新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

孫たちに囲まれて…


2014年1月31日、義父が亡くなった。
年齢的には大往生なのだが、家族的にはあまりに早く逝ってしまった感があり、
未だに残念でならない。

義父はホーム入所後、肺炎の治療のために名古屋の病院にかかった。
検査をいくつかしなければならないということと、病院が少し遠いことで、
入所後たった3日で入院することになった。
それでも入院後はとても元気で、
私も福岡に行く途中、お見舞いに寄ったんだけど、
頬に赤みがさし、ご飯もおいしいと元気そうだった。

主人が義父を見舞い、主治医と話をして、
1週間後が退院と言われたのが27日の月曜日、
火曜日には、ホームにおじいちゃんのパソコンを設置しに行ってと
次男に頼むほどだった。
水曜29日、少し腸の具合が悪いので、そのための点滴を開始、
それでも30日の午後くらいまでは、大きな変化はなかった。
3時ごろ主治医から連絡があり、腸の状態が回復しなかったら手術もありうると連絡があり、
高齢なので、状態によっては人工呼吸器を付けるかどうか、家族で話し合ってくださいと言ってきた。
そして夕方6時ごろ「気い付けて帰りや」と義父が義妹に声をかけたいう。
 
それから5時間後、危篤の知らせを受けた。
すぐ義妹とその息子、そして次男がかけつけたけれど、すでに意識はなく気管挿管された状態だったという。
10時頃医師や看護士と楽しげに話していた、というから、
ほんの2時間足らずで亡くなったとのこと。
あまりのあっけなさに、現実が受け止められなかった。

葬儀やらその後の忙しさで忙殺される毎日だけれど、
この1週間は、喪失感と罪悪感でずっと落ち込んでいた。
孫や娘のいる名古屋に義父を連れてきたこと、
もちろん義父も納得したこととはいえ、
こんな早くに亡くなるなら、
住み慣れた大阪で最期を過ごさせてあげたかった、、、
義父のためと言いながら、
ちょうど福岡の弟の入院と重なったこともあり、
自分の都合を優先させたのではないか、、、
介護の都合ばかり考えて、90を超えた義父が
環境を変えるということがどれほど大変だったか、
そのことにあまりに無頓着だったのではないかと、、、

でも、それは結果論だよ、とママ友であるミニヨン狂が言ってくれた。
「誰もそんな結果を予想してない、その時、一番いいと思ってみんな行動するんだから」と。
確かに義父のことをそんな短いスパンで考えていたわけではなかった。
というより、囲炉裏で書いたように、私は名古屋での義父のこれからの生活を夢見ていた。
あのホームのロビーで、孫や子供たちに囲まれ、ひ孫を抱く義父を私は夢見ていたのだ。。。

昨日、義父の忘れ物をとりに病院に行ってきた義妹から電話があった。
義父の世話を何かとしてくれたという男性の看護士さんが、
「○○さん(義父の名字)、○○先生(主治医)がわたしの孫の先輩で、
テニスのチームが一緒で、試合とか出てましたんや、と嬉しそうに言ってましよ」と話してくれたという。
義父が名古屋に移る際、、長男と相談して、
長男の先輩に診ていただくことになった。
テニスでダブルスを組んだりして、仲が良い先輩だったので、
それを義父に話したら、看護士さんにそんな話をしたのだろう。
実際、その主治医の彼は、臨終に付き添い、病院からの見送りにも立ち合ってくれたのだという。

義妹の息子で、やはり義父の孫は、一緒にお風呂に入って背中を流してあげたという。
臨終には、その彼と次男が付き添い、そして長男の先輩が看取ってくれた。
長男の先輩だと喜んでいた医師に看取ってもらえたのだ。
それは、義父にとって満足のいく終焉だったのではないかな、と思う。

あまりに潔かった義父の最期に、
まだまだ未練一杯だけれど、
大往生だったと感謝して、義父の生前の整理をがんばってやっていこうと思っています。
義父の冥福を祈って、、、

合掌

  • [No Tag]

*Comment

ピンさんへ 

>  のこされた者は、ああすれば良かった、こうすれば良かったと、思うのは常です。
> でも、生前、みんなが、お義父さまにとって良かれと、いろいろと決めて行動されたことは、お義父さまが一番わかっていたでしょう。
> それに、お孫さんや曾孫さんたちのそばにこれて、きっと大阪にいるよりも満ち足りていたのではないでしょうか?

