新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ファンジニ 7~9

あああ、、、(涙)、、、

見ていくうちに何となくこうなるような予想がして、
後半ジェウォン氏が出るという噂も聞いていたので、
先を見てる方のレビューをちらっとのぞいてしまった。
だから9話は、見る前から内容は知ってたんだけど、
なかなか勇気がなくて、ようやくさっき見終えた。

ホントは10話を見てからアップしようかと思ったんだけど、
ここで第一幕終了というような内容だったので、7~9の感想をアップします。


ファンジニ9


人生が人より短かった事を悔しいとは思いません。
あなたに出会い心に溜めた詩が、その記憶が、わたしにあるから悔しいとは思いません。
ですが、後悔は……
骨身にしみる後悔は残ります。
あなたをもっと愛せなかったことが、
世の中の重荷をこの手で下ろせなかった事が、残念に思えます。
あなたには泣いて欲しくありません。
むしろあなたの寂しさを思い、わたしを泣かせてください。
わたしはもうあなたを見守っていけません。
どうかあなたの与えた愛が重荷にならないように、あなたの幸せを祈ります。


ウノが死んでしまった。。。。。。(涙)
この事実を知ったとき(どうして亡くなるのかは読まなかったんだけど)、
私、まだ9話を見る前だったんだけど、この事実だけで、両目から涙がポタポタ落ちてしまった。
ウノが死ぬ、というだけで、泣いてしまった。
今もこれを書きながら涙が出て止まらない。

かわいそうなウノ…
死んだことがかわいそうなんじゃなくて、失意の中で死んでしまったことが
かわいそうでならなかった。
世間の壁がどんなに厚くても、親を超えることがどんなに困難でも、
彼の中でそれが言い訳に過ぎないと思っていること、
自分のジニへの思い、愛に対して最後まで貫けなかったこと、
それがどんなに彼を苦しめているか、その苦悩を背負ったまま死んでいったことが
本当にかわいそうで、あずま屋での最期のシーンは号泣してしまった。

もちろん、彼の死因に関しては言いたいことがあるよ。
あれはあまりに突然だった。
雨にうたれたくらいで吐血なんてあり得ない。
もし肺病だったのだとしたら、やはりその伏線は張るべきだった。
それともカットでもあったのか、私が見落としたのか?
そのことの違和感はどうしても拭えない。
でも結果的に、宴で、ジニの髪を上げるという父に最後まで対せなかったこと、
逃げて帰ってきてしまったこと、それがウノを最後まで苦しめて、死に至ったということが、
哀れでならなかった。

妓生と両班の恋、
そのあまりに無謀な思いの確信を得る為に、宴で、ウノの気持ちを確かめろという行首ペンム。
そして芸人として世の中を感動させて、二人の恋を納得させろと。

そんな愛に真正面から真摯に生きるジニを見て、
貧しい親兄弟のために、自分のチャンイ(下男)への愛を封印するソムソム。
しかし、その思いは無視できないほど自分の中で膨れ上がり、
髪を上げる前日、自殺してしまうソムソム。

そんな妓生のあまりに辛い運命、
そして駆け落ちもできず、最後まで思いを貫けなかったあまりに弱い自分達。

自分の気持ちにすら勝てない者が愛などおかしいのです。
全て終わりました。謝らないで下さい。
むしろ、妓生の運命に従うことに気が付くことができて感謝しています。


病を得てやつれたウノにこう言い放ってしまうジニ。

将来を誓い合い、あの初々しく輝くばかりに美しかった愛の果てがこうなのかと思うほど、
情熱と若さだけで走り去った初恋の行く末は残酷だ。
男と駆け落ち未遂をした妓生は、目の下にクマを作り、下女のような下働きをさせられ、
将来を嘱望されあんなに美しかった若様は、老人のような病を得てもうあと僅かな命。

そして。。。

まるでこの世の恵みをすべて受けたように美しかったウノが死んだ。
無謀な愛の果てに。。。
親より先に死んだ親不幸者は質素な木のお棺に入れられて、葬儀もしてもらえないのだという。
トクパルだけが付き添い、荷車に載せられたウノの棺、
教坊の前で雨にぬかるんだ轍にはまったのか、荷車が動かなくなってしまう。
もうここでもまた涙が溢れてしまい、どんなに現世にウノが思いを遺したんだろうと思うと、
涙がまた溢れてしまい、困るほどだった。

ケットンとペンム行首の話から、二人の駆け落ちを行首が阻んだことを知ったジニ。
ウノが弱さのゆえに自分の元に来れなかったのではないと知り、
自分の着物を脱いで棺にかけてあげるんだよね。
その思いに応えるように、また動き出す荷車。。。
トクパルの涙がとにかく痛くてたまらなかった。。。

このウノへの思いを心に抱いて、この先決して誰にも心を開かず、
両班(世の中)とペンム行首に復讐を誓うジニ。

今はウノが亡くなった悲しみに心が一杯で、胸が塞がれるような思いなんだけど、
苦痛、絶望の果てに見えるもの、、、それをペンムが目指しているということか、
芸の肥やし、、、
ライバルのプヨンも最悪の男に抱かれることで、
妓生として過酷な運命を受け入れているし、この先芸の上での対決があるのだろうか、、、
ジニが心を閉ざし生きて行くこの先の半生が、今は痛々しい思いで一杯です。。。合掌。。



  • [No Tag]

*Comment

Petuliaさんへ 

> 9話は展開を知ってても号泣でした!
> ウノや~~~~(涙)

やはり泣けましたよね(泣)

> あんなに面の皮の厚そうな両親からなんであんなに繊細な子供が産まれちゃったんでしょ!?

