新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ファンジニ 10~14


あ~ダメだわ。。。(;O;)。。。

こんなに引きずるとは。。。ああ、テリニム~~

物語は第2幕に突入、妓生ジニはますます妖艶に美しくなっています



9話でウノが亡くなってから、一気に4年が経ち、
ジニはミョンウォルという妓名を名乗り、当代屈指の名妓になっている。
しかし、心を持たない技術だけの妓生、、、
そこに朝鮮芸楽を復活し守ろうとする両班、キム・ジョンハンとの出会い。
このジョンハンって両班が何と殿下の覚えめでたい中央の役人なわけだ。

大国明により失われた朝鮮芸楽を復活させるという、話がいきなり大きくなって、
そこに復讐を誓い怒りと憎悪を胸に抱いたミョンウォルとの思いが絡むから、
正直、すぐに気持ちが切り替わらず、テンションが一旦下がってしまった。

というのも、とにかくミョンウォル並に、自分が初恋をしたみたいに、
ウノが心に焼き付いてしまい、あまりに儚く逝ってしまったので、
切なくて、恋しくて、まるで熱帯夜を見たときのように落ち込んでしまったのだ(-_-;)

ファンジニージョンハン1


で、しかも、というと申し訳ないんだけど、
私、キム・ジェウォン氏のビジュアルがイマイチ苦手。
食わず嫌いなのかもしれなけど、今までも彼の作品は見たことがない。
ウノがもしあのまま生きていたら韓服や帽子をかぶった姿を想像したとき、
どうしてもジェウォン氏と重ならないのだ。
それがテンションの落ちた最大の原因。。。

ただ、明の使臣の宴や女楽と松都教坊との宴での
ミョンウォルのパフォーマンスはやはり圧巻。
ジウォンさんが魅せるのか、話の展開が面白いのか、
ミョンウォルの軽やかな舞は、感動的だ。
それこそ、このドラマの最大の個性であり、必見の価値だと思う。

特に行首どうしの退妓をかけた宴での、剣を使ったミョンウォルの鶴の舞、
愛する人へ捧げた舞、愛する人の前で踊る喜びの舞、
それを全身で表現した鶴の舞は、やはりウノを思い出して涙が出てしまった。

感動を呼び起こす芸とは、、、
敵対関係、憎悪関係にあるペンムやメヒャンですら、
その顔に満足と充足感を浮かべさせてしまうほど、
海岸でミョンウォルの剣舞を特訓するメヒャンや
鶴の舞を踊るミョンウォルを見たときのペンムの表情は実に穏やかだ。
それはミョンウォル、ペンム、メヒャンという一流の境地に達した芸人だけが持てる
芸への達成感という快感なんだろうか…

そんな根底には同じ情熱を抱きながらも、闘い憎みあわざるを得ない妓生たち。

自分でも気付かないうちにウノの面影をジョンハンに重ねて行くミョンウォル。
二度とミョンウォルに無駄な希望や夢を持たせたくないというペンム。
才芸を花咲かせるための後援者として権力者であるピョクケスを娘に近づけさせる母。
そしてミョンウォルを傷つけてはならないと自分の思いを封印し、都城に戻るというジョンハン。

真心を大事にする人は妓生の相手になってはいけない。

すべてを与えられないのに『真心』という言葉を使うことの罪、
このペンムの言葉は重いけど、真実だよね。
一夜を共にしても何事もなかったかのように、帰らねばならない、
そんな妓生に『真心』なんて言葉を使うのは、偽善ですらある。
妓生を愛する意味を知っている大人、真心だけでは乗り越えられない限界を知っている大人、

それが若様とは一番違う。。。

と苦悩するミョンウォル。

このジョンハンとミョンウォルの思いに微妙に絡んできそうなのが、
ピョクケスみたいだね。全くの脇キャラかと思ってたんだけど…
しかし、この名前、何とかならないだろうか?
どうしてもピョンスケって読めちゃうんだけど、、、^^;