ありがとうございます。
そう言っていただけて、救われたようなきもちになります。

> どうあれ、ピックさんにとって、悔いや未練はあるでしょうが、そうやって、お義父さまのことを思い出してあげるのが、何よりの供養だと思います。たくさん思い出に浸ってあげてください。

最近、ピンさんがおっしゃってくださった意味がわかってきたような気がしています。
義父の話を主人とすればするほど、義父を近くにかんじることができるので、
ホントによく義父の話をします。
お供えも、お花やお水といった普通のものだけあって じゃなくて、
義父の好物をお供えしているので、人が見たら笑われるかもしれません😅

また落ち着いたら、お茶でもしましょうね。
話、きいてくださいね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.02/20 01:49分 
  • [編集]

Sさんへ 

温かいコメントに涙が出ました。
ありがとうございます。

私も時々、夫の電話の声とか、義父に似てるな〜とかんじることがあるんですよ。

亡くなって近くにかんじるってことは、実の父の時にそうかんじました。
肩にいつものっててくれるんだと聞いたことがあります。
まあ、あんまりいつも見られてると恥ずかしいですけどね(笑)

本当に勇気付けていただけて、感謝しています。ありがとうございました。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.02/20 01:44分 
  • [編集]

かよこさんへ 

> 名古屋に行かれたのはお義父様にとって 最期で最高の御判断であったのでは…?! お孫さんに囲まれてお亡くなりに二時間前までしっかりとなさっていたとの事。

時間が経つに連れて、そう思えるようになってきました。
名古屋に連れてきる前後、今かんがえると、ホントに孫たちと一杯触れ合えたんです。
それって義父にとってはホントに嬉しい幸せな時間だったと思います。

> 私も主人の父母を見送った時 もっと何か出来たのでは?って思ったけど、時が経つにつれて満ち足りた気持ちになりました。 義母が亡くなってから少しして、義母の夢を見ました。 電車に乗る義母が穏やかに微笑み「ありがとうね」って手を振って去って行く夢…。 所詮 夢なんだけど…。

かよこさん、頑張ってたもんね。
きっとお義母さんにそれが通じたんだろうね。
私はまだ夢に義父は出てきてくれません。
でも、一日一日、心が落ち着いてくるのが、ありがたいですね。
義父から見守ってもらえてるような気がしています。

> きっとお義父様も今頃 あちらでお義母様と再会してニッコリしてると思います。
> また 色々と語ろうね

また話したいね。
ぎっくり腰、治して49日すんだら、v-275付き合ってね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.02/20 01:37分 
  • [編集]

minoさんへ 

たくさんの励ましのコメント、ありがとうございました。
時間がたつにつれて、minoさんがおっしゃってくださってる意味が
実感としてかんじているこの頃です。
命って時間じゃないんだなと…

とても大切なことをお話しくださり、感謝しています。
そして、こんなに 潔く亡くなった義父に、
変な言い方ですが、感謝しなければいけないんだなと思っています

> ピックさん、これから山のようなご用があります。どうぞお疲れでませんよう・・・

ホントに山のような書類の山です。
親が二人とも亡くなるとホントに大変ですね。
まして別居だったので、まだしばらく雑務に追われそうです。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.02/20 01:28分 
  • [編集]

ひまひまさんへ 

> 先日ホームに入るという話を聞いていただけに、
> 「えっ・・・」とひまひまも唖然としました。

ホントだよ、ホーム入所って話だけでもビッグイベントだったからね。
ホントに激動の1月でした(@_@。

> でも、ピックさんかめさんもおっしゃっていますが、
> こればかりは、運命なのでお義父さんも納得していらっしゃると思います。
> 今はまだ気が張っていると思われますので、
> この先は、ゆったりとお過ごしくださいね。

ありがとうございます。
またゆっくり話しようね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.02/13 18:57分 
  • [編集]

かめさんへ 

> 改めてご冥福をお祈りいたします。

「ひとこと」へもコメントありがとうございました。

> こればかりは100%の解なんて無い世界の話です。
> 幾つかある80%の解の1つを選んだのですから、決してご自分を責めないでください。

あたたかいコメントに涙がぽろぽろ出ました。
主人も似たようなことを言っていました。

義父が遺してくれた宿題だと思うようにしています。
100%の解にできるだけ近づけるように、
義父を見送ったことで、より自分たちの『終活』に役立てることができたらいいなと思っています。

  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.02/13 18:46分 
  • [編集]

