新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Archive [2010年04月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

宮 3

2006年10月の記事です。いや~展開早っ!!もう結婚しちゃったよ!!ものすごいパレードがあったり、大画面のスクリーンが設置されたり、ワールドカップ以来の興奮、とかマスコミが報じたり、、、これ、ホントに韓国に皇室がないのに、よくこんなに上手に作ってるなって感心。だって日本の「平成のプリンセス」とか言って大騒ぎになったときにとっても似てるんだもん。ただ日本の皇室と違って、ちゃんと韓服着て生活してる皇后や皇...

今、年寄りが熱い♪

毎日のように母と電話で話してるんだけど、今日はまた強烈なことを言ってきた。原口総務大臣にメールしてくれんね?は?原口総務大臣?いくらインターネットで簡単に世の中繋がってるからって、そんなに総務大臣に気安くはメールできないし。。。(^_^;)で、何をそんなに総務大臣に伝えたいのかと聞いたら『普天間基地移設問題』だという。母は国会中継を見るのが何より楽しみという変わった年寄りで、だから政治のことはとにかくよ...

宮 2

2006年10月の記事です。うぎゃぁ~\(^o^)/これ面白いよもっと少女マンガチックで悪く言えば子供っぽいのかと思ってたんだけど、なんのなんの、ストーリーがとっても面白い♪というのもね、いきなり民間人が皇太子妃に選定されて、一気に有名人になって、マスコミは家の前に押しかけるわ、学校では友人達に総スカンされるわ、宮中で皇后たちに会って、「超ヤバイ」なんて言葉使っちゃうわ、って実際そうでしょ?普通、そんなことに...

キム・ナムギル来日♪

実は先週の土曜にキム・ナムギルが来日した。彼を招聘しての『日韓友情フェスタ』というイベントに参加するためだ。友達が教えてくれて、ギリギリまで申し込もうか迷ったんだけど、先約もあり結局断念した。でも友達は参加して、暗闇の中、私のためにナムギルのインタビューをメモしてくれたので、そのメールの一部を紹介しようと思う(一部4/20修正)Mさん、ホントにありがとうございます♪『1800人収容のホールが満席でした...

天使の誘惑 1~6

さて~始まりましたねぇ~(笑)作家のキム・スンオクさん、やっぱりこの手のジャンルでは天才的(爆)前作「妻の誘惑」と似たような、というか、復讐する妻が夫になっただけじゃん!!って思うんだけど、それなのに、ものすごく面白い。この面白さの理由、、、この作家の描く悪役が半端なくひどい奴だからなのか、、、そしてその手口がものすごく大胆で、それに対抗する側の主人公がとる手段もまたすこぶる大胆、そのあたりがこの...

チャングムの誓い 5

2005年11月の記事です。待ってましたっ亀仙人!!私の大大大好きなキャラ登場です(*初見の方、若干ネタバレあるかも、です。)チェゴサングン(最高尚宮)様は辛いか楽かお選びになれるのですか?わたしは辛いのは嫌なのに、いつも辛いことばかりなんです。チャングムのこの言葉に大爆笑のチェゴサングン!この高らかな笑い声がなんとも耳に心地よい。またしばらくこの方に毎週会えると思うとワクワクします(*^^)vそして何と、、...

宮 1

2006年10月の記事です。ハマらないとババァだと恐れながら見た至上最高のラブコメ♪チュ・ジフン君との出会いのドラマでしたこれさ、ハマらないとババァなんだって!!だから意地でもハマろうと必死で見てしまったよ(笑)で、1話見た感想は、なんか不思議な感覚、、、韓国は王室がないでしょ?で、この21世紀にもしあったらという仮想ドラマなんだけど、これ見てるうちに、日本の皇室に嫁がれた雅子妃や紀子妃にも、こんな感覚...

チャングムの誓い 4

2005年10月の記事です。『チェ尚宮、実はチャングムの味方だった!』                                  「週刊宮中」見出しより*初見の方、若干ネタバレあります。料理を作る時は、食べる人への配慮が一番、事細かに聞くこと、それが料理の心得であるハン尚宮(サングン)のスパルタ教育が始まったねぇ~そのことに気がつくまで何度も何度も水を運ばせるハン尚宮式教育。一言言ってやればいい...

ビダムが一杯(*^_^*)

善徳女王、終わってしまい、ホント、さびしい。。。最近のドラマでこんな気分になるのは、久しぶりなんじゃないかな。。。ってことで表情豊かなビダムを集めてみました。チングとも言ってたんだけど、ビダムは軽装の方が萌えるっと言いながら、この大臣服の悪そうなビダムもまたいいんだよな(笑)っと言いつつ、、、このガキンチョビダムも捨てがたい要するにビダム、オールチョワ~ってことでごわす...

ショーより熱い。。(*^^)v

ずっと気になってたお店「ギャルソンパブ」に行ってきました~ニューハーフショーって初めての体験だったのでドキドキしたんだけど、まあ場所柄なのか、終始、大人しい雰囲気だった(って何を期待してたの?って感じだけど)(笑)ショーが始まる前にダンサーが何人か客席を回るんだけど、すぐ近くで見ると、すごく肌がきれいだったよ。「色々いじってるのよぉ~」って低い声で言ってたけど(笑)一緒に楽しんだのは、いつものメン...

