新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

犬とオオカミの時間 7~13

犬とオオカミ8


いいわぁ~この悪そうな顔

あっしはケイが好き(*^_^*)(詳細は追記で、、、)

いやぁ~このドラマ、表題のところに何て書こうか、困ってしまう。
だって下手なこと書いたら、ネタバレになっちゃうでしょ?
ケイになって記憶を失ったスヒョンが、なんて書けないしね(苦笑)

とにかくドンピシャ、私好み。
こういうハラハラドキドキの展開と人物のギリギリの心理描写が
見ていてすごい充実感になる。

スヒョン、なんと記憶喪失になってしまうわけだ。

自分がスパイだという事実さえ知らない者、
それが最高のスパイだ。


っとチョン部長(イ大人@海神)が重々しく言ってたけど、
自分がスパイだと知らない人間が、何でスパイが出来るの?
っと突っ込みたかったが、まあ、それはいいとして…(笑)
まさにアンダーカバーとして、チョンバンに潜入捜査要員となったのに、
その記憶を失ってしまったスヒョン、、、
っつうことは、マオが母を殺した仇であることさえ、忘れてしまったわけだよ。

しかし、この記憶を失ってから、チョイ悪のケイがあっしは好き。
裏の世界でスマートに仕事をこなし、マオの絶対的信頼を得ていくんだけど、
麻薬を運ぶルートを確保するために、ジウとも仕事をする機会が増えていく。
そんな中で、チョイ悪らしい雰囲気で、ジウと接近するケイ。
スヒョンと同じ顔、同じ姿をしてるのに、明らかに別人というその存在に、
動揺しながら、どんどん魅かれて行くジウ。
婚約してたミンギは、あっという間に、影が薄くなってしまう^^;

このあたりの色々な表情を見せるイ・ジュンギの演技は圧巻。
スヒョンだった頃の生真面目で固い表情、
ケイになってからのチンピラ風情の軟派な表情と実にうまく演じ分けている。

しかし、そんな中で、とんでもないことが起こってしまう、、、

自分がスパイであることを知らないケイに、
何とか、アンダーカバーであること、そしてマオが仇であることを、
知らせようとチョンバン組員の獲捕に乗り出すカン室長。
しかし、逆にチョンバンの組織員ぺ常務に刺され、絶命してしまう。

このシーン、育ての親であることを知らずに、
こういうことになってしまうスヒョンの心中、そして兄弟のように育った男と、
瓜二つの男に父を殺されたと思い込むミンギの憎悪など、
あまりにも凄まじい運命に、涙が出て参った、、、

そしてさらに悪夢のような運命は続く、、、
次はヨンギル刺殺の命令がケイに、、、

ここねぇ。。。
ホントに参った。まさに号泣。
止めの一発を撃とうとしたまさにその瞬間、
銃口に手をかざすジウ。
その姿を見て、自分がスヒョンであるとことを思い出してしまうんだよね。

オレが何をしたと思ってる?

記憶を取り戻してからのスヒョンの慟哭は、凄まじい。
何といっても、育ての親と、愛する人の義父を手にかけようとしたのだから。
そして、実行犯じゃなかったにしても、
そのうちの一人は既にもうこの世にいない。。。

その記憶を取り戻すきっかけが、まさに自分の幼少期の、
あのあまりに悲惨な思い出であったというのが、
このドラマのすごさであり、秀逸さだと思う。
あの場面がこうつながるのかと、私、鳥肌が立つようだったからね。

父を失って、ジウまで奪われつつあるミンギはこの先どうなっていくのだろう。
バルーン(麻薬)を飲まされたあとの、
ギョンホ氏の迫真の演技はすごかったよ。

そして、ジウ自身もまた、ケイ=スヒョンだと気が付いてしまう。
結局、マオだけが知らない元の状態に戻ったわけだけど、
マオがジウ実父だと知ったスヒョンは、マオに復讐できるのか?
そしてその事実を知らないジウがそれを知ったら…

私の涙のツボは、ピョン氏なんだよなぁ、、、
彼って色々悪いことやってるんだけど、
スヒョンを見る目に慈愛があって、記憶を取り戻したスヒョンと
ピョン氏のシーンはもう号泣もんだった。
時々、こういう脇役にすごく涙を誘う人っているよね。
トンパル@ファンジニみたいに…

そしてチョン部長、やっぱり不気味だけど、これで何でもなかったら、
ず~~と疑ってゴメンね、ってことになるね(笑)

  • [No Tag]

