新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

魔王 15~最終話


見終わった。。。

今、かなりの疲労感ととまどいを感じている。
決して失速なラストではなかった。というより、とらえようによっては、
深い意味も含まれてるのかもしれない。
だから、簡単にこうだ、と決めつけてはいけないような気もしている。

ただ、最初からとにかく難解だったこのドラマ、
ラストに至っても、そこに行きつくしかなかったのだろうかとも、自分の中で混乱していて、
この思いをうまくレビューに吐き出せるかどうか、今、とても不安な気持ちです、、、(-_-;)


魔王ラスト-1


17歳の少年は勇気を出すには、幼すぎて、
16歳の少年も、あれほどの苦痛を受けるには、幼すぎた。


スンハの事務長グァンドゥの台詞。
この事件の因縁の始まりは、まさにこの言葉に尽きると思う。
そう、当事者たちが、あまりに幼い時に、あまりに壮絶な事件が起こってしまった。
そして大人たちは、それを幼い少年達の細い未熟な肩に一身に背負わせてしまった。
結局、悲劇の発端はそこなんだろう。

ただその『幼さ』が引き起こした事件であっても、
この事件を防げる手立てはいくつかあったのではないかと
作者はドラマの中で投げかけている。
スンハを事件の後、誰も訪ねなかった大人達の落ち度。
あれほどの苦痛をたった一人の少年に背負わせてしまった落ち度。
その結果、その少年は、その重荷を抱えて暗いトンネルに閉じこもってしまった。
それはオスにも言える。
事件を表面的には正当防衛だったという形で強引に解決させられ、
事件に正面から向き合うことを許されず、しかし、周りからは疑われたオス。
その結果、この少年も真実を明らかにする機会を失い、
やはり暗いトンネルに閉じこもってしまった。

オスとスンハ、そのどちらにも情状の余地があり、しかしどちらにも非がある。
二人が激しく激昂し、対立する場面を見ていると、
それぞれが背負っている重さが拮抗していて、ほとんど痛み分けのようにも感じたんだけれど、
それでもどうしても私は最後までスンハよりの見方をしてしまった。
それはなぜなのか、、、

最初の方のレビューでも書いたんだけど、
やはりそこにどうしてもオスの12年前の事件と、現在の彼との間に違和感を感じてしまい、
オスにはどうしても感情移入出来ないで来てしまったからだ。
現在正義の塊のようなオスが、どうして12年間もテフン一家を放っておいたのか?
こんな事件が起こるまで、被害者一家がその後どうなったのか、
オスは全く知らなかったわけだし、それこそスンハの言葉を借りれば、
知ろうと努力することさえしなかった。
そこが私はオスという人物の中に潜む弱さ、いや、もう少し厳しく言えば狡さ、
のような気がしてならない。
スンハが一番傷ついて、一番許せないと思ってる部分もまさにそこなのではないかと思う。
口では正義を語っていても、肝心の自分の過去に対する本当の意味での贖罪に対して、
なぜそれを簡単に忘れ去っていたのか…

人は過去を忘れても、過去は絶対に人を忘れてくれない。。。

およそ人一人が死んでいるという過去を、あまりになおざりに考えた罪。
それは私の中で、オスが刑事という職業を選んでいることから、なお更大きくなってしまった。
こんなオスにどうして人の罪を問うことが出来たんだろう?

そのオスへの違和感が、スンハへの感情移入を助長したことは否めない。
しかし、更に非難覚悟で書かせてもらうと、スンハが利用した加害者たち、
確かに、スンハが手紙などで彼らの気持ちを殺人に誘導したわけだけれど、
そこに加害者達も実際に手を下すかどうかという選択の余地はあったわけだ。
スンハは頭のいい人だから、その余地を加害者たちに残したと私は解釈している。
つまり殺すか殺さないかは、あなたたちの自由、という。。。
それは加害者の自由であり、神の審判でさえあると…
その最終的な判断をスンハが自ら実行犯にならず、他人や運命に任せたというところに、
逆の意味で、私は彼の苦悩の深さと自信を感じてしまった。

もちろんその結果、被害者、そして遺族という第二、第三のスンハが生み出されてしまう。
それは絶対的にスンハが悪いのだけれど、
でもどうだろうな~
自分もスンハと同じ目にあったら、そしてスンハと同じくらいの頭脳があったら、
絶対こんなことはしない、とは言い切れない自分がやっぱり私の中にはいるんだよな。。。

この世ですべての人は幸せにならない。
誰かの幸せの裏には、誰かの不幸がある。
子供の幸せを守るためには、仕方なかった。。。


オス父がヒョス逮捕後に、12年前の事件を振り返って言う台詞。
この台詞がとても興味深い。

自分の子供さえ幸せであればいいと言う気持ちは、程度の差こそあれ親の究極の願いだ。
それは自分の幸せを願う思いの、数千倍数万倍と言ってもいい。
それこそオス父のように、他人の不幸を踏み台にしても守りたいものだ。
それは理解できる。
ただ、スンハがオス父に言ったように、父親である彼が子供を亡くしたテフン母の絶望を
理解しようとしなかったこと、そこに歩み寄ろうとしなかったこと、
それはどんなに非難されても仕方のない大きな罪だろう。
それこそ毎日床に頭をすりつけて謝り続けるべきだろう。
一緒に涙を流すべきだろう。いや、涙が出ないほうがおかしいのだ。
そんな大きな大きな罪を犯してしまったオス父、
しかし、皮肉にもこの台詞の通りのことを12年後のスンハがしてしまった…

世の中があなたにとって公正じゃないからといって、
あなた自身の公正さを放棄してはいけない。


これもクァンドゥの台詞(ドンチャン@復活、いいこと一杯言ってるね^^;)
結局はこれに尽きるんだけどね。これが常識。。。
しかしあまりに壮絶な孤独と、並外れた頭脳という環境が常識のラインを踏み越えてしまった。

そしてラストの二人、、、
冒頭に書いたようにやはりここに行き着くしかなかったんだろうかと今でも考えてしまう。
もみ合ってオスを撃ってしまうスンハ、運命の輪、因果は巡る、というこの結末で、
物語の整合性は確かに完璧に近いものにはなっていると思う。
しかし、そこに二人の出口はあったんだろうか。。。
こんな事件を始めた時点で、スンハはきっと最期はオスに殺されるか、自殺するか、
自分が生きながらえることは考えてなかっただろうと思う。
だからスンハが死ぬ、という結末は私の中ではきっとそうだろうと思っていたのだけれど、
でもオスを撃って死んでしまう、というのは、あまりにスンハに救いがなさ過ぎる。
オスよりも何よりも自分自身が許せなくなっていたスンハは、
オスに殺されるつもりで廃車場へ向かい、オスの目の前で
どの事件かの遺族により刺され、オスの腕の中で死ぬ、
というラストが一番自然で、良かったのではないかなぁ~
そしてそんな死に方をしたスンハの思いを背負って、オスが今後の生を生きて行く、、、
というラストで…
自分が死ぬことで、多くの被害者や遺族の不幸を生み出した罪を償えると思いながら、
スンハは死んでいけるだろうし、
そのスンハの死で、自分の周りの人々が不幸になったこともオスは受け入れられるだろうし、
そして何よりも被害者の遺族に刺され死ぬスンハを見ることで、
12年前の事件というものが、どれほどにその遺族にとって大きな苦悩であるか
知ることになるだろうから…
そして何より正当防衛であったオスに生を与えることで、今後、どんなに苦しくても、
生きて行く上での喜びも享受できるかもしれないからだ。
そこに故意と過失の決定的な違いが、最終的に証明できる気がしたんだけど…

しかし、ジフン氏、テウン氏両者の演技、すごかった。
暗く閉じ込められた感情が、へインの出現で少しずつ溶けて行くかのように
時折見せるスンハの感情の発露は、ホントに魅力的だったし、
追い詰められていくテウン氏の演技もまたものすごい見応えだった。
兄のフィスが捕まり、連行される姿を署内で目の当たりにするシーンなんか、
オスに感情移入してなかったのに、涙が出てしまったし…
そしてミナさん、いいヒロインだったねぇ~♪
二人の男性の間で、フラフラどちらにも揺れて、というイメージを与えず、
それぞれの苦悩に真摯に向き合い、どちらに対してもありかなと思わせるその位置づけが
とっても好感が持てた。彼女は美人過ぎないところがとてもいい。

あ~面白かった\(^o^)/
チュ・ジフンのスーツ姿に連続萌えの毎日でした。
俳優の皆さん、製作スタッフ、ジウ先生、そしてこのドラマを紹介してくれたチングに感謝です♪
  • [No Tag]

*Comment

かめさんへ 

>ましてや超能力者ですから、見破られるリスクもあるわけですし。

それは確かにありますね。
ただ、犯人は早く自分を見つけてもらいたかった、というようなことを言いますよね。事務長も言ってたし、、、
だからある意味、透視から自分が見えても構わなかったのかも、とも思いました。

しかし、ドラマじゃないですが、
「人は見たいものだけを見る」というのは、ホントにそうですね。
かめさんの目に映る「魔王」、私の目に映る「魔王」、他の方の目に映る「魔王」、それぞれが違って見えてるというのも面白いです。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.09/29 14:11分 
  • [編集]

私だけの疑問なのかなぁ・・・ 

あまり重要ではないことなので、どうでもいいのですが、、、

ヘインは12年前の事件の第一発見者で、かつスンハと会っていたのは良いとして、今回の復讐にヘインをどう利用しようとしたのかイマイチわからないのですよ。
ましてや超能力者ですから、見破られるリスクもあるわけですし。
単にタロットカードを使いたかったのなら、あえてヘインの作画を選ぶ必要もないし・・・
超能力者と知らずに、単に12年前の関係者を集めただけ??

もう1つ疑問なのは、ガス銃を撃ったソラ母を執行猶予にできた理由です。
こちらは家内とも意見が分かれています。
長くなるので書きませんけど(笑)
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2008.09/28 11:08分 
  • [編集]

かめさんへ 

>皆さん、オトコばかり見てますね(笑)
私は後半はオスvs.スンハにさほど興味はなく、
ヘインの母性的なキャラにすっかり惚れてしまいました。

まあ、お互い健全な反応をしてるってことですよ(笑)

>なぜヘインはこの事件に巻き込まれてしまったのでしょう?

ヘインは12年前の第一発見者じゃなかったでしたっけ?
そういう因縁ってことで、私は不思議じゃなかったですが…
あと、スンハとも会ってるわけですよね、子供の頃に…

>前にもコメントした、永井豪の「デビルマン」のラストシーンと同じです。
ダンテの神曲をなぞらえる所もよく似ています。
ちょっとパクってる感じがして気になりました。

私は「デビルマン」見てないので、全く違和感はなかったですが、
復讐モノとしては、よくあるストーリーではあると思います。
ただ、そこに流れる心情、役者の演技力、タロットカードなどと組み合わせたストーリーにかなり魅かれました。

楽しんでご覧いただけたようで、良かったですよ\(^o^)/
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.09/27 19:17分 
  • [編集]

あれから10ヶ月・・・ 

CMですのコメントから10ヶ月が経ち、やっとここに来ました。
そして今ざっくりコメント読みました。

皆さん、オトコばかり見てますね(笑)
私は後半はオスvs.スンハにさほど興味はなく、
ヘインの母性的なキャラにすっかり惚れてしまいました。
彼女の位置づけがわからずに観たという方々に、正直同情いたします(ミアネヨ~)

でもここで大きな消化不良が!!
なぜヘインはこの事件に巻き込まれてしまったのでしょう?
12年前の事件の目撃者が描いたタロットカードだから?
今週の期末の忙しさの中で、眠い目をこすりながら観ていた
私が見落としたのかな・・・うーん・・・?

