新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

京城スキャンダル 14~ラスト

京城スキャンダル ワン&スヒョン


はい、撮影風景のジファン君とジン氏。リュ・ジン氏って意外にお茶目♪(笑)

最後まで見終わりました。いいドラマだったよぉ~
盛り上がりが遅い、ということもあったので、若干地味ではあったものの、
しかし、最後の数話はすばらしかった。

そして、、、

リュ・ジンにあっしはプチ惚れしたわぁ~

いやぁ~韓ドラってホント不思議。
あの「夏の香り」の時の、変態拉致兄ちゃんと、時を経てこんなめぐり合わせになろうとは!!
今年は俳優リュ・ジンを見直すいい年になったなぁ~♪


京城スキャンダル スヒョン3 


まずね、こういうドラマや「ソウル1945」を見て思うこと…
もちろん、作り手が韓国だから、多少の誇張はあるとは思う。
しかし、韓国がこれほど反日感情を持っているということ、
そして日本人は、敗戦国にも関わらず、反米感情を持っていないということ、
それを考え合わせてみると、日本が当時、いかに朝鮮に対してひどいことをしたか、
ということを、やっぱり考えさせられてしまう。

本当にバカだったから、国まで上納したんだ。
尻尾をふって日本の統括を受け入れたら、最後まで忠誠をするべきだ。
恩知らずな朝鮮人野郎め……


日本人警察上層部、山下の言葉。

当時の朝鮮半島を統括していた日本人の、朝鮮への蔑視というのは、
すさまじいものだったようだ。それは、
朝鮮という国と民族から、人間としての尊厳を取り上げてしまう
というひどいものだった。
しかし、国を失う、ということは、人間じゃなくなる、ということなんだろうか?
アメリカが戦後、日本をある意味「統治下」に置いた時、
もちろん、各地でこれと似たようなことがあったことは否めない。
しかし、国全体の方針が日本の朝鮮へのそれとは根本的に違っていたはず。
だからこそ、日本人は、敗戦国にも関わらず、属国意識を一度も持つことなく、
ここまで平和に安穏と、暮らしてこれたわけだ。

しかし、朝鮮人の心には、大きな傷を残してしまった。
それは苛められた人の心に残る傷と一緒だ。

時代の悲しさ、と言ってしまえば、それまでだけど、
私は日本もまた、弱い国だったのだなぁ~と、どうしても思ってしまう。
朝鮮を包みこめるほど、大きくはなかったということだ。
その歴史的汚点は、認めたくなくてもやはり直視しなくてはいけないだろう。
だからこそ、韓国で「ソウル1945」やこういうドラマが生まれるのだから。
そして、今、こういうドラマで楽しませてもらえて、感動出来る我々は、
韓国に対して日本の非をしっかり認めないと、なんだかフェアじゃない気がする。

こういう皆を狂気にした時代、、、
国が弱く、決して何もしてもらえず、守ってはもらえない時代。
そんな時代でも、どう生きるか。。。
後半の数話は、スヒョン、ワン、ソクジュ、ヨギョンの主要4人だけじゃなく、
ガングやイノらのように、底辺の人々の狡さ、苦しさ、そして弱さもまた描いていて、
すごく見応えがあった。

ガングが滅茶苦茶にワンをなぐるシーン、
裕福な親の庇護のもと、何もせずただ流されて生きてきたワンのような金持ち達、
おまえたちのせいで朝鮮が弱くなった!!
これは、大嫌いだったガングに、唯一説得力があった言葉だ。
だからといって彼の生き方を、決して肯定はできないまでも、
貧しさのゆえに、妹を売らなければならなかったガング。
優秀で将来を嘱望され、それこそ村では、ウンヒョク@ソウルのような存在だったのだろう。
そんな彼の中にも、時代さえ許せば、違う生き方があっただろうに、という
時代に対して、国に対しての怒りが感じられて、
ヨギョンが「ウラボニ!!」と叫んだ時、我に返るあの場面は見応えがあった。