アハハ~確かに。
全くどちらにも似てないですもんね、、、
第一最初、孫かと私は思いましたよ、、、(^_^;)

> 皆さんの白熱した討論、なるほど~と頷きながら読ませていただいたんですが、何よりも、
> メヒャン役女優の旦那さんがチョン・ノミン・・・
> ・・ってのに、ビックリ仰天!軽~くショックでした^^
> チョン・ノミンさん、結構好きなのに・・・そんな趣味だったのかーっ(泣)

メヒャンは最後までご覧になると、また彼女への感想が違ってくるかもしれませんよ。
Petuliaさんのメヒャン評楽しみにしています♪

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2010.01/30 23:53分 
  • [編集]

NoTitle 

9話は展開を知ってても号泣でした!
ウノや~~~~(涙)
あんなに面の皮の厚そうな両親からなんであんなに繊細な子供が産まれちゃったんでしょ!?
ソンソムにも号泣でした。。

皆さんの白熱した討論、なるほど~と頷きながら読ませていただいたんですが、何よりも、
メヒャン役女優の旦那さんがチョン・ノミン・・・
・・ってのに、ビックリ仰天!軽~くショックでした^^
チョン・ノミンさん、結構好きなのに・・・そんな趣味だったのかーっ(泣)
  • posted by Petulia 
  • URL 
  • 2010.01/28 22:37分 
  • [編集]

かめさんへ 

>なかなか良いと思っていたらしいんですけど、
亡くなり方があっけなくて、そこに軟弱さを感じているそうです。

あら、だいたい男性の好みが一緒だったのに(笑)
あの儚げな亡くなり方がいいんですよ。
でも帽子?は取らないで欲しいけど。。。^^;

ジョンハンに関しても、奥様のご意見を伺いたいシーンがありますので、
またそのあたりまでご覧になったらお聞きします(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.07/19 15:46分 
  • [編集]

若君は… 

> 奥様は若君、いかがですか?(笑)

なかなか良いと思っていたらしいんですけど、
亡くなり方があっけなくて、そこに軟弱さを感じているそうです。
(↑ツッコミはご自由にどうぞ-_-)
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2008.07/13 18:18分 
  • [編集]

かめさんへ 

>ウノはたとえ駆け落ちに成功しても、
寂しい最期を迎えたような気がして泣けました。

この身分制度の厳しい時代を背負ってますからね。
そういう中でほんのわずかな「抵抗」をした象徴としてウノが描かれていると思うので、
彼が未完成で頼りない存在であっても、
十分受け入れられました。

奥様は若君、いかがですか?(笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.07/13 10:12分 
  • [編集]

これは嵌るわ!! 

あー、ここまでの展開スバラシイですね!
ピックさんのレビューも良かったと思います。

ウノはたとえ駆け落ちに成功しても、
寂しい最期を迎えたような気がして泣けました。

三島由紀夫「春の雪」を思い出しましたよ。
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2008.07/09 23:16分 
  • [編集]

ダモさんへ 

>”ヌグ”は「ヌグセヨー?」のヌグ。誰?って意味です。

おお、よく聞く言葉ですよね。
ありがとうございました。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.06/13 23:28分 
  • [編集]

めっちゃ大好きですか 

それは、見なくては!(^-^o)(o^-^)

”ヌグ”は「ヌグセヨー?」のヌグ。誰?って意味です。簡単なので、日常でも使ってみてください♪
  • posted by ダモ 
  • URL 
  • 2008.06/09 08:44分 
  • [編集]

ダモさんへ 

>泣きながら、ウノたんの棺にチョゴリをかけてあげるところでは、号泣でした。

ですよね。
この場面は韓国ではとても有名なエピソードだそうです。

>ところで、7話で、モッチダー♪!!と思ったピョクケスニム。皆さん、スルーですね・・・私だけ?素敵♪(≧∇≦)と思ったのは。

彼、素敵ですよ(*^_^*)
この俳優さん「めっちゃ、大好き」というドラマでは大統領の護衛官役なんですが、
それこそ、めっちゃ、カッコよかったですよ♪

>チニちゃんは、結局ウノ父とは、なにもなかったので、まだ、乙女ですね。初体験はヌグと??気になります。

ヌグって何ですか?
初体験に関してはよくわからないんですが、
次回からは「髪を上げた」妓生になってるわけですから、
そこは通り過ぎた、と考えて私は見ていました。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.06/08 00:57分 
  • [編集]

びっくり(@_@) 

ウノたんが、死んじゃうとは思いませんでした。元気そうだったのに唐突でしたよね。
沖田総司?!って思っちゃいました。結核なら、もっと前からゴホゴホしてないとね。

吹き替えで見てるので(副音声では無理××)ハ・ジウォンちゃんの声に違和感がありましたが、慣れてきたのか、9話では、問題なくなりました。泣きながら、ウノたんの棺にチョゴリをかけてあげるところでは、号泣でした。

そして、ラストの、ペンムニムにも復讐しますっての。おおー。恐ろしい。どうするんだろう・・

次回予告の、ジウォンちゃん、超きれい!
化粧に時間がかかって大変だったとインタビューで言ってたのはこれね。

ところで、7話で、モッチダー♪!!と思ったピョクケスニム。皆さん、スルーですね・・・私だけ?素敵♪(≧∇≦)と思ったのは。

メヒャンは、プヨンの初体験に、よりによってあんな、ほくろアジョシをあてがうなんて!
意地悪ですねー・・・かわいそう。
チニちゃんは、結局ウノ父とは、なにもなかったので、まだ、乙女ですね。初体験はヌグと??気になります。
  • posted by ダモ 
  • URL 
  • 2008.06/05 12:48分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

