新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ファンが求めるもの


2015 pari MS


また負けた、、、しかもまたしても怪我だ。。。(泣)
最近とにかくこのパターンが多い。
初戦、必死に食らいついて辛勝しても、
次戦でそのツケが回ってしまうのか、、、
戦意喪失、と言われてしまうほど簡単に負けるか、
こんな風に怪我で棄権してしまうか、というパターンが本当に多い。

もうなぜなのか、という分析は、あちこちのブロガーさんや、
スポーツ解説者が色々言ってるから、
私は終始自分勝手に自分の気持ち中心に書いていこうと思う。

まずね、圭のこの状態で真っ先に思い出したのが、
高校時代。。。
私は貴乃花(お父さんの方ね)のファンで、
当時やっぱり相撲好きの同級生の男の子と、
毎日のように貴乃花の話で盛り上がって、
すごく楽しい高校生活をエンジョイしていた(笑)
で、私が貴乃花を毎日応援していたので、
優勝するかどうか賭けようということになって、
高校生らしくホットドックとジュースを確か賭けた気がする。

序盤は毎日貴乃花の戦績で話がはずんで、
どんなにハラハラと盛り上がるだろうと思っていたら、
意外に黒星が続いて、
あっという間に貴乃花は優勝戦線から離脱してしまった。
つまり千秋楽を待たなくても、絶対優勝できないくらい負けたってこと、、、
こうなると賭けまでしていたことが何とも白けてしまい、
ホットドックを買って彼に渡した時には、テンションがだだ下がりだった(-_-;)

今の錦織圭もそんな気分だ。
職場でも私が彼のファンだってことはみんな知ってて、
大会前には「いよいよですねぇ~」なんて言ってくれてたのが、
度重なる怪我には、さすがに誰も話題にしない。
気を遣われてるんだな、って感じがして、何とも情けない気分になった(-_-;)

こんな風に書くと、ファンとしてあるまじき態度だと、
顰蹙を受けるかもしれない。
圭が一番しんどいんだから、圭の回復を一番に考えて、
また元気に戻ってきてくれることを祈ってます(^^♪
って言うべきなんだよね、ホントは。
でもね、私は最近不思議に思うことがある。
ファンって何なんだろうって。。。

当然のことながら、芸能人にしろスポーツ選手にしたって、
ファンからしたら『家族』じゃない。
そんなことを言う人が(笑)昔いたけど、
所詮ファンとスターの関係って、
スターが与えてくれるものがすべてであって、
ファンが家族みたいに何かできるわけじゃない。
じゃ、ファンがスターに求めるものは、何なんだろうって冷静に考えると、
結局は、たくさんその対象が見れることだと思うんだよね。
圭の試合を一杯見れて、圭のしびれるようなプレイを見れて、
そして圭の勝利を見たい(^^♪
負けてもいい、圭君を一生応援します。。。
って言うのは矛盾している。
負けると必然的に順位が下がり、そのうちテレビで取り上げられなくなる。
ネットか何かでつながない限り、下位の選手の映像なんてマスコミは取り上げなくなってしまう。

私が一番怖いのはそこ。
圭のすばらしいテニスが見れなくなるのが一番怖い。
だからやっぱり圭には強い圭でいてほしいのだ。
ジョコビッチはセルビアだから、国がどんな状況かわからないけど、
例えばフェデラー、スイス人にとってはどんなに彼のテニスを楽しめたことだろう。
一つの大会で勝ち上がっていくって、その選手の試合が一杯見れることを意味している。
自国の選手が強くて、しかもその強さを一杯見れたスイス人が私はとても羨ましい。
だから私も錦織圭にそんな期待を抱いてしまうのだ。
だってそれくらい、彼のテニスは魅力的で、才能に溢れているのだから

怪我は確かに辛い。
私レベルですら、休息して練習試合でまた痛め、休息して再開したらまた痛め、、、
そんな繰り返しだった。
同じ箇所をまた肉離れした日には、死にたくなるほど落ち込んだ。
プロとしてしがらみの多い圭にしたら、どんなに心が折れるだろう。
でもね、圭ちゃん、ここは母親の目線で言うけど、
それがあなたの仕事なんです。
プロってそういうことなんです。

ファンとして一日でも長く圭を見たい、という欲望と、
そしてそれが結局は圭のためになるんだと私は確信しているので、
敢えて、厳しい言葉を並べました。

  • [No Tag]

*Comment

みずかさんへ 

> 今年の出場大会数は全米までは多かった(勝率も8割超だったが、全米後に勝率が下がり今年の勝率は7割台に…)。もっとGSや1000にピークを持っていくスケジューリングのほうがいいと思ってしまうが・・・プロ集団であるチーム圭がどういうプランで更に上のステージを目指すのか…遠くから見守るしかない。

私もそう思います。もう少し出場大会を戦略的に絞った方がいい。
終盤、バーゼルスキップとかは、ファイナルの出場可能性を計算したいい戦略だったと思う。

> ジョコビッチのように出場する度に決勝進出すれば大会数を絞っても試合数は増える。ピックさんには何度も自論を述べてるけど、来年は250エントリーは最小限にしてほしい。圭レベルならWC使えばいつでも参戦可能。ポイント必要になれば、今年のナダルみたいに突然出場でいい。

