新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

魔王 7~10


ああ。。。そういうことだったのか、、、
遠くにいってしまったのは、そうか、彼だったのか。。。

色々な状況がわかりつつあるんだけれど……でも、、、


魔王10


でも、私はとにかく、

スンハが痛々しくてたまらない(涙)

やはりスンハは、12年前オスが刺した被害者テフンの弟テソンだった。
オスの無罪が確定した日、母親が交通事故で亡くなって、天涯孤独となったテソン。

今よりもっと幸せに暮らしてください。わたしはいつもあなたの息子を見ています。

とオス父に言い残し、姿を消したテソン。
その後知り合った友のスンハまでもが交通事故に遭い、
その彼と自分がすり替わったというわけだ。

テソンは遠くに行ってしまいました。僕の名前はスンハです。

スンハとして生きて、無念の中で死んだ兄と母の、敵をとろうと心に決めたのか?
とするとあの目の見えない姉は、亡くなった友スンハの実の姉ということになるのかな?

そしてそのターゲットであるオス、
彼への違和感は前回のレビューで書いたけど、
今回、オスの意識の中で、刺される瞬間のテフンとナイフがはっきり映ったよね?
前にも映ったのかな?私が見落としたんだろうか?
あの映像だと確かにオスはテフンを刺していない。
というより、ナイフはテフンの体に平行に添っていて、
テフンがオスに倒れ掛かってきたときに、誤ってテフンの体に刺さってしまった、
それがあの映像だった、、、

ただ、それはオスの意識の中の映像、、、

人の数だけ真実がある、とスンハが言っていたように、
人は見たいものだけしか見ないわけだし、
オスもそう自分が思いこんでいるだけなのかもしれない。
もちろん、それはスンハにも言えることだけれどね。
しかし、それでも決定的に違うことは、オスは奪った側であり、
スンハは奪われた側だということ、
そこに複数の真実はあったとしても、やはりどうしても善悪は存在すると私は思ってしまう。

その重大な秘密、スンハ=テソン、を知ったのがソン・ジュンピョ記者。
オス一家を恨んでいる彼が、簡単にこの秘密をオスに言うだろうか?
で、犯人の次のターゲットは、ソクジン?それともスンギ?
ソクジンとフィス妻の不倫を知らせる写真がスンギに送られてくる。
このことで恐らくスンギがソクジンを脅すだろうから、
ソクジンがスンギを殺してしまうんだろうか?

そして、もう一人の友人ヨンチョルもソラをおびき出し、
テソク殺害事件を誘発する一端を担いだわけだけど、
これもヨンチョルの単独の行動なのか、犯人とつながっているのか、わからない。

魔王9


犯人も苦しんでいるのだから、止めてあげたい。
暗いトンネルに閉じ込められているのだから…


もしスンハが犯人なら、頭のいい彼だから、
この事件の行き着く先がどうなるのかわかっているに違いない。
それでも突き進まざるを得ない彼の苦悩…
ガス銃を送ってきた人が憎い、自分を殺人犯にした人が憎い、
とソラ母に言われた時のスンハの辛そうな顔、そして懺悔室につい向かってしまうスンハ、
十分すぎるくらい苦しんでいても、その後また氷のように冷ややかなサタンになってしまう。
愛する人を失った悲しみの闇がいかに深いかということだよね。
それは十分すぎるくらい理解できる。だからあまりにも痛々しいんだけど、
でもその犯人の憎しみが、たとえばソラから母を奪う、という別の悲しみを生み出しているわけで…
そのことに犯人は気が付いているんだろうか…?

そしてスンハ、オスのへインへのそれぞれの思い…

オスのそれはストレートな愛情なんだろうけど、
スンハのへインへの思いがイマイチわからない。
スンハはへインの特殊な能力を知ってるんだろうか?