京城スキャンダル ソクジュ3 


さて、何と言ってもラストのこの4話の主役は、スヒョンとソンジュだろうなぁ~
申し訳ないけど、ワンとヨギョンの恋愛は、それなりにかわいかったけど、
もうスヒョンとソンジュのヘビーな愛の前では、ままごとのようでね、、、
あっしは最後までスヒョン目線だった。
だから、、というわけじゃないんだけど、スヒョンを死なせてやりたかったなぁ。。。
だって、スヒョン、これからどう生きる?
ず~とず~と愛していたソンジュとようやく結ばれて、
つかの間の(ホントにたった一晩の)幸せを得たその翌日、
自分の目の前で、愛する人が銃弾に倒れてしまう、、、
もう、このときのリュ・ジン氏の顔がさぁ、、、
すんごく泣いてしまった、、、
お互い銃を向け合ってるんだけど、それはお互いの命を守るために向け合ってるんだよね。
その、君だけは、あなただけは、何とか助けたい、というギリギリの思いが伝わってきて、
そしてその均衡をやぶったガングの一撃のあとも、
どうにも出来ないスヒョンの目がねぇ。。。
しかも、ソンジュが本当にきれいで美しくて、カッコよくて、
最期の衣装らしく真っ白なドレスを血に染めて、死んでいくのが、惚れ惚れするほど美しくて、、
だからだから、スヒョンにはやっぱり最後の襲撃で死んでもらいたかった。
このまま生きながらえるのが、あまりにかわいそうでね…

それともう一つダメだしは、大好きなモンリョンアボジだけど、
いくらオマヌケキャラだとしても、ヤツは殺さないと…
そしてあの舞台。最後の襲撃のわりには、あまりにお粗末。
もう少し大胆で大がかりな襲撃を最後にもってきてもらいたかった。
ちょっとこのあたりに盛り上がりが欠けるかな。。。(まあこういうところが韓ドラらしいけど)

でも、「ソウル1945」ほどの大規模な長編ドラマではないけれど、
ちゃんと時代の残酷さ、悲しさが伝わってきて、
またそう生きざるを得ないさまざまな人々の立場や考えが、
とても説得力があって、やっぱり韓ドラって奥が深いと最後は感心してしまった。
ジファン氏、ジン氏、ゴウンさん、ジミンさん、素敵なドラマをありがとう♪

でも、山下役のフィリップ@ソウルメイト(またこの俳優の名前知らないんだ、ごめんm(__)m)、
うまかったねぇ~
ソウルメイトの軟弱boyとは真反対の役で、すばらしかったよ\(◎o◎)/!
  • [No Tag]

*Comment

まっすうさんへ 

> 2年半も前に「楽しみです」って言っていたとは・・・。
> すっかり忘れちゃってる自分が怖いです。

2年なんてまだまだ、、、
昨日のことも忘れますからね(^_^;)

> ソウル1945もそうでしたが、人がたくさん殺されるドラマが苦手なのかしら?
> (史劇は大丈夫なのが、ちょっとナゾなんですが)

Hさんもダメだって言ってました。
戦争の残酷さのために、罪のない人々が殺される描写が確かに多いんですよね。
でも不思議なことにそれだからこそ、私はソウルには胸を衝かれることが多かったです。
スキャンダルはそういう意味では少し中途半端でしたね。

> あ、でもハン・ゴウンさんとリュ・ジンさんは文句なしに素敵でした!

この二人を使っているので惜しいですよね。
ホント、抒情的な雰囲気を出せる素敵な俳優たちです♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.07/04 17:34分 
  • [編集]

びっくりっ(@@ 

私、この記事にコメントしてたんですね(汗っ)
最初に名前が出てて、自分で驚いちゃいました!

2年半も前に「楽しみです」って言っていたとは・・・。
すっかり忘れちゃってる自分が怖いです。

さて、本題ですが
昨日見終わりました!
・・・で結論なんですが
「あまりハマらなかった」んです。

ソウル1945もそうでしたが、人がたくさん殺されるドラマが苦手なのかしら?
(史劇は大丈夫なのが、ちょっとナゾなんですが)
あ、でもハン・ゴウンさんとリュ・ジンさんは文句なしに素敵でした!

  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2010.07/01 11:34分 
  • [編集]

ドナルドさんへ 

亀レス申し訳ないですm(__)m

>抱き寄せたいと思うあの感情を
ぐっとこらえる男の表情はいいもんですねえ

いいっすねぇ♪
男が我慢をしてるときの表情ってのはたまらんです。
変態意欲をそそりますよね(笑)v-238

>あとチャンジュ@ソウルとかぶるガング

ホントだ!!確かにかぶるキャラですよね。
このドラマはこの時代を描くには短すぎたので、若干軽い印象はあるんですが、
でも時代に翻弄された色々な人々をそれなりにうまく描けていたと思います。

>このドラマは、スヒョンとソンジュの二人に尽きるかなあ

ですよね。ゴウンさんがホントに綺麗でしたね♪
リュ・ジン氏もハマり役でした。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.06/12 19:52分 
  • [編集]

見終わったあ! 

