新・ドラマ囲炉裏の会

遊びに来てくださりありがとうございます。 好きなドラマの感想や、日々の徒然を書いています。

Category [映画 ] 記事一覧

スポンサーサイト

エイプリルフールズ

出演者   戸田恵梨香、松坂桃李、ユースケ・サンタマリア、菜々緒監督    石川淳一脚本    古沢良太2015年  日本評価    ★★あまりにも「デート」が面白かったので、古沢氏の脚本だと聞いて、見てきた。それこそ飛ぶようにして見てきたんだけど、、、(-_-;)印象に残ったのは、桃李君のあまりにも美しすぎるお○○2015年4月1日エイプリルフール。1年に1度だけ嘘をついていい日。舞台は、東京?かな? なにげなく...

真夏の方程式

監督 西谷弘出演 福山雅治、吉高由里子、北村一輝、杏2013年 日本評価 ★★★★★何だか美しいものを見せてもらえたような気がする。心に静かに響く美しいものを…正直、テレビドラマからの映画なので、ほとんど期待しないで見た。とくに前半は、いつ湯川が数式を書き始めるのか、あのテーマ曲がいつ流れるのか、そんなことを思いながら見てたんだけど、いつの間にか、そんなことをすっかり忘れてどんどん中身に引き込まれていっ...

清須会議

監督 三谷幸喜出演 役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香、妻夫木聡 2013年、日本評価  ★★★見てきましたよ、三谷幸喜&歴史好きのミーハーには、やはりほっとけない作品。。。しかしだな、、、う~ん、、、なんというか、三谷らしくないなぁ。。。面白くないわけじゃなかったけど、あんまり笑いの要素がないの。。。(^_^;)続き、少しネタバレあるよ。...

英国王冠をかけた恋

マドンナの監督作品二作目として、注目を集めている、11月公開予定の映画「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」。このCMを目にして、マドンナの監督作品、というより、ウォリス・シンプソンという女性にとても興味がわいて、調べてみた。ウォリス・シンプソンという女性、ウィンザー公爵エドワード王子(元イギリス国王エドワード8世)の妻で公爵夫人。そして、エドワード8世と言えば、あの「英国王のスピーチ」の主人公...

テルマエ・ロマエ

監督 武内英樹出演 阿部寛、上戸彩、北村一輝、市村正親 2012年 日本評価  ★★★阿部ちゃん好きなのでオマケで…3未満かな(^_^;)ジョニー・デップ好きの友人が「ダーク・シャドウ」を見たのと同じ感想だったんだけど、ジョニーだからいいかなと。私も阿部ちゃんだからいいかなと思いながら見た。でもレディースデーじゃなかったら、ちょっと不満だったかも(苦笑)古代ローマ人がお風呂限定で現代の日本にタイムスリップす...

さや侍

さや侍 [DVD](2011/11/05)野見隆明、熊田聖亜 他商品詳細を見る監督 松本人志出演 野見隆明、熊田聖亜2011年 日本評価   ★★ う~ん、意外に平凡だった、、、こういうテーマなら、松ちゃんじゃなくても作れるんじゃ?しかももっときれいに繊細に(笑)女の子の演技は良かったけどねぇ~あと、ラストもほのぼのとして良かった。ただ、なぜ松本人志がこれ?って疑問は残るな(苦笑)...

ALWAYS 三丁目の夕日'64

監督  山崎貴出演  吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、堀北真希、小雪など2012年  日本評価   ★★★★★  今日見てきました\(^o^)/まだその余韻が醒めない、こうして書いてるうちにまた涙がこみ上げてきそうなほど、ほんとに見事過ぎる作品です。以前、この映画の1か2のレビューでも書いたような記憶があるんだけど、とにかくこの監督の手法ってとても「素直」。見てる側が思った通りに話が進み、なんら奇をてらうこ...

南極料理人

監督 沖田修一出演 堺雅人、生瀬勝久、高良健吾、西田尚美2009年 日本★★★★3ちょい切れるかな。。。今季始まった「南極大陸」を見ていて、しかも堺氏が出演しているので、ついまだ未見だったこの作品を見たくなってしまった。で、見始めてみると、あまりにもテイストが違っていて。。。(苦笑)「バー福田」って貼り紙がかなり笑えた。南極という特殊な環境の中で、何年も暮さなければならない彼らなりの生活の知恵というか娯楽...

ステキな金縛り

監督 三谷幸喜出演 深津絵里、西田敏行、阿部寛、中井貴一2011年 日本★★★★見てきました~名古屋のKTさんと一緒に!!!十分、面白かったよ~\(^o^)/ただ。。。ちょっと息切れした感はあるかな~最初にスピードを出しすぎたっていう。。。一番笑ったのは、『伊勢丹』だったかも。デラ富樫、恐るべし(笑)そして、大泉洋はどこでしょう?(笑)*ほとんどネタばれないです。...

悪人

監督 李相日 出演 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生2010年 日本★★★★3つ半かな、秀作だと思う。本当の悪人は誰なのか、というメッセージを問いかけていながら、やっぱり、彼が「悪人」なんじゃないかなぁ~と私は思えたし、おそらく製作者のメッセージもそうなんじゃないかと信じたい。殺人ってやはりどんな理由も免罪符にはならない。そこにとどまる人が、やっぱりいる以上はね、、、...

左サイドメニュー

宝物

pick(ピック)

Author:pick(ピック)
孫娘 Hちゃん(1歳半) 
保育園入園式です♪

ドラマランキング

1位 ゆとりですがなにか? 2位 火の粉 3位 真田丸  

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

右サイドメニュー

最近の記事

リンク集

ご訪問に感謝♪

ご連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。