新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

白い巨塔 2

白い巨塔2-1


う~ん、、、まずだなぁ。。。

音楽がいかん、、、(-_-;)

これは、韓ドラなのに、何ゆえこんなに力の抜けた音楽なのか、、、
これからジュンヒョク(財前)が挑んでいこう!!としてる時に、
達成感のようなすがすがしい音楽が流れるんだよ。

こういう場面と音楽の違和感って、「朱蒙」の時にも感じたんだよなぁ~
却ってないほうがいいと思うくらいの違和感、、、(-_-;)

しかし、ドラマの内容は、まあまあのスタートです♪

*日韓、新旧白巨比較を書いているので、
純粋に韓国版のレビューではないことを、前もってお断りしておきます。

ストーリーは、副院長(鵜飼)が誤診した疑すい臓癌患者を
ジュンヒョクとドヨン(里見)の二人が強引にオペに踏み切ったことにより、
結果的に誤診を暴く形になって、その事後処理を巡る話。

このストーリーは、唐沢版では、すご~くしつこくて、
里見フェチの私には、違和感だらけですごく嫌だったので、
内心不安だったんだけど、韓国版では、意外にさらっと流してくれたね。

というのも、里見の究極の目的は、患者を助けること。
研究者里見にとって、大学内の権力争いや、教授の見栄、財前の野心なんて
はっきり言ってどうでもいいことなわけだ。
鵜飼が誤診した患者を、結果的に鵜飼の手柄のように財前が言ったことも、
東に内緒でオペしたことも、唐沢版里見は執拗にこだわって
確か、問題提起までしたような気がする。

君がそう言うなら、まあいいよ。

田宮版里見は確か、財前にこういう一言を言って、この件は納得したはずだった。
それくらい、里見にとって、財前や鵜飼や東がこだわることは、些細なことだったわけだ。

私はそういった里見がすごく好きだったので、
まずこの点での韓国版はまあまあだったのではないかと思う。

しかし、この後のジュンヒョク、ドヨンへの、それぞれの教授の報復の仕方が、
なかなか面白かった。
ジュンヒョクは、地方へ行けと言われ、ドヨンは研究設備費の予算を却下されてしまう。
田宮版や唐沢版にこういうのってあったかなぁ~
あまり記憶にないんだけど…

この副院長(鵜飼役)と、イ・ジュワン外科教授(東教授)役の二人がなかなかうまい。
ジュンヒョクを地方に飛ばす絶好の機会だった、と悔やむ外科教授に、

誰の目にもそう見えるってことは、絶好の機会ということにならない。。

と言いはなつ副院長がなかなか面白い。
腹をすべて見せているようで、いざという時には、あっという間に翻るのが見てて痛快だよ。

そしてヒロインユンジン(東佐枝子)。
田宮版では、肺結核の痕がレントゲンであるとかないとか、そんな病気で、
里見に診察してもらってたような記憶があるんだけど、
今回は何と、胆管腫瘍でドヨンが初診し、ジュンヒョクがオペをする展開に。

このヒロインが、まだ2話見た限りだから何とも言えないけど、
何となく華が足りなくて微妙って感じ^^;
でもジュンヒョク妻やケイ子役とは正反対の、健康的な爽やかさはある人だけどね。
まあ、田宮版島田陽子のような、やまとなでしこ的な女性像は無理にしても、
権威の塊のような東家の娘、という雰囲気からは程遠い。
その格式ばった家柄が嫌で、社会運動みたいなことをしてるってことなんだろうけど、
それにしても、そこまで話を膨らませなくてもいいような気がするけど…
でも、今後、このユンジンとドヨンとの間に流れる男女の恋愛にも似た思慕が、
韓国版ではどれくらいの味付けになるのか、楽しみだけどね。

医者が大変なのは、正しい道を歩んでいるからだ。
しかし、私はそれが美しい道だと信じている。
世の中には辛さに耐えられる人間も必要なんだ。


解剖病理教授オ・ギョンファン(大河内教授)の言葉。
田宮版、唐沢版、そして韓国版を通じて、唯一ブレないキャラが彼だねぇ~
ユリン@マイガールのハラボジがこの役を演じてるから、
少しカジュアルな雰囲気はあるものの、なかなかうまい。
そしてこの台詞がとってもいい♪

原作で里見は、教授選を前にした東に、大学教授の存在意義について聞かれた時、
こんな台詞を言っている。

矛盾だらけの現代社会の中で、心ある人たちは、せめて大学に、
人間の厳粛さ、良心を求めているのではないでしょうか、、、


およそ、『先生』と呼ばれる職業の人は、そのリスクもまた背負わねばならない。
それだけの尊敬を受けるに値するだけの、苦悩もまた背負えなければならないのだ。
それほどの覚悟を持てない人は、医者になるべきじゃない。
「白い巨塔」の最大のテーマともいうべき大切な軸が、
早くも解剖学の教授の言葉で、序盤にさらりと語られたのが、とても良かった。

しかし、韓国版は財前、里見が二人ともデカイのが、なかなか美しい。
廊下で話すシーンなど、二人の白衣姿がなかなか見応えがあるよ。
次回からはチャ・インピョ氏(菊川教授)も登場っぽいし、楽しみ\(^o^)/

  • [No Tag]

*Comment

かめさんへ 

音楽と映像がこのあたりは何だかあってなくて、ちぐはぐな気がしたんです。
でもだんだんぴったりになってきましたよ。
ジュンヒョク、ドヨン、それぞれのテーマがあって、ガンガン泣きました(苦笑)