最後の数話は、私もイッキに見ました

このドラマは、スヒョンとソンジュの二人に尽きるかなあ
合房があってホッとしましたよ
感情を抑えたままでは、あまりにも切ないじゃないですか

あとチャンジュ@ソウルとかぶるガング

人格までが歪んでいく彼のような人間は
たくさんいたんだろうな
この役者さん
いやらしい感じが秀逸でした

そしてカン・ジファン君
彼のシャツと帽子のリボンに目がいき
ピンさんがいういい体には
ほとんど目がいかなかったのです(>_<)




  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2008.06/12 09:28分 
  • [編集]

やっと話が動いたねえ 

13・14話よかったあ

スヒョンも私はお初です
あの日活映画のような面立ちには
心はざわつかないけれど
ソンジュ治療を受けているときに
手をぐっと引き寄せたときのあの間は
なかなかですi-80

抱き寄せたいと思うあの感情を
ぐっとこらえる男の表情はいいもんですねえ

  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2008.06/08 11:03分 
  • [編集]

かよこさんへ 

>この二人をもっと掘り下げてドラマを作ってほしかったと、思う程です。

私もそう思います。
前半、結構タルイ部分も多かったのでなお更その辺をもっと深く描けたのになぁ~と残念。
そうすれば、その対比のペアとして、
ワンたちももっと生きたのになと思います。

> リュ・ジン氏、あんなに七三分けの似合う人、いないですよね

そうなんだけど、今見てる「めっちゃ大好き」というドラマでは、
素朴な医師役で、ボサボサの髪型だよ。
彼はソドンヨでも良かったし、すごく演技のうまい人ですね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.03/24 12:13分 
  • [編集]

ソンジェとスヒョン 

 
 ピックさん、こんにちわ!

 私もこのドラマはソンジェとスヒョン無きにしては、語れないわ~~。この二人をもっと掘り下げてドラマを作ってほしかったと、思う程です。 ちょっと、辛口になるけど、どうも私はヨギョン役の女優さんが苦手・・「復活」の時もそう感じたんだけど、ブリッコ的な演技に引くんだよね~~。
 
 ドラマの始めは伊達男のワンと
ヨギョンの恋物語だったので、政治的背景はあまり感じないで、視聴してました。

 ピンさん、ピックさんのおっしゃる通り、ラストは二人が空高く
飛び跳ねたところで、終わったほうが、粋でしたね!! 

 リュ・ジン氏、あんなに七三分けの似合う人、いないですよねv-10v-10
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2008.03/15 14:53分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

>ひまひまはこのドラマはあくまで恋愛物ととらえていて、いわゆる思想的なものはオマケだと以前にもいいましたが、そう思ってみるとなかなか面白いドラマだったと思います。

なるほどね~
確かに恋愛を通して、伊達男が変化して行く、
そっちの方に重点を置いて見れば、それはそれで面白かったかもしれませんね。
危ない仕事をさせたくなくて、色々ゴネルジファン君の演技は面白かったし…

>しかし、ゴウンさんは綺麗だった!
春の日のゴウンさんより、随分色っぽかった!!

そうなんだよね~
これもジフンの魔王じゃないけど、脇役が主役を食っちゃった一例でしょうね。
ゴウンさんがこんなにソンジュ役にぴったり、というのは、
作ってる側が一番驚いたことかも(笑)

>でも、これより銭の方が韓国では受けたとうのは、どうも納得出来ませんが!

私もです。
ホントにドンウクが出てなかったら、見た時間を返して欲しいと思うほど後悔したドラマでしたよ(怒)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.01/12 00:00分 
  • [編集]

中ざくらさんへ 

>最後の銃撃戦は、子供のおもちゃでパンパンパンと撃ち合いをしているようで、滑稽でした。

ですよね。
舞台も貧相で、最後は予算がなくなったのではないかと思ったほどです^^;

>銭の戦争」がイマイチのようですが、私的には、とても良かったと思っていますよ~♪

一度聞いてみたいと思ってました。
シニャン氏がいい、というのは別にして「銭」の何が面白かったですか?
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.01/11 23:53分 
  • [編集]

おしいドラマでした 

後半はあんなにはっきりと主張があるのに、前半があまりに軽くなったのが、本当に残念なドラマでした。

ただ、ひまひまはみなさんが言うほどワンとヨギョンの恋愛話は悪くなかったと思ってますが・・・(ただ、普通の恋愛物として見ればという点で・・・)