もう1つ言いたいことが。
オスとスンハが横たわるラストシーン。
前にもコメントした、永井豪の「デビルマン」のラストシーンと同じです。
ダンテの神曲をなぞらえる所もよく似ています。
ちょっとパクってる感じがして気になりました。

最期のオス、自分自身を評価できてきた気がして、好感持てました。

でもなんやかんや言いつつも面白かった!!
今年のベスト3に入りましたね(笑)

  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2008.09/27 00:47分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

Sさんの感想ありがとうございます。
でもこのドラマではテウン氏が苦手だと辛かったでしょうね。
好きでも?って感じですから…

>Sさんは、ドラマはストーリー重視なので、あまりキャラにハマッたって話きいたことないんですよね~。

冷静なんですね~
うらやましい。。。
私は、スンハなんてどっぷりハマリましたからねぇ~(苦笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.03/24 12:24分 
  • [編集]

たびたび(^^; 

昨日、ご近所の友達(熱帯夜貸してくれた)Sさんが「
魔王」見終わったv-218って感想くれました。

テウン氏が苦手なSさん・・・
(って書くと聞こえがいいですが、ホントはボロッかすに言ってます)
テウンファンのチャゲママさんが泣いてるわ~v-409
「復活」よりか何倍も面白かった!!!って言ってましたよ~v-389
でも、オスVSスンハどっちにもハマりはしなかったみたいよ~。
強いて言えば、スンハの復讐したい、っていう気持ちはわかるなぁ~って。
でも、実際スンハみたいに頭よくないから、思っててもできないけど・・・って言ってました。
それから、オス父はあんなにあっさり死んじゃって、もっとひどい目に合わせてやりたかった!とか過激発言も。(同感だけど・・・)
ジフン君のv-416が怖くって、夜一人で見ててドキドキだったとか。

Sさんは、ドラマはストーリー重視なので、あまりキャラにハマッたって話きいたことないんですよね~。私みたいにミーハーじゃないんですv-398
ドラマの感想が私と全然違うので、いつも感想を聞くのが楽しみなんですよ!
(かなり、辛口トークですが)

ちなみに~熱帯夜ではオム・ジョンファさんに自分を重ね合わせて、家の中で孤立無援な彼女に同情しまくり!だったそうですよ~v-410
  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2008.03/17 10:55分 
  • [編集]

ドナルドさんへ 

>最後誤ってスンハがオスを撃ってしまうこの行為こそ12年前、オスがテウンを刺してしまったことと繋がるこの終わり方に
うまいなあ・・と思いました

視聴ご苦労様でした。
これは、今度お会いした時に色々語りたいですねぇ~
う~ん、、、
私はこの終わり方納得できないんですよ、、、
(かよこさんは納得してましたよ。)
行動そのものは、レビューにも書きましたが、オスもスンハも同じなんですよね、12年前と。
でもその温床というか、動機というか、過程といえばいいのか、
そこがオスとスンハは大きく違うんです。
だから同じ結果になってしまったことで、
スンハは救われたのかなぁ~と。
物語は整合しても、私は何となく違和感が残ってしまいました。

またお会いしてゆっくり♪
会うと飲んじゃって変態話ばっかりしちゃうからなぁ~(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.03/12 21:46分 
  • [編集]

一気に最終章! 

こんな終わり方なのですね・・・

ピンオンニが、スンハ派かオス派かと聞きますが、どちらにも感情移入できたので
どちらでもないです
ただビジュアルでは断然スンハ!

最後にスンハはオスを許すだろうと思っていたので、この終わり方に疑問は感じませんでした

最後誤ってスンハがオスを撃ってしまうこの行為こそ12年前、オスがテウンを刺してしまったことと繋がるこの終わり方に
うまいなあ・・と思いました

ヘインがこのあとどうなってしまうのかと思うと、やりきれないです
彼女とスンハのシーンは、スンハの心が少しずつとけていくのが
解って、こちらも救われるような気持ちになりました
  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2008.03/09 20:54分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2008.02/01 20:07分 
  • [編集]

きっちょむさん、アビーさん、かよこさんへ 

きっちょむさんの見解、とても興味深く読みました。
オスという人間の行動、思考回路を分析すると、
そういう解釈が一番近かったのかもしれません。
ただ、私が言いたいのは、
被害者の遺族の気持ちってそれで癒されるか、ということなのです。

レビューのどこかにも書きましたが、
大切な人を失った者には、結果がすべてです。
その過程に殺意があったのか、そのときの加害者の精神状態がどうであったのか、などという考察は、
すべて加害者側の問題であって、
被害者の遺族には、大切な人が死んでしまった、
もうこの世にいない、という絶対避けられない喪失感&絶望感だけしかありません。
それをほんの少しでも癒せるものがあるとしたら、
心の底から加害者が悔恨し反省するのみだと思うのです。
それにオスは気が付かなかった。
いえ、きっちょむさんの言葉を借りれば、
気が付く能力がなかった、ということになるでしょう。

果たして、じゃ、この気が付くことができなかった、という行為が
テフンにしてしまった行為の言い訳になるでしょうか?
必死に生きて、悪い人を捕まえれば、いい人間になれると思い込んだオスを見て、
スンハは、それが納得できるでしょうか?

だから私はオスには憐憫は感じません。
それと何度も言いますが、オスとテフンの事件の発端には、
過って轢いてしまった(交通事故)などのような過失とは
全然違う悪意の温床があります。
その部分だけをとっても、彼が子供の世界に逃げ込むのは、
やはりどう考えても卑怯であり、自分が楽になりたい生き方を選んだとしか思えませんでした。

こういう悪と善の端境の人間っているし、
実際、普通の生活の中では、人間は弱いわけですから、
自分にとって見たくない現実は見ない、ということもあると思います。
そういう次元では、私はオスのような人間もありだと思えます、
が、事、人一人の命がかかっているという次元では、
この端境というのは、致命的です。
それは許されたり、哀れんだりできる限界を超えてると思います。

オスに対して厳しい意見でごめんなさいm(__)m
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.01/28 21:41分 
  • [編集]

同感さん&ピンさん 

まずは、お詫びを・・・。
早とちりで、人違いしてしまったピンさん
ごめんなさい。m(_ _*)m


それから、身元が明らかになった、かよこさん^^

確かに、我が身にふりかかるまで
人の痛みは分りませんよね。
分ったつもりでいても、本当のところは
全然、分ってないですもんね。
だから、人の痛さは3年でも耐えられる
と言うんでしょうね。
それを、スンハはなんと12年も!!!
(だからと言って、許せるわけではないですけど。)

  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.01/28 20:43分 
  • [編集]

尽きないですねぇ~。 

きっちょむさん、同感さん(ひょっとして、ピンさんじゃないの?)

オスの拳銃持ち出しの件、
どちらも納得です。
子供のままに止まったオス、確かにそうですよね。
罪を償う機会を失った彼は、不憫と言えば不憫です。
家族を殺されてしまったスンハも同じく不憫です。

私は両者に感情移入することなく、ドラマそのものに嵌ってしまいましたので、見方が浅かったのは否めません。
ピックさんや、きっちょむさんたちの深い見解には遠く及びませんが、いろいろ話し合えて楽しかったです。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.01/28 00:52分 
  • [編集]

NoTitle 

 
 ピックさん、きっちょむさん、アビーさん、こんばんわ!

 私もオス、スンハに感情移入したクチです(笑)

きっちょむさんの発した「不憫」
そうなんですよ!! 難しく考え過ぎちゃって、
この「不憫」という言葉が出なかったなぁ~~
私も目から鱗です。

アビーさん、
私も参加していいですか??オスの拳銃持ち出しの件
・・・あれはね・・・
私のシナリオ(笑)では、「人の痛み」って、同情はするけど、実際に自分がその立場になって、初めて痛みがわかるってあるでしょ!?  それじゃないかと・・・。

オスの父親は病死だけど、物凄いストレスによって、
死に至ったわけですよね!?・・・でオスは父の死は病死だけどスンハに殺された感覚に陥ったと思うんです!
あだ討ちに近い感覚で、短絡的に刑事という立場で、
ありながらも、拳銃を手に、スンハの元へ・・・

しかし・・・ハッと気づくんですよね・・・。

これほどまでに、不条理に肉親を失う辛さが・・・。
スンハの苦悩が痛いほど、伝わるんです。

・・・って私は、思いました。 
  • posted by 同感!!! 
  • URL 
  • 2008.01/25 23:50分 
  • [編集]

私見ですが。 

アビーさん、反応ありがとうございます。

>ラスト、拳銃を持ち出したのは、どう思われますか?

なーんにも考えてなかったんじゃないかと。(爆)
殺すとか殺されるつもりとかそんな難しいことは考えてなくて、ただ直情的に怒りに駆られて持ち出しただけっていうのがいかにもオスらしい^^;
↑のたくさんのコメントのどこかでピックさんもおっしゃってたと思うけど、このオスはたしかに12年前と変わってない。(この「オスの精神的な成長が止まっている」というのが、私の中でのキーポイントなんです。最後でもう少し補足します)

でも、スンハと対峙したときのオスには明確な意図があったと思うんです。

スンハに実際に銃を向け「このまま撃ち殺すことは簡単だけれど、俺は撃たない」
自分の意思でもって復讐の連鎖、憎しみの連鎖を断ち切るという明確な決意。

そして、銃を撃つ(空中への威嚇)ことによって
「『魔王・スンハ』は撃ち殺した。計画を終わらせよう。そして生まれ変わろう」というスンハへのメッセージ。

成長を止めていたオスはここでやっと一歩踏み出したのに…。その直後に死んでしまいました。
そして、なにもかもに気付いていたのに、一歩が踏み出せなかったスンハも死んじゃいました。(T T)

みなさんが違和感を感じているオスは「精神がこどものまま止まっている」と考えると、私にはすべて腑に落ちるんです。
「一生懸命生きていれば、許されると思った」っていう言葉もこどもっぽいでしょ?
それから、なぜオスは刑事になったのかっていうのも。

1話でオスは何度も繰り返しているんです。
「世の中には2種類の人間がいる。悪い奴と悪い奴を捕まえるいい奴」
だからオスは刑事になったのかなあと。二者択一かよー、単純なオス!
ホント、こどもですね…(>_<。)

なんかオスが不憫でね。
この不憫さが、スンハと同じくらい不憫に感じたんです、、、

オスとスンハ。
可哀想な境遇も、そして、決して赦されない罪の深さも、私には同等だったです(涙)
  • posted by きっちょむ 
  • URL 
  • 2008.01/25 22:30分 
  • [編集]

目から鱗 

きっちょむさん

>序盤のオスは、正常な精神状態じゃなかったんじゃないでしょうか?
精神的に病んでる人が不自然に明るいという…そんな感じ?
>「考えたくない」というより、かなり病的に記憶を消去してるような…。

とても、納得できる見解です。
そう考えるならば、終盤の彼の取り乱すさまや崩れていくさまと、繋がりますよね。

ラスト、拳銃を持ち出したのは、どう思われますか?
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2008.01/25 20:08分 
  • [編集]

NoTitle 

すっごいコメント数ですね!それだけ意見の分かれるドラマなんですねえ。

私の場合は…結果的にオス、スンハどっちにも堕ちなかった…かな?
でもドラマには堕ちましたよ。かなり泣きました。

オス派にもスンハ派にもならなかったのは、どちらにも嵌れなかったのではなく、どちらにも同じくらい嵌っちゃったからです。
2人の男が私の心を奪い合ってどちらにも行けなかったのです。(お♪我ながらいい表現だわ 笑)
つまり、制作者にとっていちばんの「思うつぼ視聴者」^^;

ピックさんや他の方が違和感を感じた序盤のオスは、正常な精神状態じゃなかったんじゃないでしょうか?
精神的に病んでる人が不自然に明るいという…そんな感じ?高校生のままで時間が止まってる感じがするんです。(終盤で事務長か誰かもそう言ってましたっけ?)

