新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

19の純情 124~128

19の純情 127


アハハハ~ポック哀れぇ~

でもこの天性の明るさは、ユンジョンの得がたい魅力だよねぇ~(^^)v



19の純情124


ユヌってさぁ~やっぱり頭いいなぁ~ってこの5話を見てて、すごく思う。
世の中のIQの高い男性は、こういう風に頭を使って欲しいよね。
ユヌのすべての行動が、計算されつくしている、という風にも見えないし、
かといって、行き当たりばったりのようにも見えない。
それが、すご~く自然体で、でもすご~く、スマートなんだよなぁ

チェジュドの展示会を見事成功させたユヌ。
グッカに通訳を手伝わせて、彼女に自信を持たせるんだよね。
そして指輪のプレゼント。。。

俺たちの愛は永遠だ。ずっと一緒にいよう。。。

この時、グッカから初めて?かな、ユヌに抱きつくんだよね。
これって、グッカが、ユヌのために役立ったってことが、
彼女の中でユヌと対等に向き合える自信につながった証拠だよね。
二度もユヌに抱きついたグッカ…
幸せそうな二人だったなぁ。。。

いつも思うけど、海のシーンの二人はとっても素敵です(*^_^*)

そんなグッカに自信を与えただけじゃなく、実質を身につけさせようとするユヌ。
「青酸カリ事件」(笑)でユヌ母から蔑まれ、何かにつけて引け目を感じるグッカに、
幼稚園の先生になりたい、という彼女の夢を支援するために、
大学をうけさせようと一大プロジェクトを計画する♪

未来の妻に勉強させてやる!!

いやぁ~これってなかなか言える台詞じゃないよ。
妻として自分が守る、ってことは言えても、
妻を社会的に、人格的に、一人前の人間として認めるってこと、
それは、自分の守備範囲に入れて守ることより、遥かに難しくて包容力がいること。
ホント、素敵なヤツだ、ユヌは!
何度も何度も言うけど、カッパのくせに、

グッとくるぜよ!!(ごめん、別のドラマの台詞^^;)


さて、ポックにあんな格好させたり、ご近所さんとマッコリで酔っ払ったり、
ゴマを炒らせれば、ほとんどのゴマを捨てちゃったりと、失敗だらけのユンジョン(爆)
でもね、私はユンジョンみたいな金持ちのお嬢様じゃなかったけど、
母が「女は結婚したら一生、台所に立たなきゃならないんだから、
結婚前は料理なんかしなくていい」という珍しい考え方の人だったので、
ほとんど料理が出来ずに結婚したんだよ、恥ずかしながら^^;
卵焼きもハンバーグもお魚のグリルの使い方でさえ、
自慢じゃないけど、ぜ~んぶ、あっしはダンナに習った(恥)
だからユンジョンの失敗を見てると、他人事じゃなくて何だか懐かしい^^;
ホント、無恥ってあんな風だからね。
お鍋の最後に作る雑炊の卵、私は、そのまま鍋に落として目玉焼き作っちゃったんだから、
あり得ないでしょ(恥)

でもどんな失敗をしても、さっぱりしているユンジョン。
オックムに怒られて、ウギョン父を訪ねるところなんか、ホントかわいい♪
普通なら実家に泣きついて帰るよね。

今度はおまえが親から受けた愛情を、婚家に与える番だ。

たっぷり愛して育てたんだろうなぁ~と深い深い娘への愛情を感じるユヌ父の言葉。
このシーンは、涙が出て止まらなかった。

しかしだな、このナイスミドルのユヌ父に、不倫疑惑!!!(笑)
ミス・イからの電話に、嬉しそうな顔の会長。
これはものすごい嵐になりそう、楽しみだぁ~\(^o^)/\(^o^)/

そして、もう一人、不穏な動きのヘスク。
毎日お洒落して出かけて、一体何をやってるのか、
そしてランパダ・クラブという看板の店(怪しげな店なの?)に入る彼女を見かけたユンジョン。
入籍を渋るのと、何か関係があるのかな?

プングは前より何だかオーラがなくなったなぁ。。。
相手は朝顔でも保険のおばさんでもどっちでもいいけど、、、

そうそう、それとウスクの相手って、もしかしてシニョンの弟?
そこまでややこしくないか(笑)

  • [No Tag]

*Comment

かめさんへ 

>嫁いだばかりの皆さんの姿、器用で料理上手なご主人様たち、そして金村駅からホン家まで歩いていったユヌアボジ・ウギョンハラボジ&アボジの3人の姿が、頭の中でぐるぐる回っています。

不思議とこのドラマを見ていると、自分が結婚したころが思い出されてしまいました^^;
料理下手なのは、あまりあの頃と変わってないですけどね、、、
今日も「肉はボクが帰ってから焼くからね、、」と言って、
ダンナは仕事に行きましたよ(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.02/13 14:48分 
  • [編集]