ひまひまはこのドラマはあくまで恋愛物ととらえていて、いわゆる思想的なものはオマケだと以前にもいいましたが、そう思ってみるとなかなか面白いドラマだったと思います。

みなさんが涙したソンジュの死は、結末を知っていたひまひまさえも号泣でした。(いや~スヒョンとソンジュカップルにはカップル賞をあげたいほどステキでした)

>これは、大嫌いだったガングに、唯一説得力があった言葉だ。
そう、ここ!
ひまひまも、唯一こやつが理解できた場面でした。
なので、あの「ウラボニ」の一言にはぐっときましたね・・・

>だからだから、スヒョンにはやっぱり最後の襲撃で死んでもらいたかった。
ひまひまも、彼には壮絶な死に方で死んでもらいたかった。(それでこそ、ふたりが一緒になれるんだものね~)
だからといって、あの突入シーンじゃまさに「明日に向かって撃て」なのでもっと他の方法で・・・

しかし、ゴウンさんは綺麗だった!
春の日のゴウンさんより、随分色っぽかった!!

もう少し思想的なことが前半にあれば、かなり良いドラマになっていたと思うと、本当に残念でした。(でも、これより銭の方が韓国では受けたとうのは、どうも納得出来ませんが!)
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2008.01/10 15:24分 
  • [編集]

アビーさん♪ 

>本当の兄弟ではなく、『田舎での近所のお兄ちゃん』という意味だと思います。

そう言う意味だったのですか・・・
だったら分ります。
ありがとうございます♪

サチコの真っ赤な振袖にはビックリしましたね。
衿抜かないで、半襟出さないで着るって事は、韓服風な着方のようですね?

お時間が有ったら番外編見てくださいませ♪

  • posted by 中ざくら 
  • URL 
  • 2008.01/10 14:21分 
  • [編集]

横レス、失礼します♪ 

>兄妹ってのにとても違和感がありました。
良く分りませんでした。

本当の兄弟ではなく、『田舎での近所のお兄ちゃん』という意味だと思います。

>ソウルの時よりも、着物姿の違和感が少なかったです。

同感です、遥かにマシでしたね。
さすがに、サチコの振袖姿には閉口しましたが・・・(笑)

>「銭の戦争」がイマイチのようですが、私的には、とても良かったと思っていますよ~

これは、好みですからね。
テンポが良くて、面白かったんですが、『作者が何を言いたいのか分らない』のが本音です。
迂闊にサラ金に手を出したりすると、ひどい目にあっちゃうよってのが、テーマでしょうか?
シニャン氏のメリハリある演技には好感が持てました。


  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.01/10 12:31分 
  • [編集]

見終わりました♪ 

昨日もう止らなくて、見続けていたら、一番大泣きしていた時に、夫が帰宅してきたのです・・・・
勿論そのまま見続けていましたが、最後の30分を残して家事しましたが。

最後の銃撃戦は、子供のおもちゃでパンパンパンと撃ち合いをしているようで、滑稽でした。

私も二人が飛び上がった所で、お仕舞かと思いましたもの。

ハン・ゴウンさん美しかったですね。
韓服も洋装も、出てくる度に、これこそ女優さん~~と思いましたもの。
真紅の口紅もとても似合ったし、アップの時にはメイクをしっかり見ちゃいましたもの。

二人のキスシーンが自然でとても素敵でした。
巻き戻して二回見ちゃいました。
それに引き換え若いカップルは身長差が有りすぎて、ワンが可哀想でした。
首がいたそうなくらい、身体捻っていましたから。

>山下役のフィリップ@ソウルメイト

見ているときから④さんにそっくりと思ってみていたのですが、ソウルメイトの人だったのですね(繋ぎで一話だけ見たのです)

>ガングは、ずぅ~っと忌々しいヤツでしたが、ラスト2話で見方が変わりました

兄妹ってのにとても違和感がありました。
良く分りませんでした。
母とはすれ違わなかったかしら?

ちらしの三人組とかサチコ~~ってのが、ドラマを軽々しくしていましたね。
でもソウルの時よりも、着物姿の違和感が少なかったです。
半襟が殆んど出ていなかったですが。
街中を歩いている人に着物姿が多かったのです。それだけ日本人が住んでいたって事ですね。

「銭の戦争」がイマイチのようですが、私的には、とても良かったと思っていますよ~♪
  • posted by 中ざくら 
  • URL 
  • 2008.01/10 10:18分 
  • [編集]

ピンさん、アビーさんへ 

>生きて、、、、という字幕がなくてもあの二人のまなざしですべてを語っていましたね。  うまい!!!!