事件の事を忘れたかのようなのも罪悪感からでしょうが、これも「考えたくない」というより、かなり病的に記憶を消去してるような…。

スンハに会って事件を思い出してから、オスの時間が動き始めた…。

ちょっとオム・テウン好きの贔屓目です^^;
かなり深読みしちゃって書ききれないので、お会いしたときに語りたいですわ~e-266
  • posted by きっちょむ 
  • URL 
  • 2008.01/25 16:27分 
  • [編集]

こっころさんへ 

初めまして。

>スンハが利用した人たちにも家族がいるでしょうに。スンハはオスを責める権利ないですね。オスよりひどいと思いませんか?

困りましたねぇ(苦笑)
私のレビュー&コメントを読んでくださってのコメントでしょうか?
私は殺人を擁護はしませんが、断然スンハ派です。
ごめんなさい。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.01/11 13:45分 
  • [編集]

NoTitle 

どんな理由があるにせよ、人を殺していいわけないですね。まして自分の身内を亡くしているならば、どんな人にも親なり兄弟がいるのを分かっていて殺せる気持が分からないです。スンハが利用した人たちにも家族がいるでしょうに。スンハはオスを責める権利ないですね。オスよりひどいと思いませんか?
  • posted by こっころ 
  • URL 
  • 2008.01/08 15:05分 
  • [編集]

そば粉さんへ 

初めまして。コメントありがとうございます。

>過去を忘れたふりをして生きる男とか、過去におびえて暮らす男とか、思い切ってオスを悪人にしてしまえばいくらでも深みのある人物にできただろうに…と残念でなりません。

そうなんですよねぇ~
オスという人物の中途半端さが、どうにも違和感になって、
彼に感情移入できないまま終わってしまいました。
作者はそういう悪にも善にもなりきれない境目の人物、という意味でこのキャラを設定したそうですが、
テウン氏のイメージとあまりにかけ離れてしまい、
なんだかオスの行動や考え方が不自然に感じてしまいました。
それが残念でした。
またご感想、カキコしてくださいね。
お待ちしています♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.12/31 16:58分 
  • [編集]

すっきり 

>正当防衛だろうと、もし自分が関わって人が死んでしまったら、ぬぐっても拭いきれない思いを毎日引きずるはずです。 それがお気楽坊ちゃんとまではいかなくとも、12年後のオスの性格があまりにもまっすぐすぎるような気がするのです。 普通なら、「影」の部分がもっと前にでた性格になると思います。

>まさしく私もそう思いながら見ていました。初期に感じたオスへの違和感です。これが最後まで尾を引きましたね。そしてまたテウン氏が演じたことにより、この違和感がより一層広がったようにも思えました。

これです!この意見です!私が聞きたかったのは。あ~、すっきりしました。

過去を忘れたふりをして生きる男とか、過去におびえて暮らす男とか、思い切ってオスを悪人にしてしまえばいくらでも深みのある人物にできただろうに…と残念でなりません。

ご挨拶遅れましたが、はじめまして。ピックさんの考え方、大好きです!他の感想も拝見します!!

アビーさんへ 

>事務所の家賃と2人の雇用人件費、お洒落な居住用マンション。
ヌナの入院費も高そうでしたよ。
それらを、どうやって捻出していたのか不思議でなりませんでした。

アハハ、アビーさんおかしい\(^o^)/
ホント考えみたらどうしてたんでしょうね?
どっかの会社の顧問弁護士でもやってたんでは?(笑)

スンハはやっぱりあの容姿ですから、汚いおんぼろアパートは似合わないですよねぇ~

>『説教部屋』 ようやく分りましたよ♪
出典は「恋のから騒ぎ」だっんですね。


特に深い意味はありませんよ(笑)
それに私はあの番組、あまり好きじゃないんで…^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.12/12 23:30分 
  • [編集]

疑問に思うのがアホですが・・・ 

ピックさん

もう、相手にされないかもしれませんが
ず~っと気になってることを書いてもいいですか?
なんて言って、もう書いてるけど。^^;

スンハは、無銭に近い状態からどのような経緯で弁護士になったのかは
ともかくとして
弁護士稼業でも、金銭的報酬の少なそうな仕事を選んでやってましたよね。
にもかかわらず
事務所の家賃と2人の雇用人件費、お洒落な居住用マンション。
ヌナの入院費も高そうでしたよ。
それらを、どうやって捻出していたのか不思議でなりませんでした。

『説教部屋』 ようやく分りましたよ♪
出典は「恋のから騒ぎ」だっんですね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.12/09 20:25分 
  • [編集]

kumiちゃんへ 

>何持ってったらいいかなぁ??

えっとね、、ドラマのDVDとv-275v-275(笑)
これじゃ反省にならないか^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/29 18:20分 
  • [編集]

いや~ん・・・ 

ピックさん。

・・・はい。一緒に行きます・・・
何持ってったらいいかなぁ??
準備しとくよ~
  • posted by kumichi 
  • URL 
  • 2007.11/28 01:19分 
  • [編集]

kumiちゃんへ 

>ない!・・・のだけど、途中からはとにかくスンハのすべてが
痛くて痛くて涙がとまらなかった。

ない!…のだけど、ってところが、このドラマの言いたいかったとこなんだと思うよ。
悪いヤツだけど痛ましい、だから涙が出て止まらない、、、
そういうドラマだったと私は解釈しています。

オスとラストに関しては、意見が一緒ですね。
説教部屋に行くことになったら、一緒に行こうね(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/28 00:25分 
  • [編集]

確かにぃ!! 

アビーさん。

よかったわ。おこられなくて^^

確かにお医者様だとドラマにならないわ・・・。

↑でも出てるように、やっぱり刑事じゃないと
話の設定上だめだったのかなぁ~

さっきじっくりとみなさんのコメントを読んで
おぉ~!!すごい白熱してきたじょ!!
ってとこにかめさんの『CM』で大爆笑!!

やっぱり囲炉裏はいいなぁ~とか思ってしまった。
あ、全然関係ないコメントになっちゃった。
ごめんちん。
  • posted by kumichi 
  • URL 
  • 2007.11/26 22:31分 
  • [編集]

怒るわけないですよ~♪ 

kumiちゃん、視聴お疲れさまでした。
やっぱり、廃人になってたんですね。

>オスはやっぱり刑事という職業を選ぶべきではなかったよね。
まだお医者さんとかのがよくないかい??

私もこれは、考えました。
でも、医者ではスンハとの接点が限定されてしまうので
ドラマにならないんじゃ?

>とにかくスンハに怒り、スンハに泣いたドラマでした。

私は怒ってばかりで、泣けなかったから
kumiちゃんが、マシだと思いますよ。^^;
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/26 12:23分 
  • [編集]

ぐったり・・・ 

ピックさん。みなさん。

ホントは見終わって1週間以上たつんだけど・・・。
まだ頭の中をグルグル~・・・。マジで廃人です。

なんだかみなさんがとっても雄弁にすっごく深く語り合っているので
コメするのに文才ゼロの私はすっごく勇気がいるんだけど。

でもなんだかいろんな感情が入り乱れてみてしまったので
まとまってませんけど、勘弁してけろりん。

『復活』のスタッフによる復讐劇ドラマ!ということで
すっごくわくわくして見始めたんだけど・・・。
なんていうか復活よりもすごーく、すごーく重たかった・・・。

やっぱりいくら自分の人生を狂わされたからといって
それに関わった人たちを被害者・加害者に振り分けて
さらなる犠牲者をだしていいはずがない!
ない!・・・のだけど、途中からはとにかくスンハのすべてが
痛くて痛くて涙がとまらなかった。

彼のしたことは決して許されることではないけど、
彼がそれぞれの加害者に『選択』を施したように、
彼にもまた引き返す(途中でやめる)という『選択』ができる
チャンスがいくつもあったのだから、そこでやめるべきだった。

ヘインとのふれあいの中で彼自身、すんごく葛藤していたわけでしょ??
ホントに真っ暗闇の人生の中でほんのり差し込んだヘインという光。
もっと素直にその光のほうへ歩み寄ればよかったのに・・・。

あら?何が言いたいんだか自分でもわからなくなってきた・・・。

とにかくスンハに怒り、スンハに泣いたドラマでした。
なぜかオスにはなんの感情もわかなかった。

それはやっぱりピックさんの言うとおり、オスが過去の事件を
引きずっているようで引きずっていないところに共感できなかったから。

オスはやっぱり刑事という職業を選ぶべきではなかったよね。
まだお医者さんとかのがよくないかい??

尊い命を自分の手で奪ってしまった。その償いの代わりに
また自分の手で尊い命をひとつでも多く救っていく・・・みたいなら
私はまだ納得できたよ。

自分は悪い人間だから悪い人間を捕まえる、ってわけがわからん!!

そしてやっぱりオスの最大の失敗は、自分のことに精一杯で
亡くなったテフンをあまりにもないがしろにしてしまったこと・・・。
これはオス一人の罪ではなくてむしろ周りにいた大人たちの過失。
それでもやっぱりオスは少なくとも遺族に対してだけは真実を告白する
勇気をもつべきだった。

『17歳の少年は勇気を出すには、幼すぎて、
16歳の少年も、あれほどの苦痛を受けるには、幼すぎた。』

これがすべてを凝縮してます。

私もあの終わり方には納得がいかない。
もっと別の終わり方がよかったなぁ~

長々ととんちんかんですみません。

アビーさん、ピンさん、おこんないでねぇ~=3(逃げっ)



  • posted by kumichi 
  • URL 
  • 2007.11/26 11:35分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>自分の気持ちの変化をはっきりと思い知らされるんですから。

ですよね、この時の本当の意味で、自分は許されないことをしたという、
激しい後悔を持つのだと思います。
そして自分のしたことの醜さを知ったのだと、、、

12年間も孤独だったスンハが行き着いたところが、結局ここだった、、、

だからこそ彼が哀れで痛ましくてたまらなかったんですよ、、、(泣)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/25 18:02分 
  • [編集]

泣き所、、、 

>だからこそ、復讐の虚しさに気付かないヨンチョルを最後に見たときの
スンハの顔に泣けませんでしたか?
私はあの時のスンハに泣けて泣けて、たまりませんでした(泣)

私も泣きましたよ。
あの場面は、そういうヨンチョルに自分がしたんだと愕然としたのだと
思います。 つい前まで自分もその世界にいたのだと。

そういうときのジフン君の演技良かったですね。
この場面は大きな意味のある場面でしたね。
自分の気持ちの変化をはっきりと思い知らされるんですから。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.11/24 11:07分 
  • [編集]

ピンさん、アビーさんへ 

>12年間引きずった思いを日増しに
膨らませていたのでしょう。自分の周りの肉親がいっぺんにいなくなったら、
と思いながら、涙が止まりませんでした。

そこなんですよね。
彼の立場には誰もなれない、その立場になったものじゃなければ
彼の絶望の深さなんてわからないと思うんです。
だから、暖かい家族に囲まれた私たちが、
彼のことをああだこうだと言うことすらホントの意味では憚られるのではないのかと思うほどです。
だって家族に囲まれている人たちというのは、安定した立場からものを言ってるわけですから…

>有機野菜を作る兄貴のような人との
家族同然の交流など、孤独そのものでは無かったようにも
思えるのですが。(本当の家族を失った傷が癒されるとは
思いませんよ)

アビーさんご自身も否定されてるように、どんなに優しい人にめぐり合えても、
それは癒されるものではなかったのでしょう、、、
へインに会ってようやくスンハは葛藤し始めたわけですが、
それでもやはり最後まで突き進むしかなかったわけで(泣)

>へインの愛やオスの苦しみに触れながら葛藤していく
過程がこのドラマのメインだと思うんです。

だからこそ、復讐の虚しさに気付かないヨンチョルを最後に見たときの
スンハの顔に泣けませんでしたか?
私はあの時のスンハに泣けて泣けて、たまりませんでした(泣)

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/23 23:34分 
  • [編集]

そうか!!! 