へインのサイコメトリーを知っているような犯人の動き。
彼女の透視に映るように、あらかじめ残像を残したり、あるいは消し去ったり、
これは彼女の能力を知らないと出来ないはずだ。

で、ここで私は大胆な推理をしてみた。全く外れてたら恥ずかしいんだけど^^;
タロットカードなどを送っている人物、、、話が出来ないという証言から、
へイン母が何かこの事件に関わってるのでは?と。
でも、だとしたらスンハとどう関連してるのか、わからないよね、、、(汗)
ごめん、推理してみたけど、なぜだかわからないから説得力ないね(苦笑)

色々なことがこれだけわかっても、まだ謎だらけのストーリー。
いや、ジウ先生、すごい作品です♪

  • [No Tag]

*Comment

かめさんへ 

>「過剰な復讐はどこまで許せるか」、がこのドラマのテーマかと思って観ています。

すべてをご覧になったあと、日韓比較を読んでいただけたら嬉しいのですが、
復讐は基本的には許されないのだと思います。
ただ、その復讐をせざるを得ない人の心情の変化というか、葛藤とうか、それがこのドラマの見せ所のような気がします。
そこに感情移入できるかどうか、という気が…

いずれにしても、かめさんのご意見、楽しみですよ♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.09/21 22:24分 
  • [編集]

正直・・・ 

ここの4話でガクっと失速しました^^;
オスが思ったより魅力の低いキャラだったので。。。
そうか、復活のハウンじゃないんだよと、改めて目を覚ましました^^;

「過剰な復讐はどこまで許せるか」、がこのドラマのテーマかと思って観ています。

犯人が、関係者を巻き込まずに直接オスに復讐するような人物であれば、あまり見解の分かれないドラマになってしまったことでしょうね。

でもこの後も気になるので、上半期末の忙しい時なのに一気に観てしまいそう(笑)
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2008.09/20 01:30分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>スンハの身になって、本当に自分の周りにだれも肉親がいなくなったら、
と思いながら見ていたら、スンハの兄や母がなくなる場面では
心が痛くなりました。 唯一涙が出た場面でした。

そうなんですよ。
スンハが悪いのは決まっている。でもこの憎むべき壮絶な復讐を生み出したスンハのあまりに哀しい環境、そのことへ思いを馳せた時、
本当に心が痛くなります。

話が少し飛躍しますが、日本の刑罰は直接被害者の遺族が加害者を罰することを認めていません。
でも、もし自分の愛する人がある日突然殺されたら、
そしてその加害者が権力の庇護の元、何も罰せられることがなかったら、
果たして、その現実を自分は受け入れて生きていけるだろうか?とやはり思います。
法律が裁いてくれないなら、自分で、、、ときっと思ってしまうと思うのです。
それほどにスンハの背負わされた苦悩は大きいと思うので、
彼のしていることを、容認はできなくても、理解はできました。

>そしてどういうわけか刑事をその職業に選んだ。
あまりにノー天気じゃありませんか?

そうなんです。
私もずっとそのことに違和感を持ち続けて見ていました。

へイン母のことは、、、お楽しみに^^;


  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/18 15:15分 
  • [編集]

ピンさん 

この引用は、私のコメントですね?

息子が喘息持ちなので、
ここらあたりでは
理性を無くした見方をしてしまったかもなぁ?
ちょびっとだけ、反省! (^^;)

このドラマ、最後まで失速しませんので
楽しんでくださいね。
片時も目が離せないので、ドッと疲れますが
充実してますよ♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/16 22:20分 
  • [編集]

肉親がいない悲しみ 

>オスの描き方も十分ではないので、まだなんとも言えませんが
スンハには一片の憐憫すら感じません。

もちろんスンハは理由があるとはいえ、自分の復習からより多くの
「自分」を作り出していることは許せません。

 が、が、が、
スンハの身になって、本当に自分の周りにだれも肉親がいなくなったら、
と思いながら見ていたら、スンハの兄や母がなくなる場面では
心が痛くなりました。 唯一涙が出た場面でした。

かといって、スンハ派でもない。
でもオス派でもない。

オスは12年間、スンハやその母の存在を全く知らずに明るく暮らしていたんですよね。 そしてどういうわけか刑事をその職業に選んだ。
あまりにノー天気じゃありませんか?

