新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

天皇の料理番





テニス狂いしている管理人だけど、このドラマはしっかり見てる。
とにかくね、ホントにホントにいいよ。
脚本も俳優も、音楽も、時代も、すべてすべて
佐藤健のドラマは以前、「とんび」でもホントにいい、と連発したけど、
彼のドラマチョイスは素晴らしいと思う。
彼自身がいいというより(失礼)、とにかく内容と出演者たちが、
ずば抜けていいのだ。
心に沁みるというか。。。

主人公は、タイトル通り、最後には天皇の料理番になる秋山篤蔵。
幾多の困難を乗り越えて、日本で一番の料理人になるサクセスストーリーなんだけど、
その彼を取り巻く周りの人々がとてもいい。
先週は、彼の足手まといになってはいけないと、わざと愛想尽かしをする妻を、
黒木華さんが見事な演技で魅せてくれた。

そして今週。。。

20150414001036.jpg


篤蔵の兄、周太郎。
秀才の呼び声高く、東京の大学で法学の道を邁進していたのが、
病に倒れ故郷に戻ってくる。
篤蔵の唯一の理解者である彼が、ほぼ治らない病気に罹ったわが身を嘆きながらも
篤蔵へ愛に溢れた手紙を出す。
その手紙がねぇ。。。

俺はこの不条理を幾千幾万という人が要る中で、自分が病にかかってしまった事への不条理を、未だに飲み込めていない。
取り立てて悪い事をした訳でもない。極普通に生きてきた自分が、なぜ、病に襲われねば、ならなかったのか。
運命を呪っている。
俺は存外に生臭い男だ。このままでは、世を呪い続けて、あの世に行く事になろう。けれど、それは余りにも不幸で情けない。
だから、お前の夢を一緒に追いかけさせて欲しいと思った。
篤蔵、この世に生まれ、職もなさず、家もなさず、何事もなし得ることなく、終わっていくであろう俺に、誇りを与えて欲しい。
俺の弟は、帝国一のシェフになったと。それは、俺のおかげでもあると、胸を張らせて欲しい。
その金は、俺の生々しい欲望だ。かろうじて、まだ、生きているその証だ。
篤蔵、パリへ行け。俺の命を抱いて、飛んでくれ。


なぜ自分だけがこんなことになる。。。
この不条理が受け入れられない、という兄の素直な告白は、胸に沁みた。
そしてスマートで知的だった彼が、命と向き合ったギリギリの状況の中で、
自分の絶望と欲望を赤裸々にした「存外に生臭い」という言葉も、
脚本家の見事な表現力だと思う。
そして最後は

俺の命を抱いて、飛んでくれ!!!

この言葉に、涙が決壊、、、
鈴木亮平氏の痩せ細った姿、役者としての凄まじい執念を感じる。

篤蔵の師匠である宇佐美(小林薫)とのシーンも良かった。
パリに留学が決まった篤蔵に、包丁を渡しに来た宇佐美。

そいつ(牛刀)にパリを見せてやってくれ!

というこのシーンもホントに良かった。
小林氏のセリフの間がねぇ。。。ホントに見事なんだわ

そして最後は、親友の言葉で締めくくられる。

あいつは、いつまでたっても……羨ましすぎます。。。

ただただ一生懸命努力すれば成し遂げられる世界ではないということ、
努力と才能と、そして多くの人々の思いやりや志に恵まれているということ、
そんな環境に嫉妬したくなるほどなのに、それでも愛してやまない人間性であること、
山上(柄本裕)のこの言葉は、秋山篤蔵という人物を見事にフィーチャーした言葉だと思う。

来週からいよいよパリ編。
ホントに楽しみなドラマだ。

  • [No Tag]

*Comment

かめさんへ 

> こういうあほばっかり出て来るドラマ、間違いなく好みです(^^;;
> 周太郎が法廷でパンツ被って活躍する姿まで妄想したわ。それにしても鈴木亮平ってあんなにムキムキだったんですねえ。

アハハ~
絶対好みだと思ってました。私も大好きですが、、、
天皇の料理番のお兄ちゃんと対極の役柄ですよね(笑)

> そして安田顕、さすがだ(笑)
> 「小川町セレナーデ」という映画で知ったんですが、「下町ロケット」にも出てましたね。何でパンツ裏返してるんだろうと思ったら、そういうことだったか(^^;;

あの信念に思わず感動する自分がいました(;'∀')
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2016.01/27 01:24分 
  • [編集]

NoTitle 

夕べ早速見ましたよ、「へ〇〇い仮面」! 英語字幕ではpanty manって書いてあった(笑)

こういうあほばっかり出て来るドラマ、間違いなく好みです(^^;;
周太郎が法廷でパンツ被って活躍する姿まで妄想したわ。それにしても鈴木亮平ってあんなにムキムキだったんですねえ。

そして安田顕、さすがだ(笑)
「小川町セレナーデ」という映画で知ったんですが、「下町ロケット」にも出てましたね。何でパンツ裏返してるんだろうと思ったら、そういうことだったか(^^;;
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2016.01/23 12:17分 
  • [編集]

かめさんへ 

> まっすうさんに薦められて、これ見ました。
> この回が一番印象的だったかも。鈴木亮平さん、素晴らしかったですね。〇ん〇い仮面も見なくちゃ(笑)

いやーこれ、ホントに良かったですよ。
今でもこの画像とこのセリフ、読むだけで泣けてきます。

でも○ん○い仮面、絶対かめさんに見ていただきたい。
100%かめさんの好みだと思うな。
特に安田さんとの対決場面、大好き、安田さん(^^♪(笑)