>へインの愛やオスの苦しみに触れながら葛藤していく
過程がこのドラマのメインだと思うんです。

なるほど!
納得しましたよ。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/23 08:33分 
  • [編集]

アビーさん 

アビーさんのおっしゃることはよーーーく分ります。

しかし、スンハは途中までは本当に冷徹を通していました。
いや、最後のほうまでと言ったほうがいいかも。
でも、へインの愛やオスの苦しみに触れながら葛藤していく
過程がこのドラマのメインだと思うんです。

殺人者にはだれでもそんなところがあるのかもしれません。
そこは、ジフン氏のなせる業とでも言っておきましょう。

次男は細くて、胸板がなくて、、、本当に韓国俳優のように
鍛えてくれたら、後ハグに命をかけるのに。。。。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.11/22 23:22分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>そうではなかったからこそ、このドラマの価値があるのではないでしょうか。

初めにお詫びしておきます。
すみませんm(_ _)m

その上で一言、質問させてくださいね。
どこが、そうではなかったのでしょうか?
綿密に練られた復讐計画は、どう説明がつくのでしょう?

確かに、彼の置かれた境遇ならびに環境は
同情に値します。
つつましくも幸せに暮らしていたのに
突然、兄が死に、母までも死んでしまいますからね。

しかしながら、有機野菜を作る兄貴のような人との
家族同然の交流など、孤独そのものでは無かったようにも
思えるのですが。(本当の家族を失った傷が癒されるとは
思いませんよ)

オスを含め、兄と母を死なせたことに関わった人たち
を亡き者にし、加えて加害者まで生み出す犯罪を犯したことが
どうしても、納得がいかないんです。

『復讐を遂げさせてやりたい』 と普通は思う私なのですが
どうしてもスンハは行き過ぎのように思えてなりません。

ピンさんの坊ちゃん、ホントに素敵な青年のようで
いらっしゃいますね。
かっこ良くて、スリムなんですね♪
いいなぁ~(*^・^*)

うちは、ずんぐりむっくくりの小太り息子たちなので
羨ましさいっぱいですよ♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/22 23:12分 
  • [編集]

これから少しずつみなさんのコメント読みます。何しろ多くて。。。 

コメントを書いた後にピックさんのレビューを読みましたよ
本当に感想が似ていてびっくりしました。

>そしてまたテウン氏が演じたことにより、この違和感がより一層広がったようにも思えました

あーそうかもしれませんね。
繊細で折れそうな中に鉄のようなつよい芯を持つキャラは
ジフン氏でなきゃと思えます。  テウン氏は折れそうもなく、
芯が明るそうですからね。

俳優としてはテウン氏のほうが好きですが、今回のジフン氏には
脱帽しました。


>スンハの取った行為が、所詮オスと一緒じゃないかと、嫌悪感を覚える方々も多いようです。

スンハのとった行為はオスのそれよりもはるかに残忍だはないでしょうか。
オスには殺意はなかったかもしれないですから。

ただ、オスは12年前に父親のとった行動にどれだけ対抗しただろうか?
父に反抗しながらも同じ家で暮らし、父に対して根に持ってはいても
行動には起こしてませんよね。

対して、スンハは頼る人もなく、12年間引きずった思いを日増しに
膨らませていたのでしょう。自分の周りの肉親がいっぺんにいなくなったら、
と思いながら、涙が止まりませんでした。
これは理屈じゃないんですよね。

スンハがただの復習に燃えた殺人鬼だとしたら、このドラマの価値は
半減したでしょう。
そうではなかったからこそ、このドラマの価値があるのではないでしょうか。

一つ付け加えると、ジフン氏はうちの次男の体型そっくりなの。
あの細さ、首の長さ、背の高さ。
だから余計にかわいそうになったのかも。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.11/22 22:39分 
  • [編集]

ピンさんへ 

視聴ご苦労様でした。

>ピックさんのレビューも見ないで、純粋に私が感じたことを
書きます。

出来れば読んでいただきたいです。
というのも、驚くほどピンさんと同じ感想を書かせてもらっているので、、、

>正当防衛だろうと、もし自分が関わって人が死んでしまったら、
ぬぐっても拭いきれない思いを毎日引きずるはずです。

まさしく私もそう思いながら見ていました。
初期に感じたオスへの違和感です。これが最後まで尾を引きましたね。
そしてまたテウン氏が演じたことにより、この違和感がより一層広がったようにも思えました。

>スンハはというと、やったことは冷徹で許せません。
だけど気持ちが自然と受け入れられるのです。

このスンハの行為に対して意見が分かれてこのコメント数なんです(笑)
彼の行為そのものが悪いという点では皆一致してるんですが、
だからといって彼の気持ちまで否定できないと私は思うのですが、
スンハの取った行為が、所詮オスと一緒じゃないかと、嫌悪感を覚える方々も多いようです。

私はその「所詮一緒の行為」をしてしまうスンハが、やはりどうしても痛ましく、
復讐の虚しさの中でしか生きれなかった彼がかわいそうでなりませんでした。
またへインを通してスンハへの作者目線がとても優しかった、、、
そこに、スンハもまた犠牲者の一人なのだというメッセージを強く感じています。

すばらしいドラマでしたよね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/22 12:33分 
  • [編集]

スンハがいたましくて....... 

見終わりました.....
コメント書こうと思ってみたら、41ですかい?
いやあびっくりしてコメントを読まないで書くことにしました。
ピックさんのレビューも見ないで、純粋に私が感じたことを
書きます。

前にも書きましたが、オスがこの12年間どのように過ごして
又刑事の職を選ぶに至ったか。 その12年にオスの苦悩が
全く感じられなかったのです。

正当防衛だろうと、もし自分が関わって人が死んでしまったら、
ぬぐっても拭いきれない思いを毎日引きずるはずです。
それがお気楽坊ちゃんとまではいかなくとも、12年後のオスの
性格があまりにもまっすぐすぎるような気がするのです。
普通なら、「影」の部分がもっと前にでた性格になると思います。

それゆえ、オスに感情移入できなかったのです。

スンハはというと、やったことは冷徹で許せません。
だけど気持ちが自然と受け入れられるのです。
12年間、肉親もいなく、一人でどれだけ痛い思いをしてきたか。
温かな思いを持たずに成長せざるを得なかった彼が、殺人の
仕返しに殺人を選ぶと言うのは極端にしても、思いを募らせた12年
だったでしょう。

そんなスンハが、へインによって温かな気持ちに心揺らぐ瞬間の
彼の演技!!!見事でした。 彼って、こんなに演技上手でしたっけ?
どれだけもらい泣きしたことか。

そんなスンハにへインとすごしたあのブランコの思い出があって
本当に良かったと思いました。

いっぺんには語りきれません..............
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.11/20 18:52分 
  • [編集]

みずかさんへ 

忙しいのに、長いコメント、ありがとう。でもうれしいです。

◆まずは修正したいところから。

>ハマった人に対してハマってない人の言葉が説得力を持つのは難しい。

わかってましたよ。
ただみずかさんは「だから真の意味ではハマってなかったかも」と言っていたので理解できたんだけど、
スンハにハマらず、ドラマにハマった方々は、どこにハマったのか、それをお聞きしたかったんです。
私も「復活」で似たような体験をしてますので、何となくみずかさんの気持ちはわかるんだけどな、、、
(今度そのへんは爆裂でゆっくり、、、)

◆プロットについて。

やはりないですか、、、残念、、、
ただ、ジフンファンのチングから話を聞いたところでは、
オスの存在は、「善と悪の境目」の存在として描きたかったというようなことを、
作家が言っていたそうです。
私も見てるときから何となくそれは感じてたんですが、
オスって現実にいそうな人間ですよね。
ただそれをオム・テウンが演じることで一層格差が広がった気がしています^^;

◆スンハに感情移入せずに視聴して、どこが面白いのか?

>反対に、魔王はスンハのキャラが素晴らしく立っているので
感情移入せずに視聴してもストーリーの面白さが視聴者を引っ張る。

キャラ付けが明確でおっしゃるようにそのキャラが終始一貫してるドラマは、
気持ちがいいですよね。
だから納得がいくんじゃないかな?
でも納得と感動は違うような気がしてるんです。
私の場合ですが「復活」や「雪の女王」がまさに納得した作品でした。
ただ感動しなかった。だからハマったとはいえない、、
という三段論法になるんです。
あくまで私の場合ですが…

◆オスが警察官を職業に選んだのはなぜ?

>だから選択肢として警官しかなかったのかも。

ホントみずかさんのおっしゃるとおりだと思いますよ。
そして先ほど書いたように、オム・テウンという役者の魅力が、
そのオスの矛盾を一層広げてしまったような気がしています。
これがみずかさんがおっしゃってた製作者側の予想に反したことなのかもしれないね、、、

>主役を喰うほどの出来栄えだったから。

「宮」の頃の彼からしたら格段の進歩ですよね。
私も驚きました。
「魔王」の一番最初のレビューにも書きましたが、
ジフン氏は本当に自分の長所がよくわかっている俳優だと思います。
そこにこれだけの演技力が加わったわけだから、
ものすごい効果になったわけで(苦笑)
製作関係者の後日談など、聞いてみたいですね。

また爆裂でゆっくり。。。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/17 17:44分 
  • [編集]

アビーさんへ 

そうだったんですか。。
スンハ役をオム・テウン・・・??
ダメですね。視聴を終えてしまった今、全く想像できないです。

演技力はあるからオムテウンなりのスンハを作り上げたでしょうけど
チュ・ジフンが演じたからこそ、という思いを拭えません^^
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2007.11/16 23:46分 
  • [編集]

みずかさん 

ちょびかじりですが、
最初、オム・テウンにスンハ役のオファーがあったとか。
見てしまった今、スンハ役の彼って、イメージしにくいですよね。(笑)

>このドラマはどういう見方をしたとしても、スンハに尽きる作品ですね。
スンハのキャラだけでなくストーリーにもとても力があると思います。

同感です!
主役を喰ってしまったスンハも納得です。
ドラマ作りの現場も大変でしょうね。
放送の過程で、想定外なことも起こりますから・・・。

  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/16 20:25分 
  • [編集]

書きっぱなし部分の補足! 