>ピックさんと、アビーさん&ピンさんのバトルがっ

アハハ、すごいでしょ?
囲炉裏三大、いや四大バトルの一つです(笑)

>あんなにかわいい男の子が亡くなる、ってだけで泣けてしまうのだから。。。

そうなんすよ、もうそこに尽きるんですよ。
これがブーちゃんのナムジャだったら、申し訳ないけどこれほど号泣しなかったんでしょうけどね、、、
(ホント、節操がなく申し訳ないですv-435

>我が家は、PCとTVの取り合いで一日1話ずつしか見られないのがちょっと残念ですが、先がとっても楽しみです

ぜひまた感想お聞かせください。
私はもう一つグッと落ちたポイントがあるんです(変態ポイントですが(笑))



  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.04/10 21:25分 
  • [編集]

すごいですねぇ~(@@ 

ピックさんと、アビーさん&ピンさんのバトルがっv-42

いつもリアルタイムで見られずとっても残念なのですが、リアル視聴していたなら、少しはピックさんに加勢してさしあげた(・・・って言う問題じゃない?)のにィ(笑)

私、9話で号泣でしたぁ~~~v-406
決して、ウノの行動に全面的に好意を持った訳ではないのですが、ピックさんが言われた・・・

>でもあんなに美しいからすべて許すけど(笑
まさに、コレに尽きますね!私の場合v-413

あんなにかわいい男の子が亡くなる、ってだけで泣けてしまうのだから。。。

ただただ、愛を貫くにはあまりにも幼すぎたんだなぁ~って、決してウノ落ちはしてないけど同情はします。
ウノ役は、グンソク君でよかった、って思いましたよ!
もし、もうちょっと歳のいった方が演じていらっしゃったら、「もっとしっかりせい!」って思ったかもv-356

うちの娘が同年代なので、恋愛話を耳にする度「若い子はこんなことで一喜一憂するんだ~」って思うんですよね。家族との挟間で悩むのも解る気がしますv-390

我が家は、PCとTVの取り合いで一日1話ずつしか見られないのがちょっと残念ですが、先がとっても楽しみですv-354
  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2008.04/09 11:19分 
  • [編集]

ドナルドさんへ 

パソコン大変でしたね。
うちも相変わらず、汽笛のような音がしてますよ。
でも、ピンさんがおっしゃってたようなトラブルなら、
とりあえず、HDにも問題がなさそうなので、
様子をみてるところです。

>突然、逝ってしまったウノに、呆然とし
成し遂げられないのはわかっていても
恋を成就させてあげたかったと、ハラハラ泣きました

ホントに呆然としますよね。
弱くて未熟なウノでしたが、青春の象徴のような青年でした。
本当に美しく散ってしまったので、
余計心に残ってしまったような気がします。

>音楽が頭の中をぐるぐる回り、しばらくはこの世界から
抜け出せそうもありません

私もこれを見ているときは、音楽が頭をまわって、
仕事に集中できず困りました。
存分に浸ってくださいね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2008.01/25 00:10分 
  • [編集]

どっぷりはまっています 

実は、朱蒙のたたり?か
パソコンぶっ壊れましたi-241

全く電源が入らず、TUKUMOにそのままかかえて
いきましたよ(笑)

ハードディスクだけは取り出してもらい
Vistaに買い換えました

というわけで久々の書き込みです

突然、逝ってしまったウノに、呆然とし
成し遂げられないのはわかっていても
恋を成就させてあげたかったと、ハラハラ泣きました

何年か後のジウォンさんの変わりように
これまたびっくり!
艶やかでいて傲慢で、両班に対する憎しみの表情などは右に出る女優は、いないですねえ

私のドラマ視聴は、
どれだけ主人公に感情移入できるかで、
嵌り度が違ってくるので
このドラマは自分自身がファン・ジニであり
妓女にでもなったような気分です

音楽が頭の中をぐるぐる回り、しばらくはこの世界から
抜け出せそうもありません


  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2008.01/23 16:26分 
  • [編集]

アビーさんへ 

エアシティーは、見てる方々が皆さんこぞってイマイチ反応なので、
全話持ってますが、一応ジョンジェファンとしては、
グッズとして持っておこうかなという程度です。
だから多分見ないと思いますよ、、、
ジョンジェってこういうグッズ多いんだよな^^;

ロビイストはどうでしょうね。。。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/30 13:52分 
  • [編集]

そうなんですよね 

俳優は演技や作品が全て(100%とは言えないけど)ですからね。

「エアシティ」内容はともかく共演者が苦手だし
「ロビイスト」は、視聴率(あてにならないけど)悪いらしいし
どんなもんでしょうねぇ~。
ま、機会があれば・・・ということで♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/28 08:20分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>例えば、自転車通学の高校生が、にわか雨でずぶ濡れに
なってるとしましょう。
女子の場合は、なんとも感じませんが
男子だと、メッチャ可哀相でなりません。(´_`。)グスン

これはわかるような気がしますが、雨に濡れてるとホジュンですらかわいそうになります(笑)

>ジョンジェ氏か、イルグク氏か、蘇ったジソプ氏とか・・・ね。

ジョンジェのエアシティーもどうやらイマイチのようで、
ジソブに至っては、まだカインとアベルの撮影にも入ってないようですしね…
早くすてきな作品で見たいですよね、、、
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/27 23:33分 
  • [編集]

私は負けてる!(笑) 

>あの年齢の純粋な男の子は、
息子達につながるものがあるので、やはり私はどんなに頼りなくても、
かわいくてかわいくてたまりません。

息子たちにつながらせると、そうなんですけどね。
例えば、自転車通学の高校生が、にわか雨でずぶ濡れに
なってるとしましょう。
女子の場合は、なんとも感じませんが
男子だと、メッチャ可哀相でなりません。(´_`。)グスン
普通は、女子を気の毒に思いますよね。