> 牛刀のシーンも泣けたなあ。
> 飛行機乗る前に没収されちゃうよなあ・・・と思いながらも泣きました(笑)

アハハ~(爆笑)確かに没収だよなぁ~
息子のミニ四駆のシンナーですら没収されたんだもん(笑)

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2016.01/22 01:57分 
  • [編集]

NoTitle 

まっすうさんに薦められて、これ見ました。
この回が一番印象的だったかも。鈴木亮平さん、素晴らしかったですね。〇ん〇い仮面も見なくちゃ(笑)

牛刀のシーンも泣けたなあ。
飛行機乗る前に没収されちゃうよなあ・・・と思いながらも泣きました(笑)
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2016.01/21 23:36分 
  • [編集]

まっすうさんへ 

> 毎回、涙、涙。
> 周太郎さんの手紙のシーン、そして昨日の篤蔵との再会、パシャッと戸を閉めるシーンとか、もう、幾度となく、泣かされてます~

すごく短いシーンだったのに、あの感情移入はすごいと思いませんでしたか?
襖を閉めたとたんの涙とか。。。
あれがあの「へ○た○仮面」をした同じ俳優さんとは思えない、お見事ですv-424

> もちろん、他のみなさんも、み~んな良いのですけれど。
> 宇佐美さん、セリフひとつひとつに重みがありますね。

小林薫はいいですねぇ~ちらっと映るだけでも画面が引き締まる。

> >佐藤健のドラマは以前、「とんび」でもホントにいい、と連発したけど、
> 彼のドラマチョイスは素晴らしいと思う。
> 彼自身がいいというより(失礼)、とにかく内容と出演者たちが、
> ずば抜けていいのだ。
> 心に沁みるというか。。。

> 全く、その通りなので、笑える~v-407

不思議ですよねぇ~彼のドラマチョイスはホントにいい。
感性が優れてるのでしょうか、、、


> 篤蔵は天性の才能だけでなく、周囲の人にも恵まれていて、もちろんそれは彼が人の何倍も努力してきたからなんだろうけど、それでも、やっぱり羨ましい、って気持ち、すごく納得できました。
> 柄本佑(たすく)さんもいいですよね~v-218

柄本さん、良かったですねぇ~
篤造を追い出すきっかけを作ってしまった自分を責めつつも、
やっぱりそんな篤造の才能が羨ましくてたまらない、
そういう人物をとてもうまく演じていると思います。

もう天皇の料理番になりそうですね。楽しみ~(^^♪
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2015.06/20 15:02分 
  • [編集]

見てます~。 

今期、可能な限りリアル視聴している、唯一のドラマですe-420

毎回、涙、涙。
周太郎さんの手紙のシーン、そして昨日の篤蔵との再会、パシャッと戸を閉めるシーンとか、もう、幾度となく、泣かされてます~

もちろん、他のみなさんも、み~んな良いのですけれど。
宇佐美さん、セリフひとつひとつに重みがありますね。



>佐藤健のドラマは以前、「とんび」でもホントにいい、と連発したけど、
彼のドラマチョイスは素晴らしいと思う。
彼自身がいいというより(失礼)、とにかく内容と出演者たちが、
ずば抜けていいのだ。
心に沁みるというか。。。

全く、その通りなので、笑える~v-407


>あいつは、いつまでたっても……羨ましすぎます。。。

篤蔵は天性の才能だけでなく、周囲の人にも恵まれていて、もちろんそれは彼が人の何倍も努力してきたからなんだろうけど、それでも、やっぱり羨ましい、って気持ち、すごく納得できました。
柄本佑(たすく)さんもいいですよね~v-218

前半はじっくり、そして後半は畳み掛けるような展開ですね~
  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2015.06/15 12:58分 
  • [編集]

minoさんへ 

> 秋山家の両親、兄弟、東京での宇佐美シェフ、兄の恩師の教授はじめ洋食屋さんの人々、そしてそして妻。
> 皆それぞれ素晴らしいのですが、今回は兄と宇佐美が良かった!
> 兄はこの役のため、20kg近く瘠せたそうですが、そのかいありましたね。

ホントにそうですよね。役者魂というか根性というか、すばらしいです。

> それにしても、明治の人達ってなんて立派だったんでしょう!!今、もう無くなってしまって。いるさまざまのことと比べて、考えさせられます。

行動に一本筋が通っていますよね、だからみんな魅力的に見えます。
時代自体がそういう時代だったのでしょう。
色々今の時代より不便ですが、それでも今の時代より豊かに感じられるのが不思議です。

> 期待にそって、最後まで失速せず、いいドラマだといいですね~

もう天皇の料理人になりそうですね、テンポがよくてびっくりしています。

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2015.06/10 23:15分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.06/05 01:00分 
  • [編集]

本当に心温まります 

ピッく様

このドラマの感想、まったくピックさんに同感です。

どの人もそれぞれ、何とも暖かい!

秋山家の両親、兄弟、東京での宇佐美シェフ、兄の恩師の教授はじめ洋食屋さんの人々、そしてそして妻。

皆それぞれ素晴らしいのですが、今回は兄と宇佐美が良かった!
兄はこの役のため、20kg近く瘠せたそうですが、そのかいありましたね。

それにしても、明治の人達ってなんて立派だったんでしょう!!今、もう無くなってしまって。いるさまざまのことと比べて、考えさせられます。

期待にそって、最後まで失速せず、いいドラマだといいですね~




  • posted by mino 
  • URL 
  • 2015.06/05 00:38分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/1137-aae57a24

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。