新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

鰻ぞうすいとOYAKATA




写真は、京都の七条「わらじや 」の鰻なべ。
筒切りにして中骨を抜いた白焼きの鰻と、庄内麩、九条ネギ、春雨を、
だし、醤油、酒で調味しただけの、とてもさっぱりしたお鍋です。
連休中日の2日、珍しく京都に宿泊して、わらじやでいただきました。

さて、、、
いよいよ始まったOYAKATA………
つまり「親の家を片付ける 」の略語です。
連休前半の3日間、主人と私と義妹の3人で、
主人実家の片付けに着手しました。

ちょうど半年前に実家を整理したという友人から、
個人情報がわかる書類、写真の抜き出しをすること、と言われていたので、
まずは書類の整理を始めたんだけれど、
これが意外にも、ものすごく大変だった。

というのは、義父は、家の中をとても整理整頓してきれいに暮らしていた人がなので、
遺品もそれなりに整理しているだろうと私たちはタカをくくっていた(苦笑)
ところが、出てくる出てくる書類の山、山、山、、、
いわゆる見事なほどのファイリング能力で、ありとあらゆるものが、
美しくファイルされて残っていた。
私達の結婚式の、結納から披露宴に至る費用だけならまだしも、
引き出物を選んだ時のパンフレット、当然その領収書、
前日から宿泊してもらった仲人の、利用した冷蔵庫の明細までファイリングしてたのには、
思わず笑ってしまった。

まあ、これがありとあらゆるイベントごとにファイリングしてあるわけで、
義父の軍隊時代の引き揚げ船乗船名簿まで出てきて、
いやはや、やはりOYAKATAって覚悟してかからねばならないことなのだと、
手厳しい洗礼を受けてしまった。

当然、書類以外の遺品、陶器、衣類、本、壷や掛け軸なども、
気が遠くなるほどある。
掛け軸なんて表装が比較的キレイなものを選別して、
その中から好みのものを選ぶ作業になるんだけど、
冷静にかんがえたら、こんな掛軸、洋風のマンションには合わないんだよね、
そう思うとこういう作業自体がなんだか虚しくも思えて、
作業しながら落ち込みそうにもなったんだけど、
取りあえず何でも残す「数」を決めて、割り切ることにした。
掛軸は3つまで、とかそういう風に…

まあそんな3日間で、3分の一くらい整理できたかなぁ〜、、、
次は夏にすることにしたよ。
しかし、思ってた以上に、遺品って
ボリュームもその存在感もすごいと痛感しました。
まあ、人が一生かけて遺したものだから、
当たり前っていえば、そうなのかもしれないけどね(^_^;)

  • [No Tag]

*Comment

まっすうさんへ 

まっすうさんもOYAKATAの経験者なんですね。

> ところで、私自身も今、家の中、モーレツに片付け中ですv-218
> 姑がくれた(銀行などの?)粗品の食器の数々(一度も使ってない)等々、20年以上経って、ようやく処分できました!(今までは姑に気兼ねしていた)
> 親を見ててしみじみ「子どもに迷惑はかけられないな」って思うので。
> 元気なうちに断捨離しよ~っと。

私もまったく同感です。
それも体力のあるうちにやらないと、結局ため込んでしまいますもんね。
お互い。がんばりましょ。

> 義父母は、私が捨てた物でさえ「もったいない」と拾ってしまう人たちなので、先が思いやられるわ~v-393

私の母も同じタイプです。
実家をどう片づけていけばいいか、ほんと、先が思いやられます(泣)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.06/02 02:24分 
  • [編集]

お疲れ様です。 

私も12年前に実家を片付けました。

案の定、兄2人はさっくりと見渡して終わり、私たち3姉妹で殆ど処分しました。
実父もすごく細かい性格でしたので、帳面類がどっさり。
とにかく捨てて、捨てて、捨てまくりましたよ~。
懐かしんでる余裕もなく。
家を処分して売ることになり、買い手がついたので、期限までに撤収しなくてはいけなかったんです。