なんで、ウノがキライなのか、さっぱり分らなくなってきましたよ。
グンソク君の外見がタイプじゃないってわけでもなく・・・。
ただただ、ウノのキャラがキライってことです。
私も、ピンさんと同じく、
ナムジャの取り合いにはなりませんよ、ご安心を♪

ドラマは、ひたすらストーリー重視で見てます。
この頃、とんと 『ナムジャ嵌り』 にご無沙汰です。
ドラマで会いたいなぁ~!
ジョンジェ氏か、イルグク氏か、蘇ったジソプ氏とか・・・ね。

  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/25 19:58分 
  • [編集]

ピンさんへ 

v-26v-26v-26v-26v-26v-26v-41v-41v-41v-41v-41v-41v-40v-40

あっしも負けない!!

>あっ それでもビョン歴あったんだっけね 

ありましたよ(笑)
最後にもらったファンクラブのビョンの写真、
視聴メモの裏書にしようと思ったんですが、裏も写真だったので、
お風呂の炊き出しにしようかと(っていつの時代だ^^;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/25 18:44分 
  • [編集]

それでも受けて立つ 

v-26v-26v-26v-27v-27v-42v-42v-42v-42

ピックさんとはナムジャの取り合いには成らないかもね♪

あっ それでもビョン歴あったんだっけね v-238

  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.11/25 18:26分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>俳優個人としてのウノに物足りなさを感じたのは否めません。

v-26v-26v-26v-41v-41v-41

私は俳優グンソク君のあのビジュアルと声と品の良さに落ちました。
彼は随分大胆なダンスなども出来る子なんですが、
あのうぶで品の良い両班の若様を見事に演じていたと思います。
でもそれは好き嫌いの範疇になることですから、仕方ないですね^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/25 17:51分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>嫌いなものは仕方がない!ってことです。

それはホントそうですね。仕方ないのかもしれません。
私も全国のアジュマを敵にまわしますが、あのカラフルなミニョン@冬ソナ
すごく苦手ですから…

>何より、ウノへの尽きせぬ愛が感じられます。

そうです。あの年齢の純粋な男の子は、
息子達につながるものがあるので、やはり私はどんなに頼りなくても、
かわいくてかわいくてたまりません。
まあ、実際に息子が妓生に走ったりしたら、
こんな悠長なことは言ってられないんでしょうけどね^^;
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/25 17:45分 
  • [編集]

あくまでもビジュアル 

ウノがこの物語にどんなに大事かは言うまでもありません。

彼が果たした役割こそ後のファンジニに通じるのですから。


ただ、俳優個人としてのウノに物足りなさを感じたのは否めません。

これはアビーさんのおっしゃるようにあくまでも主観でどうしようもないのです。  これぞ年増の証明です。 同じ若さでも他の俳優さんなら
なんとも感じなかったかも知れませんし。

第3次戦争勃発?
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.11/23 23:59分 
  • [編集]

うっそぉ~!!! 

>そんな男の子達だったら東屋であんなに美しかったでしょうか?

そんな!バカな・・・。
あの子は、すっごく○○○だったもん。
東屋より、馬小屋だよ~ん♪

ところで、ホジュンが言ってました。
「ウノはウノでいなければいけないのは分るけど
私にとっては、ウンヒョク@ソウルと同じだ」って。
つまり、ウンヒョクはああでなければならないのは
十分理解できるけれど、嫌いなものは仕方がない!ってことです。

私は、ウンヒョクを最終的には好き(途中で揺れた)でしたが
ウノは嫌いなままでした。すみませ~ん!m(_ _)m
彼の行動が物語的には必要なんですが
なんか、うっとおしかったんですよ。

これって、やっぱり
あの少年に落ちるか落ちないか、なんじゃないでしょうか?
そして、私ら(ホジュンも含む)の読みの浅さも関係してますよ、多分。
レビューを再読しましたが、深く掘り下げ、しっかり把握してらっしゃるし
何より、ウノへの尽きせぬ愛が感じられます。


  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/23 23:45分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>ウノが強かったら、妓生としてのジニは居なくなるわけで
ドラマとして、これまた成立しなくなりますね。

でしょ?一夜明けたら少し私に近づいてくださいましたね(笑)
でも、

>両班の跡取り息子としての分別を持って
潔く、涙の別れが良かったのかなぁ。

それは無理ですよ。
○○○○○(最終話のレビューじゃないので一応伏字で)ですら無理だったのに、ウノがあの若さでそれが出来るわけないじゃないですか?
あの弱さは年齢相応で私は当たり前だと思いましたよ。
だからこそ儚くて美しかったんです。
あの若さでそういう分別があるタイプとして、
ウノの周りの取り巻きたちがそうでしたよね。
妓生をただの遊びの対象と考える男の子たち、、、
ウノが彼らのようであったら、アビーさんは満足でしたか?
そんな男の子達だったら東屋であんなに美しかったでしょうか?(笑)(第二次戦争勃発)v-41
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/23 23:13分 
  • [編集]

一夜明けて補足? 