ですよね。
私もあのシーンは涙がポロポロ出て困りました。
リュ・ジン氏、いい演技をするなぁ~とプチ惚れましたよ(笑)

>日本が韓国や中国の人に対して当時どのように
接したか。  それは未だに残る反日感情が表している
のでしょう。 

私もそう思えてならないんです。
もちろん日本が与えた恩恵を忘れている朝鮮人という見方も絶対あると思うんですが、
その恩恵はあくまで統括を前提としたものだし、
やはりここまで恨まれちゃうというのは、
ひどいことをしてたのかなと…(推測ですが)

それとアビーさんとも話したんですが、
日本人のある意味ノー天気な気質、、、
それは島国という地理的な環境から、
外国の侵略を一切受けないできたわが国だからこそ、
培ってきた朗らかさなのだと思います。

>ドラマに戻りますが、 最後にスヒョンとワンが逃げて
闘っているときに、二人で空高く飛び上がった場面、
かっこよかったですよね。
あの場面でドラマをFINにすればよかったのにと
思えて成りません。

私もそう思います。
特にスヒョンが生きてた場面は蛇足でしたね。
ホント、そういうラストだとお洒落なのになぁ~

>私たちが、フォッサ・マグナで分断されてしまったとしたら気の毒な人々が大勢生れたことでしょう。

そしたら今頃はアビーさんとは他国になってましたね。
というか、九州で生まれた私が、関東には来てないってことか…
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.01/07 01:00分 
  • [編集]

アビーさん 

ソウルで感じたことが、一つの国が総意で相手の国と
闘うことより、一つの国が二手に分れ、家族までもがその思想により分断されることの悲惨さでした。

>私たちが、フォッサ・マグナで分断されてしまったとしたら
気の毒な人々が大勢生れたことでしょう。

確かにね。 地殻上のことだけでよかったですね。
一つ間違えてもそんなことになる可能性もなかった
と思いますよ。

韓国はこのような歴史をもっているから、日本のように
まあまあ主義では生きられないのかもしれません。





  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.01/04 21:04分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>あの場面でドラマをFINにすればよかったのにと
思えて成りません。

私もそう思います。
想像に委ねるのも、いいですよね。
(多分、死んだだろう・・・みたいな)

「愛する人よ」や「幸せな女」(見てないくせに)のような
どっちつかずのアレ~?はいただけませんが、
このドラマは、あそこで終わっていたら洒落ていたと思います。

併合して属国にすることの非は大きいですが
分断の罪の方が、より非情だと思えますがどうでしょう?
私たちが、フォッサ・マグナで分断されてしまったとしたら
気の毒な人々が大勢生れたことでしょう。
ひとつ間違えば、危なかったなぁ!と思う今日このごろです。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.01/04 20:39分 
  • [編集]

ピックさんアビーさん 

1ヶ月以上かけて見終わりました。

といっても序盤を見始めてから忙しくなり、なかなか手に
付けられなかったのです。
しかしこの2日間で見たわ見たわ。 止められずに
見終わってしまいました。

確かに序盤はなんだか乗らなかったのもあったのでしょう。
でも後半止められずに一気でした。そして一杯泣きました。 

ワンとヨンジュの恋もかわいかったですが、
やはり大人の恋のスヒョンとソクジュには泣きました。
それと男二人の友情にも。

ソクジュがスヒョンの前で撃たれて死ぬ場面なんかは、
生きて、、、、という字幕がなくてもあの二人のまなざしで
すべてを語っていましたね。  うまい!!!!
目で演技が出来る俳優でした。

>ある意味、これだけわが国をひどく扱われてる作品を見ても、 エンタメとして楽しめる私たち日本人って良い性格してしてますよね(笑)

日本が韓国や中国の人に対して当時どのように
接したか。  それは未だに残る反日感情が表している
のでしょう。 
韓国という国の中で、ある人は強い反日感情をもち、
又ある人はさほどでなくとも、アビーさんの言われるように、やはり国が大きく反日の方向を決めた部分もあったのかもしれません。

