新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

終活のススメ


義父が亡くなってから一ヶ月が過ぎ、主人は毎日山のような書類の整理に追われている。
人一人、この世に生きた痕跡は、簡単には消し去れない。
それを痛感する毎日だけれど、作業を進める中でいくつか気がついたことがあり、
自分たちのときに役に立てたいと覚書がわりにここに記しておくことにする。

まず自分の死後、その整理をしてくれる人(ここでは子供)と、
同じ地域に住むってことが理想だけれど、
それがかなわない場合、せめて本籍は一緒にしておく。
亡くなった親の本籍と子供の住んでる地域が違うと、
まず戸籍謄本の取り寄せから作業が始まるんだけど、
これがかなり面倒くさい。
人が亡くなると改正原戸籍ってものが必要で、
その人の生まれてから亡くなるまでを公的に証明しなければならない。
戸籍を何度も移している人(結婚や転宅してる場合)などは、
さかのぼってたどらなければならないから、
書類上不備があった場合、何度も役所に問い合わせたり、
場合によっては行かなければならない。
だから本籍が遠方の場合は、書類上の不備があると、
何度も郵送代やら小為替代、返信用切手代などが必要になり、
超超超めんどうくさいのだ!!!

次に、ある程度の年齢(つまり死期が近づいたら)になったら、
資産(銀行などの)は、一つにまとめておく。
これは、故人の通帳がいくつにも渡っていて、
ライフラインやらNHKやら、そういった引き落としが
あちこちの口座から落ちている場合、
子供はその把握にとても時間がかかる。
願わくば、年金などの入金と出金が一つの口座でおさまっていることが理想的。
ペイオフなどの関係で一つの口座にすることも難しいかもしれないけれど、
できるだけ口座が少ないほうが、子供たちは整理がしやすい。
また同時にそういう口座(資産状況)をエンディングノートにきちんとまとめて記しておくこと。
それだけでも整理する側にはとても助かるんだよね、
なんせ聞くことができないんだから…

年金関係、健康保険、介護保険、医療、生命保険などの証書のありか
と連絡先を記しておく。

法事に関してもまた、エンディングノートに書いておく。
葬儀、位牌の手配、49日、初盆、1周忌など、お坊さんにいくら払ったとか、
お墓への納骨はどのようにしたかとか(詳細に書いておくこと)

高価な宝石類、陶器、掛け軸などがあれば、その有無もまた記しておくといい。

付き合いのあった友人や近所の人なども記しておく。

そして…
なるべく体力があるうちから、少しずつ家の中の整理をする、、、
結果的には業者に入ってもらうような整理の仕方になるだろうけど、
自分の死後、誰に見られても構わないくらいの状態にするってことかな。

来週、49日の法要です。
簡易的に祭壇を作って今、義父を祀ってるだけど、
その簡易祭壇ですら、どうすればいいのかわからないんだよね。
遺されたものは、先達の詳細な知恵があればとってもありがたい。
そういう意味でも息子たちには、なるべく伝えられる限りの情報を遺してあげたいなと思う。

エンディングノート買わねば…(^_^;)


  • [No Tag]

*Comment

ドナルドさんへ 

> ただ、昭和ひとけた、苦労も多く
> 子供たちには厳しかったので
> ぶつかることが多く、
> 帰省も結構、精神的にきつかったです

親子って愛情が深い分、しんどいですよね。
でも正面切ってぶつかりあえる娘の存在は、お父さんには幸せだったのかもしれません。

> 私自身は、4年前の甲状腺の手術を機会に、エンディングノートを書いています
> このノートを書くことで、自分の人生を振り返ることができたこと、そして子供たちに伝えたいことを、まとめることができたことに満足しています

ドナルドさんも書いてるんですね。
私もそろそろ書きはじめようかなぁ~と思っています。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.04/07 23:08分 
  • [編集]

ピンさんへ 

>  人の一生をたどる作業って、今の時代のようにPCもなく、戦争を越えて、いろいろなシステムも構築されていない時代では、途方もなく大変な作業ですよね。半年はその作業でかかってしまいました。

本当に大変な作業ですよね。
ただ、その作業を真摯にすることによって、親の人生を知ることができるのかもしれないと思いました。

>  エンディングノート、買って数枚b書きましたが、ノートにもよりますが、私の買ったものは、必要な所の余白が少なかったり、保険や預金など、私自身の物だけではなく、主人の欄も一緒に書いたほうがわかりやすいなぁとおもったり。
> もう一度自分にできしたノートを探そうと思っているところです。

何回も書き直していいと思います。
私も今は母のエンディングノートを母の代わりに代筆してるんですが、
私も書き始めたいなと思っています。
いいエンディングノートあったら教えてください。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.04/07 23:04分 
  • [編集]

私の場合 

私の父は、昨年亡くなりました
父は、とてもユーモアがあり、私が変わりないか?と電話するたび
(おねーちゃん、おとうさんはもうあかん)
などと元気な三重弁で、答えていました
ただ、昨年はあかんという声が、娘には本当に気弱な声に変っていたので、機会があるたびに三重に里帰りしていました
ただ、昭和ひとけた、苦労も多く
子供たちには厳しかったので
ぶつかることが多く、
帰省も結構、精神的にきつかったです
でも突然救急車で運ばれたと思ったら、2か月の入院の末、旅立ちました
でも、帰省するたびに生前贈与や保険の名義換えを
していたので
亡くなった後も、スムーズに手続きは終わりました
私自身は、4年前の甲状腺の手術を機会に、エンディングノートを書いています
このノートを書くことで、自分の人生を振り返ることができたこと、そして子供たちに伝えたいことを、まとめることができたことに満足しています

  • posted by ドナルド 
  • URL 
  • 2014.03/16 19:12分 
  • [編集]

NoTitle 

私も両親を亡くした時、同じ思いを味わいました。
父は九州の田舎町で生まれましたが、そこの小さな役場に何度連絡したか。途中中国に渡ったり、東京に落ちつくまでの軌跡をたどるのに大変でした。何せ、家族に父以上に長く生きた証人がいないのですから。
 人の一生をたどる作業って、今の時代のようにPCもなく、戦争を越えて、いろいろなシステムも構築されていない時代では、途方もなく大変な作業ですよね。半年はその作業でかかってしまいました。
 エンディングノート、買って数枚b書きましたが、ノートにもよりますが、私の買ったものは、必要な所の余白が少なかったり、保険や預金など、私自身の物だけではなく、主人の欄も一緒に書いたほうがわかりやすいなぁとおもったり。
もう一度自分にできしたノートを探そうと思っているところです。
  • posted by ピン 
  • URL 
  • 2014.03/08 10:34分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/1070-7e22a2c0

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。