ウノが強かったら、妓生としてのジニは居なくなるわけで
ドラマとして、これまた成立しなくなりますね。
かと言って、弱っちいウノは嫌いだし、どうしましょ。
両班の跡取り息子としての分別を持って
潔く、涙の別れが良かったのかなぁ。

いずれにしても、9話までの話は必要です。
ウノとの幼い恋は肯定しますが
困難に直面したときのウノの描き方が(私には)
受け入れにくかったんです。
蓮池の中の東屋など、絵としても綺麗でしたし
素敵な場面だと思いますよ。

ウノ落ちしなかった視聴者の感想として
捉えていただければ、幸いです。


  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/22 08:55分 
  • [編集]

いきなり、10話からは無理よぉ~♪ 

>ファンジニの9話までは、ドラマとして必要ないと思われますか?

とんでもないですよ!
絶対に必要です、無ければ成り立ちません。

ただ、私はウノの脆弱さが好きじゃなかったんでしょうねぇ。
身も心もあまりにも脆く儚かったでしょう。
そこが魅力と思えるなら、良かったのにね。(我ながら残念!)
ウノが、もう少し強いか、潔く身を引くか
していれば、文句無しでした。

空気読めない女で、申し訳ないです。^^;
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/21 20:02分 
  • [編集]

アビーさんへ 

本当に不思議ですねぇ~

それではまた喧嘩を売りましょう(笑)
アビーさんはファンジニの9話までは、ドラマとして必要ないと思われますか?
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/21 01:38分 
  • [編集]

見る目はいろいろ・・・ 

もはや、ここまでくれば見解の相違としか言いようが無く
それは、それで構わないと思います。

前にも言いましたが、ジニがハ・ジウォンではなく子役(少女)であれば
また見る目が違ったかもしれません。
片方だけが、若いのが原因かもしれません。

こんな私でも、「19の純情」のグッカとユヌには
涙するんですよ。
共感できるかどうか、どこにその理由があるんでしょうね。
多分、理由なんてなくて良いと思いますよ。
感覚的なものですから・・・。



  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/18 15:54分 
  • [編集]

アビーさん、ピンさんへ 

>成す術なく立ち尽くしていた ように思うのですが 

ウノを弁護するようですが、ここで体を張ってジニを守ることができるほど、
知恵がまわらないのが、この年齢の男なんだと思います。
男というより、まだ少年から青年への移行期というか、、、

いざ、という時にダメ、とお二人がおっしゃってましたが、
それも経験が、いざという時に頼れる男を作っていくわけで、
そうなれば、あんな無謀な恋にも分別が出てきてしまい、
もうその時点でウノではなくなるわけです。
ウノという人間は、恋に対してというより世間に対してあまりに無垢であった、
その象徴としてここでは描かれてるのだと私は思うので、
あの瞬間の彼の行動(なすすべもなく立っていた)というのは、
彼らしい、と私は思ってます。
もしウノがジニをかばって熱湯を浴びるようだったら、
私は逆に小ざかしいと思ったかもしれません。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/18 15:04分 
  • [編集]

きっちょむさんへ 

>泥池の中の蓮の花のような純粋な魂をもつウノが、幸せのかけらも抱くことなく死んでいったこと…。
ジニとの美しい思い出すら彼にとっては後悔と悲しみの象徴にしかならなかった…。
本当にかわいそうです。

そうなんです。。。(涙)
私のほうこそ、きっちょむさんのこのコメントを読むだけで涙が出てきます。
まさに前半のこのドラマの哀しみはここにあるんですよね。
何もかも捨ててジニに向かえなかったウノの弱さ、それは幼さゆえの迷いでした。
そんなウノだったのに、結果的に何もかも、命さえ失ってしまう。
この皮肉な運命がたまらなく悲しくてかわいそうで、
ドラマを見終わった今でもずっと心に痛みを伴ってウノを思い出します。

>でもそのことを誰よりも後悔し自分の弱さを痛感したのは、ウノ。死に至ってしまうほどに。
ウノの弱さは彼の優しさに起因します

彼は自分達の恋を認めてくれなかった周りの人々を少しも憎むことなく、
死んで行きます。
そのあまりに計算のない、あまりに素直な魂が私にはたまらなかった。
ただただ自分の弱さだけを責めて命を削るように死んでいったウノが、
常識というものさしで見れば、愚かに見えるのかもしれませんが、
逆に私は、誰でもが持てない、限られた魂の持ち主に見えました。
だからこそ、あんなに美しく、あんなに儚く消えてしまったのかなと…

またゆっくり語りたいですね、元旦に(笑)v-305
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/17 17:16分 
  • [編集]

ピンさんへ 

私は不思議なことに、
ウノの嵌らず「ファンジニ」に惚れこみ
スンハに共感すること無しに「魔王」廃人になりました。
私こそが、二重人格者なのかも・・・ただの支離滅裂?(爆)

>年増女は待てないんですよね
コレ、すごく分りますよ♪
長男に、「ただでさえ導火線の短い人間が
今じゃ、即爆発だぁ~!」って言われました。^^;
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/16 22:12分 
  • [編集]

同じく年増 

アビーさん

>あの時、この若者は弱っちい奴だと見切りました。
責任が取れない身の上でありながら「好きだ!好きだ!」と
つきまとう(?)ように思えた私たち年増族は
ドラマにロマンを求めない、感じない、貧しい感性になってしまったんだなぁ
と思います。

まさしく私の感想そのものでした
あんなに愛を誓っても、いざと言うとだめなんだから
全く!!と醒めてしまいました。でもあの年だから
反対に若さが象徴されていいのかもしれません。
しかし、年増女は待てないんですよね。

私は、ぐいぐい引っ張ってくれるナムジャを求める気持ちが
大きいのかもしれませんが、ウノに嵌れるかどうかによって
このドラマの見方が大きく分かれるような気がします。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.11/16 21:13分 
  • [編集]

