新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

新・良妻賢母 6~10(最終話)

アハハ、出た出た、8話!!
健康ランドから帰る途中、焼肉パーティーをしようと言ってる場面が、
撮影ロケで見たシーン♪
なかなか出ないのでカットされちゃったのかな、と思ったんだけど、
ようやく8話でオンエア。
目の前で見たものと全く同じものでした。

韓国旅行6/17-4 ロケ地


それにしても、この8話のナムジンは、ファンにはお宝映像ばっかりだなぁ(*^_^*)


特にお宝映像がこれ。。。

新良妻賢母8-1


健康ランドのロッカールームでのミョンピルとソクドゥの肉体美?比べ(笑)
まさかあのドンウ坊ちゃんとウリナムのこんなシーンを見ることになるとは、
韓ドラ歴が長くなると、いいのか悪いのか、色々な体験させてもらえるよ(苦笑)

しかし、ファン的なもの言いで全くすまんことだけど、

ナムジン、ホントにナイスバディーだわ♪

それに引き換え、ドンウ坊ちゃん(ミョンピル)は…

新良妻賢母8-2


タオルのほおっ被り姿とか、オドオドと角材振り回すとにかくみっともない姿ばっかり^^;
まあ、逆に言えばホジン氏の演技力、すごい!!ってことになるんだけど…

さて、ストーリーの方は、自分の幸せをちゃんと追求できる、いわゆる、
精神的に自立した女性こそが『新・良妻賢母』だという最終的なまとめだったんだけど、
一番最後にミョンピルもソクドゥも皆で旅行っていうのは、あれは何で?

10話という短い話ながらも、意外に後半は健闘していただけに、
最後の曖昧な描き方は、がっかりしてしまった。

ミョンピルが、成長していくグッキへの思いを再認識し、一生懸命謝ったとしても、
あれほどの浮気をした彼の罪は決して消えないと、私は思うけどね。

どんなに生活に疲れていても最後の一線を守るべき。

と言ったグッキの言葉通り、しっかりこの二人は別れるべきだと思う。
グッキとの生活の場に女を入れた、ということは、
「その女」の妻のベッド合房事件に匹敵するほど、ミョンピルの浮気って
限度を越えてて、単なる火遊びとか、少しの錯覚なんてもんじゃないと思うけど…

それを簡単に元鞘になるかどうかはわからないにしても、
あんな風になし崩し的なラストにしてしまうのは、不愉快な気がした。
女って性をなめてるよ。

それとソクドゥの描き方も、最後まで中途半端だったな。。。
もちろんキャラ的に彼とグッキが結ばれることはないだろうとは思ってたし、
ファンとしてはキュートなナムジンが一杯見れたから、楽しかったんだけど、
あくまで傷ついた主婦たちの癒し系に徹して、ソクドゥに主体性を持たせないにしても、
一応グッキを本気で好きになる場面がある以上は、
きれいな引き際の場面を用意して欲しかった。
皆が幸せになったんだから、ボクは両親のいるドイツに戻るよ、、とか…
だってあのままダンナ付の旅行に一緒に行くって、あまりに全部がルーズじゃないか?

まあ、たったの10話の中にヨンシル失踪事件など、ミステリー要素も絡ませたので、
ちょっと色々な話を入れすぎて最終的に尻切れトンボになっちゃったな、とやっぱり思う。

新良妻賢母9-1


でもこれまたファン的物言いになるけど、
今年31になるナムジンだけど、ホント大学生に見えるからかわいい
ドラマ全体を通しても、髪型、ファッションなどで、実際にロケで見たシーンのあたりが、
一番ナムジン、カッコよかったな♪

すご~くナイスだぜって作品じゃないけど、
ナムファンにとってはやはりお宝作品の一つにはなったと思う。
そしてそれとソウル1945ファンにもまた、「18 29」と同じくらい、
ある意味お宝、、かな?(笑)

  • [No Tag]

*Comment

まっすうさんへ 

あけましておめでとうございます。
きつねちゃん、リタイアですか?(笑)
確かに、冒頭からヒロインが飛ばしてるし、
生々しいって言えばそうかも(笑)
でも私は結構好きでしたよ。
ヒロインのモノローグがとっても切なくて、
説得力があって、、、