>副院長を始め、何を考えているかわからないオヤジの心中を推測するのが、このドラマの楽しみ方のような気がしてきました。

田宮版は40話以上ありますので、そのあたりのオヤジたちの談合がかなり濃いですよ。
それも昭和ですから、すごくダイレクトです。
それはそれで結構滑稽で楽しめますけどね(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.06/01 19:47分 
  • [編集]

オヤジの考えること 

音楽、そんなに変ですか?
ちょっと「料理の達人」みたいだけど、違和感までは感じませんでした。

副院長を始め、何を考えているかわからないオヤジの心中を推測するのが、このドラマの楽しみ方のような気がしてきました。
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2008.05/31 11:31分 
  • [編集]

とん子さんへ 

>確かに女性陣は華がないですね(笑)でも私はあんまり女性が目立つのは好きではないので(特にこのドラマでは男女の愛をあまり出してもらいたくない)納得してます。

確かに女性より男性対決のドラマの方が緊迫感があって面白いですよね。
でも白巨って財前や里見の愛も重要な見せ場で、
二人の男が素敵なので、その愛もうまく描けば、
相当切なくいいドラマになるんです。
そのあたりが韓国バージョンは薄かったので、
ちょっと残念です。
でもそれ以外はすごく見応えがありますよ。
インピョ氏もすごくいいです♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.04/26 23:56分 
  • [編集]

 

ピックさんおはようございます。確かに女性陣は華がないですね(笑)でも私はあんまり女性が目立つのは好きではないので(特にこのドラマでは男女の愛をあまり出してもらいたくない)納得してます。
私はピックさんのように熱烈な白い巨塔ファンではないのでコメントするのお恥ずかしいんですが、副院長がなかなかいいです。決して腹のうちを見せず、イの動向をじ~~と見ているところが!!ひょっとしてこの方がいっちゃん恐ろしいかも!!
後、里見ことドヨンさんがめっちゃ好きですね。あらゆる思惑がドロドロ動いていく中で、真っ直ぐに己の姿勢を貫いてるのが素敵です。けどこういう人が後に傷ついていくんだろうな~と。本日はチャ・インピョさんが登場なんですね。楽しみ×2♪♪ヽ(^o^)丿
  • posted by とん子 
  • URL 
  • 2008.04/24 10:55分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>愛憎関係が半端じゃないですね。

ですよね(笑)
でもミングク役のインピョ氏はカッコいいから、
ちょっとケイ子と絡ませてみたい気はしました(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.02/13 14:32分 
  • [編集]

 

>佐藤慶が財前役を、根上淳が里見役をやったテレビドラマが放送されました。

強烈なキャスティングですね。
胸焼けしそう!
しかも、人物相関図がすごい。(驚)
愛憎関係が半端じゃないですね。
東教授が財前の邪魔ばかりするのは、娘の恨みを晴らすってことでしょうか?
ケイ子は医大中退だから、菊川の元カノもありでしょうが、世間が狭すぎて怖いよねぇ~(笑)
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.02/10 21:57分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>子飼いの弟子に嫉妬して、後継者はほかの人なら誰でも良いってのは無責任極まりないと思う。

ホントにそうです。
結局紳士ぶってて一番の偽善者として、彼が描かれているわけで、
そのあたりも「白い巨塔」の一番の魔物というのは、
こういう人々を言うのかもしれない、という作者のメッセージでしょうね。

>私が見たのは以上の3作ですが、
唐沢版のほかにもあったんですか?

そうです。映画が作られた翌年、佐藤慶が財前役を、根上淳が里見役をやったテレビドラマが放送されました。
このドラマでは、財前と佐枝子、菊川とケイ子が元恋人だったという設定だったそうです。
白巨仲間でだいぶその映像を探したんですが、
現在は一話のみ、横浜市の放送ライブラリーで見ることが出来るそうです。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.02/10 15:01分 
  • [編集]

うん、行けそう! 

田宮版、思い入れ深かったわりには、見たのがかなり昔だったので、細かいことは結構忘れてるなぁ。

東と鵜飼の狸オヤジの会話、腹立たしい限りです。
権力を握るものの傲慢さ、大河内の対極に居る人種でしょうね。
東も、おかしな人間ですよね。
子飼いの弟子に嫉妬して、後継者はほかの人なら誰でも良いってのは無責任極まりないと思う。
娘のオペ執刀者に反対する妻に「私情を挟むな!」って言っておきながら、いちばん私情を挟んでるのは自分じゃないの?

粛宗のチェ宦官が、またしても偉そうな役で出てましたね。
この人、こういう役はぴったんこですね♪

2話ラストの財前(韓国版の役名が覚えられない)の狼狽ぶりが可哀相だったし、オヤジ2人の老獪さには虫酸が走りました。
一筋縄ではいきませんなぁ、悪意を持った相手に立ち向かうのは。

映画の田宮版
ドラマの田宮版
ドラマの村上版
私が見たのは以上の3作ですが、
唐沢版のほかにもあったんですか?
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.02/09 14:02分 
  • [編集]

たまぞーさんへ 

>内容については書きませんがチャ・インピョがかっちょええです♪
きっとピックさんキャラ的にも容姿的にも好きになると思う~♪

インピョ氏って「星に願いを」(古っ!)で見たきりかな?
存在感がある俳優なので、楽しみですよ。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.12/20 21:19分 
  • [編集]

これから先を見ているので 

内容については書きませんがチャ・インピョがかっちょええです♪
きっとピックさんキャラ的にも容姿的にも好きになると思う~♪
  • posted by たまぞー 
  • URL 
  • 2007.12/16 22:19分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/200-e2f7e5e0

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。