きっちょむさん ピックさん 

そうですね。
ジニにを愛するには、親をも捨てるだけの非情さが必要でしたね。
優しいウノにはそれが出来なかった・・・・・。

ウノ母が、ジニに煮え湯をかけようとした時、成す術なく立ち尽くしていた
ように思うのですが (違っていたらごめんなさい)
あの時、この若者は弱っちい奴だと見切りました。
責任が取れない身の上でありながら「好きだ!好きだ!」と
つきまとう(?)ように思えた私たち年増族は
ドラマにロマンを求めない、感じない、貧しい感性になってしまったんだなぁ
と思います。

ウノに泣けるだけの、みずみずしい感受性が
心底、羨ましいですよ。
これは、本気でそう思っています。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/16 20:27分 
  • [編集]

思いきりウノ派です^^; 

>死んだことがかわいそうなんじゃなくて、失意の中で死んでしまったことがかわいそうでならなかった。

ドラマ見て号泣して(テレビの前でマジ泣きしたの久しぶりだなあ)
そのあとピックさんのこのコメント読んでまたぽろぽろ涙がこぼれました(T T)
そう!そうなんですよ…。
泥池の中の蓮の花のような純粋な魂をもつウノが、幸せのかけらも抱くことなく死んでいったこと…。
ジニとの美しい思い出すら彼にとっては後悔と悲しみの象徴にしかならなかった…。
本当にかわいそうです。

ウノの死因については、アビーさんのおっしゃるようにストレスからくる潰瘍のようなものじゃないかと捉えていたので私には全く違和感はありませんでした。
ジニと母親。どちらも選べない、捨てられない…。
体が引き裂かれるのと同じように魂を引き裂かれてウノは血を吐いてしまった。
医者が手を尽くしてもなぜか脈がどんどん弱まっていく…。八方塞の状態にウノの精神は生きることをあきらめてしまった。

それはやはり弱さであり逃げです。ウノはジニと愛し合うには弱すぎた。
ウノにイライラしてしまう方がいるのはしょうがないのかもしれません。
「そんなことなら最初から始めなければよかった」
これはまさに真実なのですから。

でもそのことを誰よりも後悔し自分の弱さを痛感したのは、ウノ。死に至ってしまうほどに。
ウノの弱さは彼の優しさに起因します。
世間の醜さの中で生き抜くには彼は純粋で優しすぎた。
彼の弱さの原因が純粋さ、優しさであるが故に、私には責めることができません…(T T)

教坊の前で動かなくったウノの荷車。ジニに背中を押してもらってやっと旅立てたウノ。
このちょっと未練たらしい情けない感じがヨワッっちいウノらしすぎて…
バカだよーウノー。。・゚・(op◇qo)・゚・。 ウワ-ン
  • posted by きっちょむ 
  • URL 
  • 2007.11/16 00:55分 
  • [編集]

アビーさんへ 

またまたファンジニバトル、再燃しそうですが、

>「死んでからまで、邪魔しよるぅ~」って
言ってるそうです。(笑)

邪魔、ではないです。
芸の肥やしということです。
苦しい初恋がこんな形になったからこそ、
その後のジニがあるんです。
ウノの存在がなかったら、天才妓生は生まれなかったかもしれませんよ。
それくらい、ウノには存在価値があるんです。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/15 20:35分 
  • [編集]

ピックさんへ 

アレッ!彼女、メールしましたか。

>あのウノとの恋があるからこそ、ジニは芸の道で○○するんですよ。
それがわかりませんでしたか?(→っとホジュンさんのダンナ様にお伝えください

ダンナさんが見たのは
まだ、半分の12話までですからね~。
(○○の部分が分りませんが・・・)

ウノの死後、舞いを封印したジニを見て
「死んでからまで、邪魔しよるぅ~」って
言ってるそうです。(笑)
私同様、ペンム目線で見ていると
そういうふうに思えるんでしょうね。

ホジュンのダンナさん
PC得意なので
囲炉裏に直接、参加したらいいのにね♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/14 08:46分 
  • [編集]

アビーさんへ 

はいはい、ホジュンさんからメールが来ましたよ(笑)
ホジュンさんの旦那さん、出て来い!!なんちゃって!
あのウノをそんな風に言うなんて許せません(怒)

というか、あのウノとの恋があるからこそ、ジニは芸の道で○○するんですよ。
それがわかりませんでしたか?(→っとホジュンさんのダンナ様にお伝えください)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/14 02:01分 
  • [編集]

思わぬところに同志が♪ 

ピックさん

喧嘩を売ってるわけではありませんよ。(念のため)

私と全く同意見の人物が現れました。
なんと、ホジュンのダンナさん!
彼は、どのドラマも感想無しに黙々と視聴するタイプらしいのですが
これに限っては
「若様が邪魔でしょうがない。
せっかく、ジニが芸の道に精進しようとしてるのに
ガキのくせに脚引っ張ってからに!」と画面に向かって
吠えてたそうです。
一緒に見ていたホジュンは、可笑しくてならなかったそうです。
○○ちゃんとおんなじことを言ってる・・・って。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.11/12 23:46分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

>しかし、あのあずまやでのシーンは視聴者をジ~ンとさせるためには
絶対に必要だったので、切って殺されるわけはなかったのよね・・・

ああ、そうか、ウノはあくまでも美しく死ななきゃならなかったわけだよね。
でも9話もあるんだから体が弱いとかそういう伏線は張れたと思うんだよ。
それが唯一残念。
でもあんなに美しいからすべて許すけど(笑)

>そう!ひまひまもこのメッセージがたまらなかった!