ファンジニ-uno3


若様恋しさにこんな記事を見つけました^^;
去年の記事だから今、20歳ってことかな?
若様に等身大のとっても素敵な青年のようです

グンソク君のインタビュー

  • [No Tag]

*Comment

ダモさんへ 

>同じようなの売ってますかね?ほしいです。新大久保にあるかな・・

ありそうですよね。少し大きなお店でスターの写真以外も置いてるようなところなら、、、
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.07/26 22:41分 
  • [編集]

かわいい指輪 

わたしも、あれ?返したのに。。と思いました。来週は、捨ててましたね。
同じようなの売ってますかね?ほしいです。新大久保にあるかな・・
  • posted by ダモ 
  • URL 
  • 2008.07/23 10:05分 
  • [編集]

かめさんへ 

>1つ質問ですが、舞を踊る直前に、ジニがウノからもらった指輪を持っていましたよね。
あれってウノが亡くなる直前に返したんじゃなかったでしたっけ?

これ、どなたかも疑問に思われたようなんですよ。
私は見落としたのか、あまり疑問に思わずスルーしちゃったんですけどね、、、

>その頃に比べて落ち着いていい感じだと思いました。
やたら美形でないところも含めて(失礼^^;)

私はファンジニでの彼がお初だったんですが、
品のいい感じでしたよね~
ただ、どうも両班姿が似合ってなくて、志村の○カ殿様に見えて仕方なかったんです、ミアネヨ~m(__)m
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.07/22 14:27分 
  • [編集]

セリフ 

9話まではすごくセリフが少なくて、
淡々と進む美しい映像を際立たせてたと思いましたが、
ここに来て一つ一つのセリフの説得力がすごいです。

特にペンムですよね。
結果的にメファンも誰も彼も
ペンムの掌で転がされていますね。

同じ師匠キャラとして、チャングムのチョン最高尚宮と比べて観ています。
ジニにとって最高の芸人になることが幸せと信じて疑わない価値観って、
ジニ本人の意志を想像するといかがなものかと考えさせられます。

1つ質問ですが、舞を踊る直前に、ジニがウノからもらった指輪を持っていましたよね。
あれってウノが亡くなる直前に返したんじゃなかったでしたっけ?
どなたか教えてくださいm(_ _)m

キム・ジェウォン君、
私は「ロマンス」を一瞬見た印象しかなかったです。
その頃に比べて落ち着いていい感じだと思いました。
やたら美形でないところも含めて(失礼^^;)
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2008.07/13 21:37分 
  • [編集]

ダモさんへ 

>サラハヌンピョクケスニムをみんなしてケロッピ(いじめ)ってるー(ー_ー)!!(笑)

彼は濃いキャラでしたが、今度もとても存在感があっていいですよ。
現代劇で彼を見たことがあるんですが、かなり素敵でした♪

忍びの彼もなかなかいいですよ♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.07/13 10:15分 
  • [編集]

私とタンシムの 

サラハヌンピョクケスニムをみんなしてケロッピ(いじめ)ってるー(ー_ー)!!(笑)
面白すぎます!(ピンクの下着にピンクのハンボク。林家ペーか!って)。チニちゃんを落とすすため、オンマ伝授のテクニックを忠実に実践するなんて。
ひっかかるチニも生意気なわりに乙女だ・・

そして、今週(14話)の予告。何ー??!って。感じの展開。あの、忍びの者みたいな彼はヌグ?ぜんぜん、かっこよくないんですけど・・^_^;
  • posted by ダモ 
  • URL 
  • 2008.07/10 10:10分 
  • [編集]

きっちょむさんへ 

>でもこのくらいのテンションがミョンウォルの気持ちにいちばん近いのかも…と思ったりもします。

これはみずかさんもおっしゃってたことなんだけど、
そうなんだよね。
多分一番ミョンウォルのテンションに私たちは近かったんだと…
だって、あれほどウノで号泣したあとには、
ジョンハンには普通すぐ行かないでしょ、、、
ましてあたいたちの大好きなウノ様には似てねぇし。。。