ピックさん、書きっぱなしになっている部分を補足します。
仕事が忙しくて、随分放置しちゃってスマンです。

◆まずは修正したいところから。
『ハマった人の言論にハマってない人は勝てないと思う』
と書いたけど、確かにこの討論は勝ち負けの問題じゃないですね。

ハマった人に対してハマってない人の言葉が説得力を持つのは難しい。

という意味合いのつもりでした。お恥ずかしい限りです・・・
今、「冗長表現を避け、断定的に表現する」仕事しているせいです。
      ↑
あ。言い訳だけどね^^ ミアネー

◆プロットについて。
探しました。でも見つからない。制作発表時点のものならあるかもだけど
私が知りたいのは脚本家が構想を練った段階のもの。
サイワールドあたりで脚本家やスタッフ、またはその家族・友人などが
こぼれ話を披露してる可能性があるんだけど、韓国語ができないので
日本のサイトに韓国から拾ってきてる情報がないかと探しました。
残念ながら今のところ空振り。これは引き続き探す予定。

◆スンハに感情移入せずに視聴して、どこが面白いのか?
「ゲームの女王」を見て、余計にはっきりと分かったんです。
ゲーム~も復讐が核になって始まるストーリーなんだけど、
つまらないなんてもんじゃない。あきれるくらいヘンテコ^^
キャラクター全員、人格がどんどん変わっていく。元に戻ったりもする。
キャラ設定が曖昧なためにストーリーが支離滅裂。話も深く掘り下げない。
反対に、魔王はスンハのキャラが素晴らしく立っているので
感情移入せずに視聴してもストーリーの面白さが視聴者を引っ張る。
スンハを恐ろしいと思っても、終始一貫したキャラ設定が見事という他ない。
このドラマはどういう見方をしたとしても、スンハに尽きる作品ですね。
スンハのキャラだけでなくストーリーにもとても力があると思います。
作品性についてはディベートのどちら側の方も高評価ですよね。

◆オスが警察官を職業に選んだのはなぜ?
前に書いたけど、スンハの対立軸としてのオスの存在はあまりにもチンケ。
スンハと違ってキャラが立ってない。12年前と今ではあまりにも違うし
事件をすっかり忘れて生きてきたかに思える設定。
キャラ設定の際に最初に構想が完成したのは弁護士スンハだと思うんです。
で。対立軸となるオスの職業は、事件に際し弁護士と同じかそれ以上に
状況把握できる職業でないと、この緊迫感は出ない。サラリーマンじゃダメでしょ?
なので構想時に警官と決めていたんだと思う。法廷ドラマにしたくないだろうから
検事もダメですよね。だから選択肢として警官しかなかったのかも。

で。警官にしてしまったら、オスが非常に中途半端な人間として浮き彫りに!
これは脚本家が意図したかどうかは分かりませんけれど。

◆その他もろもろ
このドラマ、復活チームがオム・テウンを再度起用して作る!というのが発端。
だから、オムテウンは出演が最初から決まってた。で。想像だけど
復活では復讐する側だったから、復讐される側を演じるのも決まってたのでは?
つまりキャラとして完成したスンハではなく、ハンパなオスを演じることになる。
しかしながら、主演はオム・テウン。これも当初から決まっていたこと。
トップクレジットがオムテウンなので最初からそのつもりだったはずです。
だけど、実際観てみるとスンハこそが主役に見えて仕方ないドラマだった。
しかも。そのキャラが立っているスンハを演じたチュ・ジフンがまた、
素晴らしかった。ハマりすぎなくらいのハマリ役。存在感が抜群でした。

このあたりのことを、脚本家や制作スタッフが当初考えていた方向に
視聴者を持っていけなかったのでは?と表現したのです・・・
主役を喰うほどの出来栄えだったから。
わざと曖昧に書いたから伝わらなかったですね・・・

長くなりすぎた。。。また来ます。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2007.11/16 18:57分 
  • [編集]

ひよこさんへ 

>ただ純粋に涙がこぼれて仕方がありませんでした。

わかります。
おっしゃるように二人の魂の安息があってほしいと本当に思いますよね。
こういうラストが悲しいドラマは、後を引いてしまいます。
やっぱり廃人に近い状態なのかもしれません、、、
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/13 14:03分 
  • [編集]

深いですよね 

二回目のコメントです。

魔王見終わったのですね。
見終わってすぐは、言葉に表せない複雑な思いで胸がいっぱいになりました。
ただ純粋に涙がこぼれて仕方がありませんでした。
二人の運命が悲しくて・・・。
しかし、ファンジニ、宮Sを間に挟んで今感じることは、何となくほっとした感じ、あれでよかったのかもしれないなあという感じです。(うまく表現できないのですが)
二人の魂が寄り添っていることに納得したというか・・・・・。
とにかく後引く深いドラマでした。





  • posted by ひよこ 
  • URL 
  • 2007.11/11 23:59分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>二人の問題だけの視線で捉える限り
オスと許しあって、死んでいったことで
スンハの魂は救済されたのではないでしょうか?

かよこさんのレスにも書きましたが、視聴者が感動したり納得するポイントがあれば、
成功のドラマなんですよね。
それぞれ見解の相違があったとしても、そう見えるラストでもあるんだなぁ~とその奥行きの深さに改めて感動しています。

かよこさんにも書きましたが、同じレスをさせていただきます。
ご自分が書かれたコメントに最後まで責任を持って書いてくださったアビーさんに感謝します。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/10 02:34分 
  • [編集]

かよこさんへ 

>心が屈折した部分を小出しにだしていったところかな。

どこかに書いたんですが、オスって現実にいそうな人間ですよね。
善と悪の境のような人間…
だからリアリティーがあって、ありふれた人間の脆さや弱さを
見せられるような気持ちになり、余計にオスを見ているのがしんどかったのかもしれません。

>このラスト10分だけは、私の心の中に終わせてくださいね。

解釈は人それぞれで、その解釈でかよこさんが満足なら
このドラマは成功してるんだと思いますよ(^^)v
だって感動してるでしょ?
私はへインのメールをもらった後、空を見上げるスンハに、
ポロポロ涙が出ました。
何にも悲しいシーンじゃなかったんですが…
かよこさん同様、もうこのシーンだけでもこんなドラマを作ってもらって
ありがとうと言いたいですよね♪

ご自分が書かれたコメントに最後まで責任を持って書いてくださったかよこさんに感謝します。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/10 02:27分 
  • [編集]

みずかさんへ 

>ハマった人の言論にハマってない人は勝てないと思う。

勝ち負けじゃないと思いますが、ただスンハの心情にハマって見たものとしては、
そこを否定した方々はこのドラマのどこに面白さを見出したのか、
それを知りたかっただけです。

私は日本中のアジュンマがハマった冬ソナにハマれなかった理由がちゃんとありましたから。
(もちろんハマった方に納得していただけたかどうかはわかりませんけどね^^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/10 02:18分 
  • [編集]

中ざくらさんへ 

何度も繰り返しになりますが、スンハは悪いんですよ。
作者のテーマもそれを問うてるわけじゃないと思っています。

>スタートラインから、オムテウン目線で見ていたのです。

ファンはまた別の目線で見ますからね。
でも私はテウンは「復活」の方が断然好きですよ♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/10 02:15分 
  • [編集]

かめさんへ 

>盛り上がっているようなので、意味なく通りすがって見ました^^;

アハハ、かめさん、ナイスです。
ぜひ近いうちに参戦してください♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/10 02:09分 
  • [編集]

廃人もいろいろ・・・ 

またまた登場(恥)

見終わった直後は、二人とも死んでしまって
拍子抜けしましたが、
じわじわと納得しています。

二人の問題だけの視線で捉える限り
オスと許しあって、死んでいったことで
スンハの魂は救済されたのではないでしょうか?

残された人たちのことや、スンハの犯罪の立証など
気になることは、多々ありますが
曖昧さもありかなぁ~と思います。
こと切れた二人を発見したヘインが佇むラスト。
絵的に印象深いものがありました。

スンハに感情移入せずして、廃人になった不思議人間で~す^^;


  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/09 20:04分 
  • [編集]

スタートライン 

私は「復活」に嵌って、オムテウンを見たくてこのドラマを見ました。
予備知識も無く。
あらすじも読んでいないし、主役の三人の写真しか知らずに。

「宮」には嵌れなかったので、スタートラインから、オムテウン目線で見ていたのです。
ジフン君はモデル上がりなので、スーツ姿は顔が小さし、カッコよく見えました。
逆にオスは最初から最後までジーパンにTシャツ姿でしたが、後半は苦悩する姿もあり、ファンはどうしても最初から目線が違っていたのだと思います。
  • posted by 中ざくら 
  • URL 
  • 2007.11/09 18:38分 
  • [編集]

続・すごいことになってる! 

 ピックさん!こんにちわ。
またまた、ネットカフェより愛をこめて・・来週の中頃まで直らない(涙)
まったく、こんな時に限って(怒)

~~んで続きです。

 あくまでこれはドラマなんで、いろんな見方があって当然だし、
正論は無いと思います。

 議員の息子=暴漢は私の間違えです。間違いなりに私も被害者の
家族に襲われたことに意味があると思っていたので、ボタンの掛け違え
はあったものの、ピックさんの意見と合点しますね。

 最初のころ、ひまひまさんのところにも書いたのだけど、私も刑事という
職業には無理があり、それに囚われて前に進めないと思ったんです。

「死」ですべてに終止符をうたれたスンハ
「生」のチャンスをあたえられたオス

 オスなりに苦悩の日々ではあったけど、なんの謝罪もなく通りすぎた
12年に怒りを感じるピックさんの意見も当然です。
私はアンチ・オスにはなれなかっただけで、擁護する気もないのよ。
断然、スンハに感情移!!ただ作り手がうまいな~と感じたのは、オスの背景も描いたところ。
心が屈折した部分を小出しにだしていったところかな。
だからって、ゆるせるものではないけど・・。
 
 ラスト10分
これはピックさんと永遠に平行線のままだと思います。
何回も台詞を暗記する位、みてしまいました。その度に涙がでるのよ。
・・・俺よりも酷い苦痛の中にいる、真実をあからかにするために俺は、
何もしなかった! @オス
・・・ゆるすよ、おれ自身も、あなたも @スンハ
セリフも回想シーンも、自分がシナリオを書いたのかと(笑)錯覚する
くらいに心に響いたんですよ。
おおげさだけど、二人の魂が浄化されたような・・・。

このラスト10分だけは、私の心の中に終わせてくださいね。
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2007.11/09 16:58分 
  • [編集]

まだまだ続くね~っ 

まだこのスレは伸びそうですね。
かめさんの『CM』には癒されましたね~
思わず笑ってしまいました。

魔王については討論というより、ちょっとくだらない話もしたいので
爆裂でヨロシクね~

さて。
ピックさんが再三おっしゃっている、スンハに感情移入しないで
このドラマのどこが面白いのか、という問いかけ。
実に鋭い!!!!!
これが全てを物語っていると思います。