この儚い初恋をウノ役のグンソク君見事に演じましたよね。
彼のキャスティングはそういう意味で的中だったのかなと思います。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/02 01:42分 
  • [編集]

中ざくらさんへ 

>まさかあんなに簡単に、亡くなるとは思いませんでした。
身体が弱かったわけでも無かったのに・・・

そうなんですよ。あのシーンが少し惜しい、、、
その前から体が弱くてよく寝込んでた、というような下りがあれば良かったのですが、
いきなりでしたからちょっとご都合主義にはなりましたね。
でもそれ以上のインパクトで私は9話に圧倒されてしまいました。
未だにあのシーンと音楽を聴くと涙が出ます。
熱帯夜以来の衝撃かもしれません、、、
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.11/02 01:07分 
  • [編集]

どんどん見ています 

ひまひまは、先がどうなるかは全く知らずに見ていますが、
ウノは必ず何処かで死ぬんだろうな・・・と思って見てました。

ただ、その死に方よ・・・
髪上げをしてくれる誰かと争って死ぬんだと勝手に
思っていたので、あんなに突然吐血して死んじゃうなんて
思いもしなかった!
しかし、あのあずまやでのシーンは視聴者をジ~ンとさせるためには
絶対に必要だったので、切って殺されるわけはなかったのよね・・・
(いまから考えてみると!)(笑)

<あまりに美しく、『初恋』というものが、いかに美しくてはかなくて、そしてこの年齢だけしか貫けないものであるかという、そういう作者のメッセージが私にはたまらなかったのです。
そう!ひまひまもこのメッセージがたまらなかった!
ジニの恋が髪上げ後だったら、そんなに心に止まらなかったし単なる
芸の肥やしだけだとしか思わなかったかもしれません。
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2007.11/01 06:48分 
  • [編集]

みずかさんへ 

>ピックさん、このドラマはすごいですっ!!!!!
ハマった、!!!!!私は堕ちると思ってたでしょ??

キャー\(^o^)/みずかさん、嬉しいよぉ~
やっぱりみずかさん好きなジャンルだね(笑)
私もどっぷりでした。次回の爆裂ではぜひガンガン語りましょう。
魔王も今激ハマリしてるんだよなぁ~私。
ホントこの2作品はすごいです。

ユヒ、面白くないの?軽いラブコメとして見てもダメですか?
ジェヒすきなんだけどなぁ~、、、

>私はね。ウノの死も号泣したけど、その後の・・・

その後の…って何だろ?気になるよ。
ウノはとにかくお決まりのパターンといえばそうなんだけど
(実際あの荷車のシーンは勧進帳じゃないですが韓国では有名なエピなんだそうです)
それでも泣けて泣けて、しばらく私プチ廃人でしたよ。

>ハ・ジウォンさん、間近で生で見たけど
オーラ消してる時は普通にキレイな女性って感じなのよぉ
役が入ると違うわ~~~

彼女もシンミナと同じで決してすごい美人じゃないんだけど、
何か訴える表現力がすばらしい女優ですよね。
天性の才能を感じます。
それにドラマチョイスがうまいしね。
こういう女優さんは作品と呼び合うのかもしれません。

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.10/31 19:15分 
  • [編集]

ピックさん♪mayumayuさん♪ 

何となく亡くなると知ったのですが、戦って亡くなるのかと。
まさかあんなに簡単に、亡くなるとは思いませんでした。
身体が弱かったわけでも無かったのに・・・

母に手紙を書こうとしているときにはハラハラしてみていました。

韓国は親より先に亡くなると、あんな仕打ちを受けるなんて、
可哀想過ぎます。
何処にでも棄てて来いなんて・・・

車が動かなくなる所では、泣けて泣けてしまいました。
  • posted by 中ざくら 
  • URL 
  • 2007.10/29 22:00分 
  • [編集]

ピックさん、大当たり~っ 

ピックさん、このドラマはすごいですっ!!!!!
ハマった、!!!!!私は堕ちると思ってたでしょ??
すっかり好みを把握されてます。さすが人を見る目があるねーーー
さて。何をそんなに興奮してるのかは最終話の後に語るとして・・

メールでも話したけど、魔王が気になって仕方なかったので
出張から帰った後、一気見しました。これは別途コメントします。
それで、魔女ユヒを4話まで見て放置してたので
ユヒを見てしまおうとしたんです。最初はそう思ってたの。。。
ところが、魔王の後ではユヒは物足りなさ過ぎて再び中断。
みなさん大絶賛のファンジニに手をつけてしまった。

それはもうっ、魔王以上に引き込まれた。
途中でやめられなくて一気に12話まで。続きが観たい~っ^^

だけど無理が祟ったのね。
出張疲れもあったせいか、昨夜は発熱してしまいました。
今朝は少し良くなったので、仕事してます。
私はね。ウノの死も号泣したけど、その後の・・・
ネタバレなので書けないけど・・・とにかく泣きまくりです。

脚本も演出も配役もいい。本当に素晴らしいドラマ。
ハ・ジウォンさん、間近で生で見たけど
オーラ消してる時は普通にキレイな女性って感じなのよぉ
役が入ると違うわ~~~
特に、ミョンウォルになってからの表現し難いほどの
妖艶で強固な美しさ。目を見張るものがあります。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2007.10/29 16:07分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>しかし。。。ウノが死んでしまうとは、知りませんでした。びっくりしました。

私も9話を見る少し前に知りました。
でもとっても冷静にご覧になってるので、びっくりです。
私は未だにウノの死を引きずってますよ(-_-;)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.10/20 15:44分 
  • [編集]

死んじゃいましたねぇ~ 

ピンさん

ここから先が、本物の妓生らしく
美しいジニが見られますよん♪

序章の9話までと違って
実年齢に近いせいか、自然な演技で
私には、より好ましかったです。

とにかく、音楽と映像美だけでも満足できる作品です。
大好き♪
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.10/19 22:33分 
  • [編集]

しんじゃうんだ 

ジニがリボンをとってウノ父に渡そうとする場面、早く駆け落ちすればいいのに、母への手紙を書いて時を逸してしまう場面、どちらも凄く腹が立ちました。

本当に何がしたいのか。どちらも大事はわかりますが、それでもジニをとろうとするなら、しっかり覚悟せい!!