確かにジェウォン氏は声がいい。
ただ時代劇コスプレは、私はあまり彼は似合ってないと思いました。
それより私は別のコスプレで彼に萌えたんだけど(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.12/11 15:10分 
  • [編集]

ジェウォン氏 

私は、キム・ジェウォン氏はこれまで「兄嫁は19歳」で見ただけです。
「兄嫁」の時は弟役のユン・ゲサン君の方が目立ってたので、「笑顔がかわいい童顔な感じのお兄ちゃんだなー」って感想だけだったんですけど、改めて見ると野太い落ち着いた感じもあるんですね。声、こんなに低くていい声だったけ?…って(^^;)時代劇コスプレの効果かしら?

私はジェウォン氏自体に違和感はないんですが、、、

やっぱり、ウノ@My王子様e-267には似てね~!!(笑)

でも、ミョンウォルは面影を重ねてるんですよね。
はい、ワカッテマス^^;
見た目ではなく、言葉とか行動とか…自分への接し方に、ですね。

>それを全身で表現した鶴の舞は、やはりウノを思い出して涙が出てしまった。

この時のミョンウォルの台詞、「あの人」としているのがとても効果的ですね。
はっきりと特定しない「あの人」
心の中に封印してもう名前を呼ばなくなった「あの人」、ウノであると同時に、ミョンウォルさえ気付いてないかもしれないジョンハンに芽生えた思い、、、

剣の舞を、どの「あの人」に捧げているのか、、ミョンウォルにもわからないっていう感じですね。

まあ、ウノ派の私たちにとっては、100%ウノなんですが。(笑)

う~ん^^;
理屈ではわかってるんですが、確かにこのあたりは、ウノどっぷりの私たちにはテンションが上がりづらいですねぇ…。
でもこのくらいのテンションがミョンウォルの気持ちにいちばん近いのかも…と思ったりもします。

あ、それから、私もこれからはピョンスケと呼びます(笑)
  • posted by きっちょむ 
  • URL 
  • 2007.12/07 10:08分 
  • [編集]

中ざくらさんへ 

>見ていて、巨人軍の若い頃の、元木にずーっと見えて仕方なかったです。
似ていないですか?

すいません…若い頃の元木あんまり覚えてないですが、
似てないような気がしますが…
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/10 02:08分 
  • [編集]

ひまひまさん、みずかさん 

>2幕目が始まって、ひまひまはちょっとテンション下がり気味です。

やっぱり?でもそのうち内容のすごさに落ち着くんだけどね。。。

>でも、ここで出てきた『真心』という言葉にはウノとは違う大人を感じ
う~むと妙に納得してしまった。

そうなんだよ、この先、この「真心」という言葉でジョンハンにはすごい展開になっていきます。

>ヒゲが口の周りをまぁるくかたどっていて、カールおじさんみたいなのっっ
それに気付いたら、おかしくっておかしくって。

この俳優さん、目がクルクルしてて、存在感ある顔してるよね(笑)
この先もピョンスケ、注目ですよ♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/10 02:06分 
  • [編集]

 

>ピョクケスを「ピョンスケ」と呼ぼう!

見ていて、巨人軍の若い頃の、元木にずーっと見えて仕方なかったです。
似ていないですか?
  • posted by 中ざくら 
  • URL 
  • 2007.11/08 21:03分 
  • [編集]

みずかさんへ 

ひまひまはピックさんとピョクケスを「ピョンスケ」と呼ぼう!
と決めました。(笑)

ひまひまも気付いてたよ!
あのピョンスケのヒゲ!!
あの人は、おもしろいキャラだよね・・・
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2007.11/08 20:50分 
  • [編集]

なんか気になって 

ピックさん、ずっぽりとハマっております。
少し話が停滞気味ですが、そんなことは気になりません。
私、ファンジニで論文書きたいくらいです。

で、ヘンなとこが気になっておりますです。
ひまひまさーーーん、
ピョクケスがピョンスケになってるけど、わざと??
もう今後はピョンスケでいいかな!!!!!