>私だったら、謝られても絶対許さないし、第一その前にとっとと捨ててます(-.-;

でしょ?(笑)
私も絶対許せない。まず家に女を入れた時点で、
こんな男は抹殺ですv-40
しかも旅行だし^^;
まあ、娯楽作品ってことで気楽に見るには、
ちょうどいい長さの作品ですよね。

私もお正月早々見た作品は、しょぼかったです^^;
まあ家族がいてながら見するってことで、どうしてもしょぼい作品を選んじゃうんでしょうけどね…^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.01/04 12:48分 
  • [編集]

こんなところから・・・(^^) 

ピックさん、あけましておめでとうございます。

昨年はピックさんのおかげで、たくさん楽しませていただきありがとうございましたm(_)m
今年も、爆裂(&変態)記事楽しみにしていま~す(笑)

さて、私の新年初ドラマがなんと、これになってしまいました~~~(なんで?)

元旦から「きつねちゃん~」を見出したのですが、あまりに
設定&描写が生々しくて「う~ん・・・」って思ったのと、主演2人がどうも、私の好みではないなぁ・・・と4話でリタイヤしてしまったんです(^^;
・・・で、これなら10話しかないから簡単に見られるし、って思って見始めたのですが・・・。

初回から、ミョンピルに「何なんだぁ~~~この夫は!!!」と、吼えまくりながら見ましたよ。。。

私は、「ソウル1945」見ておりませんので、ちっとも思い入れもなく、ただただ「サイテー夫」としか映りませんでした。
あんな奴は反省したって、どうせまた同じこと繰り返すに違いない!!!
私だったら、謝られても絶対許さないし、第一その前にとっとと捨ててます(-.-;
・・・が、グッキの性格だったら、たぶんすがりついてくる奴を捨てることはできないだろうなぁ~って思うので、仕方ないのかも。
でも、一緒に旅行はありえな~い!
だって、行った先でも確実に揉めるでしょ?
皆仲良く・・・できるわけないじゃん!!!


そんなわけで、イライラしっぱなしで終わってしまいましたので、新年早々辛口コメントになってしまいましたが、唯一、健康ランドの対決(?)のシーンだけは面白かった~~~(^^)v 


  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2008.01/02 23:08分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>でも、楽しませてもらったから、このドラマは私にとって合格なんですよ。

本来旅に出す代物(笑)じゃないんですが、ウンヒョクの1829と一緒で
ドンウのこういう役も見ていただきたかったので…
楽しんでいただけてよかったです♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/07 22:41分 
  • [編集]

ハードルをおく位置 

>それと10話と短いドラマのわりに方針が定まってなかったように思いました
(つまりラブコメなのか、シリアスなのか、ドロドロ系なのかと)

私はラブコメと見ましたよ。  シリアス、ドロドロは、二人が元さやに戻り、
他の二人も幸せになる過程の食材だと思いますよ。
何度噴出してみたか知りません。

イブの反乱も楽しかったですが、隣の夫婦の存在の意味が曖昧だったり
しましたが、その曖昧さを無視して許せないものがありました。
この良妻は、そう言ったら切りがないほど、曖昧のオンパレード。
でも、楽しませてもらったから、このドラマは私にとって合格なんですよ。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.11/07 22:24分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>私にはイブの反乱に似た面白さがたくさんあって、すごく良かった
んだけど、、、

ピンさんはいい方だなぁ~
あの名作イヴと良妻を並べてくださるなんて^^;
私はかなり辛口です。
第一、ラストがあり得ないです(怒)
それと10話と短いドラマのわりに方針が定まってなかったように思いました
(つまりラブコメなのか、シリアスなのか、ドロドロ系なのかと)

>余談、、、、ナムジンの体 びっくりしましたよ。細く見えるのに
あんなにいい体とは、、、

ありがとうございます。
っと私がお礼を言うことでもないですが…^^;
顔とのギャップで驚くでしょ(笑)v-238
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/07 14:08分 
  • [編集]

そうかなぁ 

みんなハマらないのはなぜ?