しかし。。。ウノが死んでしまうとは、知りませんでした。びっくりしました。
内心心配していたのです。あの俳優さんで、これからのジニとの恋路を行くには年齢的に無理があると思っていたのです。
  • posted by ピン Pin 
  • URL 
  • 2007.10/19 21:04分 
  • [編集]

アビーさんへ 

>性分ですから・・・

ドラマをどう見るか…
その虚構の世界にどっぷりつかって見るか、
現実と比べながら見てしまうか、
そのどちらが正しい見方か、なんてないんですから、
アビーさんはアビーさんのお好きな見方でいいと思いますよ。

私もこういう見方をするのが性分ですからね♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.10/08 12:01分 
  • [編集]

性分ですから・・・ 

ピックさん

>また見る必要もないと思っています。

そうなんですけど、
見てしまう、見えてしまうんですよ。
仕方ないです。

普通に、感動する場面で冷静な自分が
損な奴だと思います。

妓生としてのジニの才芸が
花開く過程を楽しもうと思っています。
ジオゥンさんの舞う姿や
ドラマチックな音楽がとても素晴しく
ワクワクしながら見ています♪
カメラワークも良いですね!


  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.10/08 10:25分 
  • [編集]

アビーさん、木の実さんへ 

うまく言えないのですが、
このウノとジニの初恋は無謀で、この当時なら非常識に決まってるんです。
だからここではこの二人の恋の善悪を論じる必要などなく、
全く間違った道(この当時なら)を二人は進んだのだと私も思います。
だからこそ作者はこの二人をあそこまで徹底的に残酷な破滅へと追いやったわけで。。。

しかし、そこに至るまでの二人の初々しい逢瀬がレビューにも書きましたが
あまりに美しく、『初恋』というものが、いかに美しくてはかなくて、そしてこの年齢だけしか貫けないものであるかという、そういう作者のメッセージが私にはたまらなかったのです。
その象徴がウノだった、、、だからどっぷりハマってしまいました。

この二人の恋を現実的な視線では、全く見ていません。
また見る必要もないと思っています。

木の実さん、

メヒャン役の女優さん、キム・ボヨンさんというんですね。
ありがとうございました。
タツジの母のチエコって変な日本語を使うあの女性ですか?\(◎o◎)/!
また見直してみます。

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2007.10/08 01:13分 
  • [編集]

若様の急逝 

よくよく考えましたが
若様は、労咳では無く
強いストレスを受けたための
胃潰瘍か、十二指腸潰瘍では
ないでしょうか?
それだと、前振りが無くても説明つくでしょ。

母思い故に、手紙を残そうとしたのがアダになって
不憫なことでした。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.10/07 18:42分 
  • [編集]

木の実さんへ 

>キム・ミョンミン演じるインチョルの母の役

あぁ!思い出しました。
若くて美しくお洒落で自己中な母でしたね。(笑)
確かに、後半は母らしかった。

それにしても、よくご存知ですね!
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.10/07 12:55分 
  • [編集]

キム・ボヨンさん 

ものすごくご無沙汰しているのに、
突然現れて、横レスして申し訳ありませんが、
ファンジニのライバル側のお師匠さんの梅香役のひとは、
キム・ボヨンさんという方です。


花よりも美しくで、キム・ミョンミン演じるインチョルの母の役(母を演じるには無理が少しありましたが後半はよくなる)
千年の愛で、キム・ナムジン君演じる
フジワラタツジの母のチエコとか。
先日までKBSワールドで放送されていた拝啓ご両親さまにも出てました。
現在はKBSの嫁全盛時代というドラマにでてます。
実生活では2004年に
9歳年下のだんなさん(チョン・ノミンさんという方(愛と野望、悪い女よい女等にでている)
と年の差乗り越えて結婚して話題になっていました。
  • posted by 木の実 
  • URL 
  • 2007.10/07 09:50分 
  • [編集]

序章が終わった・・・ 

ピックさん
やはり・・・泣きましたか。

私は、すごく冷静に見ました。
あの虚弱な若様に百姓など務まるわけがない。
労咳持ちと駆け落ちしたところで、
先は知れてるじゃないですか。

不世出の才能がある人は、
普通の人生は歩めないと
いう気がするんです。
天から秀でた才を与えられた者は、
神に仕える修道女のような生き方を
好むと好まざるとに関わらず
強いられると思うんです。

おっしゃるように、「色恋は芸の肥やし」に
していく逞しさも必要でしょう。
お寺の暮らしから、あえて妓生の道を選んだジニです。
子供の頃から三千拝をやり遂げるほど強いジニが
お坊ちゃま育ちのひ弱な若様と、どうして暮らしていけましょうか。
「釣り合わぬは不縁の元」と言います。
ただ、死別したので、ジニの心は大きな傷を負いましたね。
しかしながら、それを糧にできる女性だと思います。

私は、何故か、ペンムの立場でこのドラマを見ています。
駆け落ちの手伝いをした、母ヒョングムにも共感できませんでした。

※ライバル側のプヨンの師匠は、カン・ミヒではなさそうですよ。
彼女はもっと声が甲高くて独特です。
  • posted by アビー 
  • URL 
  • 2007.10/07 00:19分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/146-77b6efc8

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。