いいコメントだわ~ 

このスレッドの皆さんのコメント、すごくいいですね♪
なんだか感動してしまいましたよ。

嫁いだばかりの皆さんの姿、器用で料理上手なご主人様たち、そして金村駅からホン家まで歩いていったユヌアボジ・ウギョンハラボジ&アボジの3人の姿が、頭の中でぐるぐる回っています。
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2008.02/10 23:44分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>母が生きていたら、きっとピックさんのお母さまと同じようなことを言って、私に料理なんかさせなかったと思います。究極の過保護オンマでしたからね。

母は過保護というより、向き不向きで、私が家事に向いてないと見抜いていたのかも(笑)
だから専業主婦になるより、仕事を持つように、と
よく言われました。
私は専業主婦が理想だったんですが…^^;

親子丼や卵丼は、自分が好きで、母が作るのをそばで見ていたので、
何となくだし汁を入れることはわかってました。
息子達が大きくなるまでは作りませんでしたが…^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.12/30 00:04分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>ハハハ 今、でしょうね、と書き込んだところですが、
よく見たら 「でしょんべ」 ってなっていて一人で笑い転げました。 

その笑い転げてるピンさんを想像して、私も笑い転げました(笑)

>主人の実家では料理をしたこともありませんでした。

優しいお姑さんなんですね~
でも自分の家の台所でさえ、お料理は大変なのに、
ダンナの実家で料理なんて普通、出来ませんよねぇ~
だからオックムの嫁教育、ユンジョンはよくついていってるなぁ~と驚きます。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.12/29 23:54分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>私は、鯛をさばけなくて、姑に恨めしい顔をされたのが、忘れられないです。

鯛をさばく、なんて超難度な要求ですよ。
それは、アビーさんが他のことはほとんど出来てるから
お姑さんも、これくらい出来るんだろう、、と思われたんでしょうね。
私はキャベツの千切りも姑に習いましたよ。
そんな簡単なことすら、知りませんでした(恥)

今でも魚を捌くのは、うちでも主人です^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.12/29 23:49分 
  • [編集]

料理は得意にあらず 

本編に関係ないですが
大学入学から結婚までの7年間、自炊してたので
自己流で料理はやってました。
でも、親子丼を作るとき、だし汁を入れるなんて知らないから、炒めものの卵とじみたいなものが、できましたよ。
天津飯みたいな?

唯一、ダンナができない家事が料理なんです。(と言うか、こってりしたものを作りそうなので、禁止してます)
茹でたほうれん草をしぼってと頼んだら、雑巾を絞るが如く捻ってました。ぎょぎょぎょ!

☆私のダンナ運も、宝くじの当たり2回くらいにはなるなぁ♪
ユヌには、及ばないけどね。(*^・^*)

母が生きていたら、きっとピックさんのお母さまと同じようなことを言って、私に料理なんかさせなかったと思います。究極の過保護オンマでしたからね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.12/28 09:30分 
  • [編集]

グッカのようなお嫁さん来ないかなぁ 

>彼女の中でユヌと対等に向き合える自信につながった証拠だよね。

確かに、、、 読みが深いなぁ。 そういえばそうですよね。その自信がユンジョンに対しても舌をペロッて出して
みたり、強気の一面も出せたのでしょうね。

 ハハハ 今、でしょうね、と書き込んだところですが、
よく見たら 「でしょんべ」 ってなっていて一人で笑い転げました。 

ユンジョンに対してはあまり引き下がっていないほうが
得策のようですね。
それにしてもユンジョンは見ていて面白い。

ユヌは本当にやさしいね。 自分を愛してる以上に
グッカを愛しているからなせる業ですよ。

私も結婚半年前から料理学校に通いましたが、それまで
フライの衣の付け方も知らなかったです。

主人の実家では料理をしたこともありませんでした。
でも、行くだけで
「よく来たねぇ。なんか食べなさい」
と歓迎されました。  同じ東京なのにあんまり実家に
行ってあげなかったのに。 
仏様のような義母でした。



  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.12/27 21:12分 
  • [編集]

心温まるユヌの愛し方♪ 

ピックさん

>妻を社会的に、人格的に、一人前の人間として認めるってこと、
それは、自分の守備範囲に入れて守ることより、遥かに難しくて包容力がいること。

この週は、これにつきますね。
本当にいい奴だ!!!
ユヌのような男性に愛されるって、宝くじ1等に3回、当るより、ラッキーなことだよね。

ユンジョンには、慣れました。
悪意は全く無く、天真爛漫な性格のなせるワザなので・・・オックムさん、頑張って仕込んでやってねぇ。(笑)
それに、ユンジョンに何を言われても、グッカも負けてないしね。
それって、底意地が悪くないってことでしょ?

私は、鯛をさばけなくて、姑に恨めしい顔をされたのが、忘れられないです。
できない私に代わって、ダンナがさばこうとしたら、なおさらイヤな顔するんだもん。(涙)


>それとウスクの相手って、もしかしてシニョンの弟?

アハハ、話的には、面白いけど世間狭すぎ~!
ヘスクの彼は、除隊した。(過去形)
シニョンの弟は、近々除隊するって言ってなかった?

シニョンが、ナイスなオンニに戻ってくれて一安心♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.12/27 20:31分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/199-3ebf8fde

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。