新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

思い残すことはない!


01_IMGL0162a_s.jpg


2015ATPファイナル、ラウンドロビン、対フェデラー戦、
圭はフルセットまで粘ったけれど、王者フェデラー相手に惜敗した。
今年の圭のツアーはこれで終わり、負けたけれど有終の美を飾ったと私は思う。
それくらい、いい試合だった。実にいい試合だった。
あの王者フェデラーを本気にさせた。
最後の最後までどっちが勝つかわからないほど、
1ポイント1ポイントが緊迫していた。
1ショット1ショット、互いの放つショットがすばらしくて、
フェデラーの、圭の、技術の粋をそこに集めたようなプレイだった。
名勝負といってもいいかもしれない。
だから、、、

思い残すことはない、、、(笑)

ファンはそう思う。
それくらい今シーズンの圭は長いトンネルの中にいた。
勝ってもギリギリの逃げ勝ち、負けるときはあっさり、、、
そして怪我につぐ怪我。。。
おとといのベルディヒ戦も復調の兆しは見えたんだけれど、
今夜のフェデラー戦の圭は、去年の全米を彷彿とさせる戦い方だった。

強い圭だった。
自信にあふれていて、
そして何回かに一度は信じられないアメイジングなショットを打つ。
しびれるショットだ。
何度拳を振り上げたことだろう。
いい年したおばさんが深夜にガッツボーズをする(笑)
こんなワクワクしたした試合、ホントに久しぶりで
朝ドラの真似をすれば、びっくりポンな連続だった(笑)

負けてなおかつ爽快な気分。
やっぱり圭は才能があって、すごいんだと改めて思える試合だった。
来年の全豪が楽しみになってきたよ。

そして毎日毎日、トップ8の試合を見れることがとても幸せ
4強は多分、ジョコ、フェデラー、ナダル、マレーになると思うけど、
どの選手も試合に誠実な姿が美しい。
マレーなんてデ杯があるのに、審判席にぶつかるほどの勢いで走ってたからね。
ナダルが強く復調してきたのも嬉しい。

そんな世界トップレベルの選手たちと互角に戦える日本人選手、
錦織圭を誇りに思って、
来年もまた応援し続けていこうと思える内容の、
嬉しい嬉しい試合でした(^^♪


  • [No Tag]

*Comment

みずかさんへ 

> まさにベストマッチ。テニスファンじゃなくてもこの試合を見たらテニスというスポーツの面白さがわかるんじゃないかと思いました。
> 負けたのに嬉しくて涙が出ました。今年1番の試合だったかも。本来の圭のテニスが蘇り、イキイキそしてワクワクプレーする姿に目が釘付けになりました。それを引き出してくれたフェデラー、30代半ばにしていまだ進化する彼には感動と尊敬と…いくら言葉を尽くしても足りない位の素晴らしい感情を私たちにもたらします。

ホントですよね~
今さらながら勝ち負けより大切なものがあると思い知りました。
こんなに充実感がある『負け』ってあるんですよね。

> プレースタイルが似ている2人は多彩でアメイジングなショットの連続で、アイディアの宝庫であること、お互いの天才ぶりを世界に見せつけました。天才同士がお互いの良さを引き出し合う、迫力満点でスリリングな展開。本当に面白かったですね。ガーディアン紙が「来週錦織のプレーを見られないのが寂しい」と。テニスTVやその他外国人プレスのTwitterでも圭のプレーに関するツイートが非常に多く、世界に驚きと感動与えたことが誇らしかったです。

ベストマッチと評されたようですね。
天才同士のプレイが相乗効果を生み出したんでしょうね。
いいプレイにはいいショットが反応するという、、、
いつまでも見ていたくなるラリーでした。

> 前に修造氏が、いくら練習しても練習は練習、試合の中でしか磨けないものがあり、その部分がとても大きい…言葉は違うんですけどそんなニュアンスのことを言ってました。それを思い出しました。明らかに何かを掴みましたよね。

圭の試合後のインタビューで「あと数ポイントといえども、まだフェデラーには余裕があって、その差は小さいようで大きい。」
と言ってましたよね。
それってきっと修造氏がいうように、試合を重ねてたくさんのタイトルを取って、つまり修羅場を一杯経験した先に見えてくるものがあるのでしょう。
圭はまだ25歳、きっといつかその『余裕』をつかめる境地に達すると思います。

> 全米で、キレ芸でメンタルを揺さぶるペールに当たってからおかしくなっちゃったけど。ちょっと上品に対応しすぎたかも。来年以降も奇襲で優位に立とうとする相手には注意が必要ですね。