切羽詰まらないと動けない性格なので、それは逆にありがたかったです。

自分たちが子どもの頃の思いでの品(工作とか)など、さら~っと目は通しましたが、結局、そういうものも殆ど処分しました。
写真に撮ってから捨てるといい、と言われても、その写真すら整理する自信もないので。
懐かしむのは自分だけ、ってまさにその通りで、わずかに自宅に持って帰った物でさえ、主人に「なんでそんな物、もらってきたの?」と言われる始末。

ところで、私自身も今、家の中、モーレツに片付け中ですv-218
姑がくれた(銀行などの?)粗品の食器の数々(一度も使ってない)等々、20年以上経って、ようやく処分できました!(今までは姑に気兼ねしていた)
親を見ててしみじみ「子どもに迷惑はかけられないな」って思うので。
元気なうちに断捨離しよ~っと。

義父母は、私が捨てた物でさえ「もったいない」と拾ってしまう人たちなので、先が思いやられるわ~v-393
  • posted by まっすう 
  • URL 
  • 2014.05/13 15:00分 
  • [編集]

minoさんへ 

> ピック様
> お疲れ様です。時々覗きに伺い、更新のないのを拝見し、きっとお義父様の後かたずけと、お母様の介護で忙殺されていらっしゃると想像しておりましたが、やはりそうだったのですね。

いつもご心配いただき、ありがとうございます。

> 私も妹と二人で共に10日間、早朝より夜更けまで、座ったのは食事の時のみでくたくたになるまで一心ふらんに働きました(早く終わらせたい一心で・・)。本当にそれでもなかなか終わらず、茫然としたものです。
> 妹も私も、よほど気に入って、自分の家で使おうと思わない品以外は処分しました。幸い、周りに貰ってくださる方がおり、助かったのですが・・・でも、やはり日記、手紙、書類系は処分に困りますよね・・・・

同じです。私も義妹も次から次から出てくる遺品にため息をつきながら、もくもくと働きました(苦笑)
書類系はよほど思い入れがあるもの以外は、次世代(子供たち)が必要とするかしないかを判断基準にして、
まあほとんどは捨てましたよ(^_^;)

> また、いつかお目にかかり、お話させて頂くのを楽しみにしております♪
> くれぐれもお疲れがでませんよう~~

ホント、今これがかなりホットな話題なので、またお話したいですねぇ~
「親の家を片づける」の本を図書館で借りようと予約したんですが、
十人以上待っていて、まさに旬なんだなと実感しています(苦笑)
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.05/10 23:20分 
  • [編集]

かよこさんへ 

> >軍隊時代の引き揚げ船乗船名簿 
> これは 凄い代物だと思います!! 私、見てみたいわ。

すごいよ、ほとんど漢字とカタカナの文面に茶色の紙、、、
そっと触らないとバラバラってやぶれてしまいそうです。
よく取ってたよねぇ(@_@。

> ガサツな私もわりと、領収書などは残すタイプ。
> とくにカードの支払いは、間違いのないように利用明細を
> すべてノートに貼ってあり、この前 見たら 20年分ありました
> 。 この頃はこんな物を買ってたんだ、あの家具はあの時に
> 購入したんだって、何とも言えない感傷にひたってたよ。

すごい(@_@。
私は子供たちが結婚する前くらいに、家の模様替えしたでしょ?
机の前の壁にナムジンが貼ってあったあの時(笑)
その時に結婚時につけていた家計簿とか主人の給料明細とか出てきて、
全部捨てました。
確かにあ~あのお店よく行ってたなぁ~とか思いだしたよ。

> でも こんな感傷に浸れるのも私自身だけなんでしょうね。
> 私もお片付け しなくては。

確かにね(苦笑)
私も我が家、なんとかしなきゃ、なんだけどね(^_^;)

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.05/10 23:14分 
  • [編集]

ドナルドさんへ 

> 遺品の整理・・・・
> うーん
> まったく同じです
> 父もありとあらゆる領収書、綺麗にファイリングしてありました
> 子供たちの結婚式の明細、席次表、席に置いてある名札まで

