新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

白い巨塔 3

白い巨塔3-1


さて、いよいよイ・ミングク(菊川教授)役のチャ・インピョ氏登場。
学会の質疑応答のジュンヒョクとミングク、見応えがあります(^^)v

そして、、、

韓国版白い巨塔、私は唐沢版よりず~と好きだなぁ~♪


白い巨塔3-2


万が一そんなことになったら、私も黙ってやられたりはしません。。。

これ、白巨ファンなら忘れられない財前の台詞。
東から、後任教授として「君を推そうにも推せない支障が起きたらどうする?」
と聞かれた時の、財前の応え。
原作では、

万一、そんな時には、泣き寝入りをしないような方策を考えますでしょう。

この時の田宮財前の慇懃無礼な演技、忘れられないな。
正面きって双方がお互いの胸に引き金を引いたまさにその瞬間だと、
原作は書いている。

この韓国版を見て感じるのは、こういう台詞の脚色の仕方が、
四分の一世紀を経た現代に、とてもマッチしているということ。
そしてミングク(菊川)とジュンヒョクの、まず出会いの導入部分も、とても自然でいい。
これは、田宮版より、私は気に入っている。

そして、この二人だけじゃなくて、全体的にこの韓国版の脚本家は、
原作をよく研究してるんじゃないかなと、感心する。
つまり、原作の里見や大河内とはどういう人であるか、
何を大切にしている人か、そういうことをしっかり理解した上で、
それを現代風にしっかり脚色しているのだ。

たとえば、里見は、原作では血液の反応からガンを見つける、
今で言う「腫瘍マーカー?」のような研究をしていたようだけれど、
唐沢版では、彼が何を目指しているのか、最後までよくわからないままだった。
しかし、この韓国版では、里見は「ガン細胞の培養」の第一人者として、
企業のバックアップを要請しようとしている。
しかし、それをウ・ヨンギル(鵜飼教授)により阻まれてしまい。、
非公式に援助する、という企業の申し出を、「きちんと公式になったらお願いしたい。」
と、断るんだよね。そういう里見らしい筋道の示し方を、
現代風にアレンジしたエピの中で、きちんと描き、
現代の味付けの中で、しっかり里見の個性が立っているのだ。
そこが、見ていてとても気分がいい。

唐沢版を見ているときに、反唐沢版の人々に対して、
時代が田宮版のときとは違ってるんだから、色々変わってきても仕方がない、
という意見がかなりあった。しかし、、、

大切なもの、いいものは、時代が変わっても決して変わらない

っと私は思う。
その部分を大切にできるかどうか、それが唐沢版には、完全に欠落していた。
しかし、韓国版は、その大切な変わらない部分をしっかり残している。
そこに作り手の感性を感じるのだ。

その原作のもう一つの大切な部分、、、財前の弱さ。

ジュンヒョクを地方に飛ばす、というウ・ヨンギル副院長(鵜飼)と同窓のユン・ピルサン(岩田医師会会長)。
このピルサンとジュンヒョク舅が繋がっていて、
ピルサンからの圧力で、ヨンギルを一気にジュンヒョク派に引き入れて行く。
しかし、ピルサンを接待する中で、ふと虚しくなるジュンヒョク。
彼の中に残る僅かな医師としての良心、それがふと蘇った時、
会いたくなるのは、やっぱりドヨン(里見)なんだよねぇ~

私はこの弱さをふと、里見に見せてしまう財前が好きだ。
そして財前がどんなに汚れて医師という姿から遠ざかっていっても、
医師としての信念を彼に語り続ける里見がとても好きだ。

確かにギラギラした野心の塊、というには、ミョンミン氏は優しすぎる。
そして、ソンギュ氏は若干活舌が悪い。
でも何ていうか、原作の財前、里見を大事に描こうという、作り手の謙虚さが、
すごく伝わってくる。
だから、ちょっと楽しみになってきたな♪

ケイ子、佐枝子は相変わらず全然存在感ないけどね…^^;

  • [No Tag]

*Comment

かめさんへ 

>これ、毎週見たいんですけど時々お休みがあるんですよ。

え?そうなんですか?
うちもBSはレコーダー経由で見れるんですが、
コマーシャルが多いので、ほとんど見たことがないです。
カットも結構あるのでしょうかね?