アイリス 5~20(最終話)

TOP、ロープ切っちゃえばいいのに!!!かつてのビョンファンチングがはなった一言、、、(爆)ゆきちゃんを抱いてダムみたいなところでビョンとTOPが対決してるシーン。。。ロープ一本で辛うじてぶら下がりながら、殺し屋役のTOPと死闘を演じてるビョンだけど、この言葉に大爆笑してしまった。いやぁ~女は過去の男には残酷なものです(笑)で、最後まで見たよぉ~\(^o^)/あれほど4話まで突っ込みまくってたわりには、悔しいけ...

未だ覚めやらず。。。

善徳女王エンディングの映像です。とても哀愁があり、未だ覚めやらずリピートしていま~す。。。ビダム~~チョワ~~~...

善徳女王 61,62(最終話)

陛下なのか、あそこに陛下がいるのか?。。。久しぶりに本気で泣いた。こんなにドラマで泣いたの、いつ以来だろう?それくらい、息が止まっちゃうほど泣いた。泣くだろう、と予測したドラマは、思ったほど泣かないものだ。でもこのドラマは、予測したとおりになったのに、泣けて泣けてたまらなかった。そしてビダムだけじゃなく、ドラマの終わり方にも何だか泣けてしまった。いやぁ~なぜこのドラマが去年のうちに終わらなかったの...

チャングムの誓い 3

2005年10月の記事です。何とチャングム、8歳にして既に冤罪!                          ー「週刊宮中」見出し記事よりーネタバレ若干ありです。母ミョンイと死に別れたチャングムとトック叔父さんとの出会いは、酒を盗もうとした叔父さんの罪を被ることだった(笑)お父さんもお母さんもおまえのいるところに、必ずいるから、、、母が死の間際に言った言葉を夜になると思い出し泣くチャングム。まだ8...

海神 27

2006年2月の記事です。いや~面白い、面白い、面白い―(゚ー゚)→!!!これ面白く作ってるねぇ~感心するよ。ジョンファの後ろ盾が侍中様とかいう王族なんだね。なんでこんなすごい人とジョンファが知り合って、商売でジャミ夫人を凌ぐほど彼女が急成長して、しかもカッコいい護衛武士までつけてるのか、その辺はまだ謎なんだけど…この侍中様キム・ウジンってのは、王位継承権のある王族なので、ジャミ夫人が密かに親交を結びたい相手な...

ツボ大賞

2006年5月の記事です。「12月の熱帯夜」が東京のMXで始まって、友人たちから毎日メールが来る。でもこのドラマ、本当におかしいくらい真っ二つに意見が分かれる。特に序盤、ヒロインのヨンシムがあまり魅力的なキャラじゃないだけに、そこで苦手意識を持ってしまう人も多いみたい。私自身も、どこでお?!っと思ったのか思い出してみるとどうも5話のジョンウの缶ジュース&歌にやられたような。。。このジョンウという青年の持...

熱帯夜祭り、まだまだ\(^o^)/

2006年2月の記事です。キタキタキタ━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!!!まさに来た、来た、来た~だよ♪♪「12月の熱帯夜」OSTついに来ました。1週間待ち!!さっそく聞いてるよ。いい、実にいい、最高!!\(^o^)/♪ケンチャ~ナヨ~、ケンチャ~ナヨ~ホニャララ~ラララ~♪(最初しかわからん、ゴメン)もう涙が出てくるよ、これ聞くだけで、、、まだ友人には貸さず、また1話目から再視聴してるんだけど(長いドラマニア歴でこん...

12月の熱帯夜 後記

2006年2月の記事です。☆ネタばれなしいやもうお恥ずかしいほどの、「熱帯夜祭り」になってしまった昨日。結局一気に10話見て、10話分のレビューをアップしたことになる。主人が出張だったという好材料(笑)も重なったんだけれど、これはまさしく新記録。今までもハマったドラマは数知れないが、こんなことはなかった。その今までハマったドラマと比べて、優劣はつけがたいんだけれど、なぜか、このドラマは見たい、書きたいという...

善徳女王 52~60

いやもう、ダメ、、、この手の男、マジ私は弱い(泣)もうこの60話、ビダムが出るだけで涙が出て参った。。。ビダム~~かわいそ過ぎる~(泣)...

12月の熱帯夜 17(最終話)

2006年2月の記事です。ホントは深夜というか早朝4時に見終わっていた。レビューをアップしようとしたら、ブログのメンテナンスとかでこれもまた何と間の悪いことだか、我ながら笑うしかない。とにかく泣いた。普通の場面も、「脳腫瘍なんかクソ食らえ」なんて笑って運転する場面すら、ずっと泣きながら見ていた。そして特に悲しい場面は、恥ずかしいほど声に出して泣いた。こんなに泣くドラマにめぐり合うとは、我ながら不思議な気...

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。