↑の中ざくらさんと同じでスンハに涙することはありませんでしたが
続きが知りたくて、次々とディスクをこなしていきました。
引き込まれるドラマだと思います。
でも、ハマりはしなかった。だから廃人にもなっていないです。
やっぱりスンハに感情移入しないとハマれないんだろうなぁ

ハマった人の言論にハマってない人は勝てないと思う。
ハマった人の方が考察が深くなりますからね。
途中で『まぁいいか』なんて思っちゃってましたもん、私。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2007.11/09 12:03分 
  • [編集]

 

私は皆さんの様に、そんなに深く考えないで、感情の赴くままに、見ていたのです。
ただ自分の手を汚さずに、復習と言う事であんなにも沢山の人の命を奪う事が許されないと思いました。
どんなに悪い人でも、前にも書きましたが、家族や愛する人が居るんです。

自分と同じ苦しみを、もっと沢山の人に与えているスンハには、涙が出なかったのです。

何の罪も無い兄の命でも、殺されても仕方がないと言う命でも、命は一つしかないし、重さは同じです。

キム・ヨンチョルがスンギよりも見るに耐えなかったです。
ヨンチョルの罪はどうなのでしょうか?
  • posted by 中ざくら 
  • URL 
  • 2007.11/09 09:24分 
  • [編集]

CMです 

盛り上がっているようなので、意味なく通りすがって見ました^^;
ぜひ見たいドラマなので、コメント読めなくて残念-_-;

ということで続きをどうぞ♪
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2007.11/09 00:02分 
  • [編集]

かよこさん、アビーさん、中ざくらさんへ 

かよこさん、視聴ご苦労様でした。
あっという間に見ちゃったね♪

>この境遇に私は・・・罪を憎んで人を憎まず・・・でした。

この見解は私も同じです。
だからへインも傘をさしかけてくれたあの優しいお兄さん=テソンだとわかっても
彼女の気持ちの中に何も変化はなかった。
というより、何とか助けてあげたい、力になりたい一心だったと思います。
まさしくかよこさんの言うように罪を憎んで、人を憎まず…だったんですよね。

>封印してしまいたい
部分をあえて目の当たりにする・・・悔恨の日々に身を置くことで
罪を乞う・・・。  私はそうとらえました。

これは、ごめんなさい。私にはそう見えませんでした。
というのは、彼が12年前の事件と今回の事件が関連があると気付くのがまず遅すぎたこと。
毎日が悔恨の連続であったらなら、すぐ思い当たってしかるべきだと思うのです。
それとやはり今、あれほどの正義の代弁者のような彼が、
どうして12年間、被害者の遺族に手紙一つ出さなかったか、
あるいは出せなくても、刑事という職についたのなら、
テフン一家がその後どうなったかを調べる手立てはあったはずです。
それを全く行わなかったことが、やはりどうしてもオスへの不信感につながってしまい、
私の中ではオスは認められないキャラになってしまいました。
それと彼が「一生懸命生きてたら許されると思った」という言葉、これも、
ものすごく不愉快だった。
誰でも一生懸命生きるのは当たり前なんです。
彼は一生懸命自分は生きてるから、12年前の事件は許されたんだと、
まず自分が楽になろうとした、被害者遺族のその後を調べることすらせずに…
許すかどうかは、被害者遺族だけが言えること、
加害者側が自分で判断すべきことではないと私は思います。

>あの魂のぶつかり合いは号泣と鳥肌がたちました。
なぜオスは拳銃を手にとったか!
短絡的な男だからスンハを殺すしか、考えてなかったんだろうね。

ホントに最期の二人のシーンはすごかったですね。
私もあの迫力には鳥肌が立ちました。
ただ、これも逆らうようですが、オスは果たしてスンハを殺すつもりで拳銃を持ち出したんでしょうか?
彼がよく口癖のように言っていた「オレだけを狙え」という言葉のように、
最後の最後に彼は本当の贖罪は、自分の命を投げ出すことしかないと
思ったのでは?

私はこのドラマを見ていて、謝罪や贖罪って虚しいなぁ~という思いがしたんです。
愛する人を一瞬で奪われた遺族に謝罪するのって
結局は「すいません、本当にすいません」という言葉しかない。
もちろんそこに心からの気持ちを添えたとしても結局目に見える謝罪と言うのは、この言葉しかないんですよね。。。
それが最後の方のオスにはやりきれなかったんではないかなと。
どんどん自分のせいで周りの人達が死んでいく、それを止めるためには、
自らの命を差し出すしかないと思ったのではないでしょうか、、、

>そう思うと、オスはスンハによって、スンハは自分が不幸に追いやった
議員の息子によって、二人は公平に罰を下されたと解釈しました。

レビューにも書きましたが、因果は巡るという意味では辻褄の合うラストですよね。
でも私はやはりスンハは同じ死ぬにしてもトンネルから出てきて死んでもらいたかった。
だからこのラストはあまり好きではありません。
それとやっぱり、クォン弁護士の息子ではないようですよ。
というより、デシクの子分であっても弁護士の息子であっても
そんなにここでの意味に大差があるでしょうか?
被害者の遺族に殺される、ということに意味があるのであって、
どちらに刺されても、そんなに大差ないように私は思うのですが^^;

色々反対意見を書いてごめんなさい。
でも一杯ディベートできて私は楽しいです。

中ざくらさん、

>私は、ただスンハには殆んど涙が出なかったです。

アビーさんと同じご意見ですね。
それでは、中ざくらさんは、このドラマでは何が面白い要素だと思われますか?
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/08 22:59分 
  • [編集]

討論に、ビックリしています。 

私もかよこさんと同じくあの暴漢は、最初から議員の息子だと思っていました。
ほくろにも気が付きました。
かよこさんパチパチ。

ピックさんとアビーさんのコメントを読ませていただいて、私なんて入る余地は有りません。

私は、ただスンハには殆んど涙が出なかったです。
でも面白かったですよ。
復活にも夢中になりましたが、それ以上でした♪

私の友人もこちらを見に来て、見たい見たいコールです♪
素晴らしいドラマを同時に見られて、感謝しています。
爆裂全員見たんですね♪
  • posted by 中ざくら 
  • URL 
  • 2007.11/08 20:59分 
  • [編集]

同感です 

>スンハも暴漢に奪われたけど、あれは議員の息子では??あの息子は
二度もスンハの法廷に姿を現したし、最後の食い入るように、睨んで、
いたから、私はそう思ってました。

私もそう思って見てました。
(議員の息子ではなく、クォン弁護士の息子では?)

今日は、他のドラマを見る気がしなかったので
「魔王」関連のネットサーフィンをして過ごしましたが
デシクの子分説が多いんですよ。


弁護士の息子の方が、かよこさんの解釈
(二人は公平に罰を下されたと解釈しました)と
ぴったり合って、おさまりが良いですよね?


  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/08 20:49分 
  • [編集]

すごいことになってる!? 

 ぴっくさん、こんにちわ! 
まだパソコンが故障中なのでネットカフェから愛をこめて(笑)

昨晩、最終話まで一挙にみました。すごい作品で、私の五本指に、
入りました。(途中までは復活は抜けないと思ってたんだけどな)

私はアンチ・スンハでもアンチ・オスでもありません。
強いて言えば、16歳にして最愛の兄と母を失ったスンハ・・・。
この境遇に私は・・・罪を憎んで人を憎まず・・・でした。
思春期の真っ只中、恋もしたかったろうし、家族にも甘えたかったろうし、
でも復讐の鬼とかしたスンハが哀れで、たまりません。

そして、オス。
浅はかで、短絡的で、もろくて、臆病もので・・・・。
スンハ兄を殺したのは過失、これは私も間違いないと思う。
臆病者の威嚇があの事故(殺人)につながったんだろうね。
しかし彼は12年間、事故(過失)という隠れ蓑にすがる、そこが、
卑怯!!!では、なぜ刑事という最も遠い職を選んだのか??
私の深読みで私なりの解釈。 彼は人を裁くことによって、自分自身を
裁いていたのだと思う。 罪人で人を裁く立場ではないけど、彼の場合、
親ですら、話を聞いてもらえず信じてもらえなかったでしょ?!
本当は過失でも罰を与えられたほうが、オスも救われたと思う。
なのに、正当防衛というオマケまでついてしまったのだから・・・。

殺人とか自分もした、一番触れられたくない、封印してしまいたい
部分をあえて目の当たりにする・・・悔恨の日々に身を置くことで
罪を乞う・・・。  私はそうとらえました。

ラスト10分・・
あの魂のぶつかり合いは号泣と鳥肌がたちました。
なぜオスは拳銃を手にとったか!
短絡的な男だからスンハを殺すしか、考えてなかったんだろうね。
でも、スンハの目をみた時、全身全霊で、肉親を亡くす過酷な事を
身をもって理解できたのだろうね。

最後の魂のぶつかり合いがあったから、スンハによって殺されたことは、
本望だと思います。たとえ過失であろうと・・・。

スンハも暴漢に奪われたけど、あれは議員の息子では??あの息子は
二度もスンハの法廷に姿を現したし、最後の食い入るように、睨んで、
いたから、私はそう思ってました。

そう思うと、オスはスンハによって、スンハは自分が不幸に追いやった
議員の息子によって、二人は公平に罰を下されたと解釈しました。

よく練られたドラマでした。
最後に爆裂的な一言(笑)
チュ・ジフンの頬と指の付け根にあるホクロがセクシーで
たまんなかったすっ!!あ~いうの艶ぼくろっていうんだよね(笑)
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2007.11/08 17:50分 
  • [編集]

ふたたび、むっくり! 

上のコメントで怨恨OKって書きましたが
スンハの場合、文字通り「怨恨」ですよね?
墓穴を掘りましたよ。
哀れ、アビーは自爆しました、アハハ・・・^^;
ディベーターとしては失格ですね。

(いったん、終了したPCを再び起動しましたよ。
アレ、論点がずれたんじゃないかなと思ってね。
なかなか、起きてくれないんだよね、私のPC。)

>アクセスが2000近くなってますから…

そ、そうなんですか?
恥ずかしいですねぇ。
明らかに、私の読みが浅く、好悪の感情が先立っています。


  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/07 23:53分 
  • [編集]

アビーさんへ 

ディベートご苦労様でした(笑)
この私たちの戦争or喧嘩(笑)を結構たくさんの方がご覧になってるようですよ^^;
アクセスが2000近くなってますから…
どうぞこれに懲りず、また喧嘩しましょう(笑)
おやすみなさい♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/07 23:23分 
  • [編集]

ぴっくさんへ 

>やはりすべての殺人の量刑が等しいということがないように、
それぞれの犯罪には必ず情状の余地を、裁く側が持たねばならない

これは、犯罪によっては分ります。
あくまで程度問題です。
しかしながら、連続殺人鬼や、近頃、話題の某市事件などでも
弁護人が、被告人の生い立ちを云々しているのを、報道で知るたびに
不条理なものを感じてしまいます。
生い立ちはあくまでも生い立ちであるべきだと思います。
犯罪の因果関係で量刑が変わるのなら納得ですよ。
簡単に言えば
ゆすりや、怨恨などが背後にあった場合はOKです。