おお、ドナルドさんのお父様もそうだったんですね。
この世代の人はものを大切にしますからね。

> ただ、叔母は母の妹なので箪笥の中や引き出しの中は
> 私じゃやれないよというので、すべては私が一人でやっています
> まだまだ終わっていません
> 兄や弟は、男の人だからでしょうね
> 何の関心もないようで、私が熱を出すほど頑張っていても
> 無理せんでもええで・・・なんて暢気なこと言ってます

うちもだいぶ義妹に助けてもらっています。
結局お義父さんの衣類とか、やっぱり実の娘に整理してもらった方が
なんとなく気がねがなくて…

> ただ、孫たちが出した手紙や私の表彰状、保育園の連絡帳などが出てきたり
> 過去へタイムスリップするようです
> 父や母の子供たちへの愛情が詰まっているようで
> 涙し、捨てられないでいます

わかりますよぉ~
まだこの時代、思い切りアナログなので、写真が一杯ありますよねぇ~
義父も山のように孫たち関連の写真や手紙をとっています。
これがまた捨てられないんだよなぁ~
主人はスキャンしてCD化するって言ってるけど、
あの膨大な量、はたして実現するでしょうか(笑)

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.05/10 23:05分 
  • [編集]

NoTitle 

ピック様
お疲れ様です。時々覗きに伺い、更新のないのを拝見し、きっとお義父様の後かたずけと、お母様の介護で忙殺されていらっしゃると想像しておりましたが、やはりそうだったのですね。

後かたずけ、目下、私の年代の仲間の最もホットな話題で、皆様ぞれぞれ御苦労なさっていらっしゃるんですよね~。

私も妹と二人で共に10日間、早朝より夜更けまで、座ったのは食事の時のみでくたくたになるまで一心ふらんに働きました(早く終わらせたい一心で・・)。本当にそれでもなかなか終わらず、茫然としたものです。

妹も私も、よほど気に入って、自分の家で使おうと思わない品以外は処分しました。幸い、周りに貰ってくださる方がおり、助かったのですが・・・でも、やはり日記、手紙、書類系は処分に困りますよね・・・・

また、いつかお目にかかり、お話させて頂くのを楽しみにしております♪
くれぐれもお疲れがでませんよう~~
  • posted by mino 
  • URL 
  • 2014.05/06 22:24分 
  • [編集]

お疲れ様です。 

元 銀行マンのお義父様、領収書などキチンと整理されてたんですね。

>軍隊時代の引き揚げ船乗船名簿 
これは 凄い代物だと思います!! 私、見てみたいわ。

ガサツな私もわりと、領収書などは残すタイプ。
とくにカードの支払いは、間違いのないように利用明細を
すべてノートに貼ってあり、この前 見たら 20年分ありました
。 この頃はこんな物を買ってたんだ、あの家具はあの時に
購入したんだって、何とも言えない感傷にひたってたよ。

でも こんな感傷に浸れるのも私自身だけなんでしょうね。
私もお片付け しなくては。
 
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2014.05/03 15:42分 
  • [編集]

ほんとうに 

遺品の整理・・・・
うーん
まったく同じです
父もありとあらゆる領収書、綺麗にファイリングしてありました
子供たちの結婚式の明細、席次表、席に置いてある名札まで

実は帰省するたびに、片付けようとすると叱られたので
入院中から少しずつ叔母と一緒に始めました

ただ、叔母は母の妹なので箪笥の中や引き出しの中は
私じゃやれないよというので、すべては私が一人でやっています
まだまだ終わっていません
兄や弟は、男の人だからでしょうね
何の関心もないようで、私が熱を出すほど頑張っていても
無理せんでもええで・・・なんて暢気なこと言ってます

ただ、孫たちが出した手紙や私の表彰状、保育園の連絡帳などが出てきたり
過去へタイムスリップするようです
父や母の子供たちへの愛情が詰まっているようで
涙し、捨てられないでいます

  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2014.05/03 10:23分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/1072-25eb87e6

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。