ピックさん 私もへイン母の存在が気になってましたよ。
タロットカードを送る人物が 「話さなかった人」 でなく
「話が出来ない人」 と言うのが妙に引っかかりました。
そう考えると、へインの母が話の出来ない人と言う設定に
した理由が何かあるんだろうと思いました。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.11/16 21:34分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

>オスには犯人をどうこうする前に、やらなければならない事が
絶対にあったはず・・・それを棚上げして自分は一生懸命に
生きることが償いだ!といっていることが、どうしても納得できない。

そうなんだよね。私もオスがたとえば老人介護の仕事をしてるとか、
ボランティアのようなことをして、弱い立場の人達を助ける仕事をしてるならともかく、
人を裁く立場になっていた、というその今のあり方がどうにも許せなかった。
一生懸命生きるのは誰でも当たり前なんだよね。
でもオスはそれ以上にやらなければいけないことがあったはず…
その部分をスルーしてどうして一生懸命って言えるのか、
そして神様は許してくれると思った、って言ってたでしょ?
あれも不愉快だった。
人の命を奪っていて、どうして許されると思うんだろうなぁ。。。(-_-;)

その点、スンハは自分が許されるとは思ってないでしょ?
そこの違いなんだよね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/05 17:55分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>特に、被害者の喘息と加害者の母性を利用した殺害計画には
耐え難い怒りを覚えました。

怒りか。。。
きっとアビーさんのお考えの方が常識的で正しいんでしょうね。
お恥ずかしいんですが、私は全く腹が立たなかったです。
むしろ、デシクは日ごろの行いの悪さからこういう事があっても
(ソラ母に限らずですが)仕方ないとすら思いましたし、
ソラ母は、確かに殺人を犯してしまいましたが、
殺意はなかったわけですし、スンハが弁護し、ソラの面倒も見てるわけですから(もちろんそれで許される行為ではないですけどね)
やはりそんなにスンハが卑怯だとは思えませんでした。
卑怯、という言葉は、このドラマではやっぱり私の場合はオスですね。
彼こそが私はずっとそれこそ怒りの対象でしたよ。

>それは、スンハの兄でしょうか。

そうです。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/05 17:49分 
  • [編集]

オスの生き方 

私はオスの生き方がどうしても許せず、
こんなオスが、絶対に俺の手で犯人を・・・
と言っていることに、違和感を感じました。

オスには犯人をどうこうする前に、やらなければならない事が
絶対にあったはず・・・それを棚上げして自分は一生懸命に
生きることが償いだ!といっていることが、どうしても納得できない。
(少なくとも、オスはこの12年間はあの事件を封印して生きてきたわけだから・・・)

しかしスンハは16歳の少年でこの12年間、自分というものを捨て、この先も
この復讐だけの為に生きるという人生を選択してしまった悲しみが
ひまひまを離さなかったんだと思います。(スンハは兄が殺されてしまった事で自分の人生も殺したと思うと、やはりそこには涙しますよ)
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2007.11/04 16:48分 
  • [編集]

スンハのやり方が問題なんです 

>もちろんそのオスへの復讐に他人を巻き込んでいる、という点が
どうしてもアンチスンハ派の方々には許しがたいんだろうとも思います。

そうですよ。
それ以外の何物でもありません。
怒りの感情に任せて、自分で手を下したならば
憐憫の情も湧いたでしょう。
特に、被害者の喘息と加害者の母性を利用した殺害計画には
耐え難い怒りを覚えました。