でね。ピョンスケ。
ヒゲが口の周りをまぁるくかたどっていて、カールおじさんみたいなのっっ
それに気付いたら、おかしくっておかしくって。
ピョンスケが出るたび、笑いを堪えています。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2007.11/08 20:01分 
  • [編集]

第2幕 

2幕目が始まって、ひまひまはちょっとテンション下がり気味です。

それは、ピックさんもおっしゃっていますが、あまりにも1幕で盛り上がりすぎたから・・・
もちろん、踊りを踊るシーンなどは息を呑むほどキレイ!
なんだけれどなぁ・・・
でも、ピョンスケがジニ(ひまひまは今後もジニで行きます)の心を得ようとするなんて、ちょっとこの先が楽しみだよ~

<私、キム・ジェウォン氏のビジュアルがイマイチ苦手。
ひまひまは、さほど苦手ではないのだけれど、時代ものは
やっぱり合わない気がする・・・

でも、ここで出てきた『真心』という言葉にはウノとは違う大人を感じ
う~むと妙に納得してしまった。(でも、それも時間の問題なんだろうね・・・)

ジョンハンとピョンスケの対決がいつかあるだろうし・・・
いろんな楽しみがありそうなので、テンションアゲアゲで行きます。
(ところで、このピョンスケ役の人は、最近色んなドラマで見かけますが、何を見ても悪代官のように見えるのがちょっと可哀想・・・)
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2007.11/08 18:48分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>才能ある弟子に、出会った師というものは
相当、嬉しいらしいですね。
高揚感と意欲に溢れています。

10話以降のこういう場面は見ごたえがありますよね。
ペンムとメヒャンの厳しい中でふと見せる表情がとても魅力的で、
また重厚感があります。

>子供だけでも、授かりたかったのでしょうか?

ホント切ないです。
でもタンシムの生き方もまたこの時代ならではの説得力があり、
興味深いですよね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.10/08 11:54分 
  • [編集]

意外に進んでたんだ~ 

余談ですが、
あの頃から、子を宿す時期が分っていたのには
ビックリしました!!!
タンシムは、ピョクケスを愛してしまったんですね。
子供だけでも、授かりたかったのでしょうか?
切ないですね。(・・,*) グスン
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.10/07 20:11分 
  • [編集]

見応えあり、チョワヨ♪ 

ピックさん

私は、10話からテンション上がりです。
素晴しい舞のシーンが見れることと
幼い恋物語との決別のせい?


>海岸でミョンウォルの剣舞を特訓するメヒャンや
鶴の舞を踊るミョンウォルを見たときのペンムの表情は実に穏やかだ。

才能ある弟子に、出会った師というものは
相当、嬉しいらしいですね。
高揚感と意欲に溢れています。

弟子の人生は自分のものでは無いのに
見出した才能に興奮し
「芸の伝授」に喜びを抱くのでしょう。
それが、どれほどエゴイスティックであっても
見過すことができない業のようなもの。
ジニの初恋を摘み取ったペンムはその典型です。


>すべてを与えられないのに『真心』という言葉を使うことの罪、
このペンムの言葉は重いけど、真実だよね。

おっしゃるとおりです。
この時代、この国で、妻にできない女に
真心を口にすることは罪作りです。


会話の中で「あの人」などの指示語が多いので
字幕を集中して読まないと、誰を指してるのか
分らなくなりそうです。
ウノとか、ジョンハンとか、
お節介でも書いてくれないかなぁ~!(恥)

  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.10/07 18:06分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/147-c7d92207

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。