日本では原爆を落とされ肉親をなくした多くの方がいます。敗戦国という弱みもあってか、そのことに対する
恨みは韓国の反日と比べてどうなのか。

今、日本は原爆に対して、アメリカを非難するという策
でなく「原爆の悲惨さを世界に知らしめ、世界平和を
訴える」と言う形で、この感情を消化させているのです。

たいして、韓国の反日感情はやはり根強く残っていると
思われますよね。

それだけ無残なことを日本はしたからなのか、、、、、

ソウル1945や京城,英雄時代などのドラマをみると考える部分がたくさんありますね。

でも私たちのように、韓国ドラマを愛することで少しは
両国の橋渡しの役目が出来ているんですよね。
凄い!!!!  親善大使ではないですか。


ドラマに戻りますが、 最後にスヒョンとワンが逃げて
闘っているときに、二人で空高く飛び上がった場面、
かっこよかったですよね。
あの場面でドラマをFINにすればよかったのにと
思えて成りません。


  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2008.01/04 19:22分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>このドラマが、視聴率で苦戦したのは
裏が「銭の戦争」だったとか。
嘘でしょ、嘘でしょ!
「銭・・・」が駄作だったとは言いませんが
なんとも、腑に落ちない話ですね。

ホント腑に落ちませんね(苦笑)
でも「京城」のジファン君は男優賞、「銭」はSBSの演技大賞だそうですよ。
シニャン氏はやっぱり韓国では人気があるのかなぁ…
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.01/04 14:57分 
  • [編集]

視聴率って関係ないね 

ピックさん、そろそろ東京でしょうか?

私が知ってるくらいのことですから
多分、ご存知でしょうが
このドラマが、視聴率で苦戦したのは
裏が「銭の戦争」だったとか。
嘘でしょ、嘘でしょ!
「銭・・・」が駄作だったとは言いませんが
なんとも、腑に落ちない話ですね。

断然、こっちが良いよ。
華があるもん♪
散々、突っ込んでおいて、よく言うよね~ 私。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.01/04 08:44分 
  • [編集]

これで、おやすみなさ~い♪ 

今、パラパラと雑誌をめくっていたら「京城」の特集記事をみつけました。
京城市内のセットは「ソウル」と同じだそうです。
そういえば、市街地は安っぽくなかったですね。
(室内シーンのセットが、時折げっそりしたんだわ!)

それと、ハン・ゴウンさんは、デビュー後しばらく演技力に難があったけれど、
「愛と野望」で、大きく成長したそうです。
リタイアしたドラマですが、ホントにホントに見るものが無くなっちゃったら、見ましょうか♪(再チャレンジ)

考えてみたら、「ソウル」にしても、
知ってる俳優は誰もいなくて、華のある男不在で見始めました。
ただ、オープニングと1話目のエピが強烈に心を惹き付けましたけどね。やっぱり、止めときましょうか。
(いったい、この年の瀬に私は何が言いたいのだろう?)

>自国が弱かったから、、というそういうメッセージを発信する韓国には、凄まじい底力を感じます。

これは、同感です。
史劇でもたびたび出てくるメッセージですね。
長い間、ずーっと国土を蹂躙され続けてきた人たちの
血を吐くようなメッセージだからでしょう。
安穏と島国の歴史を歩んできた日本とは、違って当然でしょうね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.12/31 23:04分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>なにしろ、不完全な教育と学ぶ姿勢の無さで、本当のことを知らないのが本音です。

これって韓国は徹底した反日教育の賜物(苦笑)なのでしょうか?
日本はそれを避けてきたために、アビーさんがおっしゃるように、
原爆を落とされた国に対しても、韓国が日本を描くようなあられもない言い方をしませんよね。

ただ、ソウルも京城もそうですが、
自国が弱かったから、、というそういうメッセージを発信する韓国には、凄まじい底力を感じます。
心から反省しないと、本当の意味の発展はありませんからね。

その自国の弱さ、醜さを、より公平な目で描けていたソウルが、一層、我々の心に強く残ったのだと思います。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.12/31 21:35分 
  • [編集]

ピックさんへ 

>あの時代のことに詳しくない私が言及したのがいけなかったんだと思いますが、
韓国ー日本、アメリカー日本という関係だけ見て感じたことを書いてみました。

全然、いけなくないですよぉ~♪
あの時代のこと、私もほとんど、知りません。
学校でも詳しく教えてくれなかったし、学ぶ機会もなかったですからね。
いまだに、韓国の地すら踏んでないんですから。^^;

これまでの歴史を振り返ってみても
日本は島国で、侵略をほとんど受けていない、
韓国は、地続きの大国から、常に領土を侵犯されていて
被害感情が鋭敏なのかなぁとも考えました。
王様に対して、陛下と呼べず殿下止まりというのは、相当な屈辱でしょうね。