私、裁判員に抽選で当たったら、ホントどうしましょ?
○○の理由で、免除にならないかなぁ。
絶対に無理ですよ。
夢に見そうです。

>彼の悲しみや怒りもまた、一番憎むべき犯罪でしか、
晴らしようがなかった、ということ、
またそうまでしても晴らせない復讐の虚しさ、
それがこのドラマのテーマなのじゃないかな、と私は思っています。

おぉ!
これは私も完全同意です!
安心して眠れますよ。
おやすみなさ~い♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/07 23:17分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>囲炉裏では、私はかなり『異端』ですよ。
魔女裁判並みのね・・・。

いえいえ、まだわかりませんよ。。。
少なくとも、中ざくらさんはアンチスンハのようですし、
他にも何人か意見の違う方がいますよ。
でも違う意見の方とこうしてディベートすることは、
楽しいですよ。

なので私も調子に乗ってもう一言。。。

クールでドラマとか一切見ない主人に話してみました。
主人もほぼ私と同意見だったのが逆にびっくりですが、
やはりすべての殺人の量刑が等しいということがないように、
それぞれの犯罪には必ず情状の余地を、裁く側が持たねばならない、
と主人は言っていました。
それが「人が人を裁く」ということだと、、、

スンハのように同情の余地(私から見て、ですが)がある犯罪でも、
結局は、アビーさんがおっしゃるような憎むべき犯罪に過ぎず、
彼の悲しみや怒りもまた、一番憎むべき犯罪でしか、
晴らしようがなかった、ということ、
またそうまでしても晴らせない復讐の虚しさ、
それがこのドラマのテーマなのじゃないかな、と私は思っています。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/07 22:58分 
  • [編集]

ピックさんへ 

>スンハの気持ちにならずに見て
どこに見応えがあるのだろうと、正直思ってしまいます。

それが、何故か、面白かったんですよ。
理解力が不足していても、見応えありました。
なにより、先が気になる!結末が気になる!
スンハに肩入れしなくても十分楽しめましたよ。


>明らかにオスとスンハとでは、彼女の感情の出し方が違っていました。
それに気がついていただけなくて残念です。

それには気付いていました。
いくら、アンチスンハでも、そこまで鈍感ではありませんよ。
スンハを愛する彼女の気持ちを否定したかったのかもしれません。
子供の頃、傘を貸してくれたお兄ちゃん
ずっと、苦しんできたやさしいお兄ちゃん
そこに思い至った時のヘインの涙を
歓迎できない私は、やっぱりオカシイのかもですね。

囲炉裏では、私はかなり『異端』ですよ。
魔女裁判並みのね・・・。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/07 22:44分 
  • [編集]

アビーさんへ 

ホントに仕方がないですね。感じ方が違うというか、
もしかしたら考え方も違うのかも^^;
私の考え方の方が非道徳的なんでしょうね、きっと。
ですからアビーさんのお考えと私の考えはきっと平行線だろうと思います。

ただ、自分のブログなので、しつこいですがもう一言だけ。
私はこのドラマ、スンハの気持ちにならずに見て
どこに見応えがあるのだろうと、正直思ってしまいます。
ミステリー的にも大きな展開はなく、犯人もわかっていたし、
最後にどのようにしてそれぞれの犯行に二人が関わったかなどのネタばらしも一切なかったですしね。
ですから例えは悪いかもしれませんが、
赤穂浪士の心情を哀れんだり応援したりする気持ちにならずに、
あの討ち入りを見るような、そんな気がします(ミアネヨ)

へインに関しては、彼女がなぜあんなにスンハに泣いたのか、
明らかにオスとスンハとでは、彼女の感情の出し方が違っていました。
それに気がついていただけなくて残念です。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/07 21:34分 
  • [編集]

ピックさんへ 

>行動が悪ければその情状には何の斟酌も加えないということですよね?

そうですね。
ちょっと、飛躍しますが
よく犯罪者が、不幸な生い立ちを理由に
減刑、もしくは無罪を勝ち取るような弁護を受けていますね。
あれが、私、大キライなんですよ。
同じ境遇にあっても、普通の社会人に成長していく人も
多い中で、「何言ってるの?」と思います。

オスと、その父、新聞記者、学校、警察関係者すべてに
非があって、奈落の底に突き落とされたスンハの身の上に
同情はしますよ。
16歳の少年には過酷な現実だったでしょう。
でも、やっぱり私には無理です。
(せっかくの優秀な頭脳とエネルギーがもったいないとすら思いました。)


>ではこのドラマでのへインの役割は何だったのでしょう?

何だったんでしょうねぇ~。
巧妙に仕組まれた犯罪を解決するために頼らざるを得ない
サイコメトラーなんて、非現実的な存在。
普通は、受け入れられないのですが
彼女が素敵な女優だったので、見ていて心地よかったです。
タロットカードもヘインが描いたものでしたね。

彼女が、途中からスンハに恋心を抱いていることは気がついてました。
ピックさんは、スンハを愛したヘインに作者のメッセージを感じると
おっしゃいますが
スンハを否定してる私には、そのメッセージが伝わりません。

しつこいですが、私はオスを好きではないですよ。
ただ、忌み嫌うほどでは無いだけです。
彼も職場で愛され(女性刑事は恋情も含む)、友人からも愛され
ているところを見ると、箸にも棒にもかからぬ人間とは思えません。
12年前に、なりゆきとは言え、テフンを死なせているのですから
正しい裁判(審判かな)を受けた上で、潔く少年院に入れば良かったですね。
それと、故意、過失かは知りませんが
決して正当防衛ではなかった!と思っています。


低次元の話で恐縮ですが
ルックスは、スンハが段違いに良かったです。
首も脚も長く素敵でした。
今年のトレンド、台衿の低いシャツを着てるので
余計に首が長く見えましたね。

日常に溢れている宅急便を犯罪アイテムとして巧みに使った
『今の時代』のミステリーですね。
ちょくちょく来る宅急便が、ちょっと怖くなりました。
脚本が良く出来ていて、ドラマとしては
とても面白く楽しめました。

近頃、「ファンジニ」「魔王」と力作揃いで
肩は凝りますが、充実しています。
まだまだ、韓流はケンチャナそうですね♪

でも、なかなか意気投合しませんね。
残念ではありますが
こればかりは、感覚的なものなのであしからず・・・m(_ _)m






  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/07 20:47分 
  • [編集]

アビーさんへ 

繰り返しになりますが、スンハが悪いのは私もわかっていますよ。
その行動の是非を聞いているのではなく、彼の心情についてお話させてもらっただけです。
少しディベートの土俵が違っているような気がするんですが、
つまりアビーさんは、行動が悪ければその情状には何の斟酌も加えないということですよね?

ドラマを見ての感じ方は人それぞれですので、
私の感じ方もおかしいのかもしれないし、一つの捉え方に絞る必要もないわけですから
色々なお考えが聞けて面白いです。

じゃ、もう一つだけうかがいます。
ではこのドラマでのへインの役割は何だったのでしょう?
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/07 18:49分 
  • [編集]

ごめんなさい 

ピックさん

>そんなヤツラのためにこういう生き方をするしかないスンハが傷ましくないですか?

いたましくはありますが、して良いことと悪いことがあります。
スンハのしたことは、やはり規範を超えています。
だから、可哀相でもなく、涙も出ませんでした。
ここまでの、連続復讐鬼にまでなる必要が
あったでしょうか?

殺された人はもちろんですが、
犯罪者 (たとえ、無罪や執行猶予になったとしても)
を生み出して、どうするんですか?
繰り返しになりますが、殺された人は、それなりの悪人ですから
仕方ないとして
スンハによって加害者にさせられた人に、
同情しますよ。

浦沢直樹作のコミック「モンスター」を思い出させる
ドラマでした。
スンハはヨハンに似ています。
スンハの方が人間味がありましたけどね。

ラストで、オスをヒョンと呼んだとき、唯一ジーンとしました。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/07 18:37分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>このことだけでも、私はテウンが許せません。
勿論、死んだ人は何らかの落ち度ある人ばかりです。

人は結果がすべてでしょうか?

もちろんスンハのしたことは本当に悪いことです。
しかしその行動に駆り立てた気持ちは十分理解できました。
しかし、ジュンピョやスンギは人こそ殺していませんが、
その生き方には反吐が出るほどのものがあります。
そんなヤツラに愛する人々を殺されてしまったスンハ、
そしてそんなヤツラのためにこういう生き方をするしかないスンハが傷ましくないですか?

>オス派とは言い切れませんが
テウンは多くの人を巻き込み過ぎましたよ。

もちろんそうです。
しかしへインはなぜスンハを愛し始めたのでしょう?
なぜヒロインはオスではなくスンハを選んだのでしょう?
そしてなぜスンハのためにあれほどの涙を流したのでしょう?
作者のメッセージはそこにあると思うのです。

>わざわざ、大変でキツイ警察官をやってるということで
私は折り合いましたよ。

私はこの一点は絶対許せません。
数ある韓ドラの中でもかなり嫌いなキャラです。
自分の罪を棚上げして人の罪を問う仕事についたということ、
それがどうしても許せなくて、
それは無意識の中での贖罪ではなく、無意識の中での彼の逃げだと私は思っています。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/07 17:18分 
  • [編集]

みずかさんへ 

>ちょっと公の場には書けないから爆裂で話すわ。。。。。

いいわ(*^_^*)公の場で語れないって響きが好き(笑)
ぜひ爆裂忘年会でガンガン語りましょう。

>本来は対立軸として描きたかったオスがヘンテコな、言葉悪いけど
チンケな存在になってるってことなの。キャラ設定も・・・??

復活の時にテウンにハマった友人ですらそう言ってます。
見た目的なことはまあいいとして、
オスのキャラに説得力がなさ過ぎると私は思います。

>私ね、脚本家のプロットが読みたいと思いました。
そしたら、もっとたくさんのことが分かるんだけどな。

そういうのって読めるの?
私も読みたい。
脚本家が意図してオスのキャラからあまりの不条理を訴えてるのだとしたら、
それはそれである部分では成功してるような気はしています。
得てしてこういう中途半端な人間って多いでしょ?
だから妙に現実感はありますよね。

私もファンジニ語りたいよぉ~(*^_^*)

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/07 14:29分 
  • [編集]

まさしく、見終わった・・・! 