*Comment

アビーさんへ 

>ミンギは、サンヒョクよりずっとイケてると思います。
ネチネチ嫉妬しないもん♪

これ、ミンギとジウとスヒョンがドロドロ三角関係にならず、
あくまでスヒョンの復讐を中心に描いた所が良かったですね。
だからとっても男っぽいドラマになったと思います。
(基本的に魔王もそうですが、男っぽいドラマが私は好きなのかも^^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.02/16 00:12分 
  • [編集]

今は、アンモナイトの化石よ 

ピックさん

>冬ソナを思い出すところ、やはり愛がありますね。

ノ~!ノ~!
冬ソナへの愛なんて、1ミクロンも残っちゃいませんって。
ただ、設定を思い出しただけ。
ミンギは、サンヒョクよりずっとイケてると思います。
ネチネチ嫉妬しないもん♪
スヒョンのことをすっごく思ってるヤツだから
嫉妬するより、幸せを願ってやってるだよね~。

>彼、ミスキムのサラ金社長だって覚えてましたか?

あ、そうか!
覚えてませんでした。^^;
そう言えば、愛嬌あるおっちゃんヤクザが居ましたね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.02/12 10:27分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>ミンギ父の刺殺シーン、悲しかったですね。
なんで、この人、殺され役ばっかりなんだろう、好きなのに。

ですよねぇ~
でもそういう役がまた似合うんだよな(笑)

冬ソナを思い出すところ、やはり愛がありますね。

>私もピョン氏、好きです。
不細工おっさんだけど、いいよねぇ。

彼、ミスキムのサラ金社長だって覚えてましたか?
私、あの時からなんかこの人好きだったんですよ(笑)

>ぺ常務が、ものすごくキライです。

このキャラは嫌いですが、
見た目は好きでした(笑)
彼も「あなたを忘れない」という映画の主演俳優ですよね。
新大久保の線路で日本人を助けたあの実話の映画です。

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.02/08 14:50分 
  • [編集]

スヒョンもケイもウェルカム(*^・^*) 

ピックさんのレビューで、すべて言い尽くされています。
すべて、同感です。
本当にジュンギの演技が素晴らしく、乾いた笑い声などリアリティがありました。
ラリったギョンホの迫真の演技でしたね。
彼も成長したなぁ♪

ミンギ父の刺殺シーン、悲しかったですね。
なんで、この人、殺され役ばっかりなんだろう、好きなのに。

顰蹙覚悟で書きますが、途中で
「冬ソナ」を思い出しました。
死んだはずの恋人チュンサンがスヒョン
ようやく婚約にこぎつけた片想いミンギがサンヒョク
ジウ(アリ)がユジン
記憶喪失状態で再び現れるとこまで、似てるんだもん。

ハードボイルド系アクションドラマだけど
メロな要素も多く、親子愛、師弟(?)愛なども良い配分で描かれていますね。
私もピョン氏、好きです。
不細工おっさんだけど、いいよねぇ。

>そしてチョン部長、やっぱり不気味だけど、これで何でもなかったら、ず~~と疑ってゴメンね、ってことになるね(笑)

何考えてるか、腹が読めないもんね。
冷徹だし、計算高いし、疑惑は晴れません。

ぺ常務が、ものすごくキライです。
性格もやり方も、汚い・・・なんでマオは受け入れたんだろう。(マオは悪玉なりに人の道は知ってそうだけど、こいつは組織での上昇志向があるのみ、手段選ばずって感じでしょ?)
彼が、最後に笑ったら許さないよ!!!
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.02/06 21:55分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

>とにかくひまひまは、ミンギ父が殺されたあのエスカレーターのシーンはとても恐かった・・・

私はもう泣けて泣けて、怖いって思うことを忘れてたみたい。
カン室長とかピョン氏とか、脇のおっさんでこれだけ泣くとは思わなかったよ(苦笑)

ホントに直球ど真ん中のいいドラマでしたよね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.01/29 23:19分 
  • [編集]

号泣 

ハードなスパイものでまさか号泣するとはね・・・

このドラマ、ゾクッとするくらい恐いシーンもあり、それがさらに私たちを号泣させるという、とても上手い作りになっていますよね!

とにかくひまひまは、ミンギ父が殺されたあのエスカレーターのシーンはとても恐かった・・・
でも、これがあってこの先がいきてくるんだものね~

まさにエンターテイメントだわ!
イ・ジュンギssi の上手さはもちろん、ギョンホssiの上手さにも脱帽しました。
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2008.01/28 23:30分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/230-ce175ebb

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。