良質なテニス同士だと王道を追い求めて、最高のショットを生み出すことに両者が同じ方向を向いてるから、
興味深い意味で集中しやすいんだと思います。勝利は同じ方向の追い求めの結果だから、、、
でもテニスの質が違う相手の試合は、恐らく勝つという目的は同じでも、手段を選ばないショットや言動によって、
集中力が切れやすいんでしょうね。それに一々が気分が悪い。
納得のダウンだザラインは打たれても気分がいいものです。
でもいきなりの弾丸サーブかと思えば、ダブルフォルト連発とか、
気分屋のような弾丸ショットは、それがその選手の持ち味といっても、
打たれる側は気分が悪い。集中力を保ちにくい相手なんでしょうね。
(でもそれでも勝ちは勝ちだから、どんな選手とやっても自分のテニスを貫ける強さと、
かき乱す相手を封じるくらいのしたたかさを身につけなきゃダメだよね)

> ツアーファイナルズはすべてが決勝戦的試合なので今年も見応えありました。ベルディヒにも感謝です。プレーが噛み合ってるから対戦成績良いけど、やはりトッププレーヤーなので苦戦し、我慢を続けてやっと勝った。あの試合があったから次のフェデラー戦につながったし、掴んだものがとても大きかったと思います。

私もベルディヒの試合って本気で見ました。
地味だけど、メンタル的にほとんどぶれない、あれは圭も見習うべきだと思います。
なんせ5年?6年?ずっとファイナルで続けてるんだもん、やっぱりすごい選手。

> あんなスーパープレーを見せられると来年以降も期待しちゃいますが、期待しすぎず見守りたいです。山あり谷ありだった今年、この経験が圭を大きく成長させたのではないかな。すばらしいフィニッシュでした。

だね、期待し過ぎず、でもちょっぴり期待して(笑)
1月4日からもう250始動のようですね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2015.11/22 23:58分 
  • [編集]

NoTitle 

まさにベストマッチ。テニスファンじゃなくてもこの試合を見たらテニスというスポーツの面白さがわかるんじゃないかと思いました。

負けたのに嬉しくて涙が出ました。今年1番の試合だったかも。本来の圭のテニスが蘇り、イキイキそしてワクワクプレーする姿に目が釘付けになりました。それを引き出してくれたフェデラー、30代半ばにしていまだ進化する彼には感動と尊敬と…いくら言葉を尽くしても足りない位の素晴らしい感情を私たちにもたらします。

プレースタイルが似ている2人は多彩でアメイジングなショットの連続で、アイディアの宝庫であること、お互いの天才ぶりを世界に見せつけました。天才同士がお互いの良さを引き出し合う、迫力満点でスリリングな展開。本当に面白かったですね。ガーディアン紙が「来週錦織のプレーを見られないのが寂しい」と。テニスTVやその他外国人プレスのTwitterでも圭のプレーに関するツイートが非常に多く、世界に驚きと感動与えたことが誇らしかったです。

ただただ経験値の差で負けました。ブレイクポイントを全て取るなんて今の圭にはできない芸当です。あれがフェデラーなんだなと思いました。ジョコビッチにも同じことが言えます。そして。あの境地に早く至って欲しいとも思いました。

前に修造氏が、いくら練習しても練習は練習、試合の中でしか磨けないものがあり、その部分がとても大きい…言葉は違うんですけどそんなニュアンスのことを言ってました。それを思い出しました。明らかに何かを掴みましたよね。

今年は世界ランク5位でスタートしたので、シードが良すぎてなかなかトップ10選手と当たらなかった。つまり気づきを得にくかった。良いようで良くなかったかもしれない。それでも前半は彼のポテンシャルだけで好調を維持できた。全米で、キレ芸でメンタルを揺さぶるペールに当たってからおかしくなっちゃったけど。ちょっと上品に対応しすぎたかも。来年以降も奇襲で優位に立とうとする相手には注意が必要ですね。

ツアーファイナルズはすべてが決勝戦的試合なので今年も見応えありました。ベルディヒにも感謝です。プレーが噛み合ってるから対戦成績良いけど、やはりトッププレーヤーなので苦戦し、我慢を続けてやっと勝った。あの試合があったから次のフェデラー戦につながったし、掴んだものがとても大きかったと思います。

あんなスーパープレーを見せられると来年以降も期待しちゃいますが、期待しすぎず見守りたいです。山あり谷ありだった今年、この経験が圭を大きく成長させたのではないかな。すばらしいフィニッシュでした。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2015.11/21 08:44分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/1153-c3522626

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。