そうそう、ナダルはあの250の大会で優勝したあとあたりから、何か吹っ切れたみたいに強くなった。
もちろん全盛期の強さじゃないけど、ちゃんとファイナルにしかも余裕で戻ってきたところはさすがだよね。

> 「トップ選手の戦い方は次元が全く違う。圭はまだ、そこに足を踏み入れたばかりだ」
> 胸を張っていいだろう。昨年活躍したチリッチやラオニッチはトップ10から姿を消し、最近キャリアハイ更新でトップ10に入ったケビンアンダーソンもすぐ落ちた。それだけ過酷な世界。異常な体格差の中よく戦ったと思う。でも圭は、よくやったと言われるだけの選手を目指してはいないだろう。いつも公言している世界一を是非目指してほしい。

冷静に考えると、2年連続でこの場所にいることがすごいことなんだけど、ついファンは欲張ってしまうよね。
でも記事にも書いたように、だから今でも十分圭はすごい、このままでいいとはやっぱり言いたくない。
もっともっと上を目指せる人だから、頑張って欲しいんだよね。

> さて、ツアーファイナルズ。まだドローが出ていないけど、ラウンドロビンでジョコ・フェデラー・ナダルと同組になるかもしれない。でも、むしろウェルカム。挑戦者の気持ちを思い出し、昨年みたいにアグレッシブにプレーできるかもしれない。誰が同組に入っても強敵なのは間違いないし、いっそ全員BIG4なら思い切りプレーできそうだ。

今夜未明あたりドロー発表みたいだね。

ペールのカンバック賞、私も今日知りました。
ホント、圭の名前が二度も出てくる。20位か。。。

今年は圭にとって嫌だなぁ~って思った選手、ペールとかイズナーが強くなった。
ツォンガも。
結局、トップ3は強くてなかなか勝てない。
圭やワウリンカあたりが一番金星を上げやすい対象なんだよね。
だからいつも狙われて、研究されるからしんどい立場にあると思うけど、
結局は強くならないとそこの連鎖からは抜けられない。
頑張ってほしい、、、
そして怪我に負けない強靭な体でまた強い圭を見たいよね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2015.11/12 20:48分 
  • [編集]

ペールがATPのカムバック賞受賞 

ATPから発表されました。
これを読んだ圭は、あの悪夢がフラッシュバックするんじゃないかと心配です。

やっぱりどうしてもGSでの活躍は記憶に残りやすい…
圭の名前が2回出てくる。圭はそれだけビッグネームということだけど…複雑。

とうとう世界ランク20位。技術も戦略もなかなか上手な選手なのは認めるけど。

http://www.atpworldtour.com/en/news/awards-comeback-player-of-the-year
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2015.11/12 05:45分 
  • [編集]

NoTitle 

数年前の試合を見ると、圭自身が「何も考えてなかった」と言ってる通り全力で打ってる。だけど怪我も多く、途中棄権や大会欠場も多い。だから10位以内になかなか入れなかった。今は考えてプレーしているからか、ハードヒットは以前より減った。でもプレースメントが素晴らしいし、(元々高い)予測力も更に磨かれ、相手が返しにくいショットも増えた。

トップ10選手(しかも5位スタート)として迎える初めてのシーズンで、限界に挑戦したかと思える厳しいスケジュールだった。それでも昨年よりマスターズのスキップは減り、順位も大きく落とすことなく、ファイナルズも2年連続出場を果たした。

今年の出場大会数は全米までは多かった(勝率も8割超だったが、全米後に勝率が下がり今年の勝率は7割台に…)。もっとGSや1000にピークを持っていくスケジューリングのほうがいいと思ってしまうが・・・プロ集団であるチーム圭がどういうプランで更に上のステージを目指すのか…遠くから見守るしかない。

ジョコビッチのように出場する度に決勝進出すれば大会数を絞っても試合数は増える。ピックさんには何度も自論を述べてるけど、来年は250エントリーは最小限にしてほしい。圭レベルならWC使えばいつでも参戦可能。ポイント必要になれば、今年のナダルみたいに突然出場でいい。

全選手から研究されて戦いにくい年だったと思う。トップ選手である限りこれから先もずっとそれが続く。ジョコビッチの言葉を思い出す。

「トップ選手の戦い方は次元が全く違う。圭はまだ、そこに足を踏み入れたばかりだ」

胸を張っていいだろう。昨年活躍したチリッチやラオニッチはトップ10から姿を消し、最近キャリアハイ更新でトップ10に入ったケビンアンダーソンもすぐ落ちた。それだけ過酷な世界。異常な体格差の中よく戦ったと思う。でも圭は、よくやったと言われるだけの選手を目指してはいないだろう。いつも公言している世界一を是非目指してほしい。

さて、ツアーファイナルズ。まだドローが出ていないけど、ラウンドロビンでジョコ・フェデラー・ナダルと同組になるかもしれない。でも、むしろウェルカム。挑戦者の気持ちを思い出し、昨年みたいにアグレッシブにプレーできるかもしれない。誰が同組に入っても強敵なのは間違いないし、いっそ全員BIG4なら思い切りプレーできそうだ。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2015.11/10 14:44分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/1152-1ae18ad4

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。