>ある意味、これだけわが国をひどく扱われてる作品を見ても、 エンタメとして楽しめる私たち日本人って良い性格してしてますよね(笑)

確かに、そうですね。
夢中になって、見てしまいますもんね。(*^o^*)

大きな都市への大空襲や、原爆投下など、多くの民間人を死に至らしめた国に対して、「恨」の感情が希薄であることには驚きます。おとなし過ぎます。(当事者は別だと考慮した上で)
これほどの大量殺戮を日本は、東アジアの人々に対してやってないと思いますが・・・。
なにしろ、不完全な教育と学ぶ姿勢の無さで、本当のことを知らないのが本音です。恥ずかしいです。

それにしても、「ソウル1945」は
全てにおいて、良く出来たドラマでしたよね。
惜しい「京城」を見た今、改めて、感心しています。
71話の長丁場も関わらず、飽きることがなかったし、
これこそが殿堂入りにふさわしい作品だと思います。
「ソウル」を超えるドラマは、今後でてこないような気がします。

  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.12/31 13:25分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>このドラマ、質の良さと拙さが混じり合って、総合的には★の数が減りましたね。セットが安っぽいのと、最終話の銃撃戦、肩透かしを喰らった印象が否めません。
心情部分の描写が優れていただけに、惜しいです。

ホント、おっしゃるとおりです。
設定や登場人物の心理描写、そして俳優の演技力や雰囲気がとても優れているだけに、
妙に浅い部分が目立ってしまったことも否めません。
アビーさんもおっしゃってるように、私も「良妻賢母」の時にも感じたんですが、
どのテイストを基調にするのか、そのあたりが絞りきれてなかったんでしょうね。

>当時の日本が正しいことをしたとは思いませんが、与えた恩恵の部分を、全面的に否定してしまってるのでは?

あの時代のことに詳しくない私が言及したのがいけなかったんだと思いますが、
韓国ー日本、アメリカー日本という関係だけ見て感じたことを書いてみました。
戦後何年もたっても、いつまでも日本に対してこういう「恨」の意識を持ち続ける韓国人の意識と、
アメリカにほとんどそういう意識のない我々の違いが、
どこに起因するものなのかなぁ~と。

そこに、その当時、相当日本がひどいことをしたのかなと想像してしまったんですが、
もう一ついえる事は、我々日本人の国民性のおおらかさもあるかもしれませんね。
ある意味、これだけわが国をひどく扱われてる作品を見ても、
エンタメとして楽しめる私たち日本人って良い性格してしてますよね(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.12/31 12:25分 
  • [編集]

あと一言だけ 

もう、ひとつ雑な印象を受けたのが、
重要な機密事項にあたるようなことを、庭先とか路上で
軽々しく話している登場人物たちです。
敵対関係の人が、おおっぴらに仲良くしていたり、不自然です。
もっと、息を潜めるような雰囲気や緻密さがあれば、緊迫感が伝わってきたでしょうに。あまりにも無防備なので、見てる側がハラハラして、白けてしまう演出って惜しいですよね。

コミカルなのか、シリアスなのか両極端を
16話に中に詰め込み過ぎたのが、イマイチの原因でしょうか。
十分、楽しめたのですが・・・ね。
欲を言えばという話です♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.12/30 15:26分 
  • [編集]

私も泣きました(;_;) 

ピックさん

言いたいことは、すべてレビューに書かれてますので、これ以上は、コメントのしようがないんですが

これまで、スヒョンに泣けなかった私も、ソンジュが死ぬときには、胸が震え、涙が滲みましたよ。
ここが、最大の山場、見どころでしたね。
ふたりの表情がなんとも切なくて!

それと、私の泣きどころは、ワンの父親です。
親としての彼の言葉や眼差しには、いつもうるうる・・・。

このドラマ、質の良さと拙さが混じり合って、総合的には★の数が減りましたね。セットが安っぽいのと、最終話の銃撃戦、肩透かしを喰らった印象が否めません。
心情部分の描写が優れていただけに、惜しいです。
予算的な問題なら、気の毒ですね。
(どうでもいいサチコの場面が多すぎたんじゃないかしら。)
「ソウル1945」では、北側の南侵攻の場面なんて、さながら映画をDVDで見てるようでしたから、目が肥えてしまいました。

スヒョンが生きていたのは意外で違和感がありました。
ままごとカップルが生き残るのは良しとして、
スヒョンは、死んだ方が納得だなぁ!