>それから一話の区切りも、ピックさんがご覧になったものと若干違うみたいですね。

地方で放送されてたものも話数が違ってました。
CM分をカットしないで話数を増やしたのかもしれません。
でも、途切れ途切れに見ても、感動しますよ♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.06/15 00:15分 
  • [編集]

面白いのにな~ 

これ、毎週見たいんですけど時々お休みがあるんですよ。
先週もお休み。
来週もベイスターズの試合があると放送中止とありましたv-395

それから一話の区切りも、ピックさんがご覧になったものと若干違うみたいですね。

ケイコ役はそういう印象なんですね。
このドラマでは、何も言わずに黙って聴く愛人って感じで、私の中ではフィットしています。

では次回は再来週にv-222
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2008.06/14 20:34分 
  • [編集]

アビーさんへ 

でしょ?
ヘスさん、いいですよね~
それこそ、包容力を出せる女優さんだと思います。
残念、、、^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.02/13 15:06分 
  • [編集]

ビンゴ~!!! 

いいですね!
ヘスさん、イメージに合ってますよ。
3要素をすべてクリアしてますね♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.02/11 19:44分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>適切なアレンジが
オリジナルとしても楽しめるし、リメイクとしてもがっかりさせない脚本だと思います。

そうなんです。このアレンジの仕方にとてもセンスを感じるんですよ。

>財前はケイ子にも見せてたでしょ?
妻には決して見せない弱さを彼女にだけは見せてましたよね。
男が、ふと見せる弱さって、女心をくすぐるのよねぇ。

そうなんですよね。よくケイ子のマンションに行って、
学内の話や里見の話をするシーンがありました。
その時にケイ子が本当のこと、財前にとって、耳に痛いことをずけずけ言うんです。
それに「嫌なことを言うねぇ~」と言いながらも、
腹を立てず、本音で話す二人が面白かったんですが、
その部分は大幅にカットしてますね。
韓国版は恋愛的な要素より、男同士の対決や社会的な部分をより強く描いているようです。

>ミョンミン氏、好演してると思いますよ。
今の時代、田宮氏ほど野心むき出しの演技をしたら
不自然でしょう?あの頃は最高でしたが・・・。

そうなんですよね。
私もレビューに書きましたが、あの時代の演出や演技をそのまま持ってきたら、
過剰すぎて滑稽になってしまいます。
実際、唐沢版が放映されているときにも見直したんですが、
結構田宮版は笑えるシーンが一杯ありますよ(笑)

>ソンギュ氏、「千年の恋」からは想像もつかないキャラを頑張ってますね。生真面目な学究肌を過不足無く演じてます。しかも患者の側に立つ医師像として、受け入れられますよ。

彼、いいですねぇ~
とても里見というキャラを好演してると思います。
あまり欲張らず自然体なのがいいなぁ~

>ケイ子役は美人じゃなくてもいいから、適度な母性、知性、妖艶さが必要なのよ。

誰がいいんでしょうねぇ~
それこそヘスさんなんかいいような気がしますが、
いかがでしょ?
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.02/11 16:47分 
  • [編集]

今のところ、良好なり♪ 

ピックさん

>韓国版は、その大切な変わらない部分をしっかり残している。そこに作り手の感性を感じるのだ。

私は、唐沢版を見てないし、田宮版をところどころ忘れてるので正確なことは言えませんが、
韓国版の作りは良いですね。
適切なアレンジが
オリジナルとしても楽しめるし、リメイクとしてもがっかりさせない脚本だと思います。

>私はこの弱さをふと、里見に見せてしまう財前が好きだ。

財前はケイ子にも見せてたでしょ?
妻には決して見せない弱さを彼女にだけは見せてましたよね。
男が、ふと見せる弱さって、女心をくすぐるのよねぇ。
(あくまでもドラマの世界だけのことですが^^;)

>確かにギラギラした野心の塊、というには、ミョンミン氏は優しすぎる。
そして、ソンギュ氏は若干活舌が悪い。

ミョンミン氏、好演してると思いますよ。
今の時代、田宮氏ほど野心むき出しの演技をしたら
不自然でしょう?あの頃は最高でしたが・・・。

ソンギュ氏、「千年の恋」からは想像もつかないキャラを頑張ってますね。生真面目な学究肌を過不足無く演じてます。しかも患者の側に立つ医師像として、受け入れられますよ。活舌までは気付きませんでした。(笑)


>ケイ子、佐枝子は相変わらず全然存在感ないけどね…^^;

確かに言えとります。
佐枝子は我慢するとして
ケイ子、なんとかなりませんかねぇ~?
あんな涼しげ系でなくて、濃い系の女優・・・
まさか、ヤン・ミミを持ってくるわけにもいかないけどさ。
ケイ子役は美人じゃなくてもいいから、適度な母性、知性、妖艶さが必要なのよ。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.02/09 21:14分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/210-ced2517c

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。