火曜日は忙しい日なのに、6話見てしまいましたよ。(驚)

ラストは呆気にとられました!
最初から終幕直前まで、失速無しの秀作が
あのラスかい?
皆さん、おっしゃってるように、後日談だらけの
ドラマよりは、マシですけど・・・ね。^^;

スンハもオスも結局は同じようになったわけですが
そこに辿りつくまでに、幾多の命が失われたことか!
このことだけでも、私はスンハが許せません。
勿論、死んだ人は何らかの落ち度ある人ばかりです。
殺されても仕方ない人かもしれません。
でも、加害者たちは、スンハに導かれていなかったら
犯罪者にならずに済んだでしょうに気の毒でなりません。
選択の余地を残してるとは言い切れないと思います。
故意にチャンスを与えるやり方が憤ろしいです。

オス派とは言い切れませんが
スンハは多くの人を巻き込み過ぎましたよ。


オスが警察官になったことについて
最初、違和感がありましたが、
彼の立場なら親が望むように家業に就いて、
もっと楽な選択もあっただろうに
わざわざ、大変でキツイ警察官をやってるということで
私は折り合いましたよ。
警察勤務は、司法職も行政職も、すごく大変です。
無意識の中の贖罪なんて言ったら
大ブーイングでしょうか?
(前科者が正義を語るのは、片腹痛くもありますけど・・・。)

まだ、頭がボォ~っとしてまとまりませんので
小出しにコメするかもしれません。
突っ込みどころも、いろいろありますが
大局的に見て、良く出来たドラマなので
目をつぶります。
非常に面白かったです\(*^o^*)/

  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/06 21:56分 
  • [編集]

言葉が足りなかったみたいだけど 

ピックさん、脚本家の思いが伝わってないと書いたのは
スンハを認めているか否かという次元の高い問題とはかけ離れてるの。
ちょっと公の場には書けないから爆裂で話すわ。。。。。

簡単に言えば
チュ・ジフンがあまりにもカッコよすぎて、寡黙なスーツ姿が似合いすぎて
本来は対立軸として描きたかったオスがヘンテコな、言葉悪いけど
チンケな存在になってるってことなの。キャラ設定も・・・??
オム・テウンは嫌いじゃないけど、チュ・ジフン相手じゃ可哀想だったかなぁ
もっとあるんだけどちょっと書けません・・・

私ね、脚本家のプロットが読みたいと思いました。
そしたら、もっとたくさんのことが分かるんだけどな。

爆裂では、本当は魔王よりもファンジニ語りたいんだけど
まだまだこの論争続きそうだね。
私、退散かも~^^
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2007.11/05 21:10分 
  • [編集]

komachiさんへ 

>オスに関してはまったく同感です。「一生懸命いきてたら許してもらえると思った。」というのが幼稚な弁解に思えて。

私もそう思いました。
謝罪もちゃんとしないで、一生懸命生きる、という言葉が、
何だかそれを隠れ蓑にしてるみたいで…

>弁護士や記者は死人に口なしで殺され損で、その加害者にさせられたひとは操り人形のように扱われて…最後にそんなことをした自分を許して死んだスンハに、それでいいのか~?!と思ってしまいました。

ここは当然疑問に思われる部分ですよね。
それでも私はスンハが痛々しくて、ほとんどへインと同じ目線で見ていました。
スンハの行為は間違っていると思いますが、
心情は十分理解できます。
難しいドラマでしたが、見応えはありましたよね♪

TBどうぞ、お待ちしてます。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/05 15:19分 
  • [編集]

みずかさんへ 

>ただ、脚本家が考えた方向に
視聴者の思いを持っていけなかったと感じています。

そうかな、、、私はラスト以外は十分作者のメッセージを堪能できたと思っています。
作者もまたスンハを全面的に認めてはいないと思いますよ。

>自分の手は汚さずに加害者を他人に押し付けながら。

私はこの部分は、レビューにも書きましたが、
スンハが直接手を下さなかったのは、加害者の意思(引いては被害者の運命)を一旦待ってみたのでは?と思っています。
変な言い方ですが、死ぬべき運命にあるヤツらなのかとどうか…
だって、殺したいほど憎い相手がいたとしても、
じゃ、実際殺してしまうかどうかという最後の線は、
たとえスンハでもわからないでしょ?
そこに必ず加害者の意思というものもあるわけで…
もちろんそれも含めた上で、殺人教唆に近いことをしているスンハは、
当然許しがたい行為なのですが、
それでも私はスンハがかわいそうでならなかった、、、

だからこそへインはスンハを選んでるでしょ?
もちろんオスにも同情か友情に近い感情はあったみたいだけど、
へインはスンハを愛し始めていた。
だからスンハがテソンだとわかったとき、滂沱の涙を流したよね?
私はあれこそが作者のメッセージだと思っています。
これほど悪いことをしてるスンハなのに、
へインもグァンドゥも優しかった。皆、スンハを愛していた。
スンハの行為の善悪を問うてるんじゃなくて、その先のことなのだと私は思っています。

>この結末部分。因果応報で終わってることは少し残念かな。

私もそう思っています。
その前にデシクの子分に刺されてるしね…
だから無理に因果応報にしなくても良かったような…

オスの刑事という職を選んだ理由…
ぜひ聞かせてね。次の爆裂は大変だ。
魔王とファンジニ、大作を語るのに数時間で足りるかな?(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/05 15:11分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

>そもそもこうならざる得なかったのは、スンハは幼く一人になり、オスのように親の力がなかったのでそれを目のあたりにしたスンハは色々考えざる得なかったのでは・・・と思いました。

あまりに対照的な二人だもんね。
だからグァンドゥが言うように、オスもスンハもあまりに幼いときに
重大な事件を抱えてしまったという悲劇は確かにあります。
でもそれでもオスも幼児じゃないんだから人を殺したということの
意味はわかるはず。
それを12年間封印した罪はあまりに大きいと私も思います。

>実際、スンハは単に復讐しようと思えば、オス父に事件後すぐに会いに行った時にでも、刺そうと思えば刺せたけどそれでは意味がないと考えたのでしょう・・・

そうなんだよね。だからって他人を巻き込んでいいということにはならないけれど、
被害者たちとテフンとでは、やはり死の意味が違うような気がしてします。
被害者たちには、皆、「非」があった。
でもテフンには何の落ち度もなかったのだから…
もちろんだからってスンハの行為を正しいとは思わないけれど、
でもその心情は十分理解できますよね。

>ひまひまが一番納得いかないのは、あの場所へなぜオスは拳銃を
持って行ったかということ・・・・

だよね。
自分が殺されるつもりであっても、それにしても考えが直情過ぎる。
私はこういう行動&考え方のオスが好きじゃないんだよ。
ヨンチョルにも言われてたけど、結局オスって12年前とちっとも変わってないんだよね。。。(-_-;)

>それにしても、一番ほっとしたのがオスやスンハがヘインの
登場で、少しずつ人間らしくなって行く所だったね~

だよね~
あのブランコのシーンのスンハの笑顔、忘れられません(*^_^*)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/05 14:41分 
  • [編集]

視聴後も考え込んでしまう作品 

ピックさん、長いけど書くね。
今となってはスンハ派でもオス派でもないんだけど。

結末を想像した時、スンハは絶対に生きていられないだろうなってこと
どこかの段階で視聴者は気付きますよね。
過失ではなく故意に人を何人も殺めてる。
自分の手は汚さずに加害者を他人に押し付けながら。

脚本家がヨンチョルに台詞で言わせているように、
12年前の事件、オスが刺して死なせてしまったのは事実なんだけど
イジメの首謀者はスンギだったわけですよね。
これだけ綿密に計画を立てたスンハには
そのことだって、どこかの段階で知っていただろうと思う。
それでも、直接手を下したオスが許せなかったんだよね。
なのに、直接手を下す加害者を作り出しているスンハ。

スンハ自身、これから先も生きていたいとは思ってなかったでしょう。
オスはどうだったんだろう・・・
運命に導かれて、あの最期の場所へ拳銃を持っていってしまった。
自分が出向かなければ終わらないこと、気付いていたと思う。
死ぬ気だっただろうと思う。

オスは自分の過失で同級生を死なせてしまい
自分もスンハの過失で撃たれて死んでしまった。
スンハとしてはオスに殺されなければ完結しないシナリオなのに
最後の最後、一番肝心なところだけ
スンハのシナリオにはない結末になってしまった。

この結末部分。因果応報で終わってることは少し残念かな。
前回も書いたんだけど、八方美人的に救いのある結末にしようとして
蛇足となるエピを加える脚本家に比べて潔いですね。拍手を送りたい。

ひまひまさんが引っかかっている、オスが刑事という職を選んだ理由。
私の中では、ある答に行き着いたんだけど・・・
もう少し考えたいので、次回にします。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2007.11/05 10:18分 
  • [編集]

しんどいドラマでした~ 

こんにちは。
感じたことを整理できなくて「消化不良」で「後味が悪い」」としか表現できなかったので、こちらのレビューでいいたかったことを言ってもらえた気がしました。
オスに関してはまったく同感です。「一生懸命いきてたら許してもらえると思った。」というのが幼稚な弁解に思えて。
私は結局スンハにも感情移入ができなかったんです。
弁護士や記者は死人に口なしで殺され損で、その加害者にさせられたひとは操り人形のように扱われて…最後にそんなことをした自分を許して死んだスンハに、それでいいのか~?!v-12と思ってしまいました。
TB送らせてください♪
  • posted by komachi 
  • URL 
  • 2007.11/03 10:35分 
  • [編集]

ものすごく書きたいんだけど 

ピックさん、すごーく語りたいんだけど
土日は仕事になっちゃったので、ゆっくり書き込むのは月曜になりそう。

ひまひまさんの言いたいこともすごく良く分かるんですよ。
オスが刑事と言う職を選んだ事情。
12年前のオスと今のオスがあまりにも違いすぎる違和感。
オスが拳銃をあの場所に持っていってしまったこと。
スンハの心の動きについてもいろいろ考えちゃったけど・・・
今度の爆裂で語り合いたいです。

最初から引き込まれるドラマだったので、ラストはあっけなく感じた。
ひまひまさんちにも書いたけど、ヘインのその後を描いたりせず
その他の変な蛇足を加えていない点、潔さを感じました。
とにかく脚本が素晴らしかったと思います。
ただ、脚本家が考えた方向に
視聴者の思いを持っていけなかったと感じています。これも今度話すねー
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2007.11/03 09:18分 
  • [編集]

おもしろかった! 

1話見るのにとても疲れるドラマだけれど、
本当に色々な意味で面白かった!

<オスとスンハ、そのどちらにも情状の余地があり、しかしどちらにも非がある。
それでもどうしても私は最後までスンハよりの見方をしてしまった。
ひまひまも、そうでした!
それは、やはりオスが12年前の事件をあの当時はどうしようもなかった
にせよ、いまの今まで自分の中で封印しその中で刑事という職についたと
いうことが、どこかにひっかかっていてオスには感情移入できなかった!

もちろん、スンハはタイトル通り自分の手を汚さず、復讐する悪魔のような奴なんだけれど、そもそもこうならざる得なかったのは、スンハは幼く一人になり、オスのように親の力がなかったのでそれを目のあたりにしたスンハは色々考えざる得なかったのでは・・・と思いました。
実際、スンハは単に復讐しようと思えば、オス父に事件後すぐに会いに行った時にでも、刺そうと思えば刺せたけどそれでは意味がないと考えたのでしょう・・・

そして、あのラスト・・・
ひまひまが一番納得いかないのは、あの場所へなぜオスは拳銃を
持って行ったかということ・・・・
それがはっきりしない(単にスンハを撃ち殺そうとしたとは思えない)
それと、スンハを刺した人・・・
あれはいったい誰なのよ?

結局、12年前の事件に関してもあれが正当防衛だったのかさえ
藪の中・・・
<そして何より正当防衛であったオスに生を与えることで、今後、どんなに苦しくても、
生きて行く上での喜びも享受できるかもしれないからだ。
そう、ひまひまもこう終るべきだったと思う・・・
だから、はっきりと正当防衛とも言えないわけだよね~
もし、そうだとしたらオスが刑事になったということは
ひまひまは許せない・・・


それにしても、一番ほっとしたのがオスやスンハがヘインの
登場で、少しずつ人間らしくなって行く所だったね~
この描き方がとても上手かった。

いろんな意味で、いろんなことを考えさせられる
面白いドラマでした。
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2007.11/03 03:54分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/170-8e1869ea

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。