みずかさんへ 

みずかさん、ひとことにもコメントありがとうございました。

> きっとお義父様はいろいろな事情を理解してくださっていたと思います。
> 様々なエピソードから、男気があって懐の深い方だと伝わってきますので。

エピソード、覚えていてくれたのね、ありがとう。
義父の遺品から手帳が見つかって、そこに
「ホーム検討、東京?名古屋?」って書かれていました。
12月の入院中に考えていたようです。

> ここのところ特に寒さが厳しいですのでお体ご自愛くださいませ。
> そして、ゆっくり元気になってください。
> お義父様のご冥福をお祈りいたします。

ありがとうございます。
またゆっくり話しようね。
  • posted by ピック 
  • URL 
  • 2014.02/13 18:33分 
  • [編集]

NoTitle 

あまりにも突然の報告に、最初どれほど驚いたことか。大変でしたね。ご愁傷様でした。
 のこされた者は、ああすれば良かった、こうすれば良かったと、思うのは常です。
でも、生前、みんなが、お義父さまにとって良かれと、いろいろと決めて行動されたことは、お義父さまが一番わかっていたでしょう。
それに、お孫さんや曾孫さんたちのそばにこれて、きっと大阪にいるよりも満ち足りていたのではないでしょうか?
どうあれ、ピックさんにとって、悔いや未練はあるでしょうが、そうやって、お義父さまのことを思い出してあげるのが、何よりの供養だと思います。たくさん思い出に浸ってあげてください。
  • posted by ピン 
  • URL 
  • 2014.02/12 08:33分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.02/10 13:36分 
  • [編集]

 

ピックさん、お疲れ様でした。

突然に逝かれたので ご家族の皆様は ああすればよかった等 色々と考えてしまうと思います。
名古屋に行かれたのはお義父様にとって 最期で最高の御判断であったのでは…?! お孫さんに囲まれてお亡くなりに二時間前までしっかりとなさっていたとの事。
私の母は認知症なので無理だけど、父にはお義父様のように 最期を迎えてもらいたいです。

私も主人の父母を見送った時 もっと何か出来たのでは?って思ったけど、時が経つにつれて満ち足りた気持ちになりました。 義母が亡くなってから少しして、義母の夢を見ました。 電車に乗る義母が穏やかに微笑み「ありがとうね」って手を振って去って行く夢…。 所詮 夢なんだけど…。
きっとお義父様も今頃 あちらでお義母様と再会してニッコリしてると思います。
また 色々と語ろうね
合掌
  • posted by かよこ 
  • URL 
  • 2014.02/10 10:31分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.02/09 23:10分 
  • [編集]

NoTitle 

きっとお義父様はいろいろな事情を理解してくださっていたと思います。
様々なエピソードから、男気があって懐の深い方だと伝わってきますので。

ここのところ特に寒さが厳しいですのでお体ご自愛くださいませ。
そして、ゆっくり元気になってください。

お義父様のご冥福をお祈りいたします。
  • posted by みずか 
  • URL 
  • 2014.02/09 23:01分 
  • [編集]

NoTitle 

ピック様

お義父様のご訃報を伺い、心よりご冥福をお祈りいたします。

急のことで、さぞびっくりなされたことでしょう。

愛するお孫さまに看取られ、きっとお幸せだったとおもいます。

ピックさん、これから山のようなご用があります。どうぞお疲れでませんよう・・・
  • posted by mino 
  • URL 
  • 2014.02/09 21:59分 
  • [編集]

NoTitle 

本当に突然のことで、さぞピックさんも驚かれた
ことでしょう。

心よりご冥福をお祈りいたします。

先日ホームに入るという話を聞いていただけに、
「えっ・・・」とひまひまも唖然としました。

でも、ピックさんかめさんもおっしゃっていますが、
こればかりは、運命なのでお義父さんも納得していらっしゃると思います。

今はまだ気が張っていると思われますので、
この先は、ゆったりとお過ごしくださいね。
  • posted by ひまひま 
  • URL 
  • 2014.02/09 20:45分 
  • [編集]

NoTitle 

改めてご冥福をお祈りいたします。

こればかりは100%の解なんて無い世界の話です。
幾つかある80%の解の1つを選んだのですから、決してご自分を責めないでください。
  • posted by かめ 
  • URL 
  • 2014.02/09 00:51分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://irorihe5.blog101.fc2.com/tb.php/1066-dd42c28f

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。