在の「白い巨塔」ですね。
30%オフって感じですが
そのぶんを補うべく、韓国版は充実したエピ作りもあるので、ぎりぎり相殺してます。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.03/30 22:30分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>彼らの交流は、過去も今も好ましいです。
無二の親友だったんだと思わせます。
ここらあたりの描き方はうまいですよね。

ですよね。田宮版ではケイ子のバーで学術会議に出馬する財前を里見が止める、という場面があったんですが、
その時、里見と財前が若い頃朝まで症例について話し込んだ、とか、そういう台詞がちらっとあるんです。
覚えておられますか?

でもこの韓国版では、同窓でしかも同期の男同士の友情っていうのがとてもうまく描かれてますよね。
このあたりの結びつきをうまく描くことで、最終話への盛り上がり方も違ってくると思うので、
こういうエピはとても私はうれしいです。


>で、私の解釈は鵜飼の影響下に居るのが息苦しい!
教授選での仮がある鵜飼から開放されたいと願ったから、医師会長の誘いに乗ったんじゃなかろうかと。

結局、そうですよね。
鵜飼のバックアップで掴んだ地位ですから、彼の傘下で彼の影響を受け続けなければならない、それが財前は窮屈だったんですよね。
だから私はこのエピも含めて、財前もまた加害者であり被害者なのだと思うようになりました。
彼自身もまた『白い巨塔』というモンスターの一部になっちゃってるんですよね?
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.03/30 14:09分 
  • [編集]

なんか口惜しい 

万年筆のシーン、いかにもって感じでしたね。
いまどき、吸い上げ式の万年筆(カートリッジでもなく)里見らしさに溢れていました。

裁判長の判決文も感動的でした。
医師の本分を見失ってはならないとの戒めは
正論であり、誰もが納得する内容でしょう。

手術は学術会議から帰ってからすれば良かったねぇ。
精神的に余裕のある時にしときゃ、
なんでもない症例(完治は無理でも急死はしなかった)だったのに・・・。

>田宮版では、裁判になってからの二人の交流がほとんど描かれていなかった。

やはり、そうだったんですね。
こんなやりとりあったっけ?と思いましたもん。
彼らの交流は、過去も今も好ましいです。
無二の親友だったんだと思わせます。
ここらあたりの描き方はうまいですよね。

>ジュンヒョクがアメリカ出資の大病院の分院に移る、というエピ。
これはちょっと膨らませすぎなのでは?、、、という懸念が、、、

鵜飼が臨終の財前に「君には無理をさせてしまった」と悔いていたのと合わないなぁと思いました。
で、私の解釈は鵜飼の影響下に居るのが息苦しい!
教授選での仮がある鵜飼から開放されたいと願ったから、医師会長の誘いに乗ったんじゃなかろうかと。
そうやって、考えていくとやっぱり
東教授が、最大の罪作り人なんですよね。(怒)
訳も分らん娘までが、患者側について「よか気色」「よか身分」・・・猛烈に腹が立つ!!!

財前が、医師の基本を怠ったのには違いないんですが
彼の行く手を阻む人々が、うっとおしい。
具合悪そうなのに、それにかまう暇もないくらい多忙な彼が、痛々しいです。
皮肉にも「医療行為で多忙」じゃないのが余計にね。




  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.03/27 23:29分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/265-bd91f903

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。