私にはイブの反乱に似た面白さがたくさんあって、すごく良かった
んだけど、、、

もちろん「その女」のように、自分のベッドに女を入れるなんて
サイテーもサイテー。だけど、これはコメディーとして、軽く受け流して
笑ってみるには最高だと思いますよ。

ドンウ坊ちゃんは許せないほど馬鹿言っていたけど、なんか表情
がおかしくて、落ちを感じさせるものがあったし。
だからラストのシーンもありに思えましたよ。
これはソウルやその女を見るような気持ちで見ないほうがいいのでしょう。

余談、、、、ナムジンの体 びっくりしましたよ。細く見えるのに
あんなにいい体とは、、、v-91
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.11/05 20:54分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>ホント、「ソウル1945」を先に見ていて良かったです。
ラッキーな順番でした♪

ホント、ドラマの順番って大切ですよね。
私もこれがホジン氏、最初だったら、すごく嫌いな俳優になったと思います。
ある意味ドンウ坊ちゃん大好きだった私には辛い映像でしたが(苦笑)

ホント、まとまりに欠けるヘンテコリンなドラマでした^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.10/13 22:21分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

>ヨンシルはさあ、保険金取っちゃったわけでしょ?
それじゃ、保険金詐欺じゃーん!!(笑)

なんかこのヨンシルの行動がわかりにくかったよね^^;
ここまで話をふくらませなくてもいいのでは?って気がした。
どうせ一攫千金するなら、ヨンシルのお金で会社でも興しちゃうとか、
なんかそういうラストでも良かったのに、みんなで旅行とは(-_-;)
しかもナムまで一緒。
ああいうラスト、なんかぐちゃぐちゃだよね^^;
残念、、、
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.10/13 22:18分 
  • [編集]

かよこさんへ 

>「いつか楽園で」も借りてきたので、おうちでナムジン祭り、やってますね!

「楽園」はいいから「ありがとうございます」を見なされ(笑)

ストーリーはホント最後は尻切れトンボだった。
途中結構盛り上がっただけに残念でした^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.10/13 22:15分 
  • [編集]

主婦の生き甲斐? 

ピックさん

ロケ見学箇所が、出てくると
やっぱり嬉しいでしょうね♪
テレビに、知った風景が出たり、知人が出ただけでも
興奮しますから。

ドラマ的には、なんだか良く分らない話でしたね。
何を言いたいのか、テーマが分りづらかったです。

>そしてそれとソウル1945ファンにもまた、「18 29」と同じくらい、
ある意味お宝、、かな?(笑)

ぎゃぁ~ん!
それはないよ~。
「18:29」はウンヒョクの唇が赤過ぎる以外は
誠実な夫だったけど、
ドンウ坊ちゃんは、サイテー夫だもん。
ホント、「ソウル1945」を先に見ていて良かったです。
ラッキーな順番でした♪

昨日はひさしぶりに「ソウル」のOST(特にオープニング)を
聴いて、めげた気分を鼓舞しました。^-^v
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.10/13 17:53分 
  • [編集]

中途半端だったね~ 

何もかにもが中途半端だったね~

あのミステリーの部分でさえ、結局ヨンシル夫は殺人未遂のようなものなのに、あれじゃ殺人犯でしょ?(それはあまりにかわいそうじゃないのさ・・・)
そこのところは、襟を正してこいつらは悪い事をしました!と警察に
突き出して欲しかった!

ヨンシルはさあ、保険金取っちゃったわけでしょ?
それじゃ、保険金詐欺じゃーん!!(笑)

で、一番の問題であるグッキ夫婦よ!
あの終わり方じゃ、ミョンピルといつやり直してもおかしくなしし、
じゃ、ソクドゥはなんなわけ?
若い愛人かい?(最後にみんなで旅行に行くというのも、とって
つけたような話だったよね!)

厳しいかもしれないけど、ヘンテコなドラマだったわ~
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2007.10/13 16:36分 
  • [編集]

やっぱりね!! 

  私も最終話をリアル視聴して、えっっ??これで、終わり?って、
 思ったんだけど、やっぱり曖昧な終わりかただったのね。ザンネン。

 ツアー参加者にとってはお宝映像満載v-238
 
 「いつか楽園で」も借りてきたので、おうちでナムジン祭り、やってますね!
 いってらっしゃ~~い!!
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2007.10/13 13:54分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/152-ab3910ad

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。