市街戦の最終攻撃で、スヒョンとワンが飛び上がったたとき、「明日に向かって撃て」のラストっぽくて、2人とも死んじゃったんだと、思いましたもん。

ガングは、ずぅ~っと忌々しいヤツでしたが、ラスト2話で見方が変わりました。なんだか可哀相な人間に思えてきました。
ウノは、少年だから仕方ないけど、バカですよねぇ。
恩人を裏切ったんだから、気持ち的にも生き残れるはずがない!

>日本が当時、いかに朝鮮に対してひどいことをしたか、
ということを、やっぱり考えさせられてしまう。

果たして、そうでしょうか?
当時の日本が正しいことをしたとは思いませんが、与えた恩恵の部分を、全面的に否定してしまってるのでは?
蔑視もあったとは思いますが、やはり誇張でしょうね。
独立運動にしても、実際はそれほどでもなかったように、聞いたことがあります。併合、開放ともに運動らしきことは無かったにもかかわらず、それでは格好がつかないから「後付け」のように映像化されている部分があるのかもしれません。
何事にも裏表があり、両者の言い分を聞かないことには始まらないと思います。

  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.12/30 12:13分 
  • [編集]

みずかさんへ 

確かに「ソウル」に比べるとどうしても短い分、浅いのは仕方ないですね。
それと前半がやはりもったいなかった、、、
短編なんだから、もっと最初の数話を大事にすべきでしたよね。

>まず、本当にゴウンさんが美しくて、もう惚れそうなくらいだった
ファッションも素敵でしたね。適度にクラシカルで、だけど斬新で。
ソンジュの最期は、泣けて泣けて仕方なかった。

私もこのドラマは、ジファン君には申し訳ないけど、
ゴウンさんとジン氏のドラマだと思ってます。
それほどゴウンさん、素敵でしたねぇ~
あの時代のファッションが見事に似合ってた。
ホント、ぴったりなキャスティングでした(^^)v

>あれ??私、ジファン氏とジミンさんのこと書いてないね・・・

私もほとんど書いてないよ(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.12/24 15:12分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

>ピックさん、これを機にイッキに「めっちゃ大好き」いっちゃってください!!!

これ、私、ミンギ君が出てた別のドラマと勘違いしてたようです。
あらすじ読んだらすっごく面白そうなドラマですねぇ~
また一つ未見のドラマが増えて楽しみになりました。

教えてくださってありがとうございました♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.12/22 23:13分 
  • [編集]

見ました! 

ピックさんのラストスパート凄かったですね~
私も思わず、最優先して見ちゃいましたよ!!!!!
ソウル~と比べると(あの長編秀作と比べてはいけないけれど)
かなり底が浅いんですけど、見所はたくさんありましたね。

まず、本当にゴウンさんが美しくて、もう惚れそうなくらいだったv-9
ファッションも素敵でしたね。適度にクラシカルで、だけど斬新で。
ソンジュの最期は、泣けて泣けて仕方なかった。
スヒョンの重い人生とソンジュの悲しい人生が胸に迫ってきて・・・
他に選択肢のないギリギリの生き方。だから、仕方ないんだよね。
ここが最大の山場でした。
このシーンがなかったら、私はこの作品の評価を低くつけちゃうな。

最後の闘争のシーンはたしかにチャチな感じしました。
たった2人だけで戦っている状態で、なんで助かったのか不思議だし
ストーリーとして違和感が残ったかな。

ソウルと比較すると、作者の反日色が強いと感じました。
いくつか、はっとさせられる素晴らしい台詞はあるんですけど
日本人像がひどすぎる。あんなだったのかなぁ・・
実際に目にしてないから、擁護も反論もできないんだけど。

あれ??私、ジファン氏とジミンさんのこと書いてないね・・・
でも正直、印象が薄い。。。。。v-11
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2007.12/22 17:19分 
  • [編集]

早く見たいです。。。 

まだ、このドラマは見ていませんので、More・・・ は読んでおりませんが・・・。

リュ・ジンさん、そんなにいいの~~~???
「夏の香り」では、あまりにもイケてなくって、これじゃぁスンホンにイェジンちゃんとられてもしかたないよってカンジでしたもんね(^^;

ピックさん、これを機にイッキに「めっちゃ大好き」いっちゃってください!!!
「めっちゃ~」のリュ・ジンさんもすっごくいいですよぉ(^^)v
ミンギ君とどっちにしようか、迷ったくらい。。。(って私が迷ってどうする?!)

  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2007.12/22 00:20分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/204-c497d889

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。