>その遺族に12年間も謝罪もせず、
挙句の果てに刑事になってるんですよ。
こんな違和感の塊の人、見たことがありません。

確かに・・・。
少年時代に極悪な罪を犯した人が少年法に守られて
長じた後に弁護士になった実話がありますが、
それくらいの腹立たしさです。

今後の展開で、オスが刑事になった経緯などを納得いく形で
描かれてないわけですよね?
ただの恥知らずな男としてのみ、オスは生きているという
わけですね。

>「死んではいけない人間」は絶対存在するんです。

それは、スンハの兄でしょうか。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/04 14:28分 
  • [編集]

アビーさん、中ざくらさんへ 

>スンハには一片の憐憫すら感じません。

幸せに健気に一生懸命生きていたテフン一家にいきなり振りかかった悲劇ですよ。
犯罪の温床fが根底にあるオス一家とは次元が違います。

スンハがしようとしていることは、確かに許されないことかもしれませんが、
じゃ、世の中の犯罪を裁くのに、どうして情状酌量という項目があるのでしょう?
行為の結果だけを裁くのであれば、こういう項目はいらないことになります。
同じ「人を殺める」という行為でも、その理由や環境や動機が重んじられる、ということになりませんか?

オスの場合、親が自分に冷たかった、というただそれだけの理由で、
弱いものいじめをし、正しいことを言った友にナイフを突きつけて、
たとえ事故であったとしても、その友を殺してしまった。
そして父親の強力な権力に隠れて、その遺族に12年間も謝罪もせず、
挙句の果てに刑事になってるんですよ。
こんな違和感の塊の人、見たことがありません。
レビューにも書きましたが、彼が部分記憶障害でもないかぎり、
スンハじゃなくても許しがたいものがあります。

もちろんそのオスへの復讐に他人を巻き込んでいる、という点が
どうしてもアンチスンハ派の方々には許しがたいんだろうとも思います。
その点に関しては、わたしは最終話のレビューに書きましたので、
またご覧になってください。

世の中に死んでいい人間など存在しないのは十分わかっています。
でも「死んではいけない人間」は絶対存在するんです。
感じ方はさまざまですが、スンハへの憐憫がゼロ、というのは悲しいですね、、、
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/04 13:49分 
  • [編集]

ステレオを調べてみました 

ピックさん

連続ですみません。
ピックさんからご覧になったら、私はおそらく
ステレオタイプということになるのでしょう。
型に嵌った見方をしがちで、原則として
勧善懲悪を好む傾向があります。
ですから、スンハのように
無関係な人を殺人者に仕立て上げてまで
復讐を完遂しようとする人間は好みません。
「水戸黄門」でも見れば~!
と言う息子が言うのも、もっともですよね?

音楽に関してですが
「ファンジニ」と「砂時計」で流れたような感じの
曲が多いですね。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/03 13:37分 
  • [編集]

スンハには泣けない。 

アビーさん、同じ意見です♪(ドキドキ)
良かったわ。

これかはもっとです。

スンギの言葉にも涙でました・・・・

最初の4話を頑張ってみた人の、ご褒美みたいに嵌ってみています。

>本来、場面がフラッシュバックしたり、サイコメトラーが登場したりは
苦手なんですが、このドラマだけは夢中になります。

私も大の苦手なんですが。
  • posted by 中ざくら 
  • URL 
  • 2007.11/02 17:29分 
  • [編集]

オス派宣言♪ 

ピックさん

事情がどうであれ、テフンの命がオスによって奪われたことは事実です。
テフンの親族の哀しみ、口惜しさは察するに余りあります。
それを、十分に分ったうえでの考えですが
己の復讐を遂げるために、関係ない人を殺人者に仕立て上げるのは
どうにも許せません。
ソラ母の言葉を借りるまでもなく、絶対にやってはいけないことです
殺意無き殺人であっても、『自分の手が人を殺めたそら恐ろしさ』に気が狂う人もいるでしょう。
それを敢えてスンハが行っているとしたら・・・どうして彼に同情したり
泣けたりするのか、不思議でなりません。
オスの描き方も十分ではないので、まだなんとも言えませんが
スンハには一片の憐憫すら感じません。


>タロットカードなどを送っている人物、、、話が出来ないという証言から、
へイン母が何かこの事件に関わってるのでは?と。

なるほど!
彼女が、ヘインとスンハが親しくしてるところを窓から見て、
嬉しそうな表情してるのを見たとき、何故か違和感があったのは
そういうことかもしれませんね?
アメカオリが、珍しくクセの無い役どころなので
少し物足りなかったんですよね~^^;
ちょっと、納得だなぁ。


>ソクジンとフィス妻の不倫を知らせる写真がスンギに送られてくる。
このことで恐らくスンギがソクジンを脅すだろうから、
ソクジンがスンギを殺してしまうんだろうか?

流れからすると、そうでしょうね。
それにしても、スンギは人間のクズですね。
ハマリ役ですが・・・。

先が気になるったらないですね。
「復活」より遥かに好きです♪
本来、場面がフラッシュバックしたり、サイコメトラーが登場したりは
苦手なんですが、このドラマだけは夢中になります。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/02 16:52分 
  • [編集]

komachiさんへ 

もうハマりまくって見てます。
昨夜もスンハに号泣してしまいました。

>事実とか真実といってもそれぞれの記憶や思い違いや自己弁護や後悔やらにまみれたものだから。

この「真実」の捉え方がこのドラマはホントに面白い。
結局の所、人間なんて自分に都合のいい見方しかしないんですもんね。
そんな中で本当の真実を見極める裁判官の仕事ってホントに大変なんだなと痛感しました。

>やはり刑事という職業を選んだりするところで、彼のキャラがよくわからないですね。

そうなんです。彼が何を思って刑事になったのか、その動機を知りたいですよね。
12年前の事件の贖罪なら別の職業でも良かったような気がするんだけどな…

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.10/28 14:37分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

>スンハが本当に悪い奴だとあまり思わないところです。

オスの12年前の事件もそうなんだけど、「本当に悪い」ってことがどういうことなのか、
スンハのやってることも含めて考えさせられるドラマですよね。
たとえ正当防衛でも被害者の遺族にとっては結果は同じ。
愛する人を失ったことには変わりないわけですから…
問われる罪というのは、どこまでなのだろうとこのドラマを、スンハを見ながらずっと考えています。

>この先のスンハとヘインの関係が、見所だよ~

切ないよね。へインを好きになっていってるんだろうけど、
でもその思いを封印しようとしているところがたまらないです。
しかしへインの能力を知ってるのかどうかはやっぱり謎だな、、、


  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.10/28 14:21分 
  • [編集]

 

こんにちは!
>人は見たいものだけしか見ないわけで…
そうなんですよね、事実とか真実といってもそれぞれの記憶や思い違いや自己弁護や後悔やらにまみれたものだから。
それでも、裁判で被害者が真実を知りたいという気持ち、痛いほどわかります。

オスは根っからの悪人ではないのだろうけど、やはり刑事という職業を選んだりするところで、彼のキャラがよくわからないですね。
  • posted by komachi 
  • URL 
  • 2007.10/27 09:09分 
  • [編集]

スンハがかわいそうで・・ 

このドラマの不思議な所は、あきらかに
スンハが犯人だと分かっても、この先も視聴者は
スンハが本当に悪い奴だとあまり思わないところです。

反対に、スンハが可哀想だと涙までしてしまう・・・
本当は悪魔の復讐者なのに・・・

<スンハはへインの特殊な能力を知ってるんだろうか?
そう、これよ!
ひまひまも、ずっと最後まではっきりと分からなかった・・・
送られてくるカードを読み込ませようとしていたりするのは、
ヘインの能力を知っているなのか?(でも、このことを知って
いるのはごくわずかな人でしょ?いったいどうなんだろう・・・)

この先のスンハとヘインの関係が、見所だよ~
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2007.10/26 06